■倶利伽羅不動寺2(交通不便な所にありながら参拝者が多い)

 

□倶利伽羅峠越え山頂付近の交通不便な所にありながら参拝者が多い倶利伽羅不動寺

 

倶利伽羅不動寺のある所は、石川県と富山県の県境付近の天田峠から、さらに奥に入ったところ。ここに行くには、電車ではとても無理で、自家用車かバスになる。とはいっても、倶利伽羅不動寺に行くには、倶利伽羅峠(天田峠)の曲がりくねった蛇行した道を登って行かなくてはならない。

近くには国道8号線・津幡バイパスや国道8号線旧道もあることはあるが、天田峠の麓を通っているだけ。国道8号線は天田峠を登らず、倶利伽羅トンネルで石川・富山県境を走り抜ける。

倶利伽羅不動寺の最寄り駅は、JR北陸線の倶利伽羅駅ということになるが、最寄り駅と言うには、倶利伽羅不動寺から、あまりにも遠い所にあるばかりか、倶利伽羅駅から倶利伽羅不動寺、古戦場跡までの交通手段は、ないに等しい。しかもJR北陸線の倶利伽羅駅は、無人駅で、北陸線の各駅停車(普通列車)しか停車しない。JR北陸線とJR七尾線が分岐する津幡駅からも、石川県のターミナル駅である金沢駅からも、倶利伽羅不動寺への交通アクセスはないに等しい。

これだけ交通不便な所なら、参詣者はいないのでは、と思ってしまいがちだが、ところがそんなことはない。縁日の28日には県内外から多数の参詣者が訪れる他、善無畏三蔵法師が倶利迦羅不動明王の姿をそのまま彫刻し、奉安したと伝えられる本尊が安置された奥之院は3年に1度開扉され、大法要が営まれ、多くの参詣者が訪れる。

私も平日の昼間に、何度か倶利伽羅不動寺に来ていますが、観光バス等を利用して、けっこうたくさんの人が参拝に訪れていた。もっとも中高年の人が大半ではあったが。駐車場には大型観光バスが数台停まっていたので、団体参拝の人ではないかと思われる。

倶利伽羅不動寺の創建は、718(養老2)年に元正天皇の勅願により、中国から渡来したインドの高僧、善無畏三蔵法師が倶利迦羅不動明王の姿をそのまま彫刻し、奉安したのが始まりと伝承される寺院であるが、今でもこれほど不便な所であるのに、上古の昔の倶利伽羅不動寺への交通は、どれほどだったのだろうか。津幡町の公式ウエブサイト「歴史国道『北陸道』」から引用してみたい。

「津幡町と富山県小矢部市にまたがる「倶利伽羅峠」を越える旧北陸道は、源平合戦の「火牛の計(かぎゅうのけい)」に関わる史跡や加賀藩の参勤交代(さんきんこうたい)のための往還道など、その歴史的、文化的価値が評価されて、1995(平成7)年6月に国土交通省が進める「歴史国道」の全国12箇所の1つとして認定されました。1996(平成8)年11月には、文化庁の「歴史の道百選」にも選ばれています。

712年(和銅5)年に、越中から加賀へ通じる加越国境の砺波山(倶利伽羅山)の麓に、越の三関(越前・越中・越後)の1つである砺波関(となみのせき)が設けられました。746(天平18)年に越中の国守(こくしゅ)として赴任した万葉集の歌人、大伴家持は、この地で多くの歌を残しました。」

倶利伽羅不動6

(倶利伽羅不動寺・山頂本堂)

 

続きを読む