仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

西山本門寺(15)~なぜ西山本門寺に「信長の首塚」があるのか1

■「富士山本門寺(西山本門寺)15(信長の首塚の真偽)

 

西山本門寺にある「信長の首塚」の記事を書いたところ、多数のご意見を頂戴しましたので、個別ではなく、一括し、まとめて見解を書きたいと思います。

 

□「信長の首塚」の真偽について

西山本門寺20信長首塚


 

首塚とは、合戦などにおいて討ち取られた者の首、捕虜に取られた者の首、あるいは斬首刑にされた罪人の首を供養するための「塚」の事。

塚とは、その周囲の地面より、こんもりと丸く盛り上がった場所を指し、具体的には何かが集積、堆積した盛り上がりや、小さな山や丘や古墳。または、それらの場所やに、建立された石造や木造などの祠や塔や碑などのこと。

西山本門寺にある「信長の首塚」が、本当に「本能寺の変」で戦死した織田信長の首を葬った塚であるという意味ならば、私は「否」であると思います。

インターネット・フリー百科事典・Wikipediaは、西山本門寺の「信長の首塚」について

「本因坊算砂の指示で信長の首を本門寺まで持ち帰り柊を植え首塚に葬ったという」

と書いており、織田信長の首を葬った塚であるという意味での伝承であると書いています。

「富士宮市教育委員会の案内板がないことから、これは、「信長の首塚」として認められていない」

「インターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事も、「伝織田信長の首塚」としており、「伝」の一文字がついていることに注目すべき」

と私が書いているのは、「織田信長の首を葬った塚とは考えられない」という意味です。

 

しかし、そうではなく、織田信長の首を供養するために造られた「塚」という意味ならば、それは「供養塔」に近い意味ですから、それだったら、江戸時代初期ぐらいに建てられたということはあり得ると言っているわけです。

供養塔だったら、それこそ全国各地にあるわけですから、あえて偽作とか贋作という必要はないと思っています。

 

次に、西山本門寺の「信長の首塚」は、織田信長の首を葬った塚ではないとする根拠ですが、私はインターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事を証拠にしているわけではなく、「本能寺の変」で戦死した織田信長の首を持ち帰るということは、現実的に不可能だということです。

 

「本能寺の変」というのは、京都・本能寺を舞台にした深夜の明智光秀軍による襲撃戦であり、そういう中、たとえ本能寺の僧侶であっても、織田信長の首を持ち帰るということはできません。

そういうことをすれば、明智光秀が引き渡しを要求するのは確実であるし、これを拒めば誅殺されてしまいます。

だから、常識的に、あり得ないと言うことで、インターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事も富士宮市教育委員会の案内板がないというのも、それを証する傍証ではないかと言っているわけです。

富士宮市教育委員会に、専属の学者がいないというのは、そのとおりだと思いますが、学者がいなくとも、西山本門寺の信長首塚を認めるなどということは、常識的にありえないと考えられます。

 

西山本門寺と京都・本能寺になんらかの交流があり、織田信長と法華宗・本能寺が信仰的な繋がりがあったとしても、本能寺関係者か、誰かの指示で、織田信長の首を本能寺から持ち出して、西山本門寺まで持ち帰り、首塚に葬ると言うことは、あり得ないと言うことです。

 

100歩譲って、仮に本能寺の僧侶か関係者が織田信長の首を、焼けただれた本能寺から発見して保管していたとしても、それを西山本門寺ではなく、本能寺か、安土城か、あるいは京都のいずこかに葬ると考えるのが定石ではないでしょうか。

 


 

 

 

西山本門寺(14)~富士宮市教育委員会の案内板がない西山本門寺の「信長の首塚」

客殿前で掃除をしていた女性の話しを聞いた後、私は、庫裡・客殿の裏側にある「信長の首塚」のあるところに行ってみることにしました。

「なんで西山本門寺に、信長の首塚があるのか」という疑問があり、「教育委員会が建てた、何らかの案内板でもあるのかな」と思いつつ、その首塚に向かって歩いて行きました。

庫裡の前には、「庫裡の裏手に、信長の首塚がある」という西山本門寺の案内板がありました。

西山本門寺25首塚案内


インターネット・フリー百科事典・Wikipediaでも、「その他、各地に供養塔・伝承を持つ旧跡」のひとつとして、「伝織田信長の首塚」として、西山本門寺の信長の首塚を紹介していることから、本当に信長の首塚なのかどうかという点については、疑わしいものではないかと思われます。

「織田信長」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%95%B7#.E5.A2.93.E6.89.80.E3.83.BB.E9.9C.8A.E5.BB.9F.E3.83.BB.E5.AF.BA.E7.A4.BE

 

インターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事に依れば、織田信長の廟・供養塔と称する建物は、京都・本能寺をはじめ全国に十ヶ所以上あり、その中では、京都市上京区寺町の蓮台山阿弥陀寺の「織田信長公本廟」が、豊臣秀吉から遺骨の差し出しを求められていることから、信憑性が高いとしています。

 

さて庫裡・客殿の裏手にまわってみると、大きな柊の木があり、これは静岡県の天然記念物に指定されている旨の、富士宮市教育委員会の案内板が建てられていました。

その柊の木のすぐそばに、「信長の首塚」と称する建物がありますが、これについては、富士宮市教育委員会の案内板はありません。西山本門寺が建てた首塚の由来を書いた案内板があるだけでした。


西山本門寺20信長首塚

 

西山本門寺の境内には、富士宮市教育委員会の案内板がいくつも建てられていることから、ここに富士宮市教育委員会の調査が入っていることは明らかで、国が文化財と認定した古文書については富士宮市教育委員会の案内板が建てられています。

 

しかし、「信長の首塚」と伝承される建物には、富士宮市教育委員会の案内板がないことから、これは、「信長の首塚」として認められていないということに他ならない。

インターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事も、「伝織田信長の首塚」としており、「伝」の一文字がついていることに注目すべきです。


西山本門寺23首塚由来

 

歴史的な経緯からしても、そもそも西山本門寺に信長の首塚かあること、本能寺の変の最中に、信長の首を持ち出した、などとする伝承そのものに疑義があります。

 

さて、この「信長の首塚」と伝承される建物は、庫裡・客殿の裏側にあるのですが、こちらから庫裡を見ても、固く窓は閉じられ、内側からカーテンが閉まったまま。

誰も住んでいない、完全な幽霊屋敷と化している感じが見て取れました。

 

 

 

西山本門寺(13)~本山貫首は住んでおらず、本山檀家も全くいない西山本門寺


西山本門寺12客殿


西山本門寺の境内を散策していると、一人の中年女性が、境内の掃き掃除をしているのを見つけました。「これはちょうどいい、あの人に聞いてみよう」

と思い、その中年女性にいろいろ聞いてみることにしました。

この掃除をしていた中年女性は、私からの質問に、割と快く応じてくれました。

 

「ここのお寺の年中行事は、どういうふうになっているのですか」

女性「年中行事ですかあ??そうですねえ。毎年418日にお風入れがあるのと、1123日に御会式があるのと。あとは大晦日に、鐘楼で除夜の鐘を鳴らしますねえ。あと、信長の首塚がありますから、それにちなんだイベントがあって、そのときは、たくさんの人がお寺に来ます」

 

「それだけですか。毎月の定例の行事はないのですか。例えば御講とか」

女性「そういうのは、ないですねえ」

 

「ここは本山のお寺と聞いているんですが、僧侶の姿がぜんぜん見えないんですが、どこにいらっしゃるのですか」

女性「そうですねえ。ここね昔は、ずいぶんと繁栄した、大きなお寺だったようですけども。でも今はねえ-。今の若い人たちは、昔と違って、お葬式にしても、法事にしても、生活スタイルが違ってきていますでしょう。昔からの風習とか、習慣とかを大事にしようという人は、いなくなってきてますでしょう。そういうことが大きいんじゃないかと思いますけどねえ。」

 

「そうは言っても、こちらは歴史ある本山のお寺でしょう。それなのに、客殿はカギがかかっていて中に入れないし、あそこの庫裡も人が住んでいる様子が見えないし、どうなってるの、と思ったのですが」

女性「ここの貫首さんは、もう高齢の方で、ここには住んでいらっしゃらないんです。下の塔頭には住職さんがいますが、修行僧という方は、いないと思いますけどねえ」

 

「えっ、貫首はここに住んでいないのですか」

女性「そうです。貫首さんは、ここではなく、伊豆の光栄寺というお寺にいます。ここには、住んでいないんです。お風入れの時も、いらっしゃいませんねえ。副住職さん(光栄寺副住職・村田彰俊氏のことか?)は、お見えになりますが」

 

「本山のお寺なのに、貫首が住んでいないお寺というのは、他に聞いたことがないですねえ」

女性「ここに住んでいてもダメなんですよ。だって、西山本門寺さんの檀家はいないんですから。下の塔頭には、住職さんがいらっしゃって、檀家さんもいますけども、本山の檀家はいないんです。だから、ここに住んでいてもダメなのですよ。だって、人間として最低限、食べていかなくちゃいけませんから」

 

「本山の檀家さんがいないのですか」

女性「本山の西山本門寺の檀家がいないんです。下の塔頭には、檀家さんはいますよ。

そこの、一番手前の浄円坊の住職の山口さんという方が、ここのお寺の法要を取り仕切っていますから、そちらでお聞きになったらいかがですか」

西山本門寺40浄円坊

 

私が驚いたのは、西山本門寺の貫首は、ここに住んでいないこと。所化僧や修行僧も全くいないこと。さらに西山本門寺の、本山の檀家がいないことです。三つある塔頭坊の檀家はいるということですが。

本山の檀家がいないというのは、由比日光貫首の代にあった、日蓮正宗合同問題にまつわる内紛が原因なのか、そのあたりのところは、定かではありませんが、貫首不在で、しかも檀家も一軒もない本山なんて、聞かないですねえ。

 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ