仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

西山本門寺(10)~「日目上人正嫡の由緒と本因妙大本尊の発見」に書いてある西山本門寺客殿の中の様子

西山本門寺客殿は、とても大きな建物であり、江戸時代に権力の庇護のもとに栄えた西山本門寺の繁栄ぶりがうかがえます。

私としては、ぜひともこの客殿の中を見てみたいのですが、いつ来ても、この客殿の入り口の戸は閉まったまま、内側からカギがかけられています。そうなると、何かの法要の時に来るしかないのですが、この法要も毎月、定例の年中行事が行われているわけではないので、この中に入るというのは、なかなか至難の業です。

あとで、貫首代務者の山口亮祐氏と話した時に、4月のお風入れと11月の御会式しか行われていないと云うことなので、この時に来るしかないようです。


西山本門寺9客殿


 

ところで、いつ客殿の中に入るチャンスが巡ってくるのか、わからないので、私もいろいろと調べたところ、ずいぶん昔の西山本門寺・客殿訪問記として

「日目上人正嫡の由緒と本因妙大本尊(万年救護本尊)の発見」

と題するものを発見しました。これは昭和3839年ころ、由比日光貫首の代のときに、本門正宗・小野寺直(日了)氏が西山本門寺客殿を訪れたときのものです。この当時は、由比日光貫首が、独断で日蓮正宗に合同しようと画策し、塔頭・末寺・檀家と大きな紛争になっていた最中のころのことです。

この小野寺という人物も、謎めいた人物で、一説によると、日蓮正宗の元信者・創価学会の元信者ということなので、日蓮正宗・創価学会の信者として訪れたのではないかと思われます。

この「日目上人正嫡の由緒と本因妙大本尊の発見」という文が、近年、ブログとしてインターネット上に流れているようですが、小野寺氏が書いているものなのかどうかかは、不明です。

 

この「日目上人正嫡の由緒と本因妙大本尊(万年救護本尊)の発見」によると、西山本門寺客殿の脇に、「尊霊殿」という小堂の内陣があり、ここに北朝の後水尾院や、新広義門院、明治陛下並びに、歴代徳川将軍、武田信玄や勝頼の霊牌とともにその中央に、保田妙本寺に格蔵される「万年救護大本尊」を板に模刻したレプリカ、いわゆる模刻板本尊が祀られている、ということです。

そして西山本門寺客殿の御宮殿の須弥壇に上ってみたところ、日蓮が「建治二年太才丙子二月五日」の日付が入った大漫荼羅本尊を板に模刻したレプリカ、いわゆる板本尊であったといいます。

面白いのは、西山本門寺では、日蓮が「建治二年太才丙子二月五日」の日付が入った大漫荼羅本尊のことを「万年救護の本尊」と呼んでいるということです。

 

さらに「万年救護の大本尊」のレプリカ板本尊が西山本門寺客殿の「尊霊殿」という小堂の内陣に祀られている縁由について、静岡県文化財調査員の山口稔氏の話しを紹介しています。

これによると西山本門寺・客殿の尊霊殿にある万年救護の大本尊は

「江戸時代の初めの頃、小泉・久遠寺、保田・妙本寺両山の住職に日濃と称した人がいて檀家と争いを起こし、その訴訟費用を捻出の為に文永十一年(1274)十二月に身延山中で紙本に認められた「万年救護大本尊」を江戸市中の金貸しに入質して金五百両を借用した結果、「万年救護大本尊」は質流れして売りに出された。それを西山本門寺の住職が勧進元となり、拠金の寺寺に「万年救護大本尊」を板に摸刻して、勧請せしめる条件で金子を集め質受けした。その時の質請証文は現在も西山本門寺に保存されている。」

というものです。

 

保田妙本寺・日濃事件は、富士門流を巻き込んだ事件として有名ですが、客殿の中の様子が、果たして「日目上人正嫡の由緒と本因妙大本尊の発見」という文のとおりなのかどうかは、入ってみないとわかりません。

 

 

 

西山本門寺(9)~西山本門寺の中心堂宇で、本堂替わりに使っている巨大な客殿

西山本門寺・黒門から、石段を登って、延々と参道を登っていくと、塔頭坊の前を通り過ぎて、ようやく客殿の前にたどり着きます。客殿は、参道の西側にありますが、参道の石段は、さらに客殿の北側へと延々と続いています。

西山本門寺の中心堂宇は、客殿です。かなり大きな堂宇で、巨大な建物の風格は堂々たるものです。どことなく日蓮正宗大石寺の客殿に似ている感じがします。

 

インターネットを検索していると、この建物を「本堂」と書いてあるサイトがいくつもあります。西山本門寺の本尊を研究している京都・要法寺僧侶・柳沢宏道氏の著書「西山本門寺本尊の考察」という本を見ても、客殿のことを「西山本門寺本堂」と書いてあります。

が、私は敢えて本堂とは書かずに、客殿と書きました。というのは、今回の訪問記の前に

「西山本門寺の現本堂は、元々は客殿であり、本堂は別にあったのですが、火災で焼失したまま、本堂は再建されず、客殿を本堂かわりに使っている」

という情報をいただいたからです。

 

「では、もともとの本堂はどこにあったのか」という疑問が沸いてくるわけですが、西山本門寺の古図を見ると、客殿からさらに石段を上がって行ったところに、大きな伽藍があるのがわかります。これが旧本堂のようです。

 

西山本門寺の客殿は、表の戸の内側からカギがかかっていて、中に入れないため、中の様子がわかりません。が、外から見た感じとしては、やはり本堂というより、「客殿」に見えます。

西山本門寺の中心堂宇は、この客殿であり、これと隣り合わせに、庫裡があり、庫裡の後方には、「織田信長の首塚」と称する堂宇が建っています。

客殿の正面には、鐘楼があり、大晦日には、除夜の鐘が鳴らされるとのこと。

 


西山本門寺29客殿


客殿の入り口の戸の上には、「本門寺 五十世日正」と書かれた額が掲げられています。五十世日正とは、西山本門寺50世貫首・森本日正氏のことですが、これは森本日正氏が貫首になってから、掲げられたということになります。

ちなみに、日蓮正宗の信者・原進氏が発刊した写真集「正法の日々」に、西山本門寺が日蓮正宗に合同していた時代に撮影された客殿の写真が載っていますが、当然のことながら、この扁額は映っていません。

 

客殿の入り口の戸は、いつ行っても内側からカギがかかっているため、中の様子が伺いしれないわけですが、前出の写真集「正法の日々」に、西山本門寺客殿須弥壇を正面から撮った写真が載っており、柳沢宏道氏の著書「西山本門寺本尊の考察」には、須弥壇の図解と解説文が載っています。須弥壇の正面から撮った写真は、まことに注目されますが、御宮殿の中には、日蓮の木像が映っていて、後ろには漫荼羅本尊が見えません。

「西山本門寺本尊の考察」の図解によると、「御影尊」(日蓮の木像)の左側には、日蓮絵像、右側には日興絵像があり、「御影尊」の後ろには、板本尊があると記されていますが、

「前よりは板本尊は見えない」(西山本門寺本尊の考察・p8)

と注記がしてあります。

 

なぜ見えないんでしょうね??わざと見えないように、配置しているということでしょうか。

 

ちなみにこの板本尊とは、西山本門寺に格蔵されている「建治二年太才丙子二月五日」の日付が入った大漫荼羅本尊を板に模刻した本尊であるとのこと。

しかし「建治二年太才丙子二月五日」の大漫荼羅は、立正安国会の「日蓮大聖人御真蹟御本尊集」には載っていませんが、日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨は、「富士宗学要集」第8巻に、西山本門寺の「建治二年太才丙子二月五日」の大漫荼羅本尊を、日蓮真筆だとして、載せています。私は、真偽未決だと考えていますが、首題の下、日興添書の部分がとても不自然に見えることなどから、限りなく偽筆に近い曼荼羅であると考えています。

 

 

西山本門寺(8)~一見して僧侶もおらず、行事も行われている痕跡が全くない西山本門寺


西山本門寺39


西山本門寺の境内は、とてつもなく広々とした境内なのですが、延々と長い階段がつづく参道のまわりは、鬱蒼とした木々が生い茂っていて、境内の大半は、山林と化してしまっているのではないかと思ってしまうほど。

黒門から客殿に向かって参道を歩いていると、かつて塔頭坊が建っていたと思われる跡が見られます。かつての西山本門寺には、多くの塔頭坊が建っていたものと思われます。

しかし今の西山本門寺・塔頭は、下から妙円坊、大詮坊、浄円坊の三つだけ。

あとはどうなったんでしょうか。火災で焼失したままなのか、廃仏毀釈の打撃によるものなのか。あるいは何らかの理由で廃坊になったものなのか。わかりません。

 

参道のまわりは、木々が生い茂っていますが、参道は雑草が生え放題というわけではなく、雑草は刈り取られた跡があり、落ち葉は散らばってはいますが、荒れ放題というわけではありません。

誰かが、雑草を刈り取り、落ち葉を掃いたりしているようなのです。

さらに、塔頭坊があるあたりから、庫裡・客殿の周辺が、最も清掃が行き届いているように見えました。「清掃はやっているんだな」という印象は受けました。

 

私は、今まで何度も西山本門寺に来たのですが、いつ来ても僧侶がいる気配もなければ、行事が行われている気配もない。何度来ても、これは同じ。

年中行事予定の看板もなければ、客殿は戸を固く閉じて、全く人を寄せ付けないという印象である。「どーなってんの、このお寺は」という印象を持ってしまう。

一度だけ、僧侶らしき? (坊主頭だが僧衣を着ていない)若い人を見つけて質問したことがあるが、今にして思うと、この人は、西山本門寺の僧侶ではなかったのではないかと思います。

この訪問記に記している西山本門寺訪問のときも、僧衣を着ていない坊主頭の中年男性1人と若い人2人が、車で乗り付けてきて、境内の中を散策していました。

どうやら、この3人は、僧侶は僧侶のようですが、他宗他山の僧侶のようで、西山本門寺の見学をしていたように思いました。

 

ところが、何度、西山本門寺に来ても、西山本門寺の僧侶に会えないわけです。しかも会うどころか、普通の寺院にある、対外的な受付があるようすも見られない。

このように、まことに奇怪な寺院であるわけですが、このあたりの謎も、今回の訪問記に記す訪問で、ようやく真相が明らかになったわけです。

 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ