一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

2021年02月

日蓮真筆曼荼羅・遺文・日蓮の灰骨・歯骨・霊跡・日蓮の木像で何が権威があるのか A 日蓮真筆(直筆)の曼荼羅本尊・現在約150体前後確認・「戒壇の大本尊」等偽作やレプリカ紙・板本尊は含まれず。 B 日蓮真筆(直筆)の遺文・全国各地の日蓮を宗祖とする寺院に格蔵されてい ...

「抑宝塔の御供養の物銭一貫文白米しなじなをくり…此の趣御本尊法華経にもねんごろに申し上げ候」(文永12年・阿仏房御書・平成p792学会p1304遺文2-p1144)  「妙法蓮華経の御本尊供養候いぬ、此の曼荼羅は文字は五字七字…」(妙法曼荼羅供養事・文永10年・平成p689学会p1 ...

日蓮正宗から破門された創価学会が日蓮教団として独立するには大きな難点がある。そのひとつが日蓮直筆の大漫荼羅本尊をひとつも格蔵していないこと。創価学会は日蓮直筆の遺文(御書)も日蓮が使った遺品も日蓮の遺骨もない。日蓮の何の霊跡でもない。いくら創価学会が「日 ...

↑このページのトップヘ