一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年11月に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

北山本門寺(10)~中世の頃、大石寺をはじめ富士門流寺院に「本堂」はなかった

■法華本門寺根源(北山本門寺)10(本堂はなかった)

 

北山本門寺の御影堂には、日蓮の孫弟子である和泉公日法が彫刻したとされる日蓮の御影像が祀られています。この御影堂は、本堂に相当する堂宇ということになっているが、本来の意味から言うと、御影堂と本堂は、本来、別個の堂宇である。

 

そもそも日蓮正宗大石寺をはじめとする富士門流には、「本堂」という堂宇は存在しなかったのである。

こう言うと驚くかもしれないが、日蓮正宗大石寺9世法主日有以前の大石寺、大石寺門流の寺院、さらには富士門流の寺院には「本堂」というものがなかった。住職や僧侶の持仏堂はあったが、本堂はなかったのである。

持仏堂というのは、持仏や先祖の位牌(いはい)を安置しておく堂、または室。仏間のことで、仏壇をいうこともある。つまり住職や僧侶個人の本尊を祀っている仏間のことである。

日蓮正宗では、住職や僧侶個人授与の本尊、ないしは個人授与の本尊を祀っている仏間のことを「御内仏」と呼んでいるが、持仏堂とはまさにこの御内仏を祀る仏間ということである。

 

これに対して本堂とは、仏教寺院において、本尊仏を安置する建物。寺院で中心本尊を祀っている堂宇のこと。寺院の中心的な堂を指して「本堂」ということが多い。ただし「本堂」という名称は、宗派によって名前が異なっている。

「金堂」が、南都六宗や真言宗など飛鳥時代から平安時代前半にかけての古代創建の寺院で多く使われているのに対し、「本堂」は宗派にかかわらず、古代以降も含め広く使用される。

ただし、奈良時代創建の寺院でも、新薬師寺、西大寺のように「本堂」という名称を使用している寺院もある。比叡山延暦寺など天台宗寺院では「根本中堂」もしくは「中堂」と呼称し、禅宗寺院においては「仏殿」と呼称することが多い。しかし、禅宗にあっても特に方丈形式の中心堂宇を指して「本堂」と称する場合もある。

根本中堂4



一般的に南都六宗や真言宗など大陸より初期に渡来した系統の伽藍においては「金堂」、禅宗にあっては「仏殿」、天台宗では「根本中堂」もしくは「中堂」、日本的発展を遂げた寺院では「本堂」と称する場合が多い。室生寺や當麻寺のように「金堂」と「本堂」が別個に存在する寺院もある。

呼称は宗派によって違うが、本堂とは、寺院において、中心本尊を祀っている堂宇のことを指すわけであり、これは住職や僧侶個人の本尊を祀っている仏間である持仏堂とは区別される。

 

そもそも「本堂」という堂宇ができた起源というのは、飛鳥・奈良時代の寺院の金堂(仏殿)は、仏(仏像)のための建物であり、建物の内部は仏像を祀る須弥壇が大きなスペースを占めていた。

しかしその後、仏教が広い階層に広まり、参詣者が増えると、そんな狭い堂宇では参詣者を収容しきれなくなる。そこで仏殿の前に、礼拝するための建物である礼堂が建てられるようになった。

やがて、この仏殿と礼堂がひとつの建物として建てられるようになり、これが「本堂」の原型です。

仏殿と礼堂がひとつの建物になると、これが内陣・外陣とよばれるようになったものです。

(一個人201110月号/日本のお寺入門・渋谷申博監修)


 

続きを読む

北山本門寺(9)~腰掛け石から北山本門寺御影堂のお会式を遙拝していた?日尊

■法華本門寺根源(北山本門寺)9(日尊腰掛け石)

 

北山本門寺の仁王門をくぐって一直線に参道を歩いて二天門をくぐると、本堂(御影堂)に突き当たります。御影堂前には「日尊上人腰掛け石」があります。

北山本門寺17日尊腰掛石2



「日尊上人腰掛け石」とは、かつて日興が、北山本門寺の前身である重須談所にて、弟子たちを前に説法・講義をしていた時、聴聞していた弟子の日尊が、舞い散る梨の葉に一瞬記を取られてよそ見していたところ、これが日興に咎められて「勘気」を蒙った。日蓮正宗では、破門と言っていますが、古文書では「勘気」と呼んでいます。

勘気とは、主君・親などの目上の人からの咎め。勘当のこと。

日蓮正宗や創価学会に言わせると、「今風に言うと、これは破門だ」ということになるのでしょうが、私の考えでは、日尊の受けた「勘気」は、今の破門とは、ニュアンスが違うように思います。

 

とにかく日興から「勘気」を蒙った日尊は、その後、全国行脚・布教の旅に出る。そして北関東から西日本に至るまで36ヶ寺を建立するという布教の実績を上げているわけですが、この36ヶ寺のうち、28ヶ寺が確認されています。

 

山形県 妙国寺、妙円寺、

福島県 一円寺、実成寺、満願寺、願成寺、仏眼寺、妙福寺、

栃木県 浄円寺、那須・法華堂、石田・法華堂、

茨城県 富久成寺

埼玉県 妙本寺

東京都 妙縁寺

静岡県 伊豆・実成寺

京都府 長福寺、要法寺、

兵庫県 上興寺、

島根県 安養寺、妙剛寺、妙吉寺、金言寺、妙伝寺、東満寺、本妙寺、菩提寺、妙興寺、

鳥取県 法蔵寺、

 

この28ヶ寺のうち、8ヶ寺が日蓮正宗寺院、5ヶ寺が日蓮本宗本山要法寺本末、9ヶ寺が日蓮宗・興統法縁会の寺院です。

 

この28ヶ寺を見ると、日尊が日興から勘気を蒙った間に限定されているわけではなく、日興から勘気を蒙る前、勘気を許された後に建立された寺院も含まれているため、日尊が生涯で建立した寺院が36ヶ寺あるという意味と思われる。

 

続きを読む

北山本門寺(8)~北山本門寺、大石寺、妙蓮寺、讃岐本門寺、西山本門寺に共通する堂宇の並び方

■法華本門寺根源(北山本門寺)8(共通する堂宇の並び方)

 

北山本門寺の境内は、実質的に国道469号線によって南北に分断されているということになります。

これは、北山本門寺の約2キロ先にある日蓮正宗大石寺も同じで、国道469号線によって、三門から北側の開創以来の旧境内と、総一坊、総二坊、広布坊、総門などがある昭和以降開墾された新境内が分断されたようになっています。

新境内とは言っても、総門(黒門)は、日蓮正宗大石寺12世法主日鎮の建立なので、室町時代からあったということになります。

国道469号線も、国道だから、国が建設・管理する道路ということですが、大寺院の境内のど真ん中を、国道が平気で横切っているのを垣間見ますと、国家権力のすさまじさをまざまざと実感してしまいます。

 

さて北山本門寺の仁王門に向かって左側には、北山本門寺の開創・沿革・縁起・境内の案内図等々を記した案内板が立っています。

北山本門寺9本門寺根源

「本門寺根源」と書いた本門寺棟札がむ掲げられている仁王門をくぐると、階段を上がって二天門があり、そのまま参道は御影堂(本堂)に直結しています。

仁王門をくぐって左側に行くと、法喜門があり、法喜門をくぐると、大庫裡玄関につながっています。この大庫裡とは、大石寺で言うと大坊に相当する建物で、受付や貫首住居もここにあります。

 

ところで北山本門寺の堂宇・伽藍は、西から東に向かって、庫裡(大坊)、客殿、御影堂というふうに並んでいます。庫裡(大坊)と客殿は渡り廊下でつながっていて、御影堂は一歩奥に引っ込んだように建っています。

この堂宇の並び方は、北山本門寺の他、日蓮正宗大石寺、下条妙蓮寺、讃岐本門寺に共通しています。西山本門寺の場合は、かつて御影堂があったのですが、火災で焼失して再建されずに、客殿を本堂の代わりに使っていると言うことですから、この堂宇の並び方は、西山本門寺にも共通していることになります。

反目している日蓮正宗大石寺、下条妙蓮寺、讃岐本門寺と、北山本門寺、西山本門寺の堂宇の並び方が共通している、というのは、何とも面白く見えます。なんで、こうなっているのか。

昔は、富士門流の本山の堂宇の並び方は、こういう並び方にする、という「常識」か「不文律」でもあったということなんでしょうか。

 

ただし富士門流で共通とはいっても、京都・要法寺の堂宇は、こういう並び方になっていませんし、あとは保田妙本寺、日向定善寺は、こういう並び方ではなかったと思います。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ