仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

旅紀行・長野・新潟

長野善光寺(5)~北陸新幹線・金沢開業以前にJR東日本の新型車両E7系に乗車した2015年善光寺初詣

■長野善光寺5(2015年初詣)

 

□北陸新幹線・金沢開業以前にJR東日本の新型車両E7系に乗車した2015年善光寺初詣

 

2015年の初詣は、2014年と同じ長野・善光寺。2014年は、15日に長野に行ったのだったが、今回は1231日の夕方、東京駅から長野新幹線・あさま号に乗って出発した。この当時は、北陸新幹線・金沢延伸開業以前のことであり、名称は「長野新幹線」だった。東京駅構内は、旅行カバンやキャリーバッグを持った人が大勢いて、大混雑。私は一週間前に、JTBのビジネスパック(出張応援価)で、長野往復新幹線の乗車券・特急券と2泊分のホテル宿泊券を予約していたのだが、当日の混雑状況がどうしても気になる。そこで東京駅新幹線乗り換え改札前にある「みどりの窓口」の電光板を見ると、東海道新幹線のひかり号・こだま号は全て×で満席。東北新幹線は、やまびこ、はやぶさ、はやて、こまち、つばさ号が軒並み×で満席。上越新幹線は、MAXとき号が、軒並み×で満席。ところが長野新幹線は、×印はひとつもなく、全て○印。かなり空席が残っている様子。これは、北陸新幹線・金沢開業後は、有り得ない話しで、年末になれば、東京~金沢のかがやき、はくたか号は、軒並み×印になっている。こういう情況を鑑みると、やはり北陸新幹線・金沢開業によって、乗客は大幅に増加したのは、なんとなくわかる。北陸新幹線・金沢開業以前のときに、東京から富山・金沢に行く人で、長野新幹線を使っていた人は皆無。上越新幹線の越後湯沢駅で、在来線特急・はくたか号に乗り継いでいた。JR東日本・東京駅の新幹線ホームは、年末ということもあり、東北・上越・長野新幹線は、臨時列車を増発していて、ホームにはひっきりなしに新幹線電車が入線してくる。そしてホームには、溢れんばかりの乗客が、自分が乗る新幹線列車の入線を待っている。私が乗車した長野新幹線・あさま号は、JR東日本の新型車両E7系。これは2015314日に北陸新幹線・金沢延伸開業に併せてJR東日本が新たに製造した新型車両。北陸新幹線は、金沢~上越妙高がJR西日本。上越妙高~長野~東京がJR東日本になるが、JR西日本の新型車両がW7系。E7系もW7系も車両は全く同じ形で、所属がJR東日本とJR西日本に分かれているだけである。しかしながら、W7系の営業運転は、2015314日の北陸新幹線・金沢延伸開業以降だが、E7系はすでに2014年後半から東京~長野で営業運転をしていた。というわけで、私は北陸新幹線の開業を前にして、一足先にJR東日本の新型車両E7系に乗車したというわけである。E7系は全て12両編成で、普通車10両、グリーン車1両、グランクラス1両。私は普通車指定席に乗車。東京を出てから、上野、大宮と停車して、どんどん乗客が乗ってきたが、普通車指定席は80%ぐらいの乗車率。意外と空席が残っていた。東京から長野までの所要時間は、約1時間半くらい。このとき、JR長野駅に降りたのは約1年ぶりだった。長野駅善光寺口は工事中。長野駅前から乗車したタクシーの運転手の話では、314日の北陸新幹線開業にちなんだ駅前整備工事で、314には完成しているとの話しであった。長野新幹線の終着駅として、長野駅を利用するのは、2015年の善光寺初詣が最後になる。長野駅の新幹線改札の電光板も、富山・金沢方面が「調整中」になっている。次回の「御開帳」や初詣で長野駅に来るときは、当然のことながら、北陸新幹線・長野駅になっている。富山・金沢方面の電光板にも、しっかり列車名・行き先が明示される。

長野駅26
















 

(北陸新幹線開業以前の長野駅新幹線改札の電光板「富山・金沢方面」は調整中)


長野4
















 

(北陸新幹線開業以後の長野駅新幹線改札の電光板「富山・金沢方面」に列車名・行き先が明示されている)

 

 

続きを読む

長野善光寺(1)~マイナス5度の厳寒の長野市内の街中を歩いて参詣した2014年・善光寺初詣

■長野善光寺1(2014年初詣)

 

□マイナス5度の厳寒の長野市内の街中を歩いて参詣した2014年・善光寺初詣

 

2014年の初詣は、長野・善光寺に行ってきました。善光寺に行ったのは2003年の御開帳以来のこと。久しぶりに荘厳な善光寺の雰囲気を肌で感じることができた、私にとってはまことに有意義な初詣になった。今回は、東京駅1924分発の長野新幹線「あさま号」に乗って長野へ。21時かぎに長野駅に到着。長野市内のビジネスホテルに宿泊。東京からは長野新幹線「あさま号」を利用すれば、約1時間3040分前後で長野駅に到着する。長野新幹線は、もともとは北陸新幹線の一部区間で、2015年春には、長野から金沢が開通し、いよいよ「北陸新幹線」としてスタートすることが決まっている。長野新幹線開業以前は、JR信越線経由で在来線特急あさま号が上野~直江津、在来線特急白山号が上野~金沢を運行していた。名古屋方面からは、昔も今もかわらず、中央西線、篠ノ井線経由で在来線特急しなの号が長野駅に乗り入れている。

長野には空港がないため、長野市に行くには電車、バスを利用するか、ないしは自分で車を運転して行くしかない。善光寺の最寄り駅は、新幹線や特急が停車する長野駅で、しかも長野駅から徒歩で行ける距離にあるので、割とアクセスは便利だと思う。ただし長野新幹線の開業で、上野~直江津を走る在来線特急あさま号が廃止になり、新潟・富山・金沢方面から長野への交通が不便になってしまった。がしかしこれも2015年春の北陸新幹線の開業で不便さも解消するものと思われる。長野駅も、長野新幹線開業によって、駅舎が新築され、ずいぶんモダンな駅舎になった。

長野新幹線「あさま号」が関東平野を走り抜け、高崎駅を過ぎた所で上越新幹線と分岐。碓氷峠のトンネルを抜けると長野県に入る。長野駅新幹線ホームに降り立つと、寒さに思わず身が震えてしまう。夜21時の長野市の気温は、マイナス2度。寒いですね。しかし長野市内にほとんど積雪はない。雪無しの状態で気温が低いのである。翌朝の気温はもっと低く、何とマイナス5度。思わず「寒いなあ」と言うと、ホテルマンは「長野で、これくらいの気温は、当たり前ですよ」と言う。

東京でマイナス5度まで気温が下がったことは、私の記憶の中にはない。マイナス2度になったら、それこそ「異常低温だ」「寒波到来だ」と大騒ぎになるだろう。

朝は、ホテルのレストランで、バイキング式の朝食。ホテルから善光寺までは、徒歩で参詣しました。長野駅周辺から善光寺までは、歩いて行ける距離にある。長野市という街自体が、古刹寺院・善光寺の門前街と言うことができる。しかし気温はマイナス5度。吐く息が白い。寒さに震えながら、足早に善光寺へ歩いて行った。

善光寺大門から三門の間には、「仲見世」と呼ばれる売店街がある他、長野駅から善光寺に行く表参道の両脇にも、参拝客をあてこんだ飲食店や商店が建ち並ぶ。仲見世や表参道で目立つのは、手打ちそば店。長野は信州そばの本場ということもあり、そば店が軒を並べている。

正月初詣客が多い時期には、参道にテキ屋の露店も軒を並べる。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ