前回、20191012日にアップロードした#57の動画の約一ヶ月後、地元紙・北國新聞に東京ビジュアルアーツに通う白山市出身の学生が制作した「卒業制作映画」が、東京都内の映画館(主に自主映画を上映している映画館)で上映されたという記事が掲載された。私は石川県出身の学生さんが、日本大学芸術学部、日本映画大学等に通って活躍されていることは承知している。#57の動画の主旨は、今やYouTube、ドラレコ、防犯カメラ、自主映画をはじめ映像の時代が到来し、小学生でもYouTuberを目指して映像塾に通う時代なのに、石川県内に映像学科がある大学、専門学校が全くないのは、おかしいと言っているのである。現にテレビ局に就職している学生がいるのに、どうして映像学科を造らないのか。早急に石川県内に映像学科のある大学・専門学校を造るべきだ。