■正倉院展1(63回正倉院展を見学1)

 

20111112日に父と二人で奈良国立博物館の第63回正倉院展の見学に行き、mixiボイスでつぶやきを書いたところ、たくさんの方からイイネをいただきましたのと、この正倉院展の具体的な内容について、いくつかの質問・問い合わせをいただきました。それで、正倉院展見学に行ったときのことを書こうと思います。

正倉院展2

 

東大寺・正倉院に収蔵されている宝物は通常時、非公開。正倉院そのものは東大寺の境内にあるが、正倉院の管理は宮内庁が行っており、正倉院の中に一般は入れず、もちろん、見学もできない。その正倉院展に収蔵されている宝物が毎年、年1回、奈良国立博物館で一般公開される。

しかし管理する宮内庁が整理済みの正倉院宝物だけで約9000点に上るが、このうち正倉院展で公開される宝物の品目は毎年変更され約70点のみであるとのこと。

フリー百科事典・Wikipediaによれば、正倉院宝物が一般公開される最初は、1875年~1880年、毎年開催された奈良博覧会の一環として、東大寺大仏殿回廊で、一部が一般に公開されたことだという。1889年~1940年には、正倉院の曝涼(宝物の「虫干し」のこと)の際に、限られた人々に拝観を許していたのが、正倉院展のはじまりと言われている。

「正倉院」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%80%89%E9%99%A2

 

正倉院展という催しは毎年、奈良国立博物館で行われているが、第63回正倉院展は20111029()1114()まで無休で開催され、私は1112()に行ってきました。今回の最大の見所は、14年ぶりに出展されたという「蘭奢待」(らんじゃたい)です。

蘭奢待とは香木の一種で、正式名称は黄熟香(おうじゅくこう)。「蘭奢待」という名は、その文字の中に"東・大・寺"の名を隠した雅名です。

これは元々、東南アジアで産出される沈香と呼ばれる高級香木で、日本には9世紀頃に中国より伝えられたとされる説が有力。一説には『日本書紀』や聖徳太子伝暦の推古天皇3年記述を云う説もあります。

普段は、奈良市の正倉院・中倉薬物棚に納められており、これまで足利義満、足利義教、足利義政、土岐頼武、織田信長、明治天皇らが切り取って、この高木の香りを楽しんだと伝えられており、古くから日本の権力者にとても重宝がられた香木として有名。

足利義政、織田信長、明治天皇が切り取った跡には、紙箋がありますが、学者の研究によれば、もっとたくさんの人物によって、数百箇所以上、切り取られているといいます。

蘭奢待2
 

続きを読む