■長野善光寺12(2016年初詣)

 

□「仏教宗学研究会・北陸支部」建設無事故祈願のお札を下附していただいた2016年・善光寺初詣

 

2016年の善光寺初詣は、例年、正月三が日に行っていた参拝を、4月に繰り延べて参拝しました。2016年は、「仏教宗学研究会・北陸支部」の建設工事があり、20164月初旬、すでに上棟式(いわゆる棟上げ・むねあげ、建前・たてまえ、建舞・たてまい)が終わっていた。

「仏教宗学研究会・北陸支部」が入る建物は、「仏教宗学研究会」管理人が所有する土地であり、建物も「仏教宗学研究会」管理人名義の建物である。よってこの建物建築工事の工事施主も、「仏教宗学研究会」管理人である。

日本の風習では、上棟式は、神式ないしは仏式の儀式を行うのが通例だが、「仏教宗学研究会」管理人は無宗教でもあることから、宗教的儀式は一切なし。しかしながら、2016年の場合、善光寺初詣と「仏教宗学研究会・北陸支部」建設工事の時期が重なったため、善光寺・大勧進で、建設工事の無事故を祈祷。大勧進で下附していただいたお札を、「仏教宗学研究会・北陸支部」が入る「仏教宗学研究会」管理人名義の建物の一角に、大工さんに備えつけていただいた。建物そのものは、20167月に落成しているが、この時のお札は、今も建物の一角に備えつけられている。-----お札は、大工さんが備えつけたので、「仏教宗学研究会」管理人は、お札が建物のどの部分に備えつけられているのかは知らない。------

さて4月の参拝では、善光寺境内に参拝人はそんなに多くない。ただし、普段の平日の東京・池上本門寺ぐらいの参詣人が来ていたように思う。内陣参拝、お戒壇めぐりを済ませ、大勧進へ。

さすがに大勧進での護摩祈祷は、私一人だけであった。これが正月三が日だと、大勧進本堂に入りきれないくらいの参詣人がきて、一日何度も護摩祈祷が行われているところ。ちょっと寂しい気がした。しかし御朱印は、例年通り、いただいてきました。

善光寺4 



















(20164月参拝時の善光寺本堂)

 

善光寺2

















(20164月参拝時の善光寺山門)

 

大勧進1



















(20164月参拝時の善光寺大勧進)

 


 

4参拝御朱印1

 
















































(20164月参拝時の御朱印)