■中山法華経寺4(なぜ中山法華経寺で荒行が行われているのか2)

 

□納得してしまった「衆生の苦を知らない僧は衆生を救うことが出来ない」という僧侶の言葉

 

中山法華経寺の塔頭・遠寿院の荒行堂の中をのぞいて見ると、約78人の荒行僧による参拝人の祈祷が行われていました。日蓮宗では、この中山法華経寺の百日荒行を満行した僧は、伝師(でんし)(加持祈祷の師範)から秘法を受け、宗務総長より修法師として任命されるという。

荒行堂は、遠寿院の荒行堂と中山法華経寺本院となりの荒行堂のふたつがある。荒行堂には日程表が掲げられていて、荒行僧と面会日と面会日でない日が決まっている。私が中山法華経寺に参拝に行った日は、ちょうど面会日。そういうことからか、中山法華経寺大荒行堂前も、遠寿院もたくさんの人が詰めかけてきている。

面会日とは、荒行僧と寺族、檀信徒との面会が許される日。そういうわけで参詣人のための祈祷が遠寿院で行われていたということか??

遠寿院前に掲示されていた荒行の日程を見ると、午前2時半に起床し、午後11時就寝。ということは睡眠時間が3時間半しかない。1日の食事は2食で、粥食。あとは水行と読経三昧の修行。

過酷な修行ですね。この荒行の中、死亡してしまう僧が出ることもあるという。その場合は荒行満願の日を待って、荒行満願僧といっしょに荒行堂を出ると聞きました。

まさに荒行堂に入るということは「死」を覚悟して入るということ。そこまで意を決しないと、とても過酷な修行を行う荒行堂には入れないでしょう。

では、なぜここまで過酷な修行をしなければならないのか。

ある人曰く「衆生の苦を知らない僧は衆生を救うことが出来ない」という意味のことを言った人がいた。過酷な修行・難行苦行に身を投じて苦を知るのだという。私は「なるほど」と納得してしまいました。

たしかに僧侶の厳しい修行・難行苦行の苦と、一般衆生の苦は違うという意見もあるかもしれない。が、自ら苦を知ろうと厳しい修行・難行苦行に身を投じる僧を衆生は心から崇拝するのではないだろうか。ということは、難行苦行に身を投じるということは大きな徳行だということでしょう。

中山法華経寺の荒行僧は、大半が若手の僧侶。こういう厳しい修行を満願した僧侶と話をすると「やはり、どこか違うな」と思うことが多々あります。難行苦行に身を投じたたけ、徳を積んでいるということなのでしょう。

荒行2 









 



□「富士門流執着軍団」の某人による荒行批判は日蓮宗に対する悪意から出たものである

 

さてその中山法華経寺の荒行で、昨今、死亡した僧が出たということで、日蓮宗の檀信徒でもない部外者である「富士門流執着軍団」の一人が、ここぞとばかりに批判しているということを耳にした。この者は、日蓮宗自体を快く思っていないらしく、この者が主宰するブログを読むと、何かにつけて日蓮宗批判をしているのを目にする。

この者の荒行批判を読むと、荒行で死者が出たことを、まるで鬼の首でもとったかのように「それみたことか」とばかりに批判。やれ入行にあたって、健康診断は義務付けていたのかだの、心身共に限界に挑む行であれば、現代なら看護師を常駐させるなどの配慮をすべきではないかだの、先輩僧侶からのシゴキやイジメの類があったのではないかだの、ありとあらゆる批判を投げつけたあげく、死者を出した日蓮宗の宗務行政責任者はそれなりの責任をとれだの、日蓮宗は死者を出した、中山の荒行を全面的に見直すべきだの、人命軽視の荒行は必要ないだの、このような死者を出すような偏波な修行を行う教団を、国家は宗教法人として待遇してよいのかだの、荒行で死者が出たことを理由に、日蓮宗の宗教法人格まで問題にしようとする有様。

この人物は、明らかに日蓮宗に対して悪意を持っており、悪意からの誹謗中傷を投げつけているだけだと思われる。

たしかに荒行で死者が出たことは残念なことであり、死亡された僧侶の方のご冥福をお祈り致す次第であるが、死者が出たからといって、これが即、「人命軽視の荒行は必要ない」とか「死者を出すような偏波な修行を行う教団を、国家は宗教法人として待遇してよいのか」という所まで話しを持って行くのは、論理の飛躍があまりにもひどすぎる。世間の事例を見ても、確かに事故や死者が出たことで中止になったものもあるが、そうでないものもたくさんある。

たとえば、計画から完成まで約30年の歳月がかかった青函トンネル工事では34人の方々が亡くなられた。しかしトンネル工事で犠牲になられた方が出たからといって、青函トンネル工事は中止になっておらず、そのまま続行されて1988年に落成。北海道と本州が鉄道で結ばれた。そして2016年には、この青函トンネルを北海道新幹線が走り抜けることになっている。

2009年、プロレスリング・ノアを主宰する三沢光晴氏が試合中、リング禍により死去するという、痛ましい事故が起こった。まことに残念な事故であったが、しかしプロレスリング・ノアは、その後もプロレス興行を続行している。

青函トンネル工事中に犠牲になられた方々は、青函トンネルを完成させようとして事故に遭われたわけで、仮に死亡事故が起こったからといって青函トンネル工事そのものを中止にしてしまっていたら、犠牲になられた方々は、喜ばれただろうか。決してそうではないと思う。

プロレスリングノアのリング禍事故があった後、プロレスリングノアがプロレス興行そのものをやめてしまったら、はたして三沢光晴氏は喜んだだろうか。そうではないと思う。

中山法華経寺の荒行でお亡くなりになられた方は、「富士門流執着軍団」の某人が書いている荒行批判を読んで、喜んでいるだろうか。「人命軽視の荒行は必要ない」と思っておられるだろうか。

中山法華経寺の荒行でお亡くなりになられた方も、荒行満願を目指しておられたはず。「人命軽視の荒行は必要ない」と思っておられるとは、思えない。「富士門流執着軍団」の某人の荒行批判に不快指数が上昇するだけなのではないだろうか。

「富士門流執着軍団」の某人の荒行批判を目にして、一言申し上げた次第であります。

 

遠寿院6