仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

国・県の文化財・鑑定問題

新曽妙顕寺(2)~県文化財指定の時に日向記の真偽鑑定を行っていないことを認めた埼玉県文化財課の係官

■新曽妙顕寺2(埼玉県生涯学習文化財課)

 

□文化財指定時の鑑定報告書があると言った埼玉県教育局生涯学習文化財課の係官

 

さて午前中に埼玉県庁に電話し、担当部署である埼玉県教育局市町村後援部生涯学習文化財課につないでもらいました。私は、埼玉県戸田市の新曽妙顕寺に格蔵される日向記が埼玉県文化財に指定されているが、日向記は日蓮宗でも疑義が強く「偽書」としていること。そういう文書をなぜ埼玉県文化財に指定したのか、その経緯について尋ねました。すると担当者は、しどろもどろになり、日向記が真筆か偽書かについては回答が混乱。あげくのはては「真書かどうかよりも、その文書の存在感の大きさによって、文化財指定もあり得る」と、ずいぶん後退した返事。そこで

「それは、おかしいのではないか。少なくとも一般の人は、埼玉県文化財に指定されている古文書ということであれば、これを真書と解釈しますよ」「埼玉県は、日向記を真書として県文化財に指定したのか、それとも真書ん偽書かよりも、存在感が大きいから県文化財に指定したのか。文化財指定の根拠を教えて下さい」と、食い下がった。すると担当者は、「文化財指定は、昭和27(1952)のことですが、当時の担当者が鑑定した報告書があり、真書と書いています」との返事。

「ならば、その報告書をお見せ願えませんか。又、その報告書のコピーを取らせていただいて、私にお渡し願えませんか」と言うと、「それはかまいません」との返事。

とにかく埼玉県庁の担当者は、私との面会を承諾し、文化財指定の時の鑑定報告書のコピーを渡してもよいとの返事だったので、即刻、埼玉県教育局市町村後援部生涯学習文化財課がある埼玉県庁職員会館に直行することにしました。

埼玉県庁は、埼玉県さいたま市にありますが、さいたま市は「平成の大合併」で、大宮市、浦和市、与野市が合併してできた「市」で、埼玉県庁がある所は旧浦和市になる。最寄り駅はJR浦和駅。

今はJR浦和駅は、京浜東北線、東北・高崎線のホームの他に湘南新宿ラインのホームができているが、私が埼玉県庁に行った時は、湘南新宿ラインのホーム新設工事中。もともと湘南新宿ラインは、東北貨物線を走る電車で浦和駅には、元々ホームがなかった。というわけで、JR新宿駅から湘南新宿ラインの電車に乗って、一旦、赤羽駅で東北・高崎線の電車に乗り換え。埼玉県庁は、JR浦和駅から徒歩15分くらいのところにありますが、私は駅前からタクシーで埼玉県庁へ。埼玉県庁職員会館に担当部課があり、入って行くと係官二人が応対に。

一人は中年男性の指定文化財保護担当・I主幹。もう一人は女性で同じくの指定文化財保護担当・M主査。名刺交換すると、中年男性のI主幹は、私の名刺を見て、なぜか真っ青に。教育局市町村後援部生涯学習文化財課がある部屋は、ものすごく広い部屋で、そこには何十人もの職員が机を並べて仕事をしているのですが、私と二人の面談がはじまると、他の職員は仕事の手を止めて、面談の成り行きを固唾を呑んで見守っているのが、わかりました。

 

続きを読む

新曽妙顕寺(1)~埼玉県が「日向記」を県文化財に指定した旨の不可解な記述の案内板が建つ新曽妙顕寺

■新曽妙顕寺1(県文化財に指定した案内板)

 

□埼玉県が「日向記」を県文化財に指定した旨の不可解な記述の案内板が建つ新曽妙顕寺

 

新曽妙顕寺とは、埼玉県戸田市新曽にある日蓮宗寺院。日蓮宗には大本山・京都妙顕寺、本山・佐野妙顕寺と、同名の「妙顕寺」寺号を名乗る寺院があるため、これらと区別するために、関係者の間では、地名をとって新曽(にいぞ)妙顕寺とよばれている古刹寺院である。

なぜここに来ることになったのかと言うと、日蓮真筆の大曼荼羅本尊を調査していく中で、新曽妙顕寺に立正安国会「日蓮真蹟御本尊集」に載っている大曼荼羅本尊、佐渡阿闍梨日向授与の「子安曼荼羅」が格蔵されていることが判明。それでこの新曽妙顕寺を調査していくと、この寺の境内に、戸田市教育委員会が建てた文化財の案内板があることが判明。しかもその戸田市教育委員会が建てた文化財の案内板には、何と佐渡阿闍梨日向が筆記したと伝承される「日向記」が新曽妙顕寺に格蔵されていて、しかもこの「日向記」が埼玉県の文化財に指定されている旨が書いてあることが判明した。

日向記とは、身延山久遠寺二世・佐渡阿闍梨日向が、日蓮の説法を筆録したと伝承する文書で、日蓮宗の「遺文全集」や大石寺版「御書全集」には、「御講聞書」という名前で載っている。

私はかつて日蓮宗の本山貫首猊下に「御講聞書」の真偽について見解を尋ねたところ、日興記とよばれる「御義口伝」も、日向記の「御講聞書」も偽書である、という見解であった。立正大学日蓮教学研究所発行の「遺文全集」にも、「日向記」は日蓮真蹟の欄にはなく、古写本として新曽本が載っている。「新曽本」とは、新曽妙顕寺が格蔵する「日向記」の古写本という意味か。

日蓮宗の見解として、日蓮真蹟とは認めていない「日向記」を、なぜ埼玉県が文化財として指定しているのか。ここが私にとって、大きな関心事であった。

日蓮宗の「遺文全集」には、古写本として新曽本が載っているものの、日蓮宗の本山貫首猊下は偽書だと言う。私も「日向記」は、限りなく偽書に近い文書であると見ている。私が「日向記」を限りなく偽書に近い文書と見ている根拠は、

1 弘安年間に身延山で日蓮が日向に法華経の講義をした史実が確認できない

2 上古の文献・記録に「日向記」が出てこない

3 「日向記」末文の「高祖大聖人御講聞書」とある「高祖大聖人」という言い方への疑問

「高祖大聖人」という言い方は、江戸時代の古文書にはよく見られるものだが、はたして日蓮・日向在世の時代に、日向が「高祖大聖人」という言い方をしたのか、という疑問である。

そういう疑義のある文献を、どうして埼玉県が県の文化財に指定したのか。埼玉県が「日向記」を県の文化財に指定したということは、埼玉県が「日向記」を実質的に真蹟だと認定したことになる。しかも戸田市教育委員会が建てた案内板に、埼玉県が「日向記」を県の文化財に指定した旨が書いてあるとなれば、少なくともこれを読む人は、埼玉県が「日向記」を実質的に真蹟だと認定したと解釈するであろう。

妙顕寺20教育委員会案内板











 

(新曽妙顕寺に建つ戸田市教育委員会の立て看板)

妙顕寺6 











(新曽妙顕寺)

 

続きを読む

池上本門寺(5)~池上本門寺・大堂の日蓮祖師像についての文化庁の見解2

■池上本門寺5(日蓮像の文化庁の見解2)

 

○「池上本門寺の日蓮聖人御尊像を鑑定するに当たって、炭素14年代測定法による測定ないしは鑑定が行われたのですか」

□係官「いいえ。炭素14年代測定法というのは、文化財の一部を取り出すものですから、文化財にキズをつけることになります。したがって文化庁は、炭素14年代測定法は採用しておりません」

 

○「日蓮聖人像というのは、全国各地の日蓮宗・法華宗などの日蓮を宗祖とする寺院に行くと、けっこうあっちこっちの寺院に祀られています。ひとつやふたつぐらいではありません。

そういう中で、池上本門寺の日蓮聖人像が国の重要文化財に指定されていて、他の寺院の日蓮聖人像は重要文化財に指定されていないという、この違いはどこにあるのですか」

□係官「日蓮聖人像の場合は、国宝・重要文化財のジャンルの中では、美術工芸品の指定ということになります。美術工芸品が重要文化財に指定されるかどうかのポイントとしては

(1)出来具合が良いものであるかどうか、ということ

(2)歴史的に古いものであるかどうか、ということ

(3)歴史的な意義があるかどうか、ということ

この三点になります。

(2)の歴史的に古いかどうか、ということは、例えば、江戸時代に製作された日蓮聖人像よりも鎌倉時代に製作された日蓮聖人像のほうが、重要文化財に指定される、ということになります。鎌倉時代のほうが古いわけですから」

 

○「歴史的に古いものということであれば、例えば静岡県富士宮市の北山本門寺・御影堂にある日蓮聖人像は、日蓮聖人在世の時代に造立されたものであると、北山本門寺は自称しています。

もしこれが本当だとしたら、北山本門寺の日蓮聖人像は、重要文化財に指定されている池上本門寺の日蓮聖人像よりも古い、ということになります。

では池上本門寺の日蓮聖人像よりも古い北山本門寺の日蓮聖人像が重要文化財に指定されていないのは、どうしてですか」

□係官「先程申しました、当方の専門の調査官による調査鑑定が行われているのかどうか、という点があります。製作年代が古い、ということが寺伝等で謳われておりましても、調査官の調査が済んでいなければ、重要文化財に指定されるということはありません」

 池上大堂・日蓮1

続きを読む

池上本門寺(4)~池上本門寺・大堂の日蓮祖師像についての文化庁の見解1

■池上本門寺4(日蓮像の文化庁の見解1)

 

私は、池上本門寺・大堂(祖師堂)に祀られている日蓮祖師像(木像)が、国の重要文化財に指定されている事実は大変重いものがあると考えました。そこでこの詳細を確かめようと、東京・霞ヶ関の文部科学省にある文化庁に問い合わせをして、取材しました。

私の問い合わせに対して、文化庁の国宝・重要文化財指定の係官が応対し、話を聞くことができました。以下は、私と係官のやりとりの主要部分の抜粋です。

 

○「東京・池上の日蓮宗・池上本門寺の大堂に祀られている日蓮聖人御尊像が国の重要文化財に指定されている件について、詳しいことをお聞きしたい」

係官「はあ、そうですか」

 

○「池上本門寺が発行した『霊寶殿』という名の本によれば、この日蓮聖人御尊像が造立されたのが、正応元年(1288)になっており、日蓮聖人第七回忌の折りに六老僧の日持上人と中老・日浄上人が願主になったと書いてあります。

国がこの日蓮像を重要文化財として指定したということは、この「正応元年造立」ということを史実として公認した、ということで間違いないでしょうか。そのあたりの詳しい意味を教えて戴けませんか」

係官「重要文化財の指定にあたりましては、私どものほうで、専門の調査官がおりまして、事前に調査をしております。それから重要文化財指定の意味についてですが、文化財保護の網をかぶせると言うことです。

これは具体的に言いますと、まずは修理について国から補助金が出ること。

それともうひとつは、勝手に保存にあわない修理を行わせない、保存にあわない修理を禁止する、ということです。国の重要文化財指定は、文化財を後世にのこすという点が大きな主眼です」

 

○「ということは、重要文化財の指定は、あくまでも文化財保護のため、というもので、文化財そのものの真贋(本物かニセモノか)は、関係ないということですか」

係官「そういうわけではありません。お尋ねの池上本門寺の日蓮聖人像が重要文化財に指定されたのは、戦前の昭和3817日のことで、これは現在の文化財保護法によるものではなく、戦前の国宝保存法によるものです」

 池上大堂・日蓮1

続きを読む

池上本門寺(3)~国・都道府県・市区町村指定の文化財の中には贋作や偽作はないのか

■池上本門寺3(文化財に贋作・偽作はないのか)

 

さて池上本門寺大堂の日蓮祖師像は、池上本門寺の公式見解では、日蓮七回忌の折りに造立されたとなっています。池上本門寺が刊行している正式文献「霊寶殿池上本門寺の御霊宝と文化遺産」によれば、日蓮・祖師像について、以下のように書いてあります。

 

「日蓮聖人御尊像  正応元年(1288) /重要文化財

 

日蓮聖人7回忌にあたり、六老僧の1人である日持聖人と日浄聖人が願主となって造立された等身大の坐像で、大堂に奉安されている。胎内には御真骨を収めた銅筒があり、その側面に

『弘安五年壬午十月十三日巳刻 御遷化/大別当 大国阿闍梨日朗/大施主 散位大仲臣宗仲』

他の刻名がある」

(「霊寶殿池上本門寺の御霊宝と文化遺産」p1)

 

注目すべき事は、この日蓮祖師像が国の重要文化財に指定されているということです。

国宝にしろ、重要文化財にしろ、正式に指定を受けるまでの過程に於いて、鑑定が行われているということです。ということは、少なくとも「贋作」が国宝や重要文化財に指定されると言うことは、あり得ないと言うことになります。

これと同じようなことが、国立博物館で行われる展示についても言えます。

贋作や偽作とされるものが、国立博物館で正式に展示されるということはあり得ません。贋作や偽作が「本物」として、国立博物館で展示されたら、それこそ大変です。下手をすれば、政府・文化庁の責任問題に発展しかねません。

 

国宝や重要文化財の指定に当たっては、文化審議会からの指定に関する諮問に至るまで、さまざまな調査・鑑定が行われている、ということですが、それならば

「文化財に指定されているものの中には、贋作や偽作がひとつもないのか」

という話になるわけです。

ここが微妙なところになるわけで、今回の池上本門寺・日蓮祖師像の他にも、文化財についていろいろ調査していく中で、いろいろなことがわかってきました。

文化財の中には、国で指定している文化財の他に、都道府県で指定している文化財、市区町村で指定している文化財もあります。都道府県の文化財や市区町村の文化財の中には、国が行っている調査・鑑定には、かなりほど遠い調査しか行っていないものもあるようです。

これについては、追々、書いていく予定ですが、今回の池上本門寺・日蓮祖師像は、国が指定している重要文化財ということですので、文化庁に問い合わせた、ということです。

 

文化庁1
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ