■真宗本廟・東本願寺1(御影堂・阿弥陀堂)

 

□阿弥陀如来像を祀る阿弥陀堂と親鸞御影を祀る御影堂が並んで建つ真宗本廟・東本願寺

 

京都市街地の中心部に広大な寺域を持つ浄土真宗の本山がふたつある。東側にあるのが通称・東本願寺で、西側にあるのが通称・西本願寺。東本願寺を本山とする宗派名を真宗大谷派という。この真宗大谷派の本山が、いわゆる「お東さん」つまり東本願寺。ただし東本願寺とは通称名であって、正式名を真宗本廟という。かつては、真宗大谷派本山の名前に「本願寺」名を使っていたのだが、昭和から平成にかけての、いわゆる「お東さん紛争」で、真宗大谷派は本願寺の名前を廃止。真宗大谷派に包括される宗教法人本願寺も解散して、真宗大谷派に法的に吸収合併にした。これで通称名・東本願寺の正式名が「真宗本廟」になった。ただし、正式名が「真宗本廟」だから、東本願寺に宗祖親鸞の本廟があると勘違いしている人がいるが、真宗大谷派の親鸞廟があるのは、ここではなく京都東山・大谷祖廟(東大谷)である。浄土真宗本願寺派(西本願寺派)の親鸞廟があるのは、京都東山・大谷本廟(西大谷)であり、浄土真宗仏光寺派の親鸞廟があるのは、京都東山・仏光寺本廟である。また新潟県高田市の浄土真宗浄興寺派本山・浄興寺は、親鸞の弟子・善性の上古の時代から親鸞真骨を格蔵し、東本願寺、西本願寺、興正寺、仏光寺、高田専修寺に分骨したと主張。東本願寺、西本願寺、興正寺からの分骨礼状を公開している。

浄土真宗には、主要宗派が十派あり、その十派の本山寺院の堂宇・伽藍の配置が非常に特徴的である。それは中心堂宇として、本尊である阿弥陀如来像を祀る阿弥陀堂と宗祖親鸞御影を祀る御影堂の二堂が並んで建っている。ここ真宗本廟・東本願寺も同じ。阿弥陀堂と御影堂が並んで建っている。真宗本廟・東本願寺の場合は、地理的に北側に位置している巨大堂宇が御影堂で、南側に位置している堂宇が、阿弥陀堂。現在、真宗本廟・東本願寺は、平成の大修理中で、すでに御影堂の修理が完成。ひきつづいて2015年には、阿弥陀堂と御影堂門の修理・修復が完成する予定である。この阿弥陀如来像を祀る阿弥陀堂と宗祖親鸞御影を祀る御影堂の二堂が並んで建っている伽藍の並びは、日蓮宗の寺院が本尊である釈迦如来像を祀る本堂と宗祖日蓮御影を祀る祖師堂(御影堂)の二堂が並んで建っているのによく似ている。

真宗本廟・東本願寺の御影堂は、世界最大の木造建築とされており、内部には畳が927畳敷になっている。世界最大の木造建築というと東大寺大仏殿を連想する人が多い。私も小学校か中学校で、東大寺大仏殿は世界最大の木造建築だと教わった記憶がある。しかし世界最大の木造建築とは、東大寺大仏殿ではなく真宗本廟・東本願寺の御影堂である。真宗本廟・東本願寺の御影堂は、東大寺大仏殿よりも巨大である。その御影堂だが、浄土真宗十派の本山には、いずれも阿弥陀堂と御影堂が並んで建っていると書いたが、「御影堂」を「みえいどう」と読む宗派と、「ごえいどう」と読む宗派に分かれる。真宗本廟・東本願寺は御影堂を「ごえいどう」と読む。

御影堂1


 


















(真宗本廟・東本願寺の御影堂)

 御影堂門4



















阿弥陀堂3



















(平成の大修理中の真宗本廟・東本願寺の阿弥陀堂)

 

 

1911(明治44)に再建から数えて約百年ぶりの大修理を行った真宗本廟・東本願寺

 

真宗本廟・東本願寺の御影堂の創建は江戸時代の初期。ただし江戸時代には4度の火災に見舞われた。4度めの火災が、幕末・1864(元治元年)の禁門の変による戦災で、これにより御影堂は全焼した。禁門の変とは、前年の八月十八日の政変により京都を追放されていた長州藩勢力が、会津藩主・京都守護職・松平容保らの排除を目指して挙兵し、京都市中において市街戦を繰り広げた事件。関西における大名同士の交戦は大坂夏の陣(1615年)以来のことであり、戦闘そのものは一日で終わったが、この戦闘による火で京都市街は「どんどん焼け」と呼ばれる大火に見舞われ、広い範囲の街区や社寺が焼失。京都市街地も戦火により約3万戸が焼失するなど、徳川太平の世を揺るがす大事件となった。この禁門の変によって全焼した御影堂は、再建にとりかかり、1911(明治44)に再建が落成している。真宗本廟・東本願寺の御影堂・平成の大修理は、1911(明治44)に再建から数えて約百年ぶりの大修理・大修復ということになる。

御影堂、阿弥陀堂の巨大建築は、東本願寺も西本願寺も同じで、見た感じとしては、どちらも大きさに大差がないように見える。ただし、やはり東本願寺の御影堂のほうが、ひとまわり大きいかな、という印象。真宗本廟・東本願寺の御影堂の中に入ると、さすがに他の仏教寺院の堂宇よりも、はるかに大きい堂宇であることが実感できる。真宗本廟・東本願寺の御影堂は、見た感じ、正面から見て横長に建てられている。その御影堂の須弥壇中央に親鸞御影像が祀られ、さらにその両脇に東本願寺歴代門首御影が祀られているが、御影堂そのものが横に長いため、内陣のスペースが余ってしまっているのがわかる。正面に向かって左端は、仮阿弥陀堂として、平成の大修理中の阿弥陀堂から遷座した阿弥陀如来像が祀られている。

御影堂内陣と外陣の間には、数多くの柱が建てられていて、しかもそれらの柱には扉が付けられている。この御影堂の造りは、東本願寺も西本願寺もほぼ同じ。浄土真宗十派の本山の御影堂にも共通する。御影堂の須弥壇、柱から扉に至るまで、金箔が貼られ金色に輝いている。これは阿弥陀如来の極楽浄土を顕しているのだという。ただしこの造りの御影堂に入ると、御影堂中央部分に座っていると親鸞御影像が拝せるのだが、ちょっと左右に寄って座ると、親鸞像が目に入らなくなってしまう。柱の陰になって見えなくなってしまう場合もある。真宗本廟・東本願寺には、多くの参拝客が来ており、その参拝客は必ずと言っていいほど御影堂に参拝する。外国人の参拝客も来ている。ただし真宗本廟・東本願寺御影堂は「写真撮影禁止」の立て札が建てられており、御影堂内に警備員がいる。写真撮影を監視しているのだろうか。とても窮屈な印象を受ける。

御影堂門1


御影堂門3





































 

(平成の大修理中の真宗本廟・東本願寺の御影堂門)