■真宗・仏光寺1(御影堂・尼門主)

 

□外観も柱、内陣の造りから「見真」額まで西本願寺御影堂とそっくりになっていた仏光寺御影堂

 

仏光寺とは、浄土真宗仏光寺派の本山で、ここは浄土真宗十本山のひとつ。浄土真宗本願寺派 、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、真宗木辺派、真宗出雲路派、真宗誠照寺派、真宗三門徒派、真宗山元派の十派は真宗教団連合をつくる。京都洛中の仏光寺通りに面している。

大都市・京都の街中にある寺院なので、境内はそんなに広いという印象はない。しかし阿弥陀如来像を祀る本堂、親鸞御影像を祀る御影堂の二堂は、なかなか立派な堂宇である。御影堂の中に入ってみて、中の造りが西本願寺の御影堂(ごえいどう)とそっくりになっているのが、わかった。御影堂だから、親鸞木像が祀られているのだが、「見真」と書いた大きな額が掲げられていることや、内陣の造り、柱の立ち方までそっくり。おそらく、西本願寺の御影堂の造りを模倣して造られているのではないかと思われる。

ところで真宗・仏光寺ないしは仏光寺派のことをいろいろ調べようと書店で書籍を探しても、浄土真宗に関する書籍は、圧倒的に東本願寺と西本願寺に関するもので、仏光寺に関するものは、ほとんど見つからない。2013年度版・宗教年鑑で信徒数を調べてみると、浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)が約780万人、真宗大谷派(本山・真宗本廟・東本願寺)が約323万人に対して、真宗仏光寺派は約48000人。東西本願寺を本山とする宗派と比べて、極端に信徒(門徒)数が少ない。他の浄土真宗の宗派を見てみると、真宗高田派(本山・高田専修寺)が約223000人。真宗興正派(本山・興正寺)が約35000人。真宗木辺派(本山・錦織寺)が約46000人。真宗出雲路派が約11000人。真宗誠照寺派が約13000人。真宗三門徒派が約14000人。真宗山元派が約1600人。親鸞頂骨を格蔵していると伝承する新潟県高田市の浄興寺を本山とする真宗・浄興寺派が約17000人となっている。浄土真宗本願寺派 、真宗大谷派、真宗高田派に比べると、信徒(門徒)数はかなり少ないが、他の浄土真宗系宗派と比べると、真宗仏光寺派は、そんなに見劣りする宗派ではない。

では寺院・教会・布教所数で見ると、どうだろうか。浄土真宗本願寺派が10369、真宗大谷派が8743、真宗高田派が643、真宗興正派が514、真宗仏光寺派は377、真宗木辺派が215、真宗出雲路派が60、真宗誠照寺派が71、真宗三門徒派が40、真宗山元派が21、真宗浄興寺派が14である。教師(僧侶)数で見ると、浄土真宗本願寺派が19465、真宗大谷派が17439、真宗高田派が961、真宗興正派が756、真宗仏光寺派は524、真宗木辺派が254、真宗出雲路派が86、真宗誠照寺派が55、真宗三門徒派が59、真宗山元派が38、真宗浄興寺派が16である。こうしてみると、浄土真宗は西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派が最大で、これとほぼ匹敵する規模なのが真宗本廟・東本願寺を本山とする真宗大谷派で、この二つが極端に規模が大きい。

これにつづくのが、真宗高田派、真宗興正派、真宗仏光寺派、真宗木辺派の4派で、この4派は似たり寄ったりぐらいの規模である。浄土真宗十本山の中で4本山が京都市にあり、4本山が福井県にある。あとは滋賀県と三重県で、西日本、近畿地方に集中しているのが特徴である。

仏光寺6御影堂
















 

(仏光寺御影堂)


御影堂1




















 

(西本願寺御影堂)

仏光寺2御影堂
















 

(仏光寺御影堂内部)

御影堂中6




















 














(西本願寺御影堂内部)

 

 

□南北朝時代に仏教史上はじめて女性(尼僧)門主が登座した真宗仏光寺派本山・仏光寺

 

仏光寺の境内には、宗務院(寺務所)があり、さまざまな書籍や小冊子が並んでいたので、資料として何点か、頂いてきました。仏光寺が出している書籍や小冊子は、東京の書店では全く目にしないものばかりなので、これは私にとっては、貴重な資料であった。

しかし仏光寺からもらった書籍、小冊子をいろいろと読んでみたのだが、仏光寺の歴史からして、実にわかりにくい。たとえば仏光寺草創は、親鸞が越後流罪を赦免になった翌年の建暦2(1212)年に京都に帰って草庵を結び、この開闢道場を「興隆正法寺」と号したことだとしているが、「興隆正法寺」の略名は「興正寺」であって仏光寺ではない。仏光寺の寺号の起源は、後醍醐天皇の勅願により「阿弥陀仏光寺」略して仏光寺の寺号を下賜されたと伝承するとしている。仏光寺は室町時代、戦国時代から何度も兵火に焼かれて焼亡しており、勅額も現存していないとなれば、今ひとつ、説得力に欠ける気がする。

ただし仏光寺の歴史で何点か着目したことがある。そのひとつが、日本の仏教史上、はじめて女性門首・法主が出たのは浄土真宗仏光寺派本山・仏光寺で、第九代門主の了明尼公は、南北朝時代に史上初の尼僧として仏光寺一門の女性門主に登座している。又、明治21(1888)に仏光寺第二十七代門主になった真意尼公も尼僧である。これはもちろん、男性僧侶と女性僧侶(尼僧)が混在する本山寺院の門主・法主で、歴史上はじめて女性門主が出たという意味である。したがって尼寺の門主は、当然のことながら女性僧侶(尼僧)である。飛鳥時代から尼僧の寺院として法灯を継承してきている奈良・中宮寺の歴代門主は尼僧であるので、こういうケースは除かれる。

仏光寺9
















 

(仏光寺三門)

仏光寺3寺務所
















仏光寺4寺務所
















 

(仏光寺寺務所)