仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

2016年12月

2016年、「3ブログ」を一年間ご愛好いただき、ありがとうございました

□明年2017年は、さらに今までにも増して、内容を充実させてまいる所存です

 

本年2016年も「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」をご愛好いただき、まことにありがとうございました。

明年2017年は、さらに今までにも増して、内容を充実させてまいる所存です。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

仏教宗学研究会10 

 

「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない

□「3ブログ」の批判記事は証拠の文献・写真を引用・掲載し公正な道理から結論を導き出している

 

最近、当方が主宰する「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」の「3ブログ」をやれ誹謗中傷だ、名誉毀損だ、業務妨害だ、などと罵倒している者がいるようですが、全くの的外れなものである。「3ブログ」は、言論の自由・表現の自由のサイトであり、名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない。「3ブログ」とは

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

「仏教宗学研究会のブログ」

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/

「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」

http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

の「3ブログ」を指している。

「誹謗中傷」とは、デジタル大辞泉の解説によれば、「[名](スル)根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つけること。」とあります。

https://kotobank.jp/word/%E8%AA%B9%E8%AC%97%E4%B8%AD%E5%82%B7-684665#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

「誹謗中傷対策サイト」によれば、「誹謗中傷」とは「誹謗とは、根拠のない悪口で他人を誹り、名誉を汚し、貶めることをいいます。中傷とは、根拠のない嫌がらせや悪口などを言うこと。これらを合わせると、「誹謗中傷」とは、根拠のない悪口や嫌がらせで、他人の名誉を汚すことと言えるでしょう。」とあります。そして「誹謗中傷に当たるかどうかは、書かれた事実が真実であるかどうかが分かれ目になります。」とあります。

http://www.yonewoodcraft.com/20/post-8.html

3ブログ」の全ての記事において、根拠・証拠として文献を引用し、写真を掲載し、公正な道理の上から結論を導き出しております。又、「仏教宗学研究会のブログ」をはじめ、「3ブログ」はいずれも、管理人自身が、自分で訪ね歩いて調査したものであります。したがって、「3ブログ」の全ての記事は、根拠のない悪口や嫌がらせではない。よって、当然のことながら、「3ブログ」の全ての記事は、誹謗中傷ではない。「3ブログ」は「反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。」と公益活動を目的と定義づけていることからしても、誹謗中傷でないことは明白である。よって、名誉毀損罪、侮辱罪、信用毀損罪、業務妨害罪には全く該当するものではないのである。

アンチ日蓮正宗12

















仏教宗学研究会1

続きを読む

2012年5月12日の大津蓮華寺撮影は不法侵入や名誉毀損ではなく何ら損害は発生していない

□「住居」でもなく「人の看守する邸宅」でもない所に入ってもそれは住居侵入罪には当たらない

 

最近、「仏教宗学研究会」に法律的に問い合わせが複数来ております。さらにそれに加えて2012512日の某人Aの大津蓮華寺撮影とその撮影された写真について、それがやれ住居不法侵入だの名誉毀損だの威力業務妨害だのと、執拗に騒ぎ立てている某人Bがいる、という情報が「仏教宗学研究会」に入ってきております。また、この某人Bの妄言に惑わされて、2012512日の某人Aの大津蓮華寺撮影が、ついうっかり、住居不法侵入だの名誉毀損だの威力業務妨害だのと、信じ込んでしまっている人も、ちらほらいるやに仄聞しております。そこでこれらの者の迷妄を醒まさんがために、「仏教宗学研究会」の見解を明らかにしておきます。

2012512日に某人Aが大津蓮華寺の境内の中を撮影し、雑草がボーボーに生え放題に荒れ果てた写真を201263日にアップいたしました。

□大津蓮華寺(1)~あの松本修明氏が住職を務める大津市・富士山蓮華寺

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/8061610.html

□大津蓮華寺(2)~雑草は生え放題、塀は裂けて割れている大津蓮華寺の実態

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/8062504.html

□大津蓮華寺(3)~境内は雑草に埋め尽くされ、庫裡・茶室は幽霊屋敷と化している大津蓮華寺

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/8063458.html

□大津蓮華寺(4)~大津蓮華寺のさらにひどい仏教寺院としてあるまじき実態・醜態

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/8065047.html

現在は、これら全て「プライベートモード」にしており、一般には公開しておりません。

さて、2012512日の某人Aの大津蓮華寺撮影が住居不法侵入かどうか、について。

住居侵入罪とは、刑法130条にあるもので、それにはこのように書いてある。

「第130    正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。」

「住居」は、人が起臥寝食(きがしんしょく)のために日常的に使用する場所と定義される。これに対し、人が日常生活を営むために使用する場所であれば「住居」と言ってよいとする反対説もある。「人の看守する」とは、人による事実上の管理・支配を意味する(最高裁判所判例・昭和591218日刑集38123026頁)。鍵も囲いもなく放置されている場合には「人の看守」がないとされ、そこへの侵入が住居侵入罪とはならない場合がある。これら住居、邸宅、建造物または艦船に該当しない駐車場、空き地や田畑に入ったり、自動車、鉄道車両の内側に入っても、住居侵入罪は成立しない。

「住居侵入罪」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%B1%85%E4%BE%B5%E5%85%A5%E7%BD%AA

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ