仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

浄土宗・大樹寺

成道山大樹寺(3)~大樹寺僧侶に墨書していただいた見事な『書の芸術』・大樹寺の御朱印

■成道山大樹寺3(御朱印)

 

□大樹寺僧侶に墨書していただいた見事な『書の芸術』・大樹寺の御朱印

 

大樹寺受付にて御朱印を墨書しているということでしたので、知恩院で購入した「集印帳」に御朱印をいただきました。これもなかなかの芸術的墨書でした。ここに写真にて公開しますので、大樹寺御朱印の芸術的墨書を御覧下さい。

大樹寺御朱印1 

 

 

 

成道山大樹寺(2)~徳川幕府歴代将軍・初代家康から十四代家茂までの等身大の位牌が祀られている大樹寺2

■成道山大樹寺2(徳川幕府歴代将軍・等身大の位牌2)

 

□徳川家康の遺命「位牌は三河大樹寺に祀るべきこと」により大樹寺に祀られる歴代将軍位牌

 

大樹寺は古来から松平家・徳川将軍家の菩提寺で、1475(文明7)年、松平家4代親忠(徳川家康から5代前の先祖)が創建した寺院である。ここで言う松平家とは、徳川将軍家の分家の松平家ではなく、徳川将軍家の祖先の松平家のことである。大樹寺の本尊は阿弥陀如来像。平安時代末期の作と伝承し、光背に千仏を宿するところから、別名、一光千体仏ともいわれる。

開山は勢誉愚底。永禄3年(1560年)、織田信長と今川義元の桶狭間の戦いで今川軍は敗走。今川義元の人質になっていた松平元康(徳川家康)は大樹寺に逃げ帰り、先祖の墓前で自害しようとしたが、13代住職・登誉に「厭離穢土欣求浄土」(おんりえど ごんぐじょうど)—戦国乱世を住みよい浄土にするのがお前の役目と諭されて思い留まった。それから徳川家康は、「厭離穢土欣求浄土」の八文字を終世、座右の銘とした。又、この時、徳川家康を追う野武士団が大樹寺を取り囲んだが、寺僧の一人、祖洞が寺門のカンヌキを引き抜いて打って出て、阿修羅の如く戦い、敵陣を退散せしめたとの伝承がある。後に徳川家康は、このカンヌキを「貫木神」と命名し、今も大樹寺に格蔵されている。徳川家康一代の人生観の確立と一代の危機を救った大樹寺は、慶長7年(1602年) 勅願寺となる。そしてさらに徳川家康の遺命「位牌は三河大樹寺に祀るべきこと」により、徳川歴代将軍の等身大の位牌が安置されている。毎年417日には御神忌法要が営まれ法要が勤修される。

大樹寺本堂は1475(文明7)年、松平家4代親忠が勢誉愚底を開山として創建。安政2(1855)の火災で焼失。安政4(1857)に徳川十三代将軍家定が再建。本堂は間口十五間、奥行十三間の大伽藍。その本堂に隣接するように松平家歴代当主の廟所がある。松平家4代親忠は大樹寺創建の際に、先祖三代の墓を移祭し廟所を創建。元和3(1617)の徳川家康一周忌の時、徳川二代将軍秀忠が、先祖松平八代の廟所を再建した。

位牌堂は宝物殿とよばれ、松平家、徳川将軍家の等身大の位牌が祭られている。

大樹寺山門は、寛永18(1641)、徳川三代将軍家光の建立。楼上に後奈良天皇御宸筆「大樹寺」の勅額(重要文化財)を掲げている。尚、大樹寺境内から山門、総門を通して、門の真ん中に岡崎城が見える。このため、大樹寺から岡崎城の直線上にマンション等の高層建築物を建てることはできない。この景観の保護は岡崎市の条例でも定められている。

大樹寺6














































大樹寺9
















 

(大樹寺)

 

続きを読む

成道山大樹寺(1)~徳川幕府歴代将軍・初代家康から十四代家茂までの等身大の位牌が祀られている大樹寺

■成道山大樹寺1(徳川幕府歴代将軍・等身大の位牌1)

 

□初回の拝観で大石寺「板本尊」と中国伝来の位牌に関係があるのではと思った思い出の大樹寺

 

20142月、久しぶりに愛知県岡崎市の浄土宗寺院・大樹寺に行ってきました。正式には成道山松安院大樹寺と称する。この大樹寺という寺院は、徳川氏(松平氏)の菩提寺であり、松平家歴代当主の墓があり、徳川幕府歴代将軍(大樹公)・初代家康から十四代家茂までの等身大の位牌が祀られていることで有名。最初に大樹寺を知ったのは十年以上も前に、何かの本を読んで知った。井沢元彦氏のベストセラー・「逆説の日本史」にも、岡崎・大樹寺に徳川幕府歴代将軍の等身大の位牌が安置されていることが紹介されている。

歴代将軍の位牌を見てみようと、すぐに思い立って大樹寺に参詣。徳川幕府歴代将軍(大樹公)の巨大な等身大の位牌を拝観した。はじめて徳川歴代将軍の巨大な等身大の位牌を拝観した時、かなりの衝撃を受けた。もちろん、こんな巨大な位牌を拝観したのは、はじめてのこと。位牌そのものは、臨済宗・曹洞宗が中国から日本に伝来したことによって、位牌も中国から日本に伝来したものとは聞いていた。私は、日蓮正宗・冨士門流寺院によく見られる「板曼荼羅本尊」と、中国伝来の位牌に大きな関係があるのではないかと思ったのは、この時が最初である。

それから建仁寺、天龍寺、建長寺などの臨済宗寺院、永平寺、総持寺などの曹洞宗寺院を訪ね歩いた他、さまざまな本も読み、さまざまな関係者の方々からの話を伺った。そういう中で、永平寺や総持寺祖院で見た「板位牌」は、日蓮正宗・冨士門流寺院によく見られる「板曼荼羅本尊」とそっくりであった。法隆寺夢殿で数百年の長きにわたって絶対秘仏として眠っていた救世観音像が、古来から聖徳太子の等身大の像として法隆寺に伝承されていることがわかった。中国でも北魏で高宗文成帝が等身大の仏像を造らせた、ということがわかった。仏像を故人に見立てるというのは、位牌が日本に伝来する以前だったあったわけである。そして皇族、公家、武家等の将軍、高官位、位の高い人物の位牌は、等身大ないしは等身大に非常に近いくらい巨大に造立される慣習があることもわかった。こんな感じで、大樹寺に参拝してから、どんどん研究が深化していった。そういう意味で、私にとって大樹寺は、思い出深い寺院である。

初回の訪問の時も、何枚か写真を撮っていたのだが、その後、ここまで研究が深化するとは夢にも思っておらず、撮影したアナログ写真も、あまりいい写真ではない。そこで大樹寺を再訪して、参拝。徳川歴代将軍の等身大の位牌を再び拝観。御朱印ももらって、デジタルカメラで写真を撮影してきたという次第。初回拝観の時に、デジタル写真が撮れていなかったとか、いい写真が撮れなかったということで、再訪することは、よくあります。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ