仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮宗・金沢妙立寺(忍者寺)

金沢・妙立寺(2)~鼻毛を伸ばし愚君を装う一方で幕府との戦争に備え妙立寺を建立した加賀藩主・前田利常

金沢・妙立寺2(外敵を欺く複雑な建築構造と怪奇な仕掛け2)

 

□外敵を欺く複雑な建築構造と怪奇な仕掛けが多数あることから「忍者寺」の名で有名な妙立寺2

 

金沢妙立寺とは、1585(天正13)年に、加賀国領主・前田利家の祈願寺として、前田利家の居城・金沢城付近に建立したのが最初。その後、加賀藩第三代藩主・前田利常が、幕府からの攻撃に備え、1643(寛永20)年に、現在地に移転した、日蓮宗の日像門流の寺院。江戸時代は幕命で三階建て以上の建築は禁止されていた時代だが、妙立寺は本堂につづく庫裡は、外観が二階建て。しかし内部は四階七層になっていて、中二階、中々二階などの複雑な構造の中に、23の部屋と29の階段がある。物見台のような本堂屋上の望楼からは各方面を遠望でき、金沢城までの地下道がつづいていると伝承される大井戸。隠し部屋、隠し階段、どんでん返し、抜け穴、落とし穴などが多数見られる、まさに複雑怪奇な構造で数々の仕掛けがあることから、「忍者寺」の異名が生まれた。「忍者寺」の名は、「忍者の寺」という意味ではない。

床板をはずすと階段状の落とし穴になりうる渡り廊下。一方の戸は戸外へ、もう一方の戸は別棟へと通じる二枚戸。往時は、足を踏み入れると、畳が外れて落とし穴になったという、賽銭箱。

妙立寺の全階段の29ヶ所のうち、6ヶ所が本堂に集中。左端の階段は、手前の床板をはずせば、落とし穴になる。本堂裏には隠し階段があり、物置の戸を開いて床板をまくると、階段がある。身を隠して逃げられるようになっている。床板には、溝が刻まれて、戸を閉めると自動ロックになって開かなくなる。床下には、通路がつくられている。本堂階段群の左端の、渡り廊下に見せた階段が、落とし穴になっている。また下男部屋への通路になっていて、身を隠せるような仕掛けになっている。金沢は冬になれば1メートルから1メートル50センチ級の雪が降る雪国である。妙立寺は永年の風雪に耐え、木造建築には巨大な梁が堂内のいたる所に使用され、積雪の重みを分散する頑強なつくりになっている。現代でも、これくらいの複雑な構造の寺院を建立しようとなれば、大変な費用と労力がかかると思われるが、江戸時代に、こういう寺院を造り上げた加賀藩主・前田家は、やはり本気で幕府との戦争を想定していたものと思われる。

ところでこれだけ複雑な構造になっている妙立寺を、2010年、歩行困難で杖をついて歩いていた父親を連れて見学。ところがこの時、案内の女性が、杖をついて歩いていた私の父親を見て

「寺の中では杖はダメですよ。大丈夫ですか」と、けっこう高飛車な言い方をしたので、これを聞いていた私は、少しばかりムッときた。私もいろいろな寺院を訪ね歩きましたが、どこの宗派を問わず、こういう言い方をする人はいますね。大石寺をはじめとする「日蓮正宗系」や、西山本門寺、その関連、ないし旧末寺、京都要法寺などの富士門流寺院に、こういう人がいましたね。せっかく寺院に行っても、こういう人が出てくると、ため息が出てしまう。私としては、仏教寺院に、世間並みの接客を要求しようとは全く考えていないし、そんなことを要求しようとも思っていない。しかし、杖をついて歩いている老人に対して、この言い方はないだろうと思った。

 

続きを読む

金沢・妙立寺(1)~外敵を欺く複雑な建築構造と怪奇な仕掛けが多数あることから「忍者寺」の名で有名な妙立寺

金沢・妙立寺1(外敵を欺く複雑な建築構造と怪奇な仕掛け)

 

□外敵を欺く複雑な建築構造と怪奇な仕掛けが多数あることから「忍者寺」の名で有名な妙立寺

 

金沢・妙立寺とは、正式には正久山妙立寺といい、日蓮宗の寺院。旧本山は京都立本寺。日像門流の寺院。通称名は「忍者寺」という名前で有名。地元・金沢市でも妙立寺の正式名よりも「忍者寺」(にんじゃでら)の名前で有名である。「忍者寺」という名前は、忍者の寺という意味ではなく、複雑な建築構造と外敵を欺くさまざまな複雑怪奇な仕掛けが多数あることから「忍者寺」と呼ばれている。金沢市は、北海道、京都、奈良、飛鳥地方等と同じく、第二次世界大戦の爆撃・空襲被害が全くなかった地域であるため、江戸時代、明治・大正・昭和初期のころからの文化財が数多く遺っている町。長町武家屋敷、兼六園、成巽閣等はその代表格であるが、これらと並ぶ金沢市の文化財の代表格のひとつがこの妙立寺。金沢市には仏教寺院ばかりが密集する「寺町」という町名の地域があるが、その中に妙立寺がある。

ここに行く最寄り駅は(?)というと、北陸鉄道・野町駅ということになるが、金沢市のターミナル駅であるJR金沢駅からはかなり遠い。野町駅に行くには、JR西金沢駅で乗り換えなければならず、電車一本では行けない。妙立寺に行くのに、電車で行く人は皆無ではないだろうか。

金沢駅から行くのであればバスを利用するしかない。かつて金沢市内にも、大通りには路面電車が走っていた。金沢駅から武蔵が辻、香林坊、片町、兼六園、金沢城跡等には、路面電車で行けたのであったが、昭和40年代の高度成長時代に全て廃止になってしまった。なぜ廃止になったのかというと、車の通行量の増加で渋滞が発生し、車も路面電車も両方がお互いに、通行の妨げになってしまった為。それで路面電車が廃止に。ところが高度成長時代から金沢市内には大量の車が流入を続け、昭和4050年代は、著しい道路渋滞が発生。排気ガスによる公害も指摘されていた。国道8号線金沢バイパス、津幡バイパス、国道157号線鶴来バイパス、北陸高速自動車道、山側環状道路等の開通で、金沢市内に流入する車の量は減ったものの、依然として金沢市内中心部は、車の量は多い。なので金沢駅前から妙立寺までバスで行っても、かなり時間がかかる。しかも金沢市内には、今でも地下鉄がない。これだけ道路に車が溢れ、市内の移動に時間がかかるのに、道路渋滞関係なく、スピーディーに移動が可能な地下鉄が今でもないのも不思議に思う。というわけなので、妙立寺に行くにはバスを利用するか、車で行くしかない。ところが妙立寺は、寺院が密集する寺町の中にあるため、駐車場には数台しか車を駐車できない。門前には駐車スペースがあるが、ここは実車タクシーの待機場所になっていて、一般車は駐車禁止。ところが大勢の参拝人、観光客が訪れる妙立寺の駐車スペースは、これでは大幅不足である。そのため、何と極楽寺などの近隣の寺院が妙立寺に行く観光客のために駐車場を有料で貸している寺院がある。その他は西茶屋観光駐車場やコインパーキングなどの有料駐車場が近隣にいくつかある。私個人としては、西茶屋観光駐車場が便利なように思いました。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ