仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

歴史上の人物・著名人・有名人の墓所・廟所

高野山金剛峯寺(5)~織田信長、豊臣秀吉、戦国武将、大名の墓、法然、親鸞の供養塔、大企業の慰霊碑がある奥之院墓苑

■高野山金剛峯寺5(20145月の高野山旅紀行5)

 

□弘法大師空海入定の地・御廟を中心に広がる墓苑に林立している大企業の慰霊碑・供養塔

 

高野山奥之院は、「(弘法)大師いまだにおわします」弘法大師空海入定の地・御廟を中心に、老杉や桧の大木が生い茂る中、20万基を超える墓や供養塔が並んでいる。弘法大師空海入定のあと、弟子たちは、弘法大師が希望していたとおり、足下に玉川の清流が流れる奥之院の地に廟を建てた。入定した弘法大師空海は、1150年後の今も、かわらない姿でいると信じられ、高野山を参詣する人は、必ずここ奥之院を訪れる。高野山駅前から奥之院前まで南海りんかんバスが出ているが、この間、約5キロもある。バスで約21分もかかる。いかに高野山エリアが広大な土地が窺い知れるところである。奥之院の参道は、奥之院前バス停の中の橋からと、一の橋からの二つの参道がある。どちらから入っても、最後は奥之院灯籠堂、御廟にたどり着くが、正式には一の橋から参拝するのが慣習となっているらしい。ただ私は、バスで奥之院に行きましたから、行きは奥之院前バス停の中の橋から歩いて参拝しました。奥之院は、弘法大師空海の御廟が一番奥にあり、その前には広大な墓地が広がっている。

まず奥之院参道入り口から歩いて行って、目に入るのは、東日本大震災の慰霊碑、関東大震災の供養塔、近衛兵など第二次世界大戦従軍兵の慰霊碑の他、有名企業の供養塔や慰霊碑である。ざっと見ても、UCC上島コーヒー、日産自動車、新明和工業、福助、ヤクルト、小松製作所、パナソニック、キリングループ、小林製薬等々の大企業、有名企業の慰霊碑や供養塔が並ぶ。仏教宗派の宗祖の廟の前に広がる墓苑に、これだけ有名企業の供養塔が林立している所は、他に見聞したことがない。これらの慰霊碑・供養塔を見ると、どれもこれも元気に活動している企業ばかり。倒産・破産した会社名は見あたらない。奥之院の墓苑に、供養塔・慰霊碑を建てた企業に、倒産した会社、破産した会社はないのだろうか。あるいは、倒産した会社の慰霊碑・供養塔は撤去されたということか??そのあたりは、定かではない。私も、過去に会社勤めの経験があるのだが、私が勤めた会社で、高野山奥之院の墓苑に慰霊碑や供養塔を建てた会社は、ひとつもなかった。高野山奥之院に来るまで、全く見聞したことがなかったのである。どんな会社でも、個人事業の業務中でも、会社の業務でも殉職した人は、多かれ少なかれいる。おそらく規模の大きい大企業ほど、殉職した人は数が多いのではないだろうか。特に中でも運輸関係、航空機、船舶、鉄道、バス、タクシー、トラック関連の企業は、多いのではないですかねえ。昭和の時代の昔は、航空機の墜落事故、船舶の沈没事故、鉄道事故が多かった。バスやタクシー、トラックの重大事故は今でもよくニュースに登場するし、人びとの脳裏から消えない重大事故も多々ある。その事故が多いはずの航空機、船舶、鉄道、バス、タクシー、トラック関連の企業の慰霊碑・供養塔が、なぜか奥之院墓苑には見あたらなかった。

 

続きを読む

日光山輪王寺・東照宮(3)~徳川家康を「東照大権現」として祀り、徳川家康の正墓がある日光東照宮

■日光山輪王寺・東照宮3(東照大権現・徳川家康の正墓)

 

□徳川家康を「東照大権現」として祀り、贅を極めた豪華絢爛な堂宇が建ち並ぶ日光東照宮

 

日光東照宮の祭神は「東照大権現」。すなわち徳川家康である。東照宮入り口の石塔には、徳川将軍家の家紋である葵の紋がある。「東照大権現」を祀る社は、個々の他に、久能山東照宮、仙波東照宮等々ある。しかし日光東照宮は、久能山東照宮、仙波東照宮と比べても、比較にならないくらい境内が広い。さらに東照宮の他に日光山には輪王寺、二荒山神社、大猷院があるわけだから、日光山全体として見れば、その境内はとてつもなく広い。そして堂宇のひとつひとつをとっても、贅を極めた堂宇が建ち並ぶ。輪王寺、二荒山神社は江戸時代以前からあったが、東照宮は徳川二代将軍・秀忠が造営し、さらに三代将軍・家光による「寛永の大造営」があった。そして四代将軍・家綱の代に大猷院が造営された。よって日光山をここまで大伽藍が建ち並ぶ寺社にしたのは、徳川幕府の秀忠、家光。家綱の三代の将軍だと言うことが出来る。それにしても、ここまで贅を極めた大伽藍の数々を造営した徳川幕府は、日光山造営にどれだけの費用をかけたのだろうか。江戸時代における徳川将軍家の直轄領である「天領」は約400万石。その他に幕府の「官僚」である旗本・御家人に与えている所領が約300万石。合計で約700万石もあった。これを他の大名の所領と比較すると、加賀・前田家が約102万石。薩摩・島津家が約75万石。仙台・伊達家が約65万石。ダントツで引き離している。

東照宮の表門は陽明門だが、現在、陽明門は修理中。陽明門には後陽成天皇の勅額がある。後陽成天皇、後水尾天皇の代は、京都の朝廷と江戸幕府の関係が非常にギクシャクした時代だった。徳川家康、秀忠を征夷大将軍に任命したのは、後陽成天皇だが、徳川家康、秀忠は、武力、経済力を以て天皇・公家を押さえつけ、幕府の意のままにコントロールしようとした。ところが天皇・公家は、身分は幕府・武家よりも自分たちのほうが上だという自負がある。ところが幕府のほうは、南北朝の戦争、室町時代の戦乱、応仁の乱からの戦国時代、豊臣秀吉没後の関ヶ原の合戦、大坂の陣と約二百年以上もつづいた戦乱の世を終わらせ、日本全国を統一して太平の世にしたのは徳川幕府であり、さらに全国統一した幕府が、天皇・朝廷・公家に所領を分け与えて安堵している。平たく言えば、天皇・公家は身分は上だが、幕府が朝廷にメシを食わせてやっているのだ、というわけである。だから幕府に言わせると、朝廷は幕府に従え、というわけである。そういう高圧的な幕府の態度に、天皇・公家が反発した。後陽成天皇は、どのような面もちで、東照宮・陽明門の勅額を認めたのだろうか。日光山の二社一寺の中でも、やはり東照宮が最も観光客、参拝客が多い。何と言っても東照宮は、徳川家康を「東照大権現」という神として祀り、東照宮本殿裏の奥宮には、徳川家康の正墓がある。東照宮は神道の神社なのだが、徳川家康の正墓は増上寺の徳川歴代将軍廟と同じく、仏式のように見える。

家康墓所2




















 

(徳川家康墓所)


陽明門1




















 

(日光東照宮・陽明門)

 

続きを読む

日光山輪王寺・東照宮(2)~江戸幕府三代将軍・徳川家光が葬られている廟所・日光山大猷院

■日光山輪王寺・東照宮2(徳川家光の廟所・大猷院)

 

□七階まで階段で登らなければ「平成の大修理」作業の見学が出来ない輪王寺三仏堂

 

東武日光駅に到着すると、駅前から世界遺産めぐり巡回バスに乗って日光山へ。かつて私は東武日光駅から日光山へ歩いて行ったこともありましたが、今はとても歩いて行く気がしない。というのは東武日光駅から日光山まで、かなり距離があること。そして日光山内の東照宮、輪王寺、大猷院等々の境内・敷地がものすごく広大なこと。日光山に着いてからも、かなり歩かなくてはならないのに、東武日光駅から日光山まで歩いて行ったら、それこそへばってしまう。まだ若かった頃、はじめて日光山輪王寺・東照宮に行った時、若さの馬力で東武日光駅から日光山まで歩いて行ったことがあった。ところがその後、広大な敷地の日光山内を歩いて参拝してまわったのち、帰路はそれこそ汗だくでクタクタになってしまっただけでなく、足腰にものすごい痛みが残った。その後、日光山に行くときは、東武日光駅前からバスに乗ってしまう。最近は、東武日光駅から日光山までバスで往復しても、広大な敷地の日光山内を歩いて参拝してまわるだけで、クタクタに疲れ果ててしまう。日光山拝観は、だいたい一番手前の輪王寺からはじめる。輪王寺三仏堂は現在、「平成の大修理」中。しかし修理中の作業も見学することができる。輪王寺受付窓口の女性の話によれば、「輪王寺」の名称は三仏堂の尊称であるとのこと。輪王寺窓口でもらった栞によれば、三仏堂のことを「日光山大本堂」と書いてある。そして徳川家光廟・大猷院は、輪王寺別院になっている。日光山の中は、輪王寺と大猷院が天台宗寺院で、東照宮と二荒山神社は神社ということになっているが、これは神仏分離令が出た明治維新以降のこと。それ以前は神仏習合であり、輪王寺、東照宮、二荒山神社、大猷院は全て日光山の境内であった。そのためか、今でも輪王寺、東照宮、二荒山神社の境界ははっきり定まっていないという。私はかつて「アンチ日蓮正宗」で、かつて輪王寺、東照宮、二荒山神社、大猷院は神仏習合で全て日光山だったという意味のことを書いたところ、あわててフリー百科事典・Wikipediaを検索した洗脳法華講員・龍神ひろしが、にわか知識をふりかざして「日光東照宮と輪王寺は別だ。Hideは勉強不足だ」などという、まぬけな誹謗中傷を書いたことがあったが、勉強不足は、何でもかんでもフリー百科事典・Wikipediaを検索して、にわか知識を取得すれば事足れりと思っている龍神ひろしのほうである。

「平成の大修理」で輪王寺三仏堂をすっぽりと覆っている素屋根は、7階建て。素屋根の七階まで上がって「平成の大修理」の作業を見学することができる。ところが七階までは、ひたすら階段を登って行かなくてはならない。これは体力的に、かなりへばりますね。私は数年前、姫路城の見学に行ったのですが、ここも「平成の大修理」中で素屋根にすっぽりと覆われていた。ところが姫路城の素屋根には、エレベーターがついていて、エレベーターに乗って難なく上まで登って、「平成の大修理」の見学ができた。なぜエレベーターを付けなかったのだろうか。日光山では高齢者の参拝客をたくさん見かけたのですが、高齢者が七階まで階段を登って行くというのは、かなりきびしいと思われる。私も七階まで登って作業を見学し、下まで降りてきたら、汗ぐっしょりになってしまった。三仏堂の中と、大護摩堂で祈祷受付があり、護摩祈祷を申し込んできました。

三仏堂1




















 

(輪王寺の素屋根)

 

続きを読む

成道山大樹寺(2)~徳川幕府歴代将軍・初代家康から十四代家茂までの等身大の位牌が祀られている大樹寺2

■成道山大樹寺2(徳川幕府歴代将軍・等身大の位牌2)

 

□徳川家康の遺命「位牌は三河大樹寺に祀るべきこと」により大樹寺に祀られる歴代将軍位牌

 

大樹寺は古来から松平家・徳川将軍家の菩提寺で、1475(文明7)年、松平家4代親忠(徳川家康から5代前の先祖)が創建した寺院である。ここで言う松平家とは、徳川将軍家の分家の松平家ではなく、徳川将軍家の祖先の松平家のことである。大樹寺の本尊は阿弥陀如来像。平安時代末期の作と伝承し、光背に千仏を宿するところから、別名、一光千体仏ともいわれる。

開山は勢誉愚底。永禄3年(1560年)、織田信長と今川義元の桶狭間の戦いで今川軍は敗走。今川義元の人質になっていた松平元康(徳川家康)は大樹寺に逃げ帰り、先祖の墓前で自害しようとしたが、13代住職・登誉に「厭離穢土欣求浄土」(おんりえど ごんぐじょうど)—戦国乱世を住みよい浄土にするのがお前の役目と諭されて思い留まった。それから徳川家康は、「厭離穢土欣求浄土」の八文字を終世、座右の銘とした。又、この時、徳川家康を追う野武士団が大樹寺を取り囲んだが、寺僧の一人、祖洞が寺門のカンヌキを引き抜いて打って出て、阿修羅の如く戦い、敵陣を退散せしめたとの伝承がある。後に徳川家康は、このカンヌキを「貫木神」と命名し、今も大樹寺に格蔵されている。徳川家康一代の人生観の確立と一代の危機を救った大樹寺は、慶長7年(1602年) 勅願寺となる。そしてさらに徳川家康の遺命「位牌は三河大樹寺に祀るべきこと」により、徳川歴代将軍の等身大の位牌が安置されている。毎年417日には御神忌法要が営まれ法要が勤修される。

大樹寺本堂は1475(文明7)年、松平家4代親忠が勢誉愚底を開山として創建。安政2(1855)の火災で焼失。安政4(1857)に徳川十三代将軍家定が再建。本堂は間口十五間、奥行十三間の大伽藍。その本堂に隣接するように松平家歴代当主の廟所がある。松平家4代親忠は大樹寺創建の際に、先祖三代の墓を移祭し廟所を創建。元和3(1617)の徳川家康一周忌の時、徳川二代将軍秀忠が、先祖松平八代の廟所を再建した。

位牌堂は宝物殿とよばれ、松平家、徳川将軍家の等身大の位牌が祭られている。

大樹寺山門は、寛永18(1641)、徳川三代将軍家光の建立。楼上に後奈良天皇御宸筆「大樹寺」の勅額(重要文化財)を掲げている。尚、大樹寺境内から山門、総門を通して、門の真ん中に岡崎城が見える。このため、大樹寺から岡崎城の直線上にマンション等の高層建築物を建てることはできない。この景観の保護は岡崎市の条例でも定められている。

大樹寺6














































大樹寺9
















 

(大樹寺)

 

続きを読む

成道山大樹寺(1)~徳川幕府歴代将軍・初代家康から十四代家茂までの等身大の位牌が祀られている大樹寺

■成道山大樹寺1(徳川幕府歴代将軍・等身大の位牌1)

 

□初回の拝観で大石寺「板本尊」と中国伝来の位牌に関係があるのではと思った思い出の大樹寺

 

20142月、久しぶりに愛知県岡崎市の浄土宗寺院・大樹寺に行ってきました。正式には成道山松安院大樹寺と称する。この大樹寺という寺院は、徳川氏(松平氏)の菩提寺であり、松平家歴代当主の墓があり、徳川幕府歴代将軍(大樹公)・初代家康から十四代家茂までの等身大の位牌が祀られていることで有名。最初に大樹寺を知ったのは十年以上も前に、何かの本を読んで知った。井沢元彦氏のベストセラー・「逆説の日本史」にも、岡崎・大樹寺に徳川幕府歴代将軍の等身大の位牌が安置されていることが紹介されている。

歴代将軍の位牌を見てみようと、すぐに思い立って大樹寺に参詣。徳川幕府歴代将軍(大樹公)の巨大な等身大の位牌を拝観した。はじめて徳川歴代将軍の巨大な等身大の位牌を拝観した時、かなりの衝撃を受けた。もちろん、こんな巨大な位牌を拝観したのは、はじめてのこと。位牌そのものは、臨済宗・曹洞宗が中国から日本に伝来したことによって、位牌も中国から日本に伝来したものとは聞いていた。私は、日蓮正宗・冨士門流寺院によく見られる「板曼荼羅本尊」と、中国伝来の位牌に大きな関係があるのではないかと思ったのは、この時が最初である。

それから建仁寺、天龍寺、建長寺などの臨済宗寺院、永平寺、総持寺などの曹洞宗寺院を訪ね歩いた他、さまざまな本も読み、さまざまな関係者の方々からの話を伺った。そういう中で、永平寺や総持寺祖院で見た「板位牌」は、日蓮正宗・冨士門流寺院によく見られる「板曼荼羅本尊」とそっくりであった。法隆寺夢殿で数百年の長きにわたって絶対秘仏として眠っていた救世観音像が、古来から聖徳太子の等身大の像として法隆寺に伝承されていることがわかった。中国でも北魏で高宗文成帝が等身大の仏像を造らせた、ということがわかった。仏像を故人に見立てるというのは、位牌が日本に伝来する以前だったあったわけである。そして皇族、公家、武家等の将軍、高官位、位の高い人物の位牌は、等身大ないしは等身大に非常に近いくらい巨大に造立される慣習があることもわかった。こんな感じで、大樹寺に参拝してから、どんどん研究が深化していった。そういう意味で、私にとって大樹寺は、思い出深い寺院である。

初回の訪問の時も、何枚か写真を撮っていたのだが、その後、ここまで研究が深化するとは夢にも思っておらず、撮影したアナログ写真も、あまりいい写真ではない。そこで大樹寺を再訪して、参拝。徳川歴代将軍の等身大の位牌を再び拝観。御朱印ももらって、デジタルカメラで写真を撮影してきたという次第。初回拝観の時に、デジタル写真が撮れていなかったとか、いい写真が撮れなかったということで、再訪することは、よくあります。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ