仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

浄土真宗浄興寺派(本)浄興寺

真宗・浄興寺(3)~浄土真宗の宗祖・親鸞の頂骨を格蔵すると伝承する浄土真宗浄興寺派本山・浄興寺2

■真宗・浄興寺3(東西本願寺への親鸞頂骨の分骨)

 

□浄土真宗の宗祖・親鸞の頂骨を格蔵すると伝承する浄土真宗浄興寺派本山・浄興寺2

 

私がはじめて新潟県高田市の浄土真宗浄興寺派本山・浄興寺を訪ねたのは、寒い真冬。高田の地には、こんこんと雪が降り積もっている。JR高田駅の近隣に、仏教寺院が林立する「寺町」があり、浄興寺はその「寺町」の中にある。高田駅前から歩いて行ける距離にあるのだが、行きは駅前で客待ちをしていたタクシーに乗って浄興寺へ。「本山浄興寺」の額が掲げられている山門をくぐると、本堂に向かって参道が伸び、参道の両側には塔頭寺院・子院が建ち並ぶ。境内には、本堂、親鸞御廟、宝物殿、庫裡、聖徳太子堂などの堂宇が建ち並ぶが、積雪のためか、全て雪囲いがしてある。冬になると、高田の地は相当な積雪に見舞われてしまうようです。境内の堂宇をよく見ると「親鸞聖人御真廟」「太子堂」等々の立て看板が立てられている他、浄興寺境内図や浄興寺の歴史を記した案内板も建てられている。寺院の参拝者から見ると、かなり親切な造りになっている。私は浄土真宗の本山寺院をいくつも訪ね歩いていますが、こういった参詣者に対して、わかりやすい案内板や立て看板を整備している寺院をいくつか見かけます。

まずは浄興寺本堂に参拝しようと、雪囲いがしてある本堂へ。本堂入り口階段前のお賽銭箱にお賽銭を入れて合掌。本堂の戸を開けようとしたが、入り口の戸が全てカギがかかっていて閉めきられている。本堂から親鸞御真廟、さらに宝物殿へと渡り廊下で繋がっているが、全て雪囲いがしてあって、戸は閉め切り。私も子どもの頃、真冬になると1メートル級の積雪がある地域で育ったが、昔からの家には、雪囲いがしてある家がよくあった。高度成長時代以降に新築された新しい家には、雪囲いがある家はあまり見られなくなったが、積雪が多い富山県地方に行くと、新築の家でも雪囲いがある家を見かける。北陸では石川県より富山県、富山県よりも新潟県のほうが積雪が多い。富山県でも五箇山などの山間部に行くと、雪囲いをしてある家をよく見かけます。私が浄興寺を訪れた日の積雪は、数十センチくらいでしたが、何せ浄興寺がある新潟県高田市とは、日本でも有数の豪雪地帯で有名な所である。

私は浄興寺の話を聞こうと庫裡を訪ねた。すると門主夫人が応対に出られた。この方、全く物おじせず、しっかりと私のほうを向いて、私の質問にも、ひとつひとつはっきりと明快にお答えくださった。私が「仏教宗学研究会主宰・仏教宗学研究会のブログ主筆」の名刺を見せて、お話を伺うと、門主夫人の話は、浄興寺が上古の昔から、親鸞の頂骨や遺品を格蔵してきた寺院であること、そして浄興寺から東本願寺、西本願寺、興正寺へ、さらに仏光寺、高田専修寺等々まで、親鸞の頂骨を分骨してきていることを語っておられる。ここが浄興寺の大きなポイントでありますね。私はインターネットで東本願寺、西本願寺、興正寺から浄興寺に宛てた分骨の礼状が格蔵されていると聞いてきたので、宝物殿の中を拝観させてもらえませんかと尋ねると、普段は宝物殿は閉め切っているが、拝観の申し込みがあった場合は、開館しているとの御返事であった。

 

続きを読む

真宗・浄興寺(2)~浄興寺から東西本願寺への親鸞頂骨の分骨を史実と認めている盛岡大学長・加藤章氏論文

■真宗・浄興寺2(東西本願寺への親鸞頂骨の分骨)

 

□浄興寺から東西本願寺への親鸞頂骨の分骨を史実と認めている盛岡大学長・加藤章氏論文

 

親鸞の頂骨を格蔵してきた浄興寺が東本願寺、西本願寺、興正寺に親鸞頂骨を分骨してきていることは、単なる浄興寺の寺伝によるものではない。20045月、本山浄興寺発刊の写真集「歓喜勇躍山浄興寺」の中に、盛岡大学長・元上越教育大学長・上越市史編集委員長の加藤章氏が「浄興寺小史」と題する論文を寄せている。その中でこう書いている。

(親鸞は)京都から越後国国府(新潟県上越市)に流され、越後にて七年ほど配流の生活を送ったが、流罪赦免ののちも京都に戻らず、上野、武蔵をまわって建保2(1214)常陸国笠間郡稲田郷(茨城県笠間市)に移住し、その拠点は稲田禅坊とよばれた。そこで農民や下層武士を主とする民衆に布教するとともに、自ら信仰を深めつつ『教行信証』を著した。本寺(浄興寺)の成立は、この『教行信証』の成立した元仁元年(1224)、浄土真宗の創始と同時ということになる。親鸞は、しばらくこの地で布教し、貞永元年(1232)ごろ、京都に帰るにあたり、弟子の善性にその跡を譲った…

鎌倉幕府は、皇系である善性に寺領として信濃国水内郡太田庄長沼(長野県長野市)に三千貫文を与えたが、弘長三年(1263)、戦火により稲田浄興寺が焼失した際、下総国(茨城県)稲敷山さらに磯部村をへて、この長沼に移った。(文永4年、1267)。長沼の浄興寺はその後、三百年ほどつづき、永禄4(1561)、十三世(浄興寺)住職の周円のとき、川中島合戦の兵火を受けて炎上した。寺伝では、十六世紀末、上杉景勝(一説に謙信)の招きによって春日山城下に寺地を与えられ、堂宇が建立されたとされている。上杉景勝が会津転封の後、入封した堀が福島城を築いたので、十五世善芸のとき、浄興寺も福島城下に移った。その後、松平忠輝が入封し、慶長19(1614)、高田城を築いたため、浄興寺も城下に移ったが、寛文5(1665)の大地震で堂宇は破壊焼失した。十八世琢性は、延宝6(1678)に、再建計画をたて、江戸および周辺十ヶ村において浄興寺寺宝の御開帳を行い、再建資金を集め、翌、延宝7年に現在の本堂が建築された。この本堂は、平成元年、重要文化財に指定された。…」

「浄興寺の宗教的権威を支えるものは、まず本寺(浄興寺)が宗祖親鸞の浄土真宗開教の道場であること。さらに最も崇敬される宗祖の頂骨を護持しつづけてきたことがあげられる。それに対し、親鸞の没後十年を経た文永9(1272)、浄興寺から48年おくれて本願寺が創建された。したがって、もともと本願寺と浄興寺の間には、本寺末寺の関係はなかったのである。しかし宗祖を同じくする同派であり、とかも宗祖親鸞の頂骨を浄興寺が安置することから、両寺の交流は深く、また真宗教団の発展に協力して貢献する歴史を有している。とくに本願寺の蓮如の宗門再興をかけて活躍した際や、顕如が大坂石山本願寺を拠点に織田信長と戦った石山合戦前後などは、浄興寺も積極的な援助を行っている」(浄興寺発刊の写真集「歓喜勇躍山浄興寺」p2223)

 

続きを読む

真宗・浄興寺(1)~浄土真宗の宗祖・親鸞の頂骨を格蔵すると伝承する浄土真宗浄興寺派本山・浄興寺

■真宗・浄興寺1(親鸞の頂骨)

 

□浄土真宗の宗祖・親鸞の頂骨を格蔵すると伝承する浄土真宗浄興寺派本山・浄興寺

 

浄土真宗・高田浄興寺とは、新潟県高田市にある浄土真宗浄興寺派本山。讃文には「本山浄興寺」の額が掲げられている。正式名は歓喜勇躍山浄興寺で、浄興寺という寺号も浄土真宗興行寺の略名である。浄土真宗は浄土真宗本願寺派 、真宗大谷派、真宗高田派、真宗佛光寺派、真宗興正派、真宗木辺派、真宗出雲路派、真宗誠照寺派、真宗三門徒派、真宗山元派の十派が有名で、この十派は真宗教団連合をつくる。浄土真宗には真宗教団連合に加盟するむ十派以外にも、数多くの分派があり、その中のひとつが浄土真宗浄興寺派で、ここは真宗教団連合には加盟していない。もともと浄興寺は、真宗大谷派の別格寺院であったが、昭和27年(1952年)の宗教法人法の施行により真宗大谷派から独立したことによって成立した宗派である。

浄興寺はJR高田駅から歩いて行けるくらいの距離にある。高田駅とは、新潟県上越市のターミナル駅である直江津駅からJR信越線・長野方面行きの各駅停車の電車に乗って二つ目の駅。東京から電車を利用して高田に行くには、二つのルートがある。ひとつは東京から長野新幹線を利用し、長野駅で新幹線からJR信越線に乗り換えて高田へ行くルート。もうひとつは、東京から上越新幹線に乗って越後湯沢で下車。そこから特急はくたか号・金沢行きに乗り換えて直江津で下車。直江津でJR信越線各駅停車に乗り換えて高田に行くルートである。東京からの所用時間は、どちらのルートを使っても、そんなに大差はない。ただし土日祝日、ゴールデンウィーク、旧盆、年末年始の繁忙期になると、上越新幹線~特急はくたか号のルートは、指定席・自由席ともに満席になってしまうことがよくある。しかし長野新幹線のほうは、繁忙期でも全列車満席とは、あまり聞いたことがない。だから信越線の長野行き列車は、長野から新幹線に乗り換える乗客でごった返すことがある。しかし2015年春、北陸新幹線が金沢まで開業する予定になっており、これによって特急はくたか号は廃止され、現在のJR信越線・脇野田駅近辺に北陸新幹線・上越妙高駅が開業する。ここが乗り換え駅になる。よって2015年春以降は、東京からは北陸新幹線で上越妙高駅にて下車し、ここで各駅停車に乗り換えるルート一本だけになる。

高田は冬になると、かなりの積雪がある豪雪地帯にある。浄興寺も冬に参詣すると、本堂、真骨拝殿、宝物殿、庫裡等には雪囲いがしてある。冬は積雪がものすごいため、寺院の行事はほとんど行われておらず、本堂も戸が閉め切られている。寺院の行寺は、春から秋にかけて行われる。

ではなぜ浄興寺を訪れたのか。それは浄興寺が古来から浄土真宗の宗祖・親鸞の真骨(頂骨・頭蓋の中央にある左右一対のたいらな四角形の骨。頭頂骨)を格蔵してきたと伝承する寺院であるからである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ