一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として1985年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

カテゴリ:歴史上の人物・著名人・有名人の墓所・廟所 > 徳川家康・徳川将軍家の墓所・廟所・位牌

■日光山輪王寺・東照宮3(東照大権現・徳川家康の正墓)   □徳川家康を「東照大権現」として祀り、贅を極めた豪華絢爛な堂宇が建ち並ぶ日光東照宮   日光東照宮の祭神は「東照大権現」。すなわち徳川家康である。東照宮入り口の石塔には、徳川将軍家の家紋である葵の ...

■日光山輪王寺・東照宮2(徳川家光の廟所・大猷院)   □七階まで階段で登らなければ「平成の大修理」作業の見学が出来ない輪王寺三仏堂   東武日光駅に到着すると、駅前から世界遺産めぐり巡回バスに乗って日光山へ。かつて私は東武日光駅から日光山へ歩いて行ったこ ...

■成道山大樹寺2(徳川幕府歴代将軍・等身大の位牌2)   □徳川家康の遺命「位牌は三河大樹寺に祀るべきこと」により大樹寺に祀られる歴代将軍位牌   大樹寺は古来から松平家・徳川将軍家の菩提寺で、1475(文明7)年、松平家4代親忠(徳川家康から5代前の先祖)が創建した ...

■成道山大樹寺1(徳川幕府歴代将軍・等身大の位牌1)   □初回の拝観で大石寺「板本尊」と中国伝来の位牌に関係があるのではと思った思い出の大樹寺   2014年2月、久しぶりに愛知県岡崎市の浄土宗寺院・大樹寺に行ってきました。正式には成道山松安院大樹寺と称する。 ...

■東叡山寛永寺1(比叡山、東叡山、日光山の三山管領の宮)   東京・上野の寛永寺とは、天台宗関東総本山の寺院。正式には東叡山寛永寺円頓院と号する。 1622年(元和8年)、天海大僧正が徳川幕府二代将軍・秀忠と相談して、徳川家の安泰と天下の平安を祈る祈願寺として、 ...

■三縁山増上寺7(六代将軍家宣の正室・天英院の正墓3)   □徳川幕府による大石寺三門供養の言い訳の為に建立された大石寺の天英院五輪塔   それでは、なぜ大石寺は、天英院を篤信の大外護者であるかのように祭り上げ、天英院の正墓があたかも大石寺にあるかのような ...

■三縁山増上寺6(六代将軍家宣の正室・天英院の正墓2)   □天英院は将軍家菩提寺の増上寺に土葬されたのであって大石寺には絶対に分骨されていない   増上寺の説明によると、天英院は夫の六代将軍家宣とともに同じ徳川正廟に葬られているという。これがまさに天英院 ...

■三縁山増上寺5(六代将軍家宣の正室・天英院の正墓1)   □新井白石・間部詮房が失脚した江戸時代大奥の一大事件・江島生島事件で有名な天英院   さて東京芝・増上寺でのもうひとつの研究課題は、徳川六代将軍正室・天英院の正墓についてである。 増上寺・徳川正廟 ...

■三縁山増上寺4(寛永寺と交互に将軍霊廟が建てられた)   徳川将軍家の菩提寺は、天台宗本山・東叡山寛永寺と、浄土宗大本山・増上寺のふたつだった。 よって日光東照宮に祀られている徳川家康、徳川家光と、東京谷中霊園に葬られた最後の将軍・徳川慶喜の三人を除く12 ...

■三縁山増上寺1(徳川将軍家の菩提寺として繁栄)   増上寺とは、東京・芝公園にある浄土宗大本山の寺院で、正式には三縁山広度院増上寺という。 浄土宗とは法然を開祖、本尊は阿弥陀如来。教義は専修念仏を中心とする宗旨で、浄土専念宗とも呼ばれる。 浄土宗は京都市 ...

↑このページのトップヘ