仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

秘仏・絶対秘仏・秘仏の御開帳・出開帳拝観

長野善光寺(11)~仏教宗学研究会の書庫の中から発見された2003年の善光寺「御開帳」参詣の時の写真

■長野善光寺11(2003年・御開帳1)

 

□仏教宗学研究会の書庫の中から発見された2003年の善光寺「御開帳」参詣の時の写真

 

昨年、「仏教宗学研究会」の書棚・書庫に格蔵されている膨大な量の書籍・史料・写真等を整理していたら、2003年に長野善光寺「御開帳」に参詣した時の写真が発見されました。あの時も、新幹線を利用して長野に行った記憶があります。ホテルはどこに宿泊したのか、記憶がありませんし、メモも記録も日記も残っていません。彼の当時は、「mixi」も「GREE」もブログもやっていませんでしたし。もちろん、「仏教宗学研究会のブログ」の記事・投稿は、自分で筆記したメモ、記録、日記を元にして書いています。

2003御開帳2

















2003御開帳4



















2003御開帳3



















2003御開帳1



















長野駅32



















長野駅33




















 

 

長野善光寺(10)~少なくとも武田信玄・豊臣秀吉の時代に「実在」が衆目に確認されていた絶対秘仏・善光寺如来

■長野善光寺10(2015年・御開帳3)

 

□私があまり好きではない「十割そば」(十割そば粉でできたそば)の店が並んでいた善光寺の参道

 

「御開帳」の日の夜は、長野市の繁華街・権堂のスナックに入る。私が宿泊したホテルの入り口カウンターに、「長野ナイトマップ」という名の小冊子があり、長野駅前から繁華街・権堂のスナック、ラウンジ、パブ、バー、居酒屋等々が載っていて、どういう店なのか、だいたいの予算はどれくらいなのか、等が一目でわかるようになっている。スナックに入っていくと、「ホテルに泊まっているんですか」「御開帳ですか」と声をかけられる。宿泊客であることが、一目でわかるらしい。

「一見さん(いちげんさん)は、だいたいホテルに泊まっている人なんですよ」…とスナックのママは言う。一見さん(いちげんさん)は、あるお店に何らの面識なく、初めて訪れた人のことである。

長野駅前、権堂界隈のスナックは、東京都内のスナックに比べて、安価で良心的、かつ利用しやすい店が多い。もっとも、高価なコニャックとか、スコッチとかをボトルキープすれば別だが、ビールを飲んで、つまみを食べて、カラオケをやって、5000円以内でおさまる店が多い。

その権堂の某スナックに入ったときのこと。そのスナックの客の中に、なかなか遊び上手な中年男性がいた。その男性、全国各地を旅して遊んだらしく、全国各地の特産品やら名物料理やら美味しい郷土料理やらホテルやらに、やたらと詳しい。私も全国各地を旅して歩き、いろいろな料理を食べたり、いろいろな所に宿泊したので、その男性と、遊び談義に話しの花が咲いた。そしてそ「遊び談義」が、そばの話しに。長野といえば「信州そば」「戸隠そば」が有名。戸隠(とがくし)そばとは、一般には、長野県長野市戸隠(旧戸隠村)の蕎麦をさす。岩手県のわんこそば、島根県の出雲そばと共に、日本三大そばの一つとされる。善光寺門前付近には、「十割そば」の店がたくさんある。十割そばとは、そば粉だけで打つ蕎麦で「つなぎ」を使っていない蕎麦のこと。そばを打つときは、「つなぎ」を入れるが、つなぎが無くて、そば粉だけが十割だというそばを強調する意味で「十割そば」という。つなぎとは小麦粉のことで、小麦粉に含まれているグルテンがつなぎの役目をする。基本的に蕎麦は十割では「つながらない」。そばには、本来つながるための成分が含まれていない。粉どうしをつながらせるためには、グルテンなど粘着力がある、「つなぎ」成分が必要。そこで、蕎麦にはつなぎ(小麦粉)を入れるのが主流になっている。つなぎ0なら蕎麦が十割なので、十割そば。つなぎ2割なら二八そば、つなぎ1割なら九割そば、という。おおまかな割合の目安になる。ところが、私は「十割そば」が、あまり口にあわない。小麦粉が混ざった「二八そば」のほうが口に合う。そうすると、遊び上手の男性や、スナックのママさんから「長野駅ビルMIDORI」に入っている、そば店は美味しいですよ、との推薦を受けた。翌日、ご推薦のそば店に入ってみたが、確かにこの店のそばは、小麦粉が混ざった「二八そば」系であった。

 

続きを読む

長野善光寺(8)~2003年の御開帳以来、12年ぶりに参詣した2015年春の長野善光寺前立本尊・御開帳

■長野善光寺8(2015年・御開帳)

 

2003年の御開帳以来、12年ぶりに参詣した2015年春の長野善光寺前立本尊・御開帳

 

2015421日~23日の日程で、長野・善光寺2015年前立本尊御開帳に参詣した。今回も北陸新幹線・あさま号で長野へ。前回11日の初詣の時は、314日の金沢延伸開業以前であり、名称も「長野新幹線」だが、今回は「北陸新幹線」。かがやき号で行けば、東京から長野までは約1時間20分ぐらいで着いてしまうのだが、まあ特に急いで行く必要がなく、北陸新幹線になってから、長野は終着駅ではなく、途中駅になったため、車内で寝てしまって、長野駅を通過してしまうという事態も避けたい。というわけで、東京発・長野行きの「あさま」号に乗車。この列車、各駅停車なので、何と東京から長野まで1時間50分くらい、かかってしまった。長野駅に着いてみると、「御開帳」一色。長野市内や駅周辺には、「善光寺御開帳」のポスターが所々に貼られていたし、長野駅のコンコースには、「歓迎 善光寺御開帳」の横断幕が吊されていた。

長野1

















御開帳1

















 

(長野駅のコンコースに吊されていた「歓迎 善光寺御開帳」の横断幕)


御開帳10





















































(長野市内の所々に貼られていた「善光寺御開帳」のポスター)



さて前日まで関東甲信越地方は雨で、天気が心配だったが、当日、雨はあがり、長野市内も晴れていた。今回も私は一週間前に、JTBのビジネスパック(出張応援価)で、東京・長野の往復新幹線乗車券・特急券と2泊分のホテル宿泊券を予約。長野駅前のホテルで2泊する。このホテル、大浴場が9階にあり、長野駅から市内を見下ろせる展望風呂になっている。こういう風呂は、かつて九州旅行をしたときに、鹿児島のホテルで入った記憶がある。

翌朝、私は長野駅前からタクシーに乗って善光寺へ。善光寺御開帳に来るのは、2003年の御開帳以来、12年ぶりのこと。善光寺山門には「祝善光寺御開帳」の文字が見える。また、善光寺門前には「前立本尊御開帳」「前立本尊遷座式」を伝える木製の立て札が立てられている。


2015-2



















 

(善光寺山門に見える「祝善光寺御開帳」の文字)


御開帳5






















































(善光寺門前の「前立本尊御開帳」の木製立て札)


2015-4




















































 

(善光寺門前の「前立本尊遷座式」の木製立て札)




そして善光寺本堂前には、巨大な回向柱が建てられている。これは前立本尊御開帳の象徴のようなものです。参詣の人たちが、回向柱を手で触っている。私も回向柱を手で触ってきました。


2015-6


















2015-7



















































 

(善光寺本堂前の巨大な回向柱)

 

 





続きを読む

長野善光寺(6)~普段の本堂の朝時(朝の勤行)や法要でも拝することができない絶対秘仏・善光寺如来

■長野善光寺6(2015年初詣2)

 

□普段の本堂の朝時(朝の勤行)や法要でも拝することができない絶対秘仏・善光寺如来

 

午前中から善光寺境内は、ものすごい人出の大混雑ぶり。そして午前中から、善光寺本堂へはロープ規制になるほどの、ものすごい数の参詣者がいて、今か今かと入場を待っている。ロープ規制で、入場待ちをしている中、善光寺大本願の善光寺上人が赤い番傘の下をしずしずと本堂に出仕。大本願の上人は、尼僧である。

さて私は、本堂に入ったあと、外陣で参拝した後、内陣参拝券を買って内陣に参拝。外陣は立ったまま参拝するが、内陣は畳が敷かれていて、座って参拝する。すでに内陣に多くの参詣人が座っていて、午前11時の修正会が内々陣ではじまった。内々陣とは、内陣の奥にある僧侶席。善光寺の僧侶がゾロゾロと内々陣に出仕。最後に善光寺上人が出仕して修正会が奉修される。

別に法要の時刻にあわせて善光寺に足を運んだわけではないが、たまたま私が善光寺本堂に着いた時刻と、修正会の時刻が合致した。私もいろいろ仏教寺院を訪ね歩いているが、私が寺院に到着して後、法要がはじまって、後ろの席にひょっこり座って法要の一部始終を見聞したことは、何度もあった。今回も、このパターンである。

さて本堂内々陣の修正会のとき、内々陣の須弥壇の金襴の緞帳(どんちょう)が上がった。普段は、内々陣の緞帳は降りていて、朝時や法要が行われる時のみに、緞帳が上げられる。しかしながら緞帳が上がっても、拝観できるのは善光寺如来が蔵されているとされる宮殿(くでん)だけ。善光寺如来は、絶対秘仏であるため、拝することはできない。

一光三尊阿弥陀如来の名で知られる善光寺如来は、欽明天皇13(552)、朝鮮・百済国より日本に渡来。皇極天皇元年(642)に、信濃国水内郡、今の長野市に移る。孝徳天皇・白雉5年(654)、堂宇を勧請。これ以来、江戸時代の元禄13(1700)までの間、本堂は11回の火災で焼失。現在の本堂は、善光寺別当大勧進住職73世慶運大僧正が全国各地を行脚し、出開帳をするなどして募金を得。元禄16(1703)に着工。約5年の歳月を経て宝永4(1707)に落慶したもの。2015年で築308年になる。本堂は昭和28(1953)に国宝に指定されている。

本堂の須弥壇の中には、3基の灯籠があり、これは1300年不滅の常灯明とされ、永代不滅の常灯明(御三灯)とされる。これも須弥壇の緞帳が上がらないと、観ることが出来ない。

善光寺の「永代不滅の常灯明」も、比叡山延暦寺の「不滅の法灯」と、なんとなく似ている気がする。比叡山延暦寺の「不滅の法灯」は、開祖・伝教大師最澄の時代から灯明が消えていないと言うが、実際は、元亀2年(1571)の織田信長の比叡山焼き討ちで消えており、今の比叡山延暦寺・根本中堂の「不滅の法灯」は、織田信長の焼き討ち以前に、延暦寺の「不滅の法灯」から分灯した東北・立石寺の法灯から分灯したものである。これは、比叡山延暦寺が発行する正式文献に載っている史実である。

善光寺の場合も、火災や戦災に何度も遭遇しているわけだから、本当に常灯明が「永代不滅」なのかどうかは、研究の余地があると思う。

善光寺23






















 

(参詣者で大混雑している善光寺本堂前)

 

 

続きを読む

諸宗山回向院(2)~2013年春、東京両国・回向院で75年ぶりに行われた善光寺出開帳2

■諸宗山回向院2(善光寺出開帳2)

 

2013427日~519日、東京両国・回向院で75年ぶりに行われた善光寺出開帳2

 

念仏堂は、先行参拝券を買いに行ったときは、まだ工事中でしたが、出開帳初日には、しっかり完成・新築になっていました。出開帳・お戒壇巡りの後は、念仏堂の最上階に登って、東北各地寺院の仏像を拝観。今回の出開帳は「東日本大震災復興支援」となっており、被災地の寺院から仏像が下向していた他、善光寺の文化財も出品されていた。念仏堂拝観の後は、本堂に参拝。ここは、お賽銭箱の前に焼香台があり、焼香。

本堂参拝後は、本堂ロビーに祀られていた「びんずる尊者」像に参拝。「びんずる尊者」像とは、今回、初めて善光寺本堂を離れて回向院に下向。「びんずる尊者」像は「撫仏」(なでほとけ)と言われ、病人が自らの患部と同じところを触れることで、その神通力にあやかり治癒するという信仰があるという。「撫仏」の「撫」とは「撫()でる」という意味。賓頭盧(びんずる)尊者とは釈迦如来の十六羅漢の一人で神通力(超能力に近い力)がとても強い人だったと伝承されている。病人が自分の患部と同じところを撫でると病気が治るという信仰があり、善光寺本堂では、いつもたくさんの人が賓頭盧尊者像を触っている。今回、回向院では、びんずる尊者像には、白色のサラシが巻かれていて復幸しゃもじで触るということだったが、私は手でサラシの上から触ってみました。びんずる尊者像は、木像であるが、手で触った感触としては、銅像のような感触。一見して、びんずる尊者像の表情・木像は、真言宗の入定即身仏と、どことなく似ている感じがする。

私としては「びんずる尊者像を触ると病気が治癒する」という話を聞くと、あまりいい気持ちがしない。なんとなく日蓮正宗や創価学会の信者が言う「この信心をすれば病気が治る」等々の非常識な折伏を思い出してしまう。もっともびんずる尊者信仰が非常識だとか言っているのではない。永年の庶民信仰から生まれた「びんずる尊者信仰」に、ケチをつける気など全くない。

宗教とは心の問題とか、心のケアの問題とか言われますが、少なくとも血脈があるとかないとか、「戒壇の大本尊」を拝んだからお金持ちになれるとか、ガンが治るとか、そういうことが宗教の本義ではない。たしかに科学や医療、医学が発達していなかった上古の昔、近代化以前の昔は、人が重い病から回復しようとして宗教にすがった時代があったのかもしれない。あるいは貧困、疫病、戦争、飢饉等に苦しんだ人たちが、宗教にすがった時代があったのかもしれない。しかしそれは、そういう時代だった、人がそうせざるをえなかった時代だったということではないのだろうか。

しかし産業革命等を経て近代に入り、日本でも19世紀以降、人々の生活は近代化され、一般大衆が病気治癒のため、貧困、疫病、飢饉等に苦しむ人が宗教にすがる時代は終焉を迎えたのではないだろうか。宗教にすがる時代は終焉したが、しかし心の問題を始め、科学や医療、学問でも解決できない問題があることは事実で、今の宗教は、近代化以前の昔とはちがった形、違った役目を負っているのではないだろうか。

出開帳9 











(善光寺出開帳が行われた東京両国・回向院)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ