仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

織田信長の墓所・廟所・供養塔・首塚

京都本能寺(1)~法華宗本門流・日隆門流の祖山・「本能寺の変」で有名な京都・本能寺

■京都本能寺1(本能寺の変で有名な京都・本能寺)

 

京都本能寺とは、法華宗本門流の四大本山のひとつで、八品派の門祖・日隆が開山になっている祖山。一般的には、織田信長が家臣・明智光秀によって誅殺された「本能寺の変」があった寺院として、あまりにも有名。

有名ではあるのですが、昨年、京都本能寺にタクシーで行ったとき、そのタクシー運転手は、「本能寺?どこですか、それは」という感じで、知らなかった様子。本能寺の場所は、御池の京都市役所の向かい側にある。東山三条からは鴨川にかかる三条大橋、御池大橋を渡って、23分くらいの所にある。ただし御池通りという大通りからは、少々中に引っ込んだ所に三門がある。

わかりずらいと言えば、わかりずらいかもしれませんが、ただし御池通りに面して「本能寺文化会館」が建っており、「大本山本能寺」の大きな看板が出ています。

本能寺は、山号がない。そういうことからか、看板が「大本山本能寺」になっている。

本能寺2本能寺会館






















本能寺の「能」の字は右側の2つの「ヒ」が「去」のような字に替えられている。これは本能寺が度重なって焼き討ちに遭い、だいたい70年に一度の割合で火災になっているため、1928(昭和3)年の第七次建立のさいに、住職が本能寺の「能」の字にヒヒとついていることから、今度こそ火災にあうことがないようにと、現在の「去」に変えたのだという。

本能寺の変があった当時の本能寺は、今の場所ではなく、今の二条城よりももう少し南の「油小路六角」、京都市立本能小学校があった元本能寺南町にあったのだという。1992(平成4)年に本能小学校は廃校となり、その後発掘調査が行われ、織田信長の定宿だった当時の遺構が発見されて話題を呼んだ。現在は京都市立堀川高等学校本能学舎と京都市本能特別養護ルームの施設となっている。

現在の本能寺は、電車でも充分に行ける所にあり、電車でも何度か行っています。ただしJR京都駅から行く場合、二条駅か、御池烏丸駅で乗り換えなくてはならない。一本では行けません。

三門前には、日蓮像が建っている。この点は、日蓮宗寺院と共通しています。平成25(2013)55日、6日、7日に開祖日隆聖人五百五十遠忌大法要が営まれる予定になっている。

本能寺35日隆遠忌 






















三門から境内に入っていくと、巨大な本堂、大宝殿や講堂がある鉄筋コンクリート造りのビル、方丈、本能寺会館の看板が出ている鉄筋コンクリート造りのビル等々、近代的なビルが境内に建っているのが目に入ります。

本堂は、木造建築の堂宇ながら、巨大な堂宇。表には、鶴丸の紋が入った提灯がありました。

鶴丸の紋は、岡宮光長寺や富士門流寺院でも見かけます。これは「勝劣派」の紋として使われているとのこと。私も本堂の中に入ってみました。「行儀よくお詣り下さい」「写真撮影禁止」の立て札がありましたが、本堂の中には誰もいない。

本能寺26鶴丸 

続きを読む

西山本門寺(16)~なぜ西山本門寺に「信長の首塚」があるのか2

■「富士山本門寺(西山本門寺)16(なぜ信長首塚を築いたのか)

 

□なぜ西山本門寺は「信長の首塚」を築いたのか

 

西山本門寺20信長首塚



では、なぜ西山本門寺は「信長の首塚」を築いたのか、ということになります。

これについて、織田信長と本能寺、法華宗との信仰上の繋がり、ないしは本能寺と西山本門寺の交流によるもの等の説・ご意見をご指摘いただきましたが、私はこの説を採りません。

 

なぜなら、先に述べたように、織田信長の廟・首塚・供養塔と称するものは、日本全国に十ヶ所以上あるわけですが、それらは本能寺や法華宗関連の寺のみならず、浄土宗、真言宗、臨済宗、曹洞宗の寺院から神道の神社まで、多岐にわたっています。

したがって、西山本門寺に「信長の首塚」が築かれた動機・目的を、織田信長と本能寺、法華宗との信仰上の繋がり、ないしは本能寺と西山本門寺の交流によるものとする説には、どう考えても無理があります。

 

そうではなく、江戸時代は、徳川幕府公認の宗派にならなくては、生きていけない時代であったが故、西山本門寺が徳川幕府公認の寺になるために、幕府に対してのアピールポイントのひとつとして、西山本門寺が「信長の首塚」を築いたのではないかというのが、私の説です。

この説は、私が今はじめて唱えるのではなく、すでに「日蓮正宗大石寺の『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊は日蓮正宗大石寺九世法主・日有の偽作だ」PART2の検証142144において、書いています。

「日蓮正宗大石寺の『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ」PART2(検証81150)

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=42909387&comm_id=406970

 

日有偽作論で私が書いたのは、「なぜ大石寺17世日精は御影堂に戒壇大本尊を祀って「本門戒壇堂」棟札を掲げたのか」ということの検証で書いたものですが、徳川時代に、仏教各宗の寺、特に総本山・本山の寺は、徳川幕府公認になるために、さまざまなことを行っています。

そのひとつが、織田信長の首塚ないしは供養塔を築くということです。

 

続きを読む

西山本門寺(15)~なぜ西山本門寺に「信長の首塚」があるのか1

■「富士山本門寺(西山本門寺)15(信長の首塚の真偽)

 

西山本門寺にある「信長の首塚」の記事を書いたところ、多数のご意見を頂戴しましたので、個別ではなく、一括し、まとめて見解を書きたいと思います。

 

□「信長の首塚」の真偽について

西山本門寺20信長首塚


 

首塚とは、合戦などにおいて討ち取られた者の首、捕虜に取られた者の首、あるいは斬首刑にされた罪人の首を供養するための「塚」の事。

塚とは、その周囲の地面より、こんもりと丸く盛り上がった場所を指し、具体的には何かが集積、堆積した盛り上がりや、小さな山や丘や古墳。または、それらの場所やに、建立された石造や木造などの祠や塔や碑などのこと。

西山本門寺にある「信長の首塚」が、本当に「本能寺の変」で戦死した織田信長の首を葬った塚であるという意味ならば、私は「否」であると思います。

インターネット・フリー百科事典・Wikipediaは、西山本門寺の「信長の首塚」について

「本因坊算砂の指示で信長の首を本門寺まで持ち帰り柊を植え首塚に葬ったという」

と書いており、織田信長の首を葬った塚であるという意味での伝承であると書いています。

「富士宮市教育委員会の案内板がないことから、これは、「信長の首塚」として認められていない」

「インターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事も、「伝織田信長の首塚」としており、「伝」の一文字がついていることに注目すべき」

と私が書いているのは、「織田信長の首を葬った塚とは考えられない」という意味です。

 

しかし、そうではなく、織田信長の首を供養するために造られた「塚」という意味ならば、それは「供養塔」に近い意味ですから、それだったら、江戸時代初期ぐらいに建てられたということはあり得ると言っているわけです。

供養塔だったら、それこそ全国各地にあるわけですから、あえて偽作とか贋作という必要はないと思っています。

 

次に、西山本門寺の「信長の首塚」は、織田信長の首を葬った塚ではないとする根拠ですが、私はインターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事を証拠にしているわけではなく、「本能寺の変」で戦死した織田信長の首を持ち帰るということは、現実的に不可能だということです。

 

「本能寺の変」というのは、京都・本能寺を舞台にした深夜の明智光秀軍による襲撃戦であり、そういう中、たとえ本能寺の僧侶であっても、織田信長の首を持ち帰るということはできません。

そういうことをすれば、明智光秀が引き渡しを要求するのは確実であるし、これを拒めば誅殺されてしまいます。

だから、常識的に、あり得ないと言うことで、インターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事も富士宮市教育委員会の案内板がないというのも、それを証する傍証ではないかと言っているわけです。

富士宮市教育委員会に、専属の学者がいないというのは、そのとおりだと思いますが、学者がいなくとも、西山本門寺の信長首塚を認めるなどということは、常識的にありえないと考えられます。

 

西山本門寺と京都・本能寺になんらかの交流があり、織田信長と法華宗・本能寺が信仰的な繋がりがあったとしても、本能寺関係者か、誰かの指示で、織田信長の首を本能寺から持ち出して、西山本門寺まで持ち帰り、首塚に葬ると言うことは、あり得ないと言うことです。

 

100歩譲って、仮に本能寺の僧侶か関係者が織田信長の首を、焼けただれた本能寺から発見して保管していたとしても、それを西山本門寺ではなく、本能寺か、安土城か、あるいは京都のいずこかに葬ると考えるのが定石ではないでしょうか。

 


 

 

 

西山本門寺(14)~富士宮市教育委員会の案内板がない西山本門寺の「信長の首塚」

客殿前で掃除をしていた女性の話しを聞いた後、私は、庫裡・客殿の裏側にある「信長の首塚」のあるところに行ってみることにしました。

「なんで西山本門寺に、信長の首塚があるのか」という疑問があり、「教育委員会が建てた、何らかの案内板でもあるのかな」と思いつつ、その首塚に向かって歩いて行きました。

庫裡の前には、「庫裡の裏手に、信長の首塚がある」という西山本門寺の案内板がありました。

西山本門寺25首塚案内


インターネット・フリー百科事典・Wikipediaでも、「その他、各地に供養塔・伝承を持つ旧跡」のひとつとして、「伝織田信長の首塚」として、西山本門寺の信長の首塚を紹介していることから、本当に信長の首塚なのかどうかという点については、疑わしいものではないかと思われます。

「織田信長」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%95%B7#.E5.A2.93.E6.89.80.E3.83.BB.E9.9C.8A.E5.BB.9F.E3.83.BB.E5.AF.BA.E7.A4.BE

 

インターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事に依れば、織田信長の廟・供養塔と称する建物は、京都・本能寺をはじめ全国に十ヶ所以上あり、その中では、京都市上京区寺町の蓮台山阿弥陀寺の「織田信長公本廟」が、豊臣秀吉から遺骨の差し出しを求められていることから、信憑性が高いとしています。

 

さて庫裡・客殿の裏手にまわってみると、大きな柊の木があり、これは静岡県の天然記念物に指定されている旨の、富士宮市教育委員会の案内板が建てられていました。

その柊の木のすぐそばに、「信長の首塚」と称する建物がありますが、これについては、富士宮市教育委員会の案内板はありません。西山本門寺が建てた首塚の由来を書いた案内板があるだけでした。


西山本門寺20信長首塚

 

西山本門寺の境内には、富士宮市教育委員会の案内板がいくつも建てられていることから、ここに富士宮市教育委員会の調査が入っていることは明らかで、国が文化財と認定した古文書については富士宮市教育委員会の案内板が建てられています。

 

しかし、「信長の首塚」と伝承される建物には、富士宮市教育委員会の案内板がないことから、これは、「信長の首塚」として認められていないということに他ならない。

インターネット・フリー百科事典・Wikipediaの記事も、「伝織田信長の首塚」としており、「伝」の一文字がついていることに注目すべきです。


西山本門寺23首塚由来

 

歴史的な経緯からしても、そもそも西山本門寺に信長の首塚かあること、本能寺の変の最中に、信長の首を持ち出した、などとする伝承そのものに疑義があります。

 

さて、この「信長の首塚」と伝承される建物は、庫裡・客殿の裏側にあるのですが、こちらから庫裡を見ても、固く窓は閉じられ、内側からカーテンが閉まったまま。

誰も住んでいない、完全な幽霊屋敷と化している感じが見て取れました。

 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ