今回の金沢→東京紀行は、金沢発16:47発の北陸新幹線「かがやき」号に乗ったため、富山駅を発車したあたりで日没になってしまい、そのから先の風景車窓はなし。長野、大宮、上野、東京までの新幹線駅車窓と新宿駅まで。金沢駅に行く途中、津幡駅のホームで列車を待っていたら、北海道から青函トンネル・日本海縦貫線を通って大阪へ行く貨物列車が通過。その後、金沢から和倉温泉へ行く特急「能登かがり火」号が通過していきました。