仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

天皇・上皇になろうとした足利義満

京都・鹿苑寺金閣(4)~井沢元彦氏が「逆説の日本史」で書く『天皇になろうとした男』足利義満と鹿苑寺金閣2

■京都・鹿苑寺金閣4(天皇になろうとした男・足利義満と金閣2)

 

□井沢元彦氏が「逆説の日本史」で書く『天皇になろうとした男』足利義満と鹿苑寺金閣2

 

鹿苑寺金閣は、日本国王・足利義満の宮殿だったという井沢元彦氏。そうなると、金閣が建立されることになった根源は、足利義満が「源道義」の名前で明国皇帝から「日本国王」に封じられたことになる。ではなぜ、足利義満は、明国の冊封体制の中に入る屈辱外交で明との国交を開き、明国皇帝から「日本国王」に封じられて日明貿易をはじめたのか。この淵源について、井沢元彦氏は、南北朝の紛争で、南朝の皇子で九州を一時征服した懐良親王が明国と結んで、明国の冊封体制の中に入る屈辱外交を行ったからだとする。「逆説の日本史」から要旨を引用してみる。

-----「日本は、遣唐使の廃止(894)以降、中国とは貿易はするが正式な国交は持たなかった。貿易ならば中国の宮廷を通さなくても民間商人を相手にすれば可能だからだ。日本人の『実力者』にとって、中国と正式な国交に踏み切るのはタブーであった。なぜタブーであったかは、中国は外国との対等な関係を認めないから、国交を開きたければ卑弥呼のように、皇帝に貢ぎ物を奉り『あなた様の家来でございます』と言わねばならない。この『屈辱的』な外交を、久しぶりに展開したのが、南朝の皇子で九州を一時征服した懐良親王。国が二つに割れた場合、権力者が絶対にしてはならないことが一つある。それは外国勢力と結ぶことである。言うまでもなく、それをやれば外国の介入を招き、最悪の場合、領土が奪われることになる。イギリスが、自分の国よりはるかに大きなインドを征服したのも、このやり方であり、こういう措置が不幸を招いた例は数限りない。いかに苦し紛れとはいえ、足利幕府憎しとはいえ、外国に『臣従』を誓ってはいけない。こういう形をとれば、いずれ『日本国王からの要請があった』という口実で、中国は日本に軍を派遣できる。しかし、足利義満の最初の外交課題は、『日本国王』を懐良親王から奪うことであった。

足利義満は、なぜ懐良親王の持つ『日本国王』の称号を狙ったのか。一つは、南朝が明と結んだら大変なことになるという危機感である。明は超大国である。その超大国が懐良の要請を聞き、日本に攻めてきたら、まさに元寇の二の舞になってしまう。しかしそれだけではない。それだけなら、『日本国王』懐良だけを討ってしまえばそれで済む。足利義満が『日本国王』の座を狙った、もうひとつの目的は、天皇家を乗っ取ってしまうためである------「逆説の日本史」7巻主旨)

足利義満は、『日本国王』を懐良親王から奪うため、天皇家を乗っ取ってしまうために、まず南朝と北朝の二つに分かれていたのを、合一させる「南北朝の合一」からはじめた。なぜ「南北朝の合一」からはじめなければならなかったのか。それは南朝が持っていた「三種の神器」「錦の御旗」を北朝に取り返させるためだと、井沢元彦氏は「逆説の日本史」で書いている。

逆説の日本史7 

(井沢元彦氏の著書『逆説の日本史』)

 

続きを読む

京都・鹿苑寺金閣(3)~井沢元彦氏が「逆説の日本史」で書く『天皇になろうとした男』足利義満と鹿苑寺金閣1

■京都・鹿苑寺金閣3(天皇になろうとした男・足利義満と金閣1)

 

□井沢元彦氏が「逆説の日本史」で書く『天皇になろうとした男』足利義満と鹿苑寺金閣1

 

今の鹿苑寺舎利殿(金閣)は、1955(昭和30)年に再建された堂宇だから、再建後、まだ60年弱。室町時代の創建当初のころの金箔も、こんな感じだったのだろうかと考えてしまう。フリー百科事典・Wikipedia「鹿苑寺」で、金閣焼失前の白黒写真を見たが、堂宇も金箔も、永年の風雪でかなり色あせて見える。金沢市立安江金箔工芸館で購入した書籍によれば、再建金閣に張ってある金箔は、金沢産の金箔であるとのこと。さてこの金閣再建費用は、どれくらいかかったのか。

「金についての豆知識」によれば、こんなことが書いてある。

「金閣寺の総費用額…

…この金閣寺は足利義満によって1397年に建立されましたが、当時の建物は1950年に火災で炎上、現在の建物は昭和30年に再建されたものです。費用は30年当時のお金で7億4000万円。外壁に張った金の量は約20キログラムとの事です。これを1グラム、1000円で換算すると、2000万円となります。現在使われている金箔は通常の金箔より厚くなっています。金箔の厚さは通常、0.1ミクロンですが現在の金閣寺は0.45~0.55ミクロンと通常の金箔の約5倍の厚さになっています。…」「金についての豆知識」

http://www.kaitoru.jp/blog/%E9%87%91%E9%96%A3%E5%AF%BA%E3%81%AE%E7%B7%8F%E8%B2%BB%E7%94%A8%E9%A1%8D/

この金閣は、室町幕府三代将軍・足利義満が建立した堂宇だが、井沢元彦氏が著書「逆説の日本史」の中で、注目すべき独自説を唱えている。それは天皇家ではないのに「天皇になろうとした人物」という説である。井沢元彦氏は、かく書いている。井沢元彦氏の文はとても長いので、文の要点を当方でまとめた。

「足利義満は、日本史の一大特徴である『天皇』を語るのに欠かせない。つまり『天皇になろうとした将軍』だからなのである。もちろんこれは歴史上唯一人だ。それは天皇家の出身でないにもかかわらず、天皇になろうとした、ということである。人によって弓削道鏡を思い浮かべるかもしれないが、あれはそうではない。道鏡が、というより称徳女帝が道鏡をそうさせたかったのは、むしろ『皇帝』なのである。歴代将軍つまり幕府(武家政権)の主に限ってみても、天皇になろうとした男など、足利義満の他には一人もいない。結論を言ってしまえば、義満はとうとう天皇にはなれなかった。言ってみれば『あすなろ天皇』である」---「逆説の日本史」7p236237)

「平将門は確かに新皇(新しい天皇)になろうとした。だが、将門は坂東(関東)八カ国の独立が目的であって、いわば西の天皇に対して東の天皇になろうとしたのだ。また、将門には、自分が桓武天皇五世の孫という誇りもあった。…」---「逆説の日本史」7p255)

逆説の日本史6

(井沢元彦氏の著書『逆説の日本史』)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ