■谷中領玄寺1(万年救護の大本尊レプリカ1)

 

□保田妙本寺「万年救護の大本尊」レプリカの石塔本尊がある日蓮宗・東京谷中・領玄寺

 

谷中・領玄寺とは、東京・谷中の仏教寺院が密集している地区の中にある日蓮宗の小さな寺院。2011105日に、ここに訪ねて行ったのですが、なぜここに行ったのか。それは、富士門流八本山。保田妙本寺が格蔵する日蓮真筆「万年救護の大本尊」のレプリカ(拓本)の石塔があると聞いていたので、訪問したもの。

「万年救護の大本尊」のレプリカは、ここだけでなく、けっこうあちらこちらの寺院に存在する。

1 日蓮正宗大石寺・大講堂の板本尊(万年救護の大本尊レプリカ)

2 日蓮正宗常在寺 本堂には、1972年に大石寺66世日達書写の板本尊になる前、万年救護の大本尊レプリカが祀られていた。

3 西山本門寺・尊霊殿に祀られている板本尊(万年救護の大本尊レプリカ)

4 日蓮宗身延山久遠寺・思親閣

5 日蓮宗身延山久遠寺・御真骨堂

6 日蓮宗佐野妙顕寺・庫裡対面所

7 伊豆実成寺・客殿の板本尊(万年救護の大本尊レプリカ)

8 日蓮宗谷中領玄寺の石塔本尊(万年救護の大本尊レプリカ)

この他にも、万年救護の大本尊レプリカは存在しているものと思われます。古くからの万年救護の大本尊レプリカの板本尊は、江戸時代の日濃事件の時に造立されたものと考えられるが、全てがそういうわけではない。万年救護の大本尊レプリカは、近代では「万年救護の大本尊」の写真が広く出回っているので、その写真を元に万年救護の大本尊レプリカの造立は、技術的には、いくらでも可能である。領玄寺の万年救護の大本尊レプリカの石塔本尊は、玉井礼一郎や小野寺日了らが、「本因妙の大本尊」と盛んに宣伝しているものである。

ここに行った日は、どしゃ降りの雨の日で、写真撮影に、ちょっと苦労しました。本堂に参拝させてもらおうと思って、本堂に入ろうとしたのでしたが、カギがかかっていて、入れませんでした。

 

領玄寺6














































領玄寺5















領玄寺3額















 

(谷中・領玄寺)

 

万年救護拓本8














































万年救護拓本2














































万年救護拓本6














































 

(谷中領玄寺の万年救護の大本尊レプリカ・石塔本尊)