一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

Category:旅紀行 > 旅紀行・京都

■「和風料亭旅館・き乃ゑ」2(宿泊)

 

□芸子さんを呼んで宴会を行う特別室がある和風割烹旅館・き乃ゑ

 

この料亭旅館「き乃ゑ」は、京都・東山四条の八坂神社、祇園の近くにあり、温泉地の温泉ホテルとは、根本的に仕様がちがっています。出される料理は、完全な料亭のやり方。

旅館の中には、自動販売機が全くありません。ちょっと外に出れば、京都の街中には自動販売機がたくさんありますから。

ここに宿泊している人は、夕食が終わった後、祇園界隈に出かける人が多いようです。部屋の中の旅館案内の中に、「き乃ゑ」周辺・祇園界隈のスナック、レストラン等々の店の一軒一軒を書いた地図がありました。

さて料理を運んできてくれる仲居さんに、聞いてみたところ、旅館に祇園の芸者・芸子さんを呼ぶ客がいるとのこと。「き乃ゑ」にも、宴会場や特別室があり、芸子さんを呼ぶことができる部屋が整っているということです。「はー、これはすごいですね」と、私も理事も感心してしまいました。

私たちが宿泊した前日に、芸子さんを呼んだ客が居て、芸子さんの帰り際、旅館の玄関で記念撮影をしていたとのことでした、さしずめ祇園の芸子さんというのは、スターですねえ。

私は、芸子さんを呼ぶ宴会というのには、一度もお目にかかったことはありません。テレビや映画で見ただけです。東京でも、東向島あたりには、芸子さんを呼ぶ料亭が今でもあるらしいのですが、一度も入ったことはありません。そこで仲居さんに聞きました。

「芸子さんの花代って、いくらぐらいなんですか」

仲居「はー、そうですねえ。芸子さんも新人さんからベテランさんまで、ピンキリですからねえ。花代もピンキリですよお」

芸子さんへの花代は、旅館を通じて支払うのではなく、客が直接、芸子さんを呼んできて、直接、芸子さんに花代を支払うのだとか。しかし花代がいくらぐらいなのか、わからないというのでは、こわくて頼めないですねえ。明朗会計の芸子さんというのは、いないのだろうか。

私は、夕食が終わった後、祇園の町に出てみようかなと思っていたのですが、ほとほと疲れてしまい、とても祇園界隈に出かける元気は、残っていませんでした。


き乃ゑ8
















き乃ゑ1













































 

(和風料亭旅館・き乃ゑ)

 

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■「和風料亭旅館・き乃ゑ」1(宿泊・食事)

 

□秋の紅葉の繁忙期で満室続出の中でたった1部屋の空室があった京都の高級和風料亭旅館

 

今回の稿は、まだ一般社団法人設立以前の201111月、仏教宗学研究会・現理事と奈良・正倉院展等の現地視察学習会、奈良・東大寺参拝会等を行った後、京都の和風料亭旅館・き乃ゑで、食事懇談会を行った時のものです。場所は、東山の八坂神社、祇園のすぐ近くで、建仁寺の並びになります。ここは132000円の料亭旅館。父と2人で宿泊したので2人で64000円です。夕食、朝食は部屋食です。

なぜここに宿泊することになったのかというと、私は正倉院展の約1ヶ月前に、新幹線、特急はくたか号の予約を取ったのですが、同時に京都でのホテルの予約を取ろうとした。ところが京都市内のホテル、旅館はことごとく満室。JTBの係員がいろいろと京都市内のホテル・旅館を探してくれて、ようやくここに1部屋だけ空室があったという次第。JTBの話しでは、この11月中旬は、京都は秋の紅葉シーズンの盛りで、繁忙期にあたるのだとか。

現理事は夕食、朝食が部屋食じゃないとダメ、ということなので、JTBのほうで探してくれました。

しかし1132000円という、ちょっと高額なところ。しかし繁忙期に最後に空室が残るのは、やはり値段の高いところ。普通は、値段の割安なところから先に予約が埋まっていきますから。高額な料亭旅館でしたが、宿泊料金は理事と公平に自分のポケットマネーで支払いました。

さてもうひとつ、予約を取るときにJTBの男性係員が私に「ここは料理が良いですよ」と言ってご推薦。この男性係員は、ここで料理を食べたことがあると言うことでした。そういうわけでここに予約。

当日は、チェックインの15時に、旅館の駐車場にすべり込みました。私たちが通されたのは4Fの部屋。ここは建物が4F建てでした。

ところで、JTBの男性係員は、予約の時に「ここの料理はいいですよ」とご推薦だったのですが、「ただしお風呂がちょっとねえ。お風呂はみなさんの評価が低いんですよ」とのことでした。

私も、奈良国立博物館・正倉院展で疲れ果ててこの旅館に着き、1時間半くらい、部屋で休んでから大浴場に入りました。JTBの係員が「風呂がちょっとねえ」と言っていたので、かえってどういう風呂なんだろうかと興味がありました。

入ってみると、風呂そのものは格調が高い風呂なんですが、大浴場のスペースが狭い。それと、普通は湯舟の中に段差がひとつぐらいはあるのですが、この段差がない。

だから、足の悪い年寄りが湯舟に入ると、足を外すおそれがあるといえばあります。

こういうところで、評価が低いのだと思います。さて風呂からあがって、部屋で一休みしていると、時刻は18時。夕食の時刻。JTBの男性係員は、「ここの料理はいいですよ」とご推薦だったので、どういう料理が出てくるのか、私としても楽しみでした。すると和服を着た若い女性の仲居さんが、料理を一品ずつ運んできました。これは料亭のやり方です。

温泉旅館やホテルで食事をすると、大概は仲居さんが全ての料理をテーブルの上に並べるのですが、料亭はそうではありません。一品ずつ、仲居さんが運んでくるわけです。

 

き乃ゑ5















き乃ゑ7














































 

(和風料亭旅館・き乃ゑ)

 

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■京都府2・京都2・「民宿・松井本館・花やしき浮舟園」1(宿泊)

 

□食事中に主人がトイレの汲み取りをはじめ部屋の中が糞尿の悪臭で充満した京都の民宿

 

京都に行って寺跡調査・寺院巡りをすれば、少なくとも京都で1泊ないしは2泊ぐらいはすることになる。私はそれこそ日本全国各地に寺院巡りの旅に行っているが、私にとっての寺院巡りの旅は、自宅を出た瞬間にはじまっている。だから私にとっては、寺院の中の出来事のみならず、電車やバス、車、航空機の旅からホテルの宿泊、食事、入浴からセックス、スナックやレストランに入ったことまで、全てが寺院巡りの旅の出来事に入ってしまう。これらの全てが、寺院巡りの旅の1ページになっているのである。

寺跡調査・寺院巡りの旅は一人旅ないしは二人旅。宿泊先は、大半がビジネスホテルやシティホテルになる。格安のビジネスホテルやシティホテルもJTBで予約が出来る。ビジネスホテルやシティホテルは、京都駅周辺や寺院仏閣が多い東山周辺でよく宿泊した。この場合は食事は、夕食は外のレストランで朝食はホテルのバイキングというパターンが大半。入浴は大浴場があるホテルと大浴場がないホテルがあり、大浴場がないホテルだと、部屋にある風呂に入らなければならない。男と女の二人旅だったら、この他にセックスが加わる。()

ここでは、食事付きの民宿、ホテル、料亭旅館に宿泊した時のことを書いてみたい。

私がまだ三十代のころの全国旅行で京都に来たとき、京都東山の慈照寺銀閣にほど近い民宿に宿泊したことがあった。ここは、二十年以上経っても、とても印象に残っている民宿。

というのは、車で民宿に着いた後、「さあ、どうぞどうぞ」とばかりに、部屋に案内された。民家の中にある狭い風呂に入った後、部屋で食事。料理が次々とテーブルの上に並べられ、ビールは何と大瓶のキリンビール。大瓶のビールが出てきたというのも珍しかった。

この民宿がもうひとつ特徴的だったのは、トイレが水洗式トイレではなく、昔ながらの汲み取り式トイレだったこと。私の実家もそうだが、昔からつづく民家は、みな汲み取り式のトイレだった。これが市町村の下水道事業が推進され、徐々に水洗式トイレに変わっていった。この時、すでに私の実家ですら、地元T町の下水道事業で水洗式トイレになっていたのに、京都市内にあるこの民宿が、まだ汲み取り式トイレだったので、「あれ、まだ汲み取り式トイレなの」と思ったくらい。

さらにこれには、オマケ話しがついた。私たちが部屋でビールをのみながら食事をしていた最中、何とこの民宿の主人が、汲み取り式トイレの糞尿の汲み取りをはじめたのである。これにより、汲み取り式トイレから糞尿のものすごいクサイ臭いが、食事をしていた部屋の中にまで立ちこめてきた。しかも主人の汲み取りが長時間にわたったため、食事をしていた部屋の中は、糞尿の悪臭で充満してきた。これではとてもビールや食事どころではない。二人で早々に部屋で寝たのだが、もちろん糞尿の悪臭が充満する中で寝ることになり、とてもゆっくり寝るどころではなかった。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■京都府1・京都1・「京都駅」1(西日本最大級のターミナル駅)

 

私はほぼ1年に1回、ないしは2年に1回くらいのペースで京都に行っている。もちろん主な目的は、仏教関連の寺跡調査だが、古都・京都には仏教寺院がそれこそ無数にあるばかりか、歴史史跡等も山のようにたくさんある。とてもじゃないが、1日や2日で全てを見学するなど不可能である。又、せっかく寺院に行っても、誰もいなかったり、充分な見学や調査ができないこともある。だから同一寺院を、何度も訪ねることだってある。

その京都へは、東京からは何十回と行っているが、実は実家のある北陸からも何度も行っている。東京から行く場合は東海道新幹線を利用することが一番多いが、自家用車を運転して東名・名神高速をかっ飛ばして行ったことも何度もある。上野駅入谷口、東京駅八重洲口から深夜バスを利用して行ったこともある。北陸から京都に行った時は、特急サンダーバード号(昔は特急雷鳥号)を利用したときと、自家用車で北陸道・名神高速をかっ飛ばしたときも何度かある。

新幹線、特急電車、深夜バスで京都に行くと、降り立つ所はJR京都駅。古都・京都のメインターミナルである。現在の京都駅の駅舎は、ものすごくモダンで立派な駅舎に生まれ変わっている。京都駅は、京都市街の南のはずれにあるが、駅のターミナルは北側と南側にある。北側は烏丸口。南側は八条口。烏丸口は主にバスターミナル、八条口は主にタクシー乗り場になっている。

東京から深夜バスで京都駅に着いたときも、烏丸口に停まりました。東京を24時ころ出た深夜バスは、京都駅に6時半ころ到着。運賃もなかなか手頃。かつて東海道線に「銀河」という寝台列車が走っていましたが、これも利用客が減少して廃止になった。単に運賃だけだと「銀河」も深夜バスもさほど変わらないのだが、「銀河」は運賃の他に特急券・寝台券を買わなくてはならないため、割高になった。

電車・深夜バスで京都に行き、さて京都市内を廻る交通手段として、京都駅烏丸口で1日乗車券を買ってバスを利用したことも何度もあった。たしかに1日バス乗車券は安いのだが、いかんせん、私は京都市内の路線バスがどうなっているのか、さっぱりわからない。だから例えば最初に京都御所に行き、次に金閣に行こうとすれば、どのバスにどうやって乗り継いで行っていいのか、さっぱりわからない。だからどうしたかというと、京都御所からバスで京都駅前に一旦もどり、それで京都駅烏丸口から金閣に向かうバスに乗ったという次第。さらに金閣から次の見学地に行く場合も同じ。だから1日バス乗車券を使って京都市内を廻ると、料金的には安いが、時間がえらくかかってしまう。「それじゃあ、京都御所に行ったのなら、その近くを見てまわればいいじゃないか」となるかもしれないが、そうすると、自分が行きたい寺院や旧跡に行けなくなる。だから京都市内の寺院巡りをするときは、京都駅近辺でレンタカーを借りるか、あるいはタクシーを乗り継いで寺院巡りになったこともかなりある。軽自動車をレンタカーで12時間借りても、ガソリン代や保険代、駐車料金を入れて8000円くらいかかってしまう。これだったら、タクシーを乗り継いだほうが安上がりになったケースが多々あった。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ