仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

コーヒータイム

コーヒータイム(3)~東京都知事選挙・期日前投票に行ってきました

□東京都知事選挙立候補者一覧の中になかった某氏の名前

 

続きを読む

コーヒータイム(2)~戦争・紛争を続発させている某宗派は4年に1度は紛争をやめよと言っても無理な話か

□戦争に明け暮れていた時代の中で生まれた「平和の祭典」古代オリンピック・近代オリンピック

 

日本時間の98日午前5時、ブエノスアイレスで開かれていた国際オリンピック委員会総会は、2020年の夏季オリンピック開催地を東京に決定。私のまわりでも、夜通し、テレビやインターネットのニュースを注目していた人がたくさんいました。

近代オリンピックとは、国際オリンピック委員会(IOC)が夏季と冬季に開催する大会で、これは古代ギリシアのオリンピアの祭典をもとにして、世界的なスポーツ大会を開催する事をフランスのクーベルタン男爵が19世紀末のソルボンヌ大における会議で提唱、決議された。

古代オリンピックとは、古代ギリシアのエーリス地方、オリュンピアで4年に1回行われた当時最大級の競技会であり、祭典。紀元前9世紀から紀元後4世紀にかけて行われていた。もともとオリンピア祭は、ギリシャ神話に出てくるものだという。

近代オリンピックの元になった古代オリンピックの起源であるが、

「伝染病の蔓延に困ったエーリス王・イーピトスがアポローン神殿で伺いを立ててみたところ、争いをやめ、競技会を復活せよ、という啓示を得た。イーピトスはこのとおり競技会を復活させることにし、仲の悪かったスパルタ王・リュクールゴスと協定を結んだ。こうしてエーリス領地内のオリュンピアで始まったオリンピックだが、最初のうちの記録は残っていない。記録に残る最初のオリュンピア祭は、紀元前776年に行われた。古代オリンピックの回数を数えるときには、この大会をもって第1回と数えるのが通例である。」(古代オリンピック・フリー百科事典・Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

私の子どもの頃、たしか学校で「昔のヨーロッパは戦争ばかりやっていたので、4年に1度は戦争をやめてスポーツの祭典をやろう、ということではじまったのがオリンピック」と教わった記憶がある。古代オリンピックの主旨としては、そんなにまちがった教わり方ではなかったように思う。

1896年のアテネ大会からはじまった近代オリンピックは、今や平和の祭典の象徴のようになった感がある。19世紀といえば、まさにアメリカもヨーロッパも戦争に明け暮れていた時代のこと。だから、古代オリンピックも近代オリンピックも、戦争に明け暮れていた時代の中で生まれた「平和の祭典」という言い方ができるのではないか。

 

続きを読む

コーヒータイム(1)~蝉の鳴き声で立石寺を思い出しました

連日、猛暑が続く東京都心で蝉の鳴き声が聞こえてきました。

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」とは、あの有名な松尾芭蕉の奥の細道の俳句。

松尾芭蕉が訪れた山形・立石寺に、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句碑があります。

山形の立石寺(山寺)に行った時のことを思い出してしまいました。立石寺に行ったのは、5年くらい前のことなのですが。

山寺10


山寺8 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ