仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

長野善光寺(6)~普段の本堂の朝時(朝の勤行)や法要でも拝することができない絶対秘仏・善光寺如来

■長野善光寺6(2015年初詣2)

 

□普段の本堂の朝時(朝の勤行)や法要でも拝することができない絶対秘仏・善光寺如来

 

午前中から善光寺境内は、ものすごい人出の大混雑ぶり。そして午前中から、善光寺本堂へはロープ規制になるほどの、ものすごい数の参詣者がいて、今か今かと入場を待っている。ロープ規制で、入場待ちをしている中、善光寺大本願の善光寺上人が赤い番傘の下をしずしずと本堂に出仕。大本願の上人は、尼僧である。

さて私は、本堂に入ったあと、外陣で参拝した後、内陣参拝券を買って内陣に参拝。外陣は立ったまま参拝するが、内陣は畳が敷かれていて、座って参拝する。すでに内陣に多くの参詣人が座っていて、午前11時の修正会が内々陣ではじまった。内々陣とは、内陣の奥にある僧侶席。善光寺の僧侶がゾロゾロと内々陣に出仕。最後に善光寺上人が出仕して修正会が奉修される。

別に法要の時刻にあわせて善光寺に足を運んだわけではないが、たまたま私が善光寺本堂に着いた時刻と、修正会の時刻が合致した。私もいろいろ仏教寺院を訪ね歩いているが、私が寺院に到着して後、法要がはじまって、後ろの席にひょっこり座って法要の一部始終を見聞したことは、何度もあった。今回も、このパターンである。

さて本堂内々陣の修正会のとき、内々陣の須弥壇の金襴の緞帳(どんちょう)が上がった。普段は、内々陣の緞帳は降りていて、朝時や法要が行われる時のみに、緞帳が上げられる。しかしながら緞帳が上がっても、拝観できるのは善光寺如来が蔵されているとされる宮殿(くでん)だけ。善光寺如来は、絶対秘仏であるため、拝することはできない。

一光三尊阿弥陀如来の名で知られる善光寺如来は、欽明天皇13(552)、朝鮮・百済国より日本に渡来。皇極天皇元年(642)に、信濃国水内郡、今の長野市に移る。孝徳天皇・白雉5年(654)、堂宇を勧請。これ以来、江戸時代の元禄13(1700)までの間、本堂は11回の火災で焼失。現在の本堂は、善光寺別当大勧進住職73世慶運大僧正が全国各地を行脚し、出開帳をするなどして募金を得。元禄16(1703)に着工。約5年の歳月を経て宝永4(1707)に落慶したもの。2015年で築308年になる。本堂は昭和28(1953)に国宝に指定されている。

本堂の須弥壇の中には、3基の灯籠があり、これは1300年不滅の常灯明とされ、永代不滅の常灯明(御三灯)とされる。これも須弥壇の緞帳が上がらないと、観ることが出来ない。

善光寺の「永代不滅の常灯明」も、比叡山延暦寺の「不滅の法灯」と、なんとなく似ている気がする。比叡山延暦寺の「不滅の法灯」は、開祖・伝教大師最澄の時代から灯明が消えていないと言うが、実際は、元亀2年(1571)の織田信長の比叡山焼き討ちで消えており、今の比叡山延暦寺・根本中堂の「不滅の法灯」は、織田信長の焼き討ち以前に、延暦寺の「不滅の法灯」から分灯した東北・立石寺の法灯から分灯したものである。これは、比叡山延暦寺が発行する正式文献に載っている史実である。

善光寺の場合も、火災や戦災に何度も遭遇しているわけだから、本当に常灯明が「永代不滅」なのかどうかは、研究の余地があると思う。

善光寺23






















 

(参詣者で大混雑している善光寺本堂前)

 

 

続きを読む

長野善光寺(5)~北陸新幹線・金沢開業以前にJR東日本の新型車両E7系に乗車した2015年善光寺初詣

■長野善光寺5(2015年初詣)

 

□北陸新幹線・金沢開業以前にJR東日本の新型車両E7系に乗車した2015年善光寺初詣

 

2015年の初詣は、2014年と同じ長野・善光寺。2014年は、15日に長野に行ったのだったが、今回は1231日の夕方、東京駅から長野新幹線・あさま号に乗って出発した。この当時は、北陸新幹線・金沢延伸開業以前のことであり、名称は「長野新幹線」だった。東京駅構内は、旅行カバンやキャリーバッグを持った人が大勢いて、大混雑。私は一週間前に、JTBのビジネスパック(出張応援価)で、長野往復新幹線の乗車券・特急券と2泊分のホテル宿泊券を予約していたのだが、当日の混雑状況がどうしても気になる。そこで東京駅新幹線乗り換え改札前にある「みどりの窓口」の電光板を見ると、東海道新幹線のひかり号・こだま号は全て×で満席。東北新幹線は、やまびこ、はやぶさ、はやて、こまち、つばさ号が軒並み×で満席。上越新幹線は、MAXとき号が、軒並み×で満席。ところが長野新幹線は、×印はひとつもなく、全て○印。かなり空席が残っている様子。これは、北陸新幹線・金沢開業後は、有り得ない話しで、年末になれば、東京~金沢のかがやき、はくたか号は、軒並み×印になっている。こういう情況を鑑みると、やはり北陸新幹線・金沢開業によって、乗客は大幅に増加したのは、なんとなくわかる。北陸新幹線・金沢開業以前のときに、東京から富山・金沢に行く人で、長野新幹線を使っていた人は皆無。上越新幹線の越後湯沢駅で、在来線特急・はくたか号に乗り継いでいた。JR東日本・東京駅の新幹線ホームは、年末ということもあり、東北・上越・長野新幹線は、臨時列車を増発していて、ホームにはひっきりなしに新幹線電車が入線してくる。そしてホームには、溢れんばかりの乗客が、自分が乗る新幹線列車の入線を待っている。私が乗車した長野新幹線・あさま号は、JR東日本の新型車両E7系。これは2015314日に北陸新幹線・金沢延伸開業に併せてJR東日本が新たに製造した新型車両。北陸新幹線は、金沢~上越妙高がJR西日本。上越妙高~長野~東京がJR東日本になるが、JR西日本の新型車両がW7系。E7系もW7系も車両は全く同じ形で、所属がJR東日本とJR西日本に分かれているだけである。しかしながら、W7系の営業運転は、2015314日の北陸新幹線・金沢延伸開業以降だが、E7系はすでに2014年後半から東京~長野で営業運転をしていた。というわけで、私は北陸新幹線の開業を前にして、一足先にJR東日本の新型車両E7系に乗車したというわけである。E7系は全て12両編成で、普通車10両、グリーン車1両、グランクラス1両。私は普通車指定席に乗車。東京を出てから、上野、大宮と停車して、どんどん乗客が乗ってきたが、普通車指定席は80%ぐらいの乗車率。意外と空席が残っていた。東京から長野までの所要時間は、約1時間半くらい。このとき、JR長野駅に降りたのは約1年ぶりだった。長野駅善光寺口は工事中。長野駅前から乗車したタクシーの運転手の話では、314日の北陸新幹線開業にちなんだ駅前整備工事で、314には完成しているとの話しであった。長野新幹線の終着駅として、長野駅を利用するのは、2015年の善光寺初詣が最後になる。長野駅の新幹線改札の電光板も、富山・金沢方面が「調整中」になっている。次回の「御開帳」や初詣で長野駅に来るときは、当然のことながら、北陸新幹線・長野駅になっている。富山・金沢方面の電光板にも、しっかり列車名・行き先が明示される。

長野駅26
















 

(北陸新幹線開業以前の長野駅新幹線改札の電光板「富山・金沢方面」は調整中)


長野4
















 

(北陸新幹線開業以後の長野駅新幹線改札の電光板「富山・金沢方面」に列車名・行き先が明示されている)

 

 

続きを読む

2017年、新年明けましておめでとうございます・「アンチ日蓮正宗」単独で101万pvを突破

□もはや「日蓮正宗系」カルト信者の者どもにも止められない「3ブログ」アクセス数増加の勢い

 

皆様、新年、明けましておめでとうございます。昨年は、いろいろとお世話になりました。

日記やボイスに、イイネやコメントを多数いただき、又、ブログには多くの方々からコメントやメッセを頂戴しました。まことにありがとうございました。

昨年は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」の「3ブログ」のアクセス数の総計が144pvを突破。アクセスユーザー数ものべ39万人を超えました。

中でも特筆すべきは、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独で101pvを突破したことであります。「アンチ日蓮正宗」の論破の前に反論不能に陥った日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト信者や旅行に行ったことがない、ネットの前で自慰行為ばかりしているカルト信者の者どもは、「もうそろそろ『アンチ日蓮正宗』も飽きられるのではないか」などと、ムダな期待を抱いているようでありますが、彼らの淡い期待(?)を見事に打ち砕いて、「3ブログ」のアクセス数の総計は、2016年度も、アクセス数のペースが大きく飛躍しました。() 3ブログ」のアクセス数増加の勢いは、もはや誰にも止められなくなっていると言っても過言ではありますまい。

本年もまた昨年に引きつづいて、皆様方からのご指導・ご鞭撻を賜ることが出来ますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年年賀状 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ