仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

旅紀行・北関東

日光山輪王寺・東照宮(1)~新宿・池袋から乗り換えなしの直通で行けるようになった日光山輪王寺・東照宮

■日光山輪王寺・東照宮1(乗り換えなしの直通・外国人観光客)

 

1990年に世界文化遺産に登録されて外国人観光客が大幅に増えた日光山輪王寺・東照宮

 

日光山とは、輪王寺、東照宮、大猷院、二荒山神社等、日本で十番目に世界遺産に登録された21寺、国宝9棟、重要文化財94棟を含む建造物一帯をさす。21寺とは輪王寺、東照宮、二荒山神社で、現在は21寺で別々になっているが、明治維新以前は「神仏習合」で「日光山」として一体であった。今の堂宇が大規模整備された江戸時代、「神仏習合」の地であったため、今でも21寺のはっきりとした境界線はなく、輪王寺所管の堂宇は山内一円に散在している。

日光山の創建は766(天平神護2)年までさかのぼり、勝道上人が輪王寺の前身である四本龍寺を建立したのが、はじまり。勝道上人は二荒山神社本宮を建立。平安時代に二荒山と改称。朝廷から一山の名前として満願寺の名を授かる。後に円仁の来山で天台宗になる。鎌倉時代に天皇家から門跡を招く皇族座主の制度がはじまった。かくして日光山は神仏習合の一大霊地になった。

江戸時代、徳川家康、秀忠、家光の三代将軍に仕えた天海大僧正が座主になり、日光東照宮を造営した。1617(元和3)年、徳川幕府2代将軍秀忠が、家康の遺言により、徳川家康・「東照大権現」を祭神として創建したもの。そして家康を深く尊敬していた徳川3代将軍家光が、莫大な費用と時間をかけて大改築を行った。いわゆる「寛永の大造営」で、現在の豪華絢爛な日光東照宮が生まれた。江戸時代には、皇族法親王の輪王寺宮が天台座主として、比叡山延暦寺、東叡山寛永寺、日光山の貫首を兼任。天台宗三山になる。

東照宮の建物には、驚くほどの細密な彫刻、漆、金箔が使われ、まさに豪華絢爛そのもの。権力者が漆、金箔を貼りめぐらせた建造物としては、日光東照宮の他、平泉中尊寺金色堂、宇治平等院鳳凰堂といったものがある。いずれも権力者が威信をかけて造営したものだから、いずれも豪華絢爛な建造物である。神仏習合だったためか、神社建築と寺院建築が混在したような建物になっていて、漆、金箔を貼りめぐらせた堂宇はすごいの一言ですが、数百年の歳月が経過しているせいか、漆、金箔が色あせてしまって見える。

明治維新の神仏分離令によって、一時、名前が満願寺になったが、1883(明治16)年に寺号復活が許されて輪王寺になる。慈眼堂の境内の一角には歴代法親王の墓所がある。

私は今まで何度か日光東照宮・輪王寺に行っているのですが、いずれも東武特急で行っている。東武特急も昔と比べて、ずいぶん様変わりしたと思う。東武日光線が東武スカイツリーラインと改名。すつては東武線内だけを走っていた東武特急スペーシアの一部が東武日光~JR新宿を走行。新宿~栗橋はJR線内を走る。かくして昔の通り東武線内だけを走る東武特急とJR線・東武線を走る東武特急の二本立てになっている。

 

続きを読む

佐野妙顕寺(2)~斉藤日軌貫首猊下から佐野妙顕寺庫裡の応接間の座敷に通される

■佐野妙顕寺2(猊下から庫裡の応接間の座敷に通される)

 

□斉藤日軌貫首猊下から佐野妙顕寺庫裡の応接間の座敷に通される

 

佐野市とは栃木県南西部に位置する市で、一説によれば、日本列島の中心に位置しているとも言われている都市。関東近県にある都市ですが、東京から行くと、かなり遠く感じました。

まず東京地下鉄を乗り継いで北千住駅へ。ここで東武特急りょうもう号に乗車。東武伊勢崎線・館林駅で、東武佐野線の各駅停車に乗り換え。ところが特急と各駅停車がぜんぜん時間的に接続しておらず、約30分くらい、ホームで待たされてしまう。

東武佐野線の電車に乗って佐野駅で下車。佐野妙顕寺へは佐野駅から徒歩1520分くらいと書いてありましたが、方向が全くわからず、佐野駅前からタクシーに乗って佐野妙顕寺へ。タクシーで56分くらいで着きました。

佐野妙顕寺に到着後、本堂前にて拝礼した後、「天目上人御墓所」と書かれた大きな看板が目に入ったので、そっちへ。佐野妙顕寺に来た目的のひとつが、大石寺の偽書「本尊七箇相承」に書いてある天目命名の真偽を確かめる、ということがあったので、天目墓所に何かヒントがあるのではないかと思い、墓所後方にあった案内板の記述を読んでみました。

案内板の記述には、天目の生い立ちについては書かれていたが、命名の謂われについての記述はなし。しかしこの案内板の記述、私が一見しただけでも、「熱原甚四郎」「永仁二年、時の将軍足利義教より寺領三百石を寄進され…」等の誤った記述が見られる。「熱原甚四郎」は熱原神四郎の間違い。「永仁二年」は、1432年(永享4年)の間違いだと思われる。

これは、どうも天目命名の謂われは、貫首猊下に聞くしかないかな、と思い、天目墓所から庫裡受付へ行ってみることにした。

境内に目を遣ると、数人の僧侶が私のほうを注目しているのが見えました。

私が庫裡に入ろうとすると、庫裡の入り口は何と自動ドア。私がドアに近づくと、開き戸が一気に両側に開いたので、私のほうがビックリ。庫裡の玄関ドアが自動ドアというのも、珍しいのではないだろうか。

庫裡の玄関の中には受付があり、若い僧侶と寺族の女性がおり、私が「昨日、電話をした者です」と告げると、「あーあー」という感じ。受付にて斉藤日軌貫首猊下の著書「日蓮宗の戒壇-その現代的意義」を購入。早速、若い僧侶に、日蓮宗の戒壇についての見解等を尋ねると「今、貫首を呼んでまいります」と言って外へ。しばらく待っていると、外から斉藤日軌貫首猊下が若い僧侶と中に入ってきました。

斉藤日軌猊下は、ずいぶん体格の大きな人で、身長も私より高い。私も体格が大きいと言われることがあるのですが、斉藤日軌猊下は、私よりもひとまわり体格が大きな人。私は佐野妙顕寺に来た目的を説明すると、猊下から「あなたは、誰なのか」との質問。そこで来訪先で見せている「アンチ日蓮正宗」の名刺を手渡す。佐野妙顕寺に行ったのは、「アンチ日蓮正宗」をブログ化する前で、「仏教宗学研究会」ブログもなかったころのこと。

妙顕寺5 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ