一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年11月に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

北山本門寺(7)~大石寺塔中坊開基と共通する人名が出てくる北山本門寺塔中坊開基

■法華本門寺根源(北山本門寺)7(本門寺塔中坊開基)

 

国道469号線は、北山本門寺の仁王門前を通っていて、あたかも仁王門が北山本門寺の表玄関のようになっていますが、正確に言うと、かつて北山本門寺には三門や総門があり、そちらが表玄関であったわけです。

現在、三門や総門は失われており、三門跡、総門跡が残っているだけです。

 

さて仁王門の参道から国道469号線を横断して南側に歩いて行くと、いくつかの塔中坊が並んでいます。

まず仁王門のすぐ横に養仙坊があり、国道469号線を横断して南に行くと、行泉坊、西之坊、そして向かい側に蓮行坊、養運坊、東陽坊という坊が並んで建っています。

北山本門寺35塔頭



養仙坊の開基は、日蓮正宗大石寺寂日坊、富士下条妙蓮寺の開基でもある寂日坊日華。

蓮行坊の開基は、日国。

行泉坊の開基は、日蓮正宗大石寺4世法主で、大石寺浄蓮坊の開基でもある日道。

養運坊の開基は、新六僧筆頭で、日興の滅後に北山本門寺貫首になった日代。しかしその後、日代は、北山本門寺檀那・石川能忠によって北山本門寺から擯出されて、西山本門寺の開祖になっています。

西之坊の開基は、日助。東陽坊の開基は、日恩である。

北山本門寺塔中坊の開基に、日華、日道という、大石寺塔中坊の開基と共通する人名が出てくるのも、何とも面白い。

 

さて東陽坊からさらに南に下ろうとすると森林になってしまうのですが、この先に北山本門寺の三門跡、総門跡、冠木門跡、土手門跡があり、さらに五重塔跡があります。


北山本門寺29三門跡


かつての北山本門寺の全盛期には、北山本門寺の境内は、今の東陽坊からさらに南側にむかって大きく広がっていたことがわかります。

したがって、北山本門寺の参道は、かつては南側の三門跡、総門跡から行泉坊、西之坊、蓮行坊、養運坊、東陽坊の前を通って、仁王門前につながっていたわけで、全盛期の北山本門寺の境内は、今の大石寺くらいに、そうとう広大な面積があったのではないかと思われます。

これだけ広大な境内だったということは、塔中坊も、もっとたくさんあったのではないかと思われます。

 

ではなぜ、北山本門寺の三門、総門、冠木門、土手門、塔中坊等々が失われ、境内が狭くなってしまったのか、ということですが、はっきりしたことは判明しません。

おそらくは、まず江戸時代に、北山本門寺住僧の放火による火災に何度も遭遇して伽藍・堂宇を焼失しています。

それから明治維新のときの廃仏毀釈。この廃仏毀釈によって日本全国各地の仏教寺院が大きな打撃を被っています。

まあ、こういったこと等々が影響したのではないかと思われるのですが。

 

 

 

北山本門寺(6)~大石寺と北山本門寺をむすんでいる国道469号線

■法華本門寺根源(北山本門寺)6(大石寺・本門寺を結ぶ国道469号線)

 

北山本門寺には、何度も行っているのですが、今回の日記は、北山本門寺で寺跡調査をしたときのものを記していきたいと思います。

北山本門寺にはじめて行ったのは、今から約20年くらい前のことで、その後も何度か北山本門寺に行っています。昔は、インターネットも携帯もパソコンもない時代でしたので、年中行事をはじめとする詳しい情報がなかなかわからず、なにか一つ調査するにしても、いろいろと苦心した記憶があります。

 

北山本門寺は、富士宮道路の北山インターから国道469号線を西へ、日蓮正宗大石寺方面へ向かうと、ほどなくの所にあります。

この国道469号線を北山本門寺からそのまま西にむかって車を走らせていくと、大石寺の三門前に着きます。したがってこの国道469号線は、北山本門寺と日蓮正宗大石寺をむすんでいるということになります。

かつて宗創和合時代における創価学会の団体登山バスや、現今の法華講の団体登山バスが、北山インターから大石寺三門付近の駐車場に向かったケースも多かったと思うのですが、そのルートで行くと、これらの登山バスは、北山本門寺の仁王門前を通っていったことになります。

北山本門寺39仁王門


 

今から2030年も前のことですが、日蓮正宗大石寺に登山参詣した創価学会員や法華講員たちの口から

「登山バスが大きな邪宗の寺院の前を通っていった。こんなところにも邪宗の寺院があったんだ」

などという話しをよく聞かされたものだったが、創価学会員や法華講員たちが言う「大きな邪宗の寺院」とは、北山本門寺のことを言っていたと思われます。

それにしても創価学会員や法華講員たちは、富士宮市にある寺院は、みんな日蓮正宗の寺院だとでも思っているんだろうか。彼らの浅識・浅学ぶりには、ただあきれ果てるばかりです。

 

大石寺と北山本門寺は、国道469号線で約2キロぐらいしか離れていません。こういうことから、昭和20年代後半から昭和30年代のころにかけて、特に戸田城聖が創価学会会長のころ、創価学会が「折伏大進撃」と称して、超強引・超執拗な折伏・入信勧誘を大々的に展開していた時代、この北山本門寺にも、連日連夜、創価学会員たちが押し寄せて、「折伏」「布教」に名を借りた乱暴狼藉を行っていたという話しを聞きました。

当時の北山本門寺貫首は、1943(昭和18)から1997年(平成9年)5月まで、約54年の永きにわたって貫首職を務めた47代貫首・片山日幹氏の時代。片山日幹貫首は、連日連夜押し寄せる創価学会員と論戦して、ことごとく論破したと聞き及んでいます。

昭和20年代後半から昭和30年代といえば、富士門流では、讃岐本門寺、下条妙蓮寺の日蓮正宗との合同にはじまって、保田妙本寺本末、日向定善寺本末、西山本門寺が次々と、創価学会員たちの猛折伏によって、次々と日蓮正宗の軍門に下っていきました。

北山本門寺の末寺でも、妙泉寺が日蓮正宗の軍門に下っていますし、法華宗本門流の寺院だった静岡県伊豆の国市の大仁山本門寺(今の本円寺)も、日蓮正宗の軍門に下っています。

 

そういう時代で、北山本門寺が、創価学会員たちの非常識な折伏・入信勧誘・乱暴狼藉にも負けずに、日蓮正宗の軍門に下ることなく、独立を貫いたというのは、特筆すべき事ではないかと思います。

 

 

西山本門寺(20)~「これでいいのか、西山本門寺」と言いたくなる西山本門寺の荒廃ぶり

■富士山本門寺(西山本門寺)20(これでいいのか西山)

 

西山本門寺訪問の最後の最後になって、「般若の面」の形相の、とんでもない貫首代務者に遭遇してしまったわけでしたが、しかし、訪問したことで、西山本門寺の実態がようやく明らかになりました。

そこで、西山本門寺の現状をまとめてみたいと思います。

 

    西山本門寺51代貫首・村田日敬氏は、かなりの高齢の僧で、西山本門寺には住んでおらず、出身寺の伊豆・光栄寺に下っていて、すでに老人ホームに入居している。

    客殿・庫裡には、普段は誰もおらず、無住状態で、全て内側からカギがかけられている。

    本山・西山本門寺は実質的に無住で、塔頭・浄円坊住職が貫首代務者として、行事を取り仕切り、電話・郵便等も全て浄円坊に転送される。

    本山・西山本門寺の修行僧は一人もおらず、檀家も一軒もない

    西山本門寺の什宝類・重要文化財等は、ここにはなく、富士宮市の博物館に収蔵されていて、お風入れ法要の時のみ、西山本門寺に帰ってくる。

    西山本門寺境内の清掃は、セコム等の警備会社が行っている。

    西山本門寺の年中行事として行っているのは、418日のお風入れ(霊宝虫払い)法要と、1123日の御会式だけ。しかし御会式も、客殿にて浄円坊住職が読経するのみ。

    1115?の織田信長・首塚の祭りのときは、近隣からたくさんの人が来て、賑わっている。

    塔頭は浄円坊、大詮坊、妙円坊の三坊あるが、住職がいるのは浄円坊、大詮坊のみで、妙円坊は、いるのかいないのか、よくわからない状態。

 

こういう状態では、実質的に、西山本門寺は死に絶えているといっても過言ではないと思います。

いずれ、今の塔頭坊住職も死に絶えるときが来ると思いますが、修行僧もいない状態では、この先、どうするのでしょうね。

 

西山本門寺は、国の重要文化財に指定されている古文書等も多数有り、こんな状態では、重要文化財の保管も心配になってしまう状態です。

「富士宮市の博物館に入っているのだから、それでいいのだ」という問題ではないと思います。

西山本門寺34遷化記録

 

私も、ネットでいろいろ調べていたら、「日蓮宗に合同するしかないのでは」という意見も見られました。

西山本門寺も旧・本門宗から日蓮宗に合同して、西山本門寺の旧末寺の中にも、今でも日蓮宗に残留している寺院が数ヶ寺あります。富士門流でも、北山本門寺、小泉久遠寺、伊豆実成寺は、今も日蓮宗です。

日蓮宗の他門流の僧が北山本門寺貫首に晋山した例がありますし、今の北山本門寺・旭日重貫首は、以前、小泉久遠寺の貫首でした。

西山本門寺も、ここまで荒廃してしまったら、日蓮宗内の人的交流で打開するしかないのかもしれませんねえ。

西山本門寺が、本当にそうするのかどうかは別としても、しかし今の状態は、「これでいいのか、西山本門寺よ」と言いたくなるような状態であることは、事実です。

 

西山本門寺15客殿裏
 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ