仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

浄土宗・東京・回向院

諸宗山回向院(5)~「義賊伝説」で有名な鼠小僧次郎吉の墓がある東京両国・回向院

■諸宗山回向院5(鼠小僧次郎吉の墓)

 

□「義賊伝説」で有名な鼠小僧次郎吉の墓がある東京両国・回向院

 

浄土宗寺院・東京両国・回向院には、「義賊伝説」で有名な鼠小僧次郎吉の墓がある。まずこの人は、かつて映画やテレビドラマでよく取り上げられたので、架空の人物ではないかと思われがちだが、鼠小僧次郎吉(17971832)は、れっきとした実在の人物だった。

私の子どもの頃、昭和40年(1965年)に映画『鼠小僧次郎吉』、昭和40年(1965年)-昭和41年(1966年)にかけてテレビドラマ『怪盗ねずみ小僧』があった。さらに鼠小僧次郎吉の娘ないしは孫娘が父ないしは祖父の処刑から数年の時を経て江戸の庶民のために「鼠小僧」の名を受け継ぎ活躍するという、「女ねずみ小僧」という架空の設定のドラマまで造られ、小川真由美主演の『浮世絵 女ねずみ小僧』、『ご存知 女ねずみ小僧』が放送された。「女ねずみ小僧」は、私もテレビでよく見た記憶がありますねえ。また1977年~1980年にかけて放送されたテレビアニメ「ルパン三世」テレビ第二シリーズの24話に、「四代目鼠小僧次郎吉」という設定が登場する。

最近は、鼠小僧次郎吉が映画やテレビドラマ等で取り上げられることは、めっきり少なくなった。というか、CSの時代劇専門チャンネルは、連日、時代劇番組を流しているが、地上波で時代劇番組そのものをめっきり見かけなくなってしまった。というわけで、「鼠小僧って誰?」と思われる方々が多いのではないだろうか。

鼠小僧次郎吉とは、江戸時代後期、文化・文政年間の大泥棒。18041830年の間に、98箇所122回にわたって犯行を行い、しかもほとんどが江戸の大名屋敷に盗みに入った。大名屋敷に盗みに入って、盗んだ金を貧しい庶民にばらまいたという「義賊伝説」が起こり、人気を博した。1832年に捕縛されるまで、途中、1回だけ捕まっただけ。南町奉行所の尋問を受けるが、「初めて盗みに入った」と嘘をついて切り抜け、入墨を入れられた上での中追放の刑を受けただけで終わった。

その後、武家屋敷71箇所、90回にわたって犯行を行っているので、鼠小僧次郎吉の犯行の七割以上が、一回目の捕縛・追放以後のものであることがわかる。これだけ大名屋敷に盗みに入って、捕まらなかったというだけで、江戸の町の大泥棒と言えるだろうし、これだけ鼠小僧次郎吉に盗みに入られて、捕縛できなかった当時の奉行所は、さしずめテレビアニメ「ルパン三世」に出てくる銭形警部さながらである。

鼠小僧次郎吉の素性には、諸説あるが、大坂・堺町の中村座の木戸番の長男、次郎吉であるという説が有力。当初は建具屋として一人前の職人だったが、賭博にはまり、町方の鳶人足になったという。鼠小僧次郎吉が大名屋敷から盗んだ金は、少なくとも三千両以上。現在の貨幣価値にして1億円を超えると言われている。その金のほとんどを呑む、打つ、買うの遊びに使ったとされる。最後は、市中引き回しの上での獄門の判決が下される。引き回しの際には有名人の鼠小僧を一目見ようと野次馬が押し寄せた。処刑は小塚原刑場にて行われた。享年36才であった。

 

続きを読む

諸宗山回向院(4)~浄土宗回向院境内にあった日大講堂で本部総会等の行事に280回も使用していた創価学会

■諸宗山回向院4(回向院相撲・大鉄傘・日大講堂・創価学会本部総会)

 

□江戸時代に今の大相撲の前身である勧進相撲・回向院相撲が行われていた両国回向院

 

江戸時代後期になると、勧進相撲の定場所が回向院に定められ、明治末期までの76年間、いわゆる回向院相撲の時代を日本相撲史上に刻んでいる。回向院には「国技館(大鉄傘)跡」と題する墨田区教育委員会が建てた案内板が建てられていて、そこにはこんなことが書いてある。

「現代の大相撲は、江戸時代の勧進相撲を始まりとします。回向院境内にある『回向院相撲記』には、天保4(1833)から国技館に開催場所が移されるまでの76年間、相撲興行本場所の地であった由来が記されています。国技館は、この回向院境内に明治42(1909)に建設されました。32本の柱をドーム状に集めた鉄骨の建物は、大鉄傘とも呼ばれ、13千人収容の当時最大規模の競技場でした。日本銀行本店や東京駅の設計で著名な辰野金吾が設計を監修しました。

相撲興行は、戦後もGHQに接収されていた国技館で行われました。しかし、メモリアルホールと改称された後は、本場所の開催が許されず、明治神宮外苑や浜町公園の仮設国技館での実施を経て、台東区に新設された蔵前国技館における興行に至ります。一方、接収解除後のメモリアルホールは、日本大学講堂となりますが、老朽化のため昭和58(1983)に解体されました。そして同60(1985)、地元の誘致運動が実を結び、JR両国駅北側の貨物操車場跡に新国技館(両国国技館)が完成。「相撲の町両国」が復活しました。大鉄傘跡地は現在、複合商業施設となっていますが、中庭にはタイルの模様で土俵の位置が示されています」

 

相撲そのものの歴史は古く、古墳時代の埴輪等に、その様子が描写されている。『古事記』の垂仁記には、初めて「力士」(ちからひと・すまひひと)の文字が現れる。『日本書紀』の雄略天皇13年(469年)には、最古の女相撲の記録があり、記録上にはじめて「相撲」の文字が出てくる。

平安時代になると、宮中で行われた相撲節会のほかに、民間の相撲も大いに行われ、一般庶民による相撲は「土地相撲」、または「草相撲」と呼ばれ、武士たちの実戦で用いる組み打ちの鍛錬であった「武家相撲」もあった。興行としての相撲が組織化されたのは、江戸時代の始め頃(17世紀)とされる。現在の大相撲は神社仏閣の再興や造営の費用を捻出するための江戸時代初期の勧進相撲に端を発している。勧進(かんじん)とは、仏教の僧侶が衆庶の救済のための布教活動の一環として行う行為の1つのことだが、仏教寺院・仏像などの新造あるいは修復・再建のために浄財の寄付を求める行為のことを指して「勧進」というようになった。勧進相撲の「勧進」は、各国の力士集団が勧進元との契約によって招かれて相撲興行に参加するという形式に由来するものと思われる。これの名残として今でも大相撲地方巡業の主催者のことを勧進元とよぶ。

いわば両国回向院は、今の大相撲発祥の地とも言える所で、1936(昭和11)には、大日本相撲協会が物故力士や年寄りの霊を祀る「力塚」を建立している。

 

続きを読む

諸宗山回向院(3)~60日間で約1603万人の参詣があった安永7年(1778)に回向院で行われた善光寺出開帳

■諸宗山回向院3(善光寺出開帳3)

 

□明暦の大火・地震・飢饉・噴火の犠牲者慰霊塔の中に戦没者の慰霊塔だけがない回向院

 

回向院が創立された起源は、1657年(明暦3年)に江戸の町に起こった「明暦の大火」までさかのぼる。この明暦の大火では、10万人以上の人命が失われたのだったが、その犠牲者の多くは、身元や身寄りのわからない人々。江戸幕府四代将軍・徳川家綱は、このような無縁の人々の亡骸を手厚く葬るように、隅田川の東岸に土地を与えて「万人塚」という墳墓を設け、無縁仏の冥福を祈る大法要を行った。このときに、念仏を行じる御堂が建てられたのが、回向院の歴史のはじまりである。回向院は正式名を「諸宗山無縁寺回向院」といい、火事や地震の犠牲者、溺死者、遊女、水子、刑死者、諸動物など、ありとあらゆる生命が供養されている。

回向院の境内には、明暦の大火の他、安政二年の大地震、天明三年の浅間山噴火、天明三年の信州・上州大地震、天明の奥羽飢饉、関東大震災等の供養塔・慰霊碑が並んでいる。このように様々な供養塔・慰霊碑が並んでいるが、戦没者・戦死者の供養塔がない。1853年(嘉永6年)のペリー来航以降の日本国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」と称して祀るのは靖国神社であり、第二次世界大戦の戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができなかった遺骨を安置しているのが千鳥ケ淵戦没者墓苑である。

靖国神社や千鳥ケ淵戦没者墓苑があるから、回向院では戦没者の供養塔や慰霊碑がないということなのだろうか。回向院は、火事や地震の犠牲者、溺死者、遊女、水子、刑死者、諸動物など、ありとあらゆる生命を供養する寺院ということだが、戦没者の供養塔がないのは「?」と思う。

回向院は浄土宗の寺院であるが、善導の『観経正宗分散善義』巻第四の中の、

「一心に弥陀の名号を専念して、行住坐臥に、時節の久近を問はず、念々に捨てざる者は、是を正定の業と名づく、彼の仏願に順ずるが故に」という文に影響されて、日本で専修念仏を唱道したのが浄土宗宗祖・法然。専修念仏とは、仏の救いは念仏を唱える「称名念仏」によって得られるという思想。即ち、ただひたすらに念仏をを唱えることで、いつでも、どこでも、誰でもが平等に阿弥陀仏によって救われて極楽浄土に往生できるという教えは、日本の大衆の心をとらえて、日本全土に弘まった。浄土宗・浄土真宗の教線拡大により、日本全土に「称名念仏」が弘まり、ここから「死んだ人は皆、仏様」という日本人の生死観が生まれた、というのが定説になっている。

日本人の生死観は「死んだ人は皆、仏様」だから、どんな極悪人でも死刑が執行されたら、それ以上は追及しない。実質的にその時点で免罪されてしまう。日本人の生死観は、日本の伝統文化として大衆に深く定着している。源流を法然・浄土宗とすれば少なくとも800年以上の歴史がある。

回向院が、火事や地震の犠牲者、溺死者、遊女、水子、刑死者、諸動物など、ありとあらゆる生命を供養するのは、やはり浄土宗の「死んだ人は皆、仏様」という思想・教え・生死観が源流にあることは、疑いのないところであろう。

回向院12 











(回向院境内に並ぶ明暦大火、安政大地震、浅間山噴火、天明飢饉、関東大震災等の慰霊碑)

回向院10 
















(海難事故犠牲者供養塔の案内板)

 

続きを読む

諸宗山回向院(2)~2013年春、東京両国・回向院で75年ぶりに行われた善光寺出開帳2

■諸宗山回向院2(善光寺出開帳2)

 

2013427日~519日、東京両国・回向院で75年ぶりに行われた善光寺出開帳2

 

念仏堂は、先行参拝券を買いに行ったときは、まだ工事中でしたが、出開帳初日には、しっかり完成・新築になっていました。出開帳・お戒壇巡りの後は、念仏堂の最上階に登って、東北各地寺院の仏像を拝観。今回の出開帳は「東日本大震災復興支援」となっており、被災地の寺院から仏像が下向していた他、善光寺の文化財も出品されていた。念仏堂拝観の後は、本堂に参拝。ここは、お賽銭箱の前に焼香台があり、焼香。

本堂参拝後は、本堂ロビーに祀られていた「びんずる尊者」像に参拝。「びんずる尊者」像とは、今回、初めて善光寺本堂を離れて回向院に下向。「びんずる尊者」像は「撫仏」(なでほとけ)と言われ、病人が自らの患部と同じところを触れることで、その神通力にあやかり治癒するという信仰があるという。「撫仏」の「撫」とは「撫()でる」という意味。賓頭盧(びんずる)尊者とは釈迦如来の十六羅漢の一人で神通力(超能力に近い力)がとても強い人だったと伝承されている。病人が自分の患部と同じところを撫でると病気が治るという信仰があり、善光寺本堂では、いつもたくさんの人が賓頭盧尊者像を触っている。今回、回向院では、びんずる尊者像には、白色のサラシが巻かれていて復幸しゃもじで触るということだったが、私は手でサラシの上から触ってみました。びんずる尊者像は、木像であるが、手で触った感触としては、銅像のような感触。一見して、びんずる尊者像の表情・木像は、真言宗の入定即身仏と、どことなく似ている感じがする。

私としては「びんずる尊者像を触ると病気が治癒する」という話を聞くと、あまりいい気持ちがしない。なんとなく日蓮正宗や創価学会の信者が言う「この信心をすれば病気が治る」等々の非常識な折伏を思い出してしまう。もっともびんずる尊者信仰が非常識だとか言っているのではない。永年の庶民信仰から生まれた「びんずる尊者信仰」に、ケチをつける気など全くない。

宗教とは心の問題とか、心のケアの問題とか言われますが、少なくとも血脈があるとかないとか、「戒壇の大本尊」を拝んだからお金持ちになれるとか、ガンが治るとか、そういうことが宗教の本義ではない。たしかに科学や医療、医学が発達していなかった上古の昔、近代化以前の昔は、人が重い病から回復しようとして宗教にすがった時代があったのかもしれない。あるいは貧困、疫病、戦争、飢饉等に苦しんだ人たちが、宗教にすがった時代があったのかもしれない。しかしそれは、そういう時代だった、人がそうせざるをえなかった時代だったということではないのだろうか。

しかし産業革命等を経て近代に入り、日本でも19世紀以降、人々の生活は近代化され、一般大衆が病気治癒のため、貧困、疫病、飢饉等に苦しむ人が宗教にすがる時代は終焉を迎えたのではないだろうか。宗教にすがる時代は終焉したが、しかし心の問題を始め、科学や医療、学問でも解決できない問題があることは事実で、今の宗教は、近代化以前の昔とはちがった形、違った役目を負っているのではないだろうか。

出開帳9 











(善光寺出開帳が行われた東京両国・回向院)

 

続きを読む

諸宗山回向院(1)~2013年春、東京両国・回向院で75年ぶりに行われた善光寺出開帳1

■諸宗山回向院1(善光寺出開帳1)

 

2013427日~519日、東京両国・回向院で75年ぶりに行われた善光寺出開帳

 

諸宗山回向院とは、東京・両国にある回向院のことで、正式には諸宗山無縁寺回向院という。

この両国回向院は、振袖火事と呼ばれる1657年(明暦3年)の「明暦の大火」の焼死者108千人を、江戸幕府四代将軍・徳川家綱の幕命によって葬った万人塚が始まりである。のちに安政大地震、水死者や焼死者・刑死者など横死者の無縁仏も埋葬するようになり、さらには、諸宗派だけでなく人、動物すべての生あるものを供養し、ペットの墓も多数ある。関東大震災で焼失したが、その後、再建された。さらに江戸時代の寛政年間(17891801)の間に、霊の供養を目的に勧進相撲を行い、これが今日の大相撲の起源になり、これが発展して旧両国国技館が建てられるに至った。

その東京両国・回向院で2013427日から519日まで、実に75年ぶりに長野善光寺本尊出開帳が行われ、私は初日の427日の午前中に出開帳に参詣してきました。長野・善光寺では7年に1(数え年の数え方なので、今の数え方だと6年に1)、秘仏の前立本尊の御開帳が行われることは余りにも有名である。回向院では、江戸時代に成田山新勝寺の不動明王、川崎大師平間寺本尊の出開帳が行われてきた寺院。同じように善光寺本尊出開帳も行われていたようですね。私は2000年に行われた長野善光寺御開帳に参詣しています。

今回は東京での出開帳。私は出開帳の十数日前に回向院受付にて先行参拝券を購入。回向院出開帳の期間は、まさにゴールデンウイークが入っていて混雑が予想されるために、先行参拝券を販売しているとのこと。世間で言う前売り券である。しかし前売りは前売りでも、参拝日の指定等はなし。出開帳が行われている日であれば、いつ参拝してもOKという先行参拝券。受付の方のお話だと、混雑が予想されるということだったので、初日の開門トップを見計らっていたのですが、実際に回向院に到着したのは午前9時半ころ。まだそんなには参拝客は多くはなかったが、それでもすでに多くの人が参拝に訪れていました。回向院の境内には、善光寺御開帳の時に建つ巨大な回向柱が建てられていました。三門をくぐって参道を歩き、右側に新築された念仏堂で、善光寺出開帳本尊が祀られていて、ここで御開帳。ここでは午前11時から特別法要が行われるということで、導師席や内陣が設営され、その外側に賽銭箱が置かれ、すでに黒だかりの参拝客が念仏堂に詰めかけていた。回向院には、報道陣用の腕章をしているマスコミ報道陣や報道カメラマンも多数来ていて、パチパチと写真を撮ったり、ビデオ撮影する人も。私が念仏堂に入ったのは、特別法要の時刻のだいぶ前でしたが、出開帳仏の扉は開扉されていて、出開帳仏の姿を割と至近距離で拝することができた。

出開帳6 











(善光寺出開帳が行われた東京両国・回向院)

出開帳9 










出開帳10
















(出開帳回向柱)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ