仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

2013年11月

ネパールで世界最古の仏教寺院発見のニュース

□釈迦如来の生誕年が従来の主流学説から約100年ほどさかのぼる可能性も

 

1126日、mixiニュースで、久しぶりに仏教遺跡に関するニュースが流れた。まずはここにニュース配信記事を引用します。

-----------------------------------------------------

「世界最古の仏教寺院発見、ネパール」20131126 19:10

世界最古の仏教寺院がネパールで発掘された。紀元前550年ごろの遺跡で、釈迦(しゃか)の生年が従来の主流学説から100年ほど遡る可能性があるという。発掘現場のネパール中南部、ルンビニ村は、釈迦(ゴータマ・シッダールタ)の生誕地として知られている。

研究チームのリーダーで、イギリスにあるダラム大学の考古学者ロビン・カニンガム(Robin Coningham)氏は、「分析の結果、世界最古の仏教寺院と判明した」と話す。

古代の木造遺跡は、毎年数十万規模の巡礼者が訪れる寺院のレンガ構造の地下に埋もれていた。後年その上部に建立されたレンガ造りの仏教寺院は、古代のレイアウトを複製している。「つまり、仏教の聖地としての連続性を示している」とカニンガム氏は解説する。「釈迦の生年については論争が絶えないが、とりあえず紀元前6世紀には仏教寺院が存在していたことが確定した」。

◆釈迦の生誕地

 仏教は世界三大宗教の1つで、信者は東アジアを中心に35000万人以上に及ぶ。

 開祖である釈迦の生年は不明で、ネパール当局は「紀元前623年」説を支持するが、ほかにもさまざまな伝承があり、「紀元前400年前後」とする説も有力だ。いずれにせよ、古代インドのアショーカ王が巡礼を行った紀元前249年の段階で、ルンビニが仏教の聖地として尊ばれていたことは誰もが認めている。その後に寂れてしまうが、釈迦の母マーヤー・デーヴィーの名を冠したマーヤー・デーヴィー寺院などの遺跡が1896年に発見され再び表舞台に登場、現在は世界遺産(文化遺産)に登録されている。巡礼者や観光客による損傷を懸念したユネスコは、ネパール政府や日本政府の協力の下、カニンガム氏を中心とする国際的な研究チームを結成してルンビニ遺跡の状態を調査。今回の地下遺跡の発掘につながった。

◆古代の木造寺院

カニンガム氏は、「レンガ造りの寺院の地下に、柱穴が見つかった。欄干が木造寺院を囲んでいた証拠だ。また、地上よりも古いレンガ構造も埋もれていた」と語る。

柱穴から採取した木炭を、複数の年代測定法(放射性炭素法と光ルミネセンス法(OSL))で調査したところ、紀元前550年前後に遡ると判明。

「さまざまな発掘品から判断すると、この地で耕作が興ったのが紀元前1000年前後で、紀元前6世紀までには仏教僧のコミュニティーが出来上がっていたと考えられる」。

◆学界の反応

イギリスのレスター大学の考古学者ルース・ヤング(Ruth Young)氏は、「非常に興味深い成果で、アショーカ王の時代よりも数世紀前に仏教が勃興していたことになる」と評価する。

 

続きを読む

新曽妙顕寺(2)~県文化財指定の時に日向記の真偽鑑定を行っていないことを認めた埼玉県文化財課の係官

■新曽妙顕寺2(埼玉県生涯学習文化財課)

 

□文化財指定時の鑑定報告書があると言った埼玉県教育局生涯学習文化財課の係官

 

さて午前中に埼玉県庁に電話し、担当部署である埼玉県教育局市町村後援部生涯学習文化財課につないでもらいました。私は、埼玉県戸田市の新曽妙顕寺に格蔵される日向記が埼玉県文化財に指定されているが、日向記は日蓮宗でも疑義が強く「偽書」としていること。そういう文書をなぜ埼玉県文化財に指定したのか、その経緯について尋ねました。すると担当者は、しどろもどろになり、日向記が真筆か偽書かについては回答が混乱。あげくのはては「真書かどうかよりも、その文書の存在感の大きさによって、文化財指定もあり得る」と、ずいぶん後退した返事。そこで

「それは、おかしいのではないか。少なくとも一般の人は、埼玉県文化財に指定されている古文書ということであれば、これを真書と解釈しますよ」「埼玉県は、日向記を真書として県文化財に指定したのか、それとも真書ん偽書かよりも、存在感が大きいから県文化財に指定したのか。文化財指定の根拠を教えて下さい」と、食い下がった。すると担当者は、「文化財指定は、昭和27(1952)のことですが、当時の担当者が鑑定した報告書があり、真書と書いています」との返事。

「ならば、その報告書をお見せ願えませんか。又、その報告書のコピーを取らせていただいて、私にお渡し願えませんか」と言うと、「それはかまいません」との返事。

とにかく埼玉県庁の担当者は、私との面会を承諾し、文化財指定の時の鑑定報告書のコピーを渡してもよいとの返事だったので、即刻、埼玉県教育局市町村後援部生涯学習文化財課がある埼玉県庁職員会館に直行することにしました。

埼玉県庁は、埼玉県さいたま市にありますが、さいたま市は「平成の大合併」で、大宮市、浦和市、与野市が合併してできた「市」で、埼玉県庁がある所は旧浦和市になる。最寄り駅はJR浦和駅。

今はJR浦和駅は、京浜東北線、東北・高崎線のホームの他に湘南新宿ラインのホームができているが、私が埼玉県庁に行った時は、湘南新宿ラインのホーム新設工事中。もともと湘南新宿ラインは、東北貨物線を走る電車で浦和駅には、元々ホームがなかった。というわけで、JR新宿駅から湘南新宿ラインの電車に乗って、一旦、赤羽駅で東北・高崎線の電車に乗り換え。埼玉県庁は、JR浦和駅から徒歩15分くらいのところにありますが、私は駅前からタクシーで埼玉県庁へ。埼玉県庁職員会館に担当部課があり、入って行くと係官二人が応対に。

一人は中年男性の指定文化財保護担当・I主幹。もう一人は女性で同じくの指定文化財保護担当・M主査。名刺交換すると、中年男性のI主幹は、私の名刺を見て、なぜか真っ青に。教育局市町村後援部生涯学習文化財課がある部屋は、ものすごく広い部屋で、そこには何十人もの職員が机を並べて仕事をしているのですが、私と二人の面談がはじまると、他の職員は仕事の手を止めて、面談の成り行きを固唾を呑んで見守っているのが、わかりました。

 

続きを読む

新曽妙顕寺(1)~埼玉県が「日向記」を県文化財に指定した旨の不可解な記述の案内板が建つ新曽妙顕寺

■新曽妙顕寺1(県文化財に指定した案内板)

 

□埼玉県が「日向記」を県文化財に指定した旨の不可解な記述の案内板が建つ新曽妙顕寺

 

新曽妙顕寺とは、埼玉県戸田市新曽にある日蓮宗寺院。日蓮宗には大本山・京都妙顕寺、本山・佐野妙顕寺と、同名の「妙顕寺」寺号を名乗る寺院があるため、これらと区別するために、関係者の間では、地名をとって新曽(にいぞ)妙顕寺とよばれている古刹寺院である。

なぜここに来ることになったのかと言うと、日蓮真筆の大曼荼羅本尊を調査していく中で、新曽妙顕寺に立正安国会「日蓮真蹟御本尊集」に載っている大曼荼羅本尊、佐渡阿闍梨日向授与の「子安曼荼羅」が格蔵されていることが判明。それでこの新曽妙顕寺を調査していくと、この寺の境内に、戸田市教育委員会が建てた文化財の案内板があることが判明。しかもその戸田市教育委員会が建てた文化財の案内板には、何と佐渡阿闍梨日向が筆記したと伝承される「日向記」が新曽妙顕寺に格蔵されていて、しかもこの「日向記」が埼玉県の文化財に指定されている旨が書いてあることが判明した。

日向記とは、身延山久遠寺二世・佐渡阿闍梨日向が、日蓮の説法を筆録したと伝承する文書で、日蓮宗の「遺文全集」や大石寺版「御書全集」には、「御講聞書」という名前で載っている。

私はかつて日蓮宗の本山貫首猊下に「御講聞書」の真偽について見解を尋ねたところ、日興記とよばれる「御義口伝」も、日向記の「御講聞書」も偽書である、という見解であった。立正大学日蓮教学研究所発行の「遺文全集」にも、「日向記」は日蓮真蹟の欄にはなく、古写本として新曽本が載っている。「新曽本」とは、新曽妙顕寺が格蔵する「日向記」の古写本という意味か。

日蓮宗の見解として、日蓮真蹟とは認めていない「日向記」を、なぜ埼玉県が文化財として指定しているのか。ここが私にとって、大きな関心事であった。

日蓮宗の「遺文全集」には、古写本として新曽本が載っているものの、日蓮宗の本山貫首猊下は偽書だと言う。私も「日向記」は、限りなく偽書に近い文書であると見ている。私が「日向記」を限りなく偽書に近い文書と見ている根拠は、

1 弘安年間に身延山で日蓮が日向に法華経の講義をした史実が確認できない

2 上古の文献・記録に「日向記」が出てこない

3 「日向記」末文の「高祖大聖人御講聞書」とある「高祖大聖人」という言い方への疑問

「高祖大聖人」という言い方は、江戸時代の古文書にはよく見られるものだが、はたして日蓮・日向在世の時代に、日向が「高祖大聖人」という言い方をしたのか、という疑問である。

そういう疑義のある文献を、どうして埼玉県が県の文化財に指定したのか。埼玉県が「日向記」を県の文化財に指定したということは、埼玉県が「日向記」を実質的に真蹟だと認定したことになる。しかも戸田市教育委員会が建てた案内板に、埼玉県が「日向記」を県の文化財に指定した旨が書いてあるとなれば、少なくともこれを読む人は、埼玉県が「日向記」を実質的に真蹟だと認定したと解釈するであろう。

妙顕寺20教育委員会案内板











 

(新曽妙顕寺に建つ戸田市教育委員会の立て看板)

妙顕寺6 











(新曽妙顕寺)

 

続きを読む

諸宗山回向院(5)~「義賊伝説」で有名な鼠小僧次郎吉の墓がある東京両国・回向院

■諸宗山回向院5(鼠小僧次郎吉の墓)

 

□「義賊伝説」で有名な鼠小僧次郎吉の墓がある東京両国・回向院

 

浄土宗寺院・東京両国・回向院には、「義賊伝説」で有名な鼠小僧次郎吉の墓がある。まずこの人は、かつて映画やテレビドラマでよく取り上げられたので、架空の人物ではないかと思われがちだが、鼠小僧次郎吉(17971832)は、れっきとした実在の人物だった。

私の子どもの頃、昭和40年(1965年)に映画『鼠小僧次郎吉』、昭和40年(1965年)-昭和41年(1966年)にかけてテレビドラマ『怪盗ねずみ小僧』があった。さらに鼠小僧次郎吉の娘ないしは孫娘が父ないしは祖父の処刑から数年の時を経て江戸の庶民のために「鼠小僧」の名を受け継ぎ活躍するという、「女ねずみ小僧」という架空の設定のドラマまで造られ、小川真由美主演の『浮世絵 女ねずみ小僧』、『ご存知 女ねずみ小僧』が放送された。「女ねずみ小僧」は、私もテレビでよく見た記憶がありますねえ。また1977年~1980年にかけて放送されたテレビアニメ「ルパン三世」テレビ第二シリーズの24話に、「四代目鼠小僧次郎吉」という設定が登場する。

最近は、鼠小僧次郎吉が映画やテレビドラマ等で取り上げられることは、めっきり少なくなった。というか、CSの時代劇専門チャンネルは、連日、時代劇番組を流しているが、地上波で時代劇番組そのものをめっきり見かけなくなってしまった。というわけで、「鼠小僧って誰?」と思われる方々が多いのではないだろうか。

鼠小僧次郎吉とは、江戸時代後期、文化・文政年間の大泥棒。18041830年の間に、98箇所122回にわたって犯行を行い、しかもほとんどが江戸の大名屋敷に盗みに入った。大名屋敷に盗みに入って、盗んだ金を貧しい庶民にばらまいたという「義賊伝説」が起こり、人気を博した。1832年に捕縛されるまで、途中、1回だけ捕まっただけ。南町奉行所の尋問を受けるが、「初めて盗みに入った」と嘘をついて切り抜け、入墨を入れられた上での中追放の刑を受けただけで終わった。

その後、武家屋敷71箇所、90回にわたって犯行を行っているので、鼠小僧次郎吉の犯行の七割以上が、一回目の捕縛・追放以後のものであることがわかる。これだけ大名屋敷に盗みに入って、捕まらなかったというだけで、江戸の町の大泥棒と言えるだろうし、これだけ鼠小僧次郎吉に盗みに入られて、捕縛できなかった当時の奉行所は、さしずめテレビアニメ「ルパン三世」に出てくる銭形警部さながらである。

鼠小僧次郎吉の素性には、諸説あるが、大坂・堺町の中村座の木戸番の長男、次郎吉であるという説が有力。当初は建具屋として一人前の職人だったが、賭博にはまり、町方の鳶人足になったという。鼠小僧次郎吉が大名屋敷から盗んだ金は、少なくとも三千両以上。現在の貨幣価値にして1億円を超えると言われている。その金のほとんどを呑む、打つ、買うの遊びに使ったとされる。最後は、市中引き回しの上での獄門の判決が下される。引き回しの際には有名人の鼠小僧を一目見ようと野次馬が押し寄せた。処刑は小塚原刑場にて行われた。享年36才であった。

 

続きを読む

諸宗山回向院(4)~浄土宗回向院境内にあった日大講堂で本部総会等の行事に280回も使用していた創価学会

■諸宗山回向院4(回向院相撲・大鉄傘・日大講堂・創価学会本部総会)

 

□江戸時代に今の大相撲の前身である勧進相撲・回向院相撲が行われていた両国回向院

 

江戸時代後期になると、勧進相撲の定場所が回向院に定められ、明治末期までの76年間、いわゆる回向院相撲の時代を日本相撲史上に刻んでいる。回向院には「国技館(大鉄傘)跡」と題する墨田区教育委員会が建てた案内板が建てられていて、そこにはこんなことが書いてある。

「現代の大相撲は、江戸時代の勧進相撲を始まりとします。回向院境内にある『回向院相撲記』には、天保4(1833)から国技館に開催場所が移されるまでの76年間、相撲興行本場所の地であった由来が記されています。国技館は、この回向院境内に明治42(1909)に建設されました。32本の柱をドーム状に集めた鉄骨の建物は、大鉄傘とも呼ばれ、13千人収容の当時最大規模の競技場でした。日本銀行本店や東京駅の設計で著名な辰野金吾が設計を監修しました。

相撲興行は、戦後もGHQに接収されていた国技館で行われました。しかし、メモリアルホールと改称された後は、本場所の開催が許されず、明治神宮外苑や浜町公園の仮設国技館での実施を経て、台東区に新設された蔵前国技館における興行に至ります。一方、接収解除後のメモリアルホールは、日本大学講堂となりますが、老朽化のため昭和58(1983)に解体されました。そして同60(1985)、地元の誘致運動が実を結び、JR両国駅北側の貨物操車場跡に新国技館(両国国技館)が完成。「相撲の町両国」が復活しました。大鉄傘跡地は現在、複合商業施設となっていますが、中庭にはタイルの模様で土俵の位置が示されています」

 

相撲そのものの歴史は古く、古墳時代の埴輪等に、その様子が描写されている。『古事記』の垂仁記には、初めて「力士」(ちからひと・すまひひと)の文字が現れる。『日本書紀』の雄略天皇13年(469年)には、最古の女相撲の記録があり、記録上にはじめて「相撲」の文字が出てくる。

平安時代になると、宮中で行われた相撲節会のほかに、民間の相撲も大いに行われ、一般庶民による相撲は「土地相撲」、または「草相撲」と呼ばれ、武士たちの実戦で用いる組み打ちの鍛錬であった「武家相撲」もあった。興行としての相撲が組織化されたのは、江戸時代の始め頃(17世紀)とされる。現在の大相撲は神社仏閣の再興や造営の費用を捻出するための江戸時代初期の勧進相撲に端を発している。勧進(かんじん)とは、仏教の僧侶が衆庶の救済のための布教活動の一環として行う行為の1つのことだが、仏教寺院・仏像などの新造あるいは修復・再建のために浄財の寄付を求める行為のことを指して「勧進」というようになった。勧進相撲の「勧進」は、各国の力士集団が勧進元との契約によって招かれて相撲興行に参加するという形式に由来するものと思われる。これの名残として今でも大相撲地方巡業の主催者のことを勧進元とよぶ。

いわば両国回向院は、今の大相撲発祥の地とも言える所で、1936(昭和11)には、大日本相撲協会が物故力士や年寄りの霊を祀る「力塚」を建立している。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ