一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

カテゴリ: 仏教とユダヤ教・キリスト教・イスラム教

大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」を偽作して「戒壇の大本尊がまします所(在所)が本門事の戒壇」との教義を発明。そして「本門事の戒壇に祀る戒壇の大本尊」=本仏=日蓮の「日蓮本仏義」を発明。百六箇抄、本因妙抄、産湯相承事を偽作。さらに「戒壇の大本尊」と法主書写 ...

産湯相承事が大石寺9世日有の偽作である証拠の第一は、産湯相承事の初出が大石寺9世日有の弟子・本是院日叶(左京阿闍梨日教)の著書「百五十箇条」である。(富士宗学要集2巻p232) 産湯相承事の全文の初出も左京阿闍梨日教の「類聚翰集私」である。(富士宗学要集2巻p315-316 ...

「本尊三度相伝」が大石寺9世日有の偽作である証拠の第一は、「釈迦」の単語を使う人物の中に大石寺9世日有がいること。「日有化儀抄」で「釈迦」の単語が出てくる。(富士宗学要集1巻p78) 第二の証拠は、「本尊三度相伝」に大石寺9世日有が発明した教義「本門寺の戒壇」が ...

動画370で大石寺9世日有が戒壇の大本尊=日蓮本仏義に、キリスト教的一神教をドッキングさせたという検証をした。すると、1549年のフランシスコ・ザビエルのキリスト教伝来以前から、日本にキリスト教があったのか、という問題が出てくる。結論から言うと、1549年以前の日 ...

   □国立西洋美術館の常設展に展示されているミケランジェロやロダン等による男性全裸彫刻   「仏教宗学研究会」管理人は、しばしば東京・上野の国立西洋美術館に足を運び、企画展を鑑賞している。 国立西洋美術館は、特別展だけでなく、常設展がまた私にとって関心が ...

↑このページのトップヘ