一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年11月に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

仏教寺院でいただいた御朱印

長野善光寺(13)~2016年春の長野善光寺初詣の時の御朱印

■長野善光寺13(2016年・初詣2)

 

2016年春の長野善光寺初詣の時の御朱印

 

例年、正月三が日に行っていた参拝を、4月に繰り延べて参拝した2016年の長野善光寺

「初詣」の時の御朱印である。

 

 18参拝御朱印1








































18参拝御朱印2






















18参拝御朱印3























 

長野善光寺(12)~「仏教宗学研究会・北陸支部」建設無事故祈願のお札を下附していただいた2016年・善光寺初詣

■長野善光寺12(2016年初詣)

 

□「仏教宗学研究会・北陸支部」建設無事故祈願のお札を下附していただいた2016年・善光寺初詣

 

2016年の善光寺初詣は、例年、正月三が日に行っていた参拝を、4月に繰り延べて参拝しました。2016年は、「仏教宗学研究会・北陸支部」の建設工事があり、20164月初旬、すでに上棟式(いわゆる棟上げ・むねあげ、建前・たてまえ、建舞・たてまい)が終わっていた。

「仏教宗学研究会・北陸支部」が入る建物は、「仏教宗学研究会」管理人が所有する土地であり、建物も「仏教宗学研究会」管理人名義の建物である。よってこの建物建築工事の工事施主も、「仏教宗学研究会」管理人である。

日本の風習では、上棟式は、神式ないしは仏式の儀式を行うのが通例だが、「仏教宗学研究会」管理人は無宗教でもあることから、宗教的儀式は一切なし。しかしながら、2016年の場合、善光寺初詣と「仏教宗学研究会・北陸支部」建設工事の時期が重なったため、善光寺・大勧進で、建設工事の無事故を祈祷。大勧進で下附していただいたお札を、「仏教宗学研究会・北陸支部」が入る「仏教宗学研究会」管理人名義の建物の一角に、大工さんに備えつけていただいた。建物そのものは、20167月に落成しているが、この時のお札は、今も建物の一角に備えつけられている。-----お札は、大工さんが備えつけたので、「仏教宗学研究会」管理人は、お札が建物のどの部分に備えつけられているのかは知らない。------

さて4月の参拝では、善光寺境内に参拝人はそんなに多くない。ただし、普段の平日の東京・池上本門寺ぐらいの参詣人が来ていたように思う。内陣参拝、お戒壇めぐりを済ませ、大勧進へ。

さすがに大勧進での護摩祈祷は、私一人だけであった。これが正月三が日だと、大勧進本堂に入りきれないくらいの参詣人がきて、一日何度も護摩祈祷が行われているところ。ちょっと寂しい気がした。しかし御朱印は、例年通り、いただいてきました。

善光寺4 



















(20164月参拝時の善光寺本堂)

 

善光寺2

















(20164月参拝時の善光寺山門)

 

大勧進1



















(20164月参拝時の善光寺大勧進)

 


 

4参拝御朱印1

 
















































(20164月参拝時の御朱印)

 

 

 

長野善光寺(9)~12年ぶりに参詣した2015年春の長野善光寺前立本尊・御開帳の時の御朱印

■長野善光寺9(2015年・御開帳2)

 

12年ぶりに参詣した2015年春の長野善光寺前立本尊・御開帳の時の御朱印

 

御朱印の受付も、長蛇の行列になっている。番号札を渡されての順番待ち。ここにも若い人が、大勢詰めかけている。これは、長蛇の行列に並び、さらに番号札までもらった末に、ようやくいただいた善光寺前立本尊・御開帳の時の御朱印である。

2015御開帳御朱印1

























2015御開帳御朱印2

























2015御開帳御朱印3

















































 

(2015年の善光寺御開帳の時の御朱印)

 

 

 

長野善光寺(7)~舞い上がる護摩の炎、迫力ある僧侶の叩く太鼓の音、迫力満点の善光寺本坊大勧進護摩祈祷

■長野善光寺7(2015年初詣3)

 

□舞い上がる護摩の炎、迫力ある僧侶の叩く太鼓の音、迫力満点の善光寺本坊大勧進護摩祈祷

 

長野・善光寺本堂に参拝した時は、必ず「お戒壇めぐり」をすることにしており、今回も、あの真っ暗な回廊の階段を降りていった。この「お戒壇めぐり」とは、本堂内々陣に蔵されている瑠璃壇(須弥壇)下に設けられている真っ暗な回廊を通り、極楽の錠前を探り当てて、善光寺如来と結縁するというもの。最初にこの「お戒壇めぐり」の真っ暗闇の回廊を手探りで歩いて行ったときは、何が何やら、さっぱりわからない。どこが極楽の錠前なのかもわからない。真っ暗な回廊を手探りで歩くだけで、せいいっぱいだった。ところが何度も善光寺本堂に参詣し、「お戒壇めぐり」をするうちに、だんだんと要領がよくなってきた。最初のころは、私は自分の肩や胸の高さのあたりを手探りしながら歩いていた。だが、これだと極楽の錠前を探り当てることはできない。そうではなく、腰の高さぐらいの所を手探りして歩いて行くと、極楽の錠前を探り当てることができる。「お戒壇めぐり」の入り口前には、昭和13(1938)6月、タイ国王室より寄贈された仏舎利(釈迦如来の遺骨)と釈迦如来像が祀られているお厨子がある。ただしこの時は、釈迦如来像は「修復中」ということで、厨子の中にはなかった。

さて2015年も、新年護摩祈祷をしてもらおうと、善光寺本堂の参拝ののち、大坊大勧進に参拝。善光寺は、天台宗と浄土宗の共同運営される無宗派の寺院。天台宗側の本坊が大勧進である。大勧進護摩堂前にはテントが張られていて、護摩祈祷の受付をしている。申し込みをする人でテントの中は大混雑。護摩祈祷も12時、13時、14時、15時と、1時間毎に行われている。今年も3000円で護摩祈祷を申し込み、ギリギリで12時の護摩祈祷に間に合った。護摩堂の中に入ってみると、参詣者は堂内の3分の2ぐらい座っている。12時に合わせて大勧進貫主が出仕。護摩が焚かれて約30分ぐらいの間、護摩祈祷が行われた。僧侶の読経の声、導師の祈祷、護摩の炎、僧侶が叩く太鼓の音…いかにも祈祷をしているという感じである。2014年の初詣護摩祈祷の時は、ものすごい火柱と火の粉が舞い上がり、火災報知器のベルが鳴ってしまうというハプニングがあった。が、2015年はそういうハプニングはなし。しかし堂内で拝観していると、護摩祈祷というのは、なかなか迫力がある。私個人的には、この善光寺大勧進の護摩祈祷が好きなのです。

祈祷中に、願主の名前と祈祷内容を僧侶が読み上げるのだが、参詣者が多く、これだけでかなり長い時間がかかった。護摩祈祷後、参詣者が護摩祈祷の煙を手で煽り、不動明王像前で参拝した後、別室でお札を受け取る。不動明王像前に賽銭入れが3つあったが、どれも百円玉や十円玉で山盛りになっている。中には、千円札が数枚入っているのが見えた。

大勧進7

















大勧進5

















 

(善光寺本坊大勧進)

 

 

続きを読む

成道山大樹寺(3)~大樹寺僧侶に墨書していただいた見事な『書の芸術』・大樹寺の御朱印

■成道山大樹寺3(御朱印)

 

□大樹寺僧侶に墨書していただいた見事な『書の芸術』・大樹寺の御朱印

 

大樹寺受付にて御朱印を墨書しているということでしたので、知恩院で購入した「集印帳」に御朱印をいただきました。これもなかなかの芸術的墨書でした。ここに写真にて公開しますので、大樹寺御朱印の芸術的墨書を御覧下さい。

大樹寺御朱印1 

 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ