仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

西山本門寺(2)~昭和以降、まことに複雑怪奇な歴史をたどった富士門流本山・西山本門寺

西山本門寺12客殿


■「富士山本門寺(西山本門寺)2(昭和以降の複雑怪奇な歴史)



西山本門寺とは静岡県富士宮市西山671(旧富士郡芝川町)にある法華宗興門流の本山。西山本門寺とは、通称名で、正式には「富士山本門寺根源」といい、これは北山本門寺の正式名と全く同じ。
そもそも西山本門寺とは、北山本門寺貫首だった日代が、北山を擯出されて後、創建した寺院で、「我こそが、本門寺根源だ」という意味で建てたことから、北山本門寺と全く同じ名前にしたのではないかと思われます。
それは、日代が命名した由来だが、外から見ると「富士山本門寺根源」という寺院が、富士山麓に二つあるのは、紛らわしいので、それぞれ、北山本門寺(重須本門寺)、西山本門寺という通称名で呼ばれていたものと考えられる。
富士宮市内にある西山本門寺の案内標識も、正式名の富士山本門寺根源ではなく、「富士山西山本門寺」となっています。
西山本門寺57入口看板
西山本門寺61行き先案内


西山本門寺も、日蓮の六老僧・日興の法脈を継承する日興門流(富士門流)に属し、静岡県の駿東地方に所在する 日蓮正宗大石寺、下条妙蓮寺、北山(重須)本門寺、小泉久遠寺とともに「富士五山」を構成する。
さらに 京都要法寺、伊豆実成寺、保田妙本寺とあわせて「興門八本山」のひとつにも数えられる。明治期には富士門流の統一教団日蓮宗興門派(のち本門宗)の結成に参加。本門宗、日蓮宗、顕本法華宗の三派合同で、日蓮宗に合同。
ところが1957(昭和32)年に、西山本門寺49代・由比日光貫首の独断で、日蓮宗から離脱して単立となり、その後、なんと日蓮正宗に合同してしまうという暴挙に出た。
これが塔中・末寺・檀家の承認なく、貫首の独断で行ったことから、日蓮正宗宗門・由比日光貫首と、日蓮正宗合同に反対する檀家・塔中・末寺で大紛争になり、最終的にこの紛争は、裁判の場に持ち込まれた。
さらに由比日光49代貫首は、後継者として、何と日蓮正宗宗務院渉外部長の吉田義誠(日勇)氏を指名。吉田義誠(日勇)氏は、西山本門寺大学頭・副住職として赴任。
1965(昭和40)年4月、由比日光49代貫首が遷化(死去)し、吉田義誠(日勇)氏が50代貫首として晋山した。由比日光貫首の葬儀は、西山本門寺客殿で、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主が下向して行われている。
西山本門寺貫首と、日蓮正宗合同に反対する檀家との裁判は、最高裁判所まで持ち込まれ、1975(昭和50)年、檀家側の勝訴で最終決着した。
これにより吉田義誠(日勇)氏は、西山本門寺から退出。旧門末・福正寺の森本正明(日正)氏が正式に後任貫首として晋山。
西山本門寺は、日蓮正宗から再び離脱し、法華宗興門流を公称。吉田義誠(日勇)氏は歴代貫首からは除歴され、森本日正氏が50代貫首となっている。
このように、昭和以降、まことに複雑な歴史をたどった寺院であり、ここの寺跡調査も、まことに困難を極めました。

西山本門寺(1)~閉鎖的体質は日蓮正宗大石寺と同じ?か、それ以上にひどい西山本門寺

西山本門寺29客殿


■「富士山本門寺(西山本門寺)1(大石寺と同じ閉鎖的体質)


西山本門寺(にしやまほんもんじ)とは、1343年(康永2年)日代の開山として静岡県富士郡芝川町西山671にある法華宗興門流の本山で、日蓮正宗大石寺、重須(北山)本門寺、日蓮正宗妙蓮寺、小泉久遠寺とともに富士門流の「富士五山」を構成し、また、京都要法寺、伊豆実成寺、保田妙本寺とあわせて「興門八本山」のひとつにも数えられる。

この西山本門寺は、戦後のある時期、というか一時的に日蓮正宗に合同していた時があった。

1957(昭和32)年、西山本門寺が本山単独で日蓮宗を離れ檀家の承諾を得ないまま日蓮正宗に合流したのである。旧末寺の一部は日蓮宗に残留したが、これに檀家側が猛反発して裁判となり、檀家側が勝訴する。それによって再び西山本門寺は日蓮正宗から独立し、現在まで単立の宗教法人であるが法華宗興門流と宗名を公称している。

 

西山本門寺28客殿

この西山本門寺は、最寄り駅はJR身延線・芝川駅ということになるが、かなり駅からは遠く離れた、山の中にある。芝川駅から町営バスが出ているとはいうものの、電車・バスを乗り継いでここへ行くというのは、まことに困難である。

どちらかというと、富士宮方面から車で行ったほうが便利だと思う。

 


県道を走っていると「西山本門寺」の大きな看板が見えてくるが、ここから車では入れない。ここから大きく回り込んで、切り立った杉林の中を抜けていかなくてはならない。なんか本当に不便なところにある寺院である。

黒門をくぐり、参道の石段を上がっていくと広大な境内が広がっている。しかし参道の周りには、たくさんの木が生い茂っているのだが、かつてはもっとここには塔中坊がたくさんあったのだろうか。西山本門寺の境内を見ていると、なんとなくそんな気がした。

境内地は実に静寂で、シーンと静まり返っている。薄気味悪いくらい人っ気がほとんどない。

 西山本門寺1参道石段


境内地の一角には、織田信長の首を収めたと伝えられている首塚と称するものまであった。なんで西山本門寺に織田信長の首塚があるのか。歴史学的研究によると、本能寺の変の後、明智光秀の武将たちが信長の遺体を探したが見つからなかったといわれているが…。

 


本堂の前には、大銀杏の木が一本あった。本堂の扉は固く閉められており、ここも何かすごく閉鎖的な所という印象である。ぜんぜん中を窺い知ることができない。本堂の正面には「本門寺」と書かれた表札が掲げられていた。この本堂には、一体、なにが祀られているのだろうか。

そこで僧侶らしき? (坊主頭だが僧衣を着ていない)人を見つけて質問してみると、日蓮真筆の漫荼羅本尊であるという。日蓮がいつ書いた本尊かと聞くと、「わからない」という返事。本尊を見せてほしいと言うと、「今、他に人がいないので、手続きが出来ない」との返事。

ただ毎年418日には西山本門寺所蔵の重要文化財の虫干しが行われ、重要な品の数々が一般公開されるとのこと。

それからここ西山本門寺には、元創価学会幹部で民音職員の僧侶・松本修明氏がいると聞いていたので、会わせてほしいと言うと、「ここにはそんな僧侶はいない」との返事。

これについては、よく調べてみると、この松本修明氏という人は、九州にて、出家したが、得度して正式僧侶となる前に自主独立し、師僧より僧侶認定を受けていないので、正確に言うと、勝手に僧侶を名乗っている私度僧であるという。ただ私度僧なのに、どういうわけか富士山蓮華寺という寺の住職に収まっているとのこと。何か不可解な人である。

西山本門寺は、今は日蓮正宗大石寺から独立してはいるものの、こと「閉鎖性」に関して言えば、大石寺と実によく似ている。それともこういう体質は、富士門流の各本山に共通した体質なのかもしれない。

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ