仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

2013年08月

コーヒータイム(1)~蝉の鳴き声で立石寺を思い出しました

連日、猛暑が続く東京都心で蝉の鳴き声が聞こえてきました。

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」とは、あの有名な松尾芭蕉の奥の細道の俳句。

松尾芭蕉が訪れた山形・立石寺に、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句碑があります。

山形の立石寺(山寺)に行った時のことを思い出してしまいました。立石寺に行ったのは、5年くらい前のことなのですが。

山寺10


山寺8 

 

京都・建仁寺(2)~建仁寺開山・栄西禅師の正墓がある建仁寺子院・開山堂(護国院)

■京都・建仁寺2(栄西禅師の正墓がある子院・開山堂)

 

□江戸時代初期の画家・俵屋宗達の最高傑作「風神雷神図屏風」を格蔵する建仁寺

 

建仁寺とは、臨済宗建仁寺派の大本山で、日本の臨済宗大本山の中では最も古い。鎌倉時代の建仁2(1202)の開創で、寺号は当時の年号である「建仁」から名付けられている。山号は「東山」と書いて「とうざん」と読む。創建当時の年号を寺号にした寺院は、「比叡山延暦寺」「東叡山寛永寺」などの例はあるが、数としては極めて少ない。開基は鎌倉幕府二代将軍・源頼家になっているが、創建当時の年号が寺号になっていることで、建仁寺が天皇勅許の寺であることを、強く臭わせている。建仁寺の諸堂は、中国の百丈山を模して建立されたという。

建仁寺は、創建当初は天台、密教、禅の三宗兼学の寺院だったが、建仁寺第11世・蘭渓道隆の代から、純粋な臨済禅の道場になった。

建仁寺の開山・栄西禅師の名前は、一般的には「えいさい」と読まれているが、建仁寺の寺伝では、「ようさい」と言う。字は明庵(みんなん)、号は千光(せんこう)葉上(ようじょう)という。

栄西禅師は永治元年(1141)、備中国(岡山県)吉備津宮の社家、賀屋氏の子として生まれた。14才で落髪。比叡山で天台密教を修め、その後、二度にわたって入宋を果たし、日本に禅を伝えた。また、中国から茶種を持ち帰って、日本で栽培することを奨励し、喫茶の法を普及せしめた「茶祖」としても有名である。

栄西は二度目の渡宋で臨済宗黄龍派の虚庵懐敬に参禅。建久2(1191)、虚庵懐敬から師道の法を嗣いだという証明である印可を得て帰国。京都では比叡山延暦寺の勢力が強大で、禅寺を開くことは困難な情勢であった。栄西は九州・博多に聖福寺を建立。のち鎌倉に移って北条政子の援助で正治2(1200)に寿福寺を建立。その2年後の建仁2(1202)、鎌倉幕府2代将軍、源頼家の援助を得て、京都に建仁寺を建立した。

建仁寺で有名なのは、国宝に指定されている「風神雷神図屏風」。これは俵屋宗達の晩年の最高傑作とされる。屏風前面に金箔が押されている。俵屋宗達(生没年不詳)とし、慶長から寛永年間に活動した江戸時代初期の画家。尾形光琳と並び称せられる、江戸時代初期の大画家だが、伝記には不明な点が多く、生没年さえわかっていない。

「風神雷神図屏風」は、建仁寺方丈で見学できるが、通常、展示されているのは、高精細デジタル複製、つまりレプリカである。「なーんだ、レプリカなのか」と思ってしまいがちですが、しかし博物館、資料館等に並ぶ展示の大半は、レプリカだということをご存知だろうか。特に、都道府県立や市町村立の博物館、資料館の展示にレプリカが特に多い。展示品が本物なのか、レプリカなのかについては、展示の説明文に書いてある。「複製」と書いてあったら、それはレプリカだということ。

レプリカが展示されている場合、本物(原画、原本)の所在地も明記されている。「風神雷神図屏風」の場合は、本物は建仁寺格蔵となっているが京都国立博物館に寄託されている。普段は建仁寺でレプリカが展示されている。

建仁寺9 

続きを読む

京都・建仁寺(1)~大石寺勅使門は建仁寺等の臨済宗大本山の勅使門のパクリである

■京都・建仁寺1(大石寺勅使門は建仁寺等の臨済宗の勅使門のパクリ)

 

□日本の臨済宗では栄西禅師によって創建された最も古い臨済宗の大本山寺院・建仁寺

 

建仁寺とは、臨済宗建仁寺派大本山で、境内は京都有数の繁華街・祇園に最も近い所にある。京都・祇園に近い所にあるせいか、何度か建仁寺に行ったとき、いずれも参拝客がかなりたくさんいた。建仁寺とは、京都五山の第三位。開基は鎌倉幕府二代将軍・源頼家。開山は栄西禅師。

鎌倉時代の建仁二年(1202)に、日本臨済宗開祖・栄西禅師により創建され、年号をとって建仁寺と名付けられた。当初は天台宗、真言宗、禅宗の三宗兼学であったが、十世の円爾弁円、十一世の蘭渓道隆を経て禅宗寺院として確立し、室町時代に禅寺の格付け制度である五山の制の下で、京都五山の第三位になった。

方丈(重要文化財)は、慶長4(1599)に安芸国(広島県)の安国寺から移築された室町時代後期の禅宗方丈建築。鎌倉時代後期の遺構を伝える勅使門(重要文化財)は、扉にある矢の痕跡から「矢根門」とも呼ばれている。

寺宝として俵屋宗達の代表作である「風神雷神図屏風」(国宝)、海北友松の「竹林七賢図」「花鳥図」「雲龍図」など、桃山時代の貴重な屏風図、水墨画、障壁画などの貴重な文化財を所蔵していることで有名。豊臣秀吉を祀る高台寺や八坂の塔のある法観寺は、建仁寺の末寺である。

臨済宗とは、中国禅宗五家(臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼)のひとつで、唐の臨済義玄(? - 867年)を宗祖とする。臨済宗は、宋時代の中国に渡り学んだ栄西禅師らによって、鎌倉時代に日本に伝えられている。同じ禅宗の曹洞宗が地方豪族や一般民衆に広まったのに対し、臨済宗は時の武家政権に支持され、とくに室町幕府により保護されて、五山十刹が生まれた。

日本の臨済宗は、建仁寺派、東福寺派、建長寺派、円覚寺派、南禅寺派、国泰寺派、大徳寺派、向嶽寺派、妙心寺派、天龍寺派、永源寺派、方広寺派、相国寺派、佛通寺派、興聖寺派があるが、建仁寺派は1202年(建仁2年)、中国・宋に渡って帰国した栄西により始まり、栄西は最初に禅の伝統を日本に伝えたということで、日本の臨済宗の中では最も古い。

栄西は、中国から茶を持ち帰り、喫茶を普及した茶祖としても知られ、毎年4月に方丈で行われる「四頭茶礼」は、禅院茶礼の古式を今に伝えている。

臨済宗の大寺院は、伽藍が勅使門、三門、法堂、方丈と一直線に並んでいて、勅使門が表門になっている。しかし勅使門とは、朝廷からの勅使しか通ることが許されない門であり、普段は堅く閉じられている。そうすると参拝客は、表門から入ることができなくなってしまうが、勅使門にむかって左側に、通用口が設けられていて、一般参詣人はここから出入りする。建仁寺の境内は、全て塀で覆われているため、門からしか出入りすることができない。

ところが建仁寺へ参詣する人は、勅使門の通用口から出入りする人は、ほとんどいない。どこから出入りするのかというと、北門と西門である。祇園に近いのは北門で、、タクシーの運転手に「建仁寺の表門に着けて下さい」と言うと、タクシーは建仁寺の北門に着けました。

しかし見た感じとしては、西門のほうが表門に見えなくもない。参詣人の出入りは、祇園に面している北門のほうが圧倒的に多く、西門は繁華街に面していないせいか、出入りは少ない。

建仁寺32北門 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ