一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

2012年08月

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺11(賽銭箱・不受不施)   日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺を訪問して、妙覚寺の僧侶とは話が出来ませんでしたが、妙覚寺元総代と詳しい話が出来たので、それなりの成果はありました。 しかし、まず印象に残ったのは、日蓮宗不受不施派・妙 ...

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺10(本堂参詣を拒絶)   私は、なんとかして妙覚寺の本堂の中に入って、本尊として何が祀られているのかとか、本堂の中の造りとかを見学したいと思っていたので、何とか本堂の中に入れて欲しいと、元総代に頼んでみました。   ○「妙覚 ...

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺9(岡山県と千葉県に多い末寺)   私は、元総代A氏に、妙覚寺の概要や本堂の中のことについて、質問しました。   ○「妙覚寺さんの末寺は、全国にどれくらいあるのですか」 □元総代「末寺は、どれくらいかなあ。岡山県にもあるし、関 ...

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺7(妻子を近隣に住まわせている)   これはもう何年も前のことですが、私が主宰している「アンチ日蓮正宗」で、日蓮正宗や創価学会・顕正会の「日蓮原理主義」的体質というものが、批判の話題に登ったことがありました。 日蓮正宗の原理主 ...

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺6(今の時代にそぐわない)   妙覚寺元総代のA氏は、けっこういろいろなことを私に話してくれました。   「日蓮宗不受不施派とは、江戸時代に約210年間も禁圧されてきた宗旨で、これは日蓮宗にある『不受不施』という大事な教義をかたく ...

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺5(排他的・閉鎖的体質)   妙覚寺の元総代という人は、見た感じとしては、年齢が60代後半から70才くらいの人。以前に5年ほど、妙覚寺総代を務めていたことがあった、という人で、なかなか妙覚寺のことについて、詳しい人でした。 妙覚寺 ...

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺4(歴代法主の墓地)   妙覚寺の本堂の周りをよく見ると、本堂の裏手から裏山に向かって参道が延びているのが見えましたので、そこを歩いて、登って行きました。 すると裏山には、妙覚寺歴代法主の墓地があり、妙覚寺の歴代法主は「聖人」 ...

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺3(賽銭箱はなく閉扉した本堂)   妙覚寺表門からまっすぐ歩いて行くと、あっという間に本堂にたどり着きます。 本堂には「祖山妙覚寺 再興百年 日学花押」と書いた扁額が掲げられていました。 この「再興」とは、不受不施派の再興か、 ...

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺2(厳しい弾圧下にあった不受不施派)   私は、2011年12月に岡山・妙覚寺に行って、はじめてこの妙覚寺境内に入ったとき、日蓮宗不受不施派が受けた日本宗教史上、まれに見る弾圧史、殉教史が伝わって来るような気がして、ちょっと感慨無量 ...

■日蓮宗不受不施派祖山・妙覚寺1(不受不施派の祖山・岡山妙覚寺)   妙覚寺とは、正式には龍華山妙覚寺といい、日蓮宗不受不施派の祖山。 場所は、岡山県北区御津金川というところにあります。新幹線のぞみ号の停車駅で、中国地方のターミナル駅である岡山駅からは、か ...

■日蓮本宗・鳥辺山實報寺10(禅寺に葬られ親鸞の隣りで眠る日目)   私は、實報寺住職との長時間に及ぶ単独会見を終えたのでしたが、私にとっては、大きな成果のある實報寺訪問と言うことになりました。實報寺住職は □ここ鳥辺山にあった延年寺に、日目が葬られて正墓 ...

■日蓮本宗・鳥辺山實報寺9實報寺に日目の正墓があると断言2   一通りの住職からの回答があった後、私と住職の問答になった。   ○「それでは、日目上人、日尊上人の正墓は、ここ実報寺さんにあるわけで、日蓮正宗大石寺にはない、ということで、よろしいわけですね ...

■日蓮本宗・鳥辺山實報寺8(實報寺に日目の正墓があると断言)   實報寺住職の方も、言いたいことを言って少し気持ちが晴れたのか、ようやく少しは心を開いて喋り始めました。   □住職「あなたはサイトを主宰しておられるのですか」 ○「そうです。『アンチ日蓮正宗 ...

■日蓮本宗・鳥辺山實報寺7(嘉儀吉裕氏と受付で大激論)   私としても、實報寺住職が庫裡から受付に出てきたのには驚きましたが、しかしこれはまさに千載一遇のチャンス。何の前触れもなく、急遽、単独会見ということになったわけですが、しかし冒頭から實報寺住職の表情 ...

■日蓮本宗・鳥辺山實報寺6(實報寺住職が現る)   「要法寺開山本廟」という石碑が建っていた墓園の中に入っていくと、山門があり、さらに寺の庫裏のような建物もありました。山門や庫裡の棟札を見ると「實報寺」という名前が。 ここは鳥辺山墓地というのではなく、日蓮 ...

■日蓮本宗・鳥辺山實報寺5(鳥辺山に要法寺開山本廟を発見)   私は、とにもかくにも京都に行って、自分の目と耳で確認する以外にないと思い、京都・東山五条の鳥辺山に行くことにしました。2009年秋のことです。 私は、それまで京都の東山や東山三条、三条大橋周辺も何 ...

■日蓮本宗・鳥辺山實報寺4(鳥辺山から消えた延年寺)   鳥辺山實報寺については、要法寺発行の「私たちの要法寺」には 「鳥辺山御廟所 本山御歴代の貫首上人の墓所は、東山五条上ルの鳥辺山実報寺にあります。 鳥辺野は、すでに王朝時代から無常所として都の人々の墓 ...

↑このページのトップヘ