仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

仏教宗学研究会(アンチ日蓮正宗)東京本部・北陸支部は防犯カメラ・セキュリティが完備してます

□セキュリティシステムは防犯カメラのみならず無断侵入時の警報・通報システムも完備

 

今般、新たに落成したアンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)北陸支部は、防犯カメラ・セキュリティシステムが完備しています。


杉瀬6















(アンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)北陸支部の防犯カメラ)

はっきりと玄関口を向いています。カーポートの柱には「監視カメラ設置」のシールがあります。

防犯カメラ(監視カメラ)のコントロール・モニターは、北陸支部の応接室(会議室)にある。

北陸支部社屋は、セキュリティシステムが完備しており、防犯カメラだけではなく、社屋に無断侵入があった場合、警報が鳴り、セコムから「仏教宗学研究会」管理人に連絡が来るのみならず、警察に通報が行きます。

杉瀬19 















(アンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)北陸支部の応接室(会議室))

杉瀬16 















(防犯カメラ(監視カメラ)のコントロール・モニター)

インターホンにもカメラがついています。

杉瀬18 















(インターホンのコントロール・モニター)

アンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)東京本部の分譲マンションが入っているタワーマンションは、マンションそのものにセキュリティシステムが完備しており、防犯カメラも取り付けられています。

マンション入り口には、マンションの管理人が常駐しています。

狛江17 













(アンチ日蓮正宗・東京本部の分譲マンションが入っているタワーマンション)

エレベーターにも防犯カメラが取り付けられています。

狛江18 















(エレベーターに取り付けられている防犯カメラ)

まあ、こういうセキュリティシステムが東京本部、北陸支部ともに完備させることができたのも、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会、富士門流執着軍団を批判、論破、撲滅活動を展開する「アンチ日蓮正宗」管理人の“大功徳”と言えるでしょうかねえ(爆笑)

管理人室3 















管理人室6















(アンチ日蓮正宗・東京本部管理人室のPCプリンター・コピー・スキャナー兼用機の下にある「アンチ日蓮正宗」東京本部管理人室固定電話。下段が固定電話、上段にあるのはインターネットモデムと電話モデム)

 

 

 

仏教宗学研究会(アンチ日蓮正宗)北陸支部社屋が落成・東京・北陸インターネット網が開通

□東京本部は「仏教宗学研究会」管理人のファーストハウス、北陸支部はセカンドハウスである

 

2015年から計画を進めてきておりました「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)の北陸支部社屋ですが、土地購入、社屋建設と順調に進捗し、この度、めでたく落成に至りました。「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)は、設立以来、「仏教宗学研究会」管理人が東京都内に所有する分譲マンションを拠点に活動してまいりました。この東京都内の分譲マンションにデスク、デスクトップパソコン、電話、コピー機、プリンター、スキャナーから膨大な数の書籍史料、写真資料、ビデオ資料等々が所狭しと置かれていました。とてもマンションの部屋では収蔵しきれない膨大な数で、物置の中までぎっしりの状態でありました。しかしいくら膨大な資料を収蔵していても、容易に取り出せない状態で収蔵していても、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」や「仏教宗学研究会のブログ」等々に資料として活用することは、むずかしいということになる。又、「仏教宗学研究会」管理人は普段は東京都内の分譲マンションで日々の生活をしており、マンションの中に膨大な数の書籍史料、写真資料、ビデオ資料等々があることによって、生活するスペースがかなり狭くなってしまっているという不都合がありました。さらに膨大な資料の中には、「仏教宗学研究会」管理人が1980年代、90年代のころから所有する書籍史料、写真資料、ビデオ資料が多数ありますが、これらのものが長年の経年劣化と、関東地方の湿気により、ビデオテープにカビが生えてしまっていて、ビデオ資料の中には、再生がままならなくなっているものがあることが判明しました。これではせっかく収集・収蔵してきた大事な資料が破損してしまいます。

そこで2014年から、東京都内の分譲マンションにあった膨大な数の書籍史料、写真資料、ビデオ資料の80%以上を、北陸にある「仏教宗学研究会」管理人の実家の空き部屋に移転させました。そして実家にブルーレイ、VHS・DVD一体型プレイヤーを入れて、ビデオ資料をDVDにダビングする作業を進めていますが、ビデオ資料の数があまりにも膨大であるため、まだ終了していません。さて膨大な数の書籍史料、写真資料、ビデオ資料の80%以上を、北陸の実家に移転させると、今度は別の問題が発生しました。北陸の実家には、固定電話回線はあるものの、インターネットの光回線が入っておらず、「仏教宗学研究会」管理人が北陸の実家に滞在している時は、パソコンでインターネットができないという問題が発生。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」等々をアップするには、固定電話回線のADSLでは容量不足で、これでは、実家に移転した資料が活用できないということになる。そこで無線LAN(Wi-Fi)ルーターを契約して、無線でインターネットをやろうと試みたのですが、ところが実家の所在地が、山間部に近い所であるため、無線LANの感度が悪く、インターネットに繋がりにくい所であることが判明しました。

 

続きを読む

高野山金剛峯寺(6)~835年に弘法大師空海が入定した真言宗の聖地・高野山奥の院・弘法大師御廟・灯籠堂

■高野山金剛峯寺6(20145月の高野山旅紀行6)

 

835年に弘法大師空海が入定した真言宗の聖地・高野山奥の院・弘法大師御廟・灯籠堂

 

高野山奥之院の参道を延々と歩いて行くと、一番奥にあるのが弘法大師空海御廟と灯籠堂である。一の橋が弘法大師空海御廟の入り口になり、その橋の先が、弘法大師空海がおわします霊地になっている。奥之院は壇上伽藍と並んで高野山二大霊場のひとつになっている。高野山・奥之院(おくのいん)とは、高野山の信仰の中心であり、弘法大師空海が入定した聖地であることから、正式には一の橋から参拝するしきたりになっている。一の橋から御廟まで約2キロメートルの道のりには、おおよそ20万基を超える諸大名の墓石や、祈念碑、慰霊碑の数々が樹齢千年に及ぶ杉木立の中に立ち並んでいます。弘法大師空海が、奥之院参詣者を一の橋まで送り迎えをするという伝承があるため、橋の前で一礼してから、足を踏み入れるのが、しきたりになっている。

弘法大師空海は62歳の時、座禅を組み、手には大日如来の印を組んだまま禅定に入ったと伝承される。921(延喜21)年、醍醐天皇が空海に「弘法大師」の諡号を贈った際に、東寺長者・観賢が高野山に登り、奥之院の廟窟を開いたところ、禅定に入ったままの空海と対面。その姿は、生前の空海と変わりなく生き生きとしていたとの伝説から、弘法大師空海は、今も奥之院に生き続けているという「入定伝説」が生まれたという。弘法大師空海は、今も高野山奥の院で生きていると信じている人もいる。弘法大師空海の死を、「死去」「入寂」「寂滅」「入滅」「遷化」などといわず「入定」という。御廟橋から灯籠堂を見ていると、たくさんの参拝人が、橋を渡り、灯籠堂に入って行くのが見える。また灯籠堂、弘法大師御廟の参拝を終えて、灯籠堂から出てくる人の数も多い。広大な高野山金剛峯寺のエリアの中では、この奥の院が最も参拝人の数が多いように思う。奥の院で特に目立ったのが、団体参拝のグループを数十組以上、見かけた。お遍路さんの巡礼グループも多数参拝に来ているのを見かけた。お遍路さんとは、四国にある空海(弘法大師)ゆかりの88か所の寺院・四国八十八箇所を巡ることを「遍路」と言い、地元の人々は四国八十八箇所を巡る巡礼者を「お遍路さん」と呼ぶ。高野山金剛峯寺の広大なエリアには、四国遍路の巨大看板もあった。

奥の院では、日本人の団体参拝客を多く見かけたのだったが、逆に壇上伽藍や千手院橋、旧青厳寺の金剛峯寺等で多く見かけた外国人観光客は、奥の院ではほとんど見かけなかった。もちろん奥の院も、世界遺産エリアに入っているのだが、外国人観光客は弘法大師空海には、あまり関心がないのだろうか。御廟橋から先のエリアは、弘法大師空海入定の聖地ということで、参拝人は写真撮影禁止だと言う。しかしあたりを見渡しても、写真撮影禁止の立て看板がどこにも見あたらない。奥の院の中にある弘法大師御廟で、写真撮影していた観光客がいたが、団体参拝に来ていた参拝人が、「ここは写真撮影禁止ですよ」と、かなり強い口調で叱りつけていた。写真撮影禁止の立て看板はないが、御廟橋から先の弘法大師御廟・灯籠堂のエリアは、写真撮影禁止だと、高野山の慣習でそうなっているのだろうか。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ