一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年11月に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

西山本門寺(19)~清掃は警備会社が行い、什宝は全て富士宮市博物館に収めている西山本門寺

■富士山本門寺(西山本門寺)19(什宝は富士宮市博物館)

 

さて「般若の面」状態の西山本門寺貫首代務者・浄円坊住職・山口亮祐氏に、私が強く抗議すると、山口亮祐氏は、斜め前に、うつむき加減になり、目がうつろ状態になって、こんなことを言い始めました。

般若の面2

 

(浄円坊住職・山口亮祐氏のそっくりさん・般若の面)


山口氏「ここは、特に参詣の人が来ても、案内もいていないけど。もっとも、だれか僧侶の紹介で来たというのなら、別だけどな。まあでも、この寺、特に見るべきものは何にもないけどな」

 

西山本門寺の貫首代務者自ら、この寺には見るべきものは何もないという、何とも投げやりな返事。しかも口先では「僧侶の紹介云々」ということを言いますが、それだったら、誰の紹介で来ても、意味ないじゃないかということになりますねえ。

 

それと非常識な態度への私の抗議がこたえたのか、こんな言い訳を言い始めました。

 

山口氏「ここはねえ。昔、創価学会の者がわんさか押しかけてきて、裁判にまでなったんだよ。だから警戒しているんだ。普通の寺とは違う、特殊な寺なんだ」

 

そんなことは百も承知してますよ。しかし、だからと言って、山口氏の非常識な態度が許されるというものではないでしょう。

だいたい「警戒しているから」と言って、こんな非常識な態度をとり、西山本門寺をここまで寂れさせ、荒廃させているんでは、日蓮正宗や創価学会の完全な術中にはまっっているということに他ならないではありませんか。西山本門寺の僧侶の責任はまことに重いと言わざるを得ないでしょう。

さて、「行事はやっていないのですか」と質問してみたら、こんな答えが返ってきました。

 

山口氏「行事は、毎年418日にお風入れをやっている。このお風入れだけは一般公開でやっているが、他にはないねえ」

 

あれれ、それでは御会式はやっていないのですか。

 

山口氏「御会式は1123日にやっているが、坊で行事をした後、あっちの客殿で、オレが読経して、それでおしまいだよ」

 

「ここは貫首さんも修行僧もいないのですか」

 

山口氏「貫首はもうかなりの高齢で、光栄寺という寺に帰っていて、今は老人ホームに入っている。ここは、本山(西山本門寺)の檀家というのは、いないんだ。だから、普段は、客殿も庫裡も全部カギをかけて閉め切っているんだ。本山(西山本門寺)あての郵便物や電話も全部、ここ(浄円坊)へ転送されるんだ。本山の行事も、オレが仕切っているんだから。

境内の清掃は、清掃婦と、あとはセコムとか、警備会社が一切をやることになっているし、什宝は全部、富士宮市の博物館に収めてある」

続きを読む

西山本門寺(18)~般若の面のような形相で出てきた西山本門寺貫首代務者・浄円坊住職・山口亮祐氏

■富士山本門寺(西山本門寺)18(般若の面のような形相)

 

さて、私が浄円坊・庫裡のインターホンを鳴らしたと同時に、玄関口に現れた西山本門寺貫首代務者・浄円坊住職の山口亮祐氏。

ところがこの山口亮祐氏の態度たるや、「誰だ、オマエは」とばかりの、ものすごい剣幕。あたかも、人殺しかドロボウを、今にも捕まえようとするような態度に、私も、一瞬、面食らってしまいました。

 

この人、僧侶だから、日々読経で喉と声を鍛えているだけあって、「誰だ、オマエは」とばかりの剣幕も、なかなか迫力がありました。腹式呼吸で声を出しているとあって、なかなかドスが効いているわけです。

「この人は、元ヤクザの人なのかなあ」と、本気で思ってしまいました。

 

しかも、私をにらみつける表情たるや、ものすごい形相で、あたかも、能役者がかぶっている「般若の面」そっくりなのです。「般若の面」とはどういうものなのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので、読者の方の便宜のため、「般若の面」の写真をUPしておきました。

般若の面2

般若の面1

 

この「般若の面」の形相で、声にドスを効かせ、頭ごなしの高飛車な態度で、「オマエは何者だ」との態度。しかし、寺院を訪ねてきた人に対して、会っていきなり、この態度はあまりにも、非常識すぎるものがあります。

私は、西山本門寺を訪ねてきただけのことであって、それ以外の何物でもないわけです。

私も、この住職の態度に黙っていたら、この住職の態度を容認したかのように解釈されてしまうのは心外であるため、ここは強く抗議しました。

 

「あなたのその態度は、一体、何ですかね。いかにも『何者だ』と言わんばかりですが、この寺に参詣に来た者ですよ。これが何か、いけないことですか。

さっき、客殿前にいた掃除の女性に話を聞いたところ、こちらの坊で話を聞かれたらいかがですか、と言われて、こちらに伺ったまでですよ」

 

こう言うと、般若の面のような形相だった住職は、急に玄関前の庭を、あっちに行ったり、こっちに行ったりしはじめ、急に下を向いて、うつむき加減になった。

 

「あなたは、ここの御住職さんですか」

 

山口氏「そう。私がこの坊の住職ですが」

 

それでもまだ、表情が、「般若の面」状態になっている住職。

 

「あそこの客殿前で掃除をしていた女性が、私に言うには、『何か聞きたいことがあったら、こちらの坊の住職に聞いたほうがいいです』というお話だったから、こちらに来たんじゃないですか」

 

私がこう言うと、「般若の面」状態の住職は、斜め前に、うつむき加減になり、目がうつろ状態になったわけです。

 

 

 

 

西山本門寺(17)~ハプニング的に実現した西山本門寺貫首代務者・浄円坊住職・山口亮祐氏との会見

■富士山本門寺(西山本門寺)17(ハプニング的に実現)

 

さて、客殿・庫裡の裏手にある「信長の首塚」の見学を終えて、再び、客殿前に戻ってくると、先程の掃除の中年女性がいて、こんなことを言ってきました。

 

「いろいろとここのお寺のことをお聞きになりたいのでしたら、一番手前の坊(浄円坊)の住職(山口亮祐氏)に、伺ったらいいですよ。山口さんという方です。今は、ここには貫首さんもいらっしゃいませんし、あそこの坊の住職にお話を聞くのがいいです。あそこの坊が、ここのお寺の行事を取り仕切っているんですから」

 

私はこれを、てっきりこの掃除の女性が、浄円坊の住職に話しを取り次いでいて、私が聞きに行ってもいい、という意味に解釈したわけです。

「この閉鎖的な寺院が、ずいぶん手回しのいいことをするんだな」

などと、自分で勝手に都合良く、こんな解釈をしてしまい、「それなら」と思って、客殿前から浄円坊にむかって、すたすたと歩いて行きました。

西山本門寺40浄円坊

 

西山本門寺の境内は、ほとんど廃虚に近い状態になっており、参道脇にはは廃坊跡がいくつもあったり、貫首無住の庫裡が、幽霊屋敷と化していたり、どこを見渡しても、寂れた光景だけが目に入るのですが、ところが塔頭の浄円坊と大詮坊だけは、表門、本堂、庫裡を普通に構えています。

塔頭はもうひとつ妙円坊という坊があり、ここも住職がいるようです。


西山本門寺41浄円坊

 

浄円坊、大詮坊の本堂、庫裡は、そんなに古い建物というわけではなく、ここ1020年の間に、建て直したもののように見えました。

私は、浄円坊の表門をくぐって、本堂前から庫裡に行き、庫裡のインターホンを押すと、ほぼ同時に庫裡の裏手から「どなたですか」と一声。

私がインターホンを押したと同時に、住職が現れたわけです。同時というのは、どういうことですか。

あたかも、私が浄円坊に来るのを待ち構えていたか、あるいは私が浄円坊に来るのを、何かで見ていて、監視?でもしていたのか。

「はー、やっぱりさっきの掃除の女性が、この住職に何か話しを通していたのかな」と思った私。

まあ、こんなハプニング的に、西山本門寺貫首代務者・浄円坊住職の山口亮祐氏との会見が実現したというわけでした。

しかし、この西山本門寺貫首代務者なる人物、とんでもない態度で接して来たのには、私もいささか面食らいました。

 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ