一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

Category:仏教と日本伝統文化・仏教文化 > 法主・貫首相承・伝灯承継

■真宗・興正寺2(次代門主に華園真慶氏)

 

□浄土真宗興正派興正寺次代門主(新門)に現・華園真暢門主の長女・真慶氏に正式決定

 

アメリカでは、大統領選挙・共和党候補者・ドナルド・トランプ氏の女性蔑視発言が問題視される中、日本の仏教界で、こんなニュースが飛び込んで来た。

「真宗興正派、門主の長女が後継者就任へ

真宗興正派(本山・興正寺、京都市下京区)は(10)12日、華園真暢(しんちょう)門主(59)の長女・沙弥香(さやか)さん(22)=法名・真慶(しんきょう)=が来年(2017)4月1日、門主後継者である「嗣法(しほう)」に就任することを明らかにした。沙弥香さんは継承順位1位だったが、正式に門主を継承する立場に就く。この2年半の間に、京都市内に本山を置く浄土真宗の四つの宗派全てで、世襲制のトップの代替わりや後継者選びが完了したことになる。この日開催された興正派の最高議決機関の宗会で、龍村豊雄(ほうゆう)宗務総長(74)が、9月7日に開催された法灯(ほうとう)伝承委員会で沙弥香さんを嗣法に選定したと述べた。就任時期は来春に東京都内の大学を卒業するのに合わせたという。嗣法は「新門」とも呼ばれる。2001年4月に就任した真暢門主の子は沙弥香さんのみ。宗派の以前の規則では、男子以外は門主になることができなかったため、同年に女性が門主に就任できるよう、規則を変更していた。浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)では20146月に、光真(こうしん)氏(71)から長男光淳(こうじゅん)氏(39)に門主の座が譲られた。一方で、「ご隣山」の東本願寺(真宗大谷派本山)では、「お東紛争」で直系の男子4人のうち3人が宗派を離脱。18年間の後継者不在を経て、ようやく20144月に大谷暢顕(ちょうけん)門首(86)のいとこ暢裕(ちょうゆう)氏(65)を門首後継者に選定した。真宗仏光寺派(本山・仏光寺)では、続いて門主を務めた兄弟がいずれも退任し、20109月に兄弟の母・渋谷恵照(えしょう)氏(91)が門主に就任した。今年(2016)11月に、恵照門主の孫・覚(さとし)氏(36)が門主後継者の「新門」に就任する。」

(ヤフージャパンニュースより)


「真宗興正派の門主後継者に女子大学生…来年就任

真宗興正派(本山・興正寺、京都市下京区)の門主後継者「嗣法」に、華園真暢門主(59)の長女で、日本獣医生命科学大4年の沙弥香さん(22)が就くことが決まった。10月12日の宗会で龍村豊雄宗務総長が明らかにした。同派では、嗣法の選考順位を門主の長男、長男の子と定めていたが、華園門主には沙弥香さんしか子どもがおらず、2001年に女性も就けるように宗規を改正。沙弥香さんは02年に得度し、重要な法要に出仕するなどして準備を進めていた。大学卒業後の来年4月に正式に就任し、その後、嗣法就任式を行う予定。同派によると、仏光寺と称していた南北朝時代に女性が住職になったことがあるが、以降は男子が継承してきた。同派は1876年に浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)から独立。全国に約500の所属寺院があり、門信徒数は約3万5000人。」(The Yomiuri Shimbunニュースより)

次代門主に華園真慶氏 





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■真宗木辺派・錦織寺3(真宗教団連合・十派のちがい)

 

□本尊・教義は同じで歴史・御影堂の読み方・正信偈読誦の和音に違いがある浄土真宗十派

 

浄土真宗が十派に分かれているが、本尊、教義、化儀に違いはあるのか、ないのか。部外者から見ると、そこの所がわかりにくく見える。錦織寺は真宗木辺派の本山で、境内に宗務庁があるので、そこの職員に質問してみようと宗務庁を訪ねた。話しをいろいろと聞くよりも、錦織寺が公式に出版している書籍があれば手っ取り早い。そこで宗務庁の職員に「錦織寺が公式に出版している本はありませんか」と尋ねると、「ありますよ」との返事。それで職員があっちこっちの書棚を探したのだが、一般向けに出しているという書籍がなかなか見つからない。見つからないので、代わりに錦織寺が出している小冊子とパンフをもらった。そこで宗務庁の職員に質問してみることにした。

----浄土真宗十派の本尊、教義、化儀はどこがちがうのですか

「いいえ、十派にちがいはありません。同じですよ。ちがっていたら大変です」

----では十派に、全く違いはないのですか。ちがいがないのなら、どうして十派に分かれているのですか。

「んー、まあ、ちがいといえば、歴史がちがうとか、政治的にちがうとか、あるいは『御影堂』を『みえいどう』と読むのか、『ごえいどう』と読むのか、といった違いでしょうかねえ。あとは、正信偈を読むフシがちがいます」

----和音のことですね。

「そうです。正信偈を読むときは、フシをつけて読むんですね。いわば、これは音楽です。このフシが本願寺派(西本願寺)や大谷派(東本願寺)とは、ちがうんです」

----本願寺派(西本願寺)や大谷派(東本願寺)とのちがいと言えば、本願寺派、大谷派の門首猊下は、宗祖親鸞聖人の直系のご子孫の方ですよね。

「そうですね。錦織寺の代々の門主猊下は、宗祖親鸞聖人のお弟子のご子孫の方だったのですが、途中で血統が途切れて、西本願寺から門主をお迎えしたりしているのです」

ところでこの質疑応答の中、私が門首を「もんす」(monsu)と発音したところ、宗務庁の職員の方から、木辺派は「門主」を「もんじゅ」(monju)とお呼びするとの指摘をいただいた。大谷派は「門首」、本願寺派、仏光寺派、興正派、木辺派は「門主」。国語辞典を調べてみると「門主」も「門首」も、どちらも読み方は、「もんしゅ」(monshu)と載っていた。木辺派では「もんしゅ」(monshu)を「もんじゅ」(monju)と発音しているのだろうか。

正信偈(しょうしんげ)とは、正式には「正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)」といい、親鸞の著書『教行信証』の「行巻」の末尾に所収の偈文のこと。一般には略して「正信偈(しょうしんげ)」という。親鸞述の『三帖和讃』とともに、本願寺第8世蓮如によって僧俗の間で朝暮の勤行として読誦するよう制定されて以降、現在も勤行や法要の時に読誦されている。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■真宗・仏光寺3(法脈のパクリ)

 

□大石寺9日有が浄土真宗仏光寺派・専修寺派から輸入した「唯授一人の血脈相承」

 

ひきつづき、浄土真宗の歴史の概略、真宗専修寺派の「唯授一人口決」、真宗仏光寺派の「法脈」の概略については、井沢元彦氏の著書「逆説の日本史」8巻から要旨を引用してみたい。

----つまり親鸞の血脈を持たない僧侶も、仏光寺なら親鸞の「法脈」に連なることが可能になり、その法脈に連なることができるかどうかの認定権を仏光寺が握った。つまり仏光寺は、「法脈」の看板を与えて、師範にすることもできれば、住職に任命することもできる。又、逆に「破門」にすることもできるわけで、僧侶は「法脈」の絵系図という「免許」を得るために、仏光寺の忠実な奴僕になる。仏光寺は、信者が抱える不安に巧みにつけいり、「名帳」なる名前の「極楽往生決定者名簿」を作り上げて、信者の心をつかんだ。信者の不安とは、

「本当に自分は極楽往生が決定しているのか」「自分の信仰には誤りがないのか」という不安。

仏光寺はここに巧みにつけ込んで、親鸞以来の正しい教えを標榜する「法脈」の他に、「名帳」なる名前の「極楽往生決定者名簿」を作り、この名帳に名前が記された者は極楽往生が決定するとした。これが浄土真宗の信者の爆発的人気を呼び、われもわれもと仏光寺派に入信し、名帳に名前が記されることを願ったというわけである。

では仏光寺と同じ立場にあった専修寺では、どのように本願寺の血脈(親鸞直系の血筋・血統という意味)に対抗したのだろうか。この教派の代表的な僧は如道である。如道は次のように主張した。専修寺派の歴代住職は、親鸞から「唯授一人口決」を受け、親鸞と同格である、というのだ。

例えば剣術には免許皆伝という考えがある。これは師匠と同じ技量に達した、という意味だ。免許皆伝は技術の継承であるから、必ずしも師匠の子孫が受けるとは限らない。いくら実の子でも、技量が不足していてはどうにもならない。つまり、如道は、われわれ専修寺は親鸞から真宗の教義に関する「免許皆伝」を受けている、と言った。如道は親鸞からの「免許皆伝」は、専修寺の系統の僧だけに与えられた、とした。これが「唯授一人口決」である。これも実に巧みな作戦で、こうすれば本願寺は「ただの親鸞の子孫」に過ぎなくなり、「専修寺こそホンモノ」ということになる。如道は、「唯授一人口決」を受けた者(つまり如道自身)は、親鸞と同格になるとも言った。仏を念ずることによって、往生が決定した僧は、阿弥陀如来と同格であり、極楽もその胸のうちにある。したがって念仏も仏像を拝むことも、一切不要であり、逆に信者は仏ではなく、「仏と同格」であり身近にいる僧(もちろん専修寺の僧)こそを崇拝すべきだということになる。仏光寺の了源、専修寺の如道がなぜこんなことを言ったのかと言えば、こうすれば門徒がそれぞれの寺に集まり、教団が発展するからである。----(井沢元彦氏の著書「逆説の日本史」8巻要旨)

この仏光寺の「法脈」、高田専修寺の「唯授一人口決」は、今の日蓮正宗の「二箇相承」「唯授一人の血脈相承」を頂点とする教団システムに全く瓜二つ。そっくりなのである。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■真宗・仏光寺2(法脈・絵系図)

 

□親鸞の祖廟を親鸞の子孫一族で独占して教勢を拡大しようと計って失敗した親鸞の曾孫・覚如

 

現在、浄土真宗の教団で最大宗派は、門徒数が約780万人、寺院・教会・布教所数が10369、教師(僧侶)数が19465人の浄土真宗本願寺派(西本願寺)である。が、室町時代はそうではなく、最大教団は、浄土真宗専修寺派、浄土真宗仏光寺派であった。この浄土真宗の宗史について、浄土真宗の教団側が出している資料の中に、これらをわかりやすく説明した資料がなかなか見つからず、むしろ井沢元彦氏の「逆説の日本史」の記述のほうが一般には、わかりやすいと思われる。そこで浄土真宗の歴史の概略、真宗専修寺派の教義、真宗仏光寺派の教義の概略については、井沢元彦氏の著書「逆説の日本史」8巻から要旨を引用してみたい。

----親鸞の死後、本願寺教団は全く勢いがなく崩壊寸前だった。それが復活したのは蓮如という天才的な布教者が出て、一挙に教勢を挽回したから。蓮如以前の本願寺がいかに衰えていたか。開祖親鸞の死後、親鸞の教えを継ぐ者は、第一に親鸞の子孫だった。最澄にも空海にも法然にも栄西にも道元にも日蓮にも、直系の子孫はいない。しかし公然妻帯し四男三女をもうけた親鸞には、直系の子孫がいる。その親鸞直系の子孫が本願寺を建てた。しかし鎌倉時代から室町時代前期のころ、本願寺に参詣する門徒がほとんどいないほど衰え、逆に本願寺以外の真宗教団が隆盛していた。それが浄土真宗仏光寺派、浄土真宗専修寺派である。

浄土真宗仏光寺派も専修寺派も、いずれも浄土真宗宗祖・親鸞の弟子たちが開祖になっている。親鸞には直系の子孫の他に、何人かの直弟子がいた。とはいっても親鸞は、弟子を弟子とは呼ばずに「御同朋御同行」と呼んでいた。今風に言うと「同志」ということだが、親鸞の高弟たちは、親鸞の子孫である本願寺教団には従属せず、次々と独立して布教していった。

親鸞の死後、本願寺は浄土真宗の中で唯一絶対の総本山だったわけではなく、むしろ全国に多数ある浄土真宗教団のひとつにすぎなかった。本願寺は親鸞直系の子孫であり、開祖親鸞の墓を護っていたが、真宗の教義では、極楽往生を保証してくれる救い主は本尊の阿弥陀如来であって、凡夫の親鸞ではない。普通の人に過ぎない親鸞の「墓参り」には関心がなくなってしまったのである。しかしながら浄土真宗の各教団も、初期のころは、いくつかの教団に分裂はしていたものの、宗祖「親鸞」を統合の象徴としていた。それに飽き足らず、本願寺派の教線拡大を狙う親鸞の曾孫・覚如は、親鸞の祖廟を親鸞の子孫一族で独占して、教勢を拡大しようと計った。これが本願寺の起こりで、覚如は、本願寺開祖を親鸞とし、覚如を第3世として、本願寺住職で、親鸞の子孫である本願寺教団の代表者・最高指導者を「法主」と呼ばせた。しかしこれが失敗に終わった。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

日蓮本宗本山・要法寺29(本山要法寺新貫首に丹治日遠氏)

 

□丹治日遠氏が住職を勤めた日蓮本宗佛眼寺がある福島市で管長就任祝賀会が開催される

 

久しぶりに富士門流の記事になりますが、この度、日蓮本宗管長・本山要法寺第51祖貫首・嘉儀日有氏が退任され、新管長・本山要法寺新貫首に諸佛山佛眼寺住職の丹治日遠(にちおん)氏(73)が晋山し、福島市内で管長就任祝賀会が開催された。まずは管長就任祝賀会を伝える報道記事を引用してみたい。

--------------------------------------------------------------

日蓮本宗最高位に 福島で丹治氏の管長就任祝賀会

 

 福島市の日蓮本宗・諸佛山佛眼寺(しょぶつざんふつげんじ)住職の丹治日遠(にちおん)氏(73)は29日までに、同宗の最高位・管長と、本山・要法寺(京都市)の貫首に就いた。同市で就任などを祝う祝賀会が開かれた。 関係者約300人が出席。丹治氏は「大勢の方々に感謝。懸命に任を全うしたい。今後もご支援いただきたい」などとあいさつした。

 高野伊左衛門佛眼寺責任役員総代長・祝賀委員会委員長があいさつし、小林香市長ら来賓が祝辞を述べた。鏡開きなどで丹治氏の就任を祝った。

 丹治氏は島根県出身。福島高、福島大短期大学部卒。1962(昭和37)年に佛眼寺住職となり、日蓮本宗総務部長などを歴任した。5月に管長就任儀式の晋山式を行った。

(福島民友新聞 630()1316分配信)

---------------------------------------------------------------

日蓮本宗最高位に 福島で丹治氏の管長就任祝賀会

 

 福島市の日蓮本宗・諸佛山佛眼寺(しょぶつざんふつげんじ)住職の丹治日遠(にちおん)氏(73)は29日までに、同宗の最高位・管長と、本山・要法寺(京都市)の貫首に就いた。同市で就任などを祝う祝賀会が開かれた。 関係者約300人が出席。丹治氏は「大勢の方々に感謝。懸命に任を全うしたい。今後もご支援いただきたい」などとあいさつした。 高野伊左衛門佛眼寺責任役員総代長・祝賀委員会委員長があいさつし、小林香市長ら来賓が祝辞を述べた。鏡開きなどで丹治氏の就任を祝った。 丹治氏は島根県出身。福島高、福島大短期大学部卒。1962(昭和37)年に佛眼寺住職となり、日蓮本宗総務部長などを歴任した。5月に管長就任儀式の晋山式を行った。(2014年6月30日 福島民友トピックス)

------------------------------------------------------------

丹治日遠1















 

(丹治日遠氏の管長就任祝賀会を報道するインターネットニュース)

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■真宗本廟・東本願寺2(親鸞已来代々血族の門主継承)

 

□石山本願寺合戦・本願寺の東西分裂により人工的に生まれた真宗本廟・東本願寺

 

浄土真宗大谷派本山・真宗本廟・東本願寺へは、何度も行っており、直近では20141月に参拝している。私は、ほぼ12年に1回くらいのペースで京都に行っているのだが、東本願寺には何度も行っている。というのは、東本願寺は地理的にJR京都駅からとても近い所にある。JR京都駅烏丸口から北へ伸びる烏丸通り沿いに東本願寺があるのだが、東本願寺の前で、烏丸通りが東側にグニャリと道が曲がりくねる。これは地上を歩いているとよくわからないが、JR京都駅烏丸口の前にある京都タワーの展望室から見ると、グニャリと曲がりくねる烏丸通りが実によく見える。

東本願寺門前の、御影堂門・阿弥陀門と曲がりくねった烏丸通りの間は、東本願寺の大きな行事等で団体参拝があったときに、バスターミナルに早変わりするようである。

東本願寺に行くと、今まで寺院の堂宇・伽藍よりも、東本願寺前でグニャリと曲がりくねる烏丸通りのほうが、印象に残っていた。というのは、東本願寺の場合、巨大な御影堂、阿弥陀堂や御影堂門、阿弥陀門は印象的なのだが、仏教寺院の総本山や大本山によく見られる塔中子院がない。

だから御影堂と阿弥陀堂と、曲がりくねった烏丸通りが印象に残っていた。

真宗本廟・東本願寺に塔中子院がないのは、東本願寺が江戸時代初期に徳川家康の寄進で造営されたという創建因縁が大きく関係していると思われる。つまり真宗本廟・東本願寺は、仏教寺院の総本山や大本山のように「自然発生」的に生まれたのではなく、本願寺の東西分裂、徳川家康の寄進、本願寺を東西に分裂させたまま固定化するという江戸幕府の宗教政策という、いわば「人工的」に生まれた寺院であることが大きいと思われる。では真宗本廟・東本願寺は、どういう経緯で生まれたのか。島田裕巳氏監修「はっきりわかる日本の仏教宗派」(成美堂出版)の記事を元に話を進めてまいりたい。

真宗本廟・東本願寺の創建は1602(慶長7)年。1600年の関ヶ原の合戦の二年後、1603年の徳川家康の征夷大将軍任命の前年である。なぜ真宗本廟・東本願寺が生まれたのか。これは有名な本願寺の東西分裂によって生まれた。ここまでは知っている人は多いと思われる。

本願寺がなぜ東西に分裂したのか、というと、織田信長と石山本願寺の合戦である「石山合戦」の終結をめぐって、退去か籠城かで意見が分かれたことが発端である。本願寺11代門主・顕如(15431592)を中心とする勢力は織田信長との講和を受け容れたのに対して、顕如の長男である教如を中心とする勢力は、これを拒んで籠城を主張した。そのため、教如は顕如から義絶されてしまう。石山本願寺の織田信長明け渡し後、石山本願寺は火を放たれ灰燼に帰してしまう。

教如は大和、近江、安芸など流浪するが織田信長が本能寺の変で死去すると、顕如と教如は和解する。その後、豊臣秀吉の天下統一の翌年、1591(天正19)年、豊臣秀吉が京都七条堀川に広大な寺域を寄進する。これが今の西本願寺である。本願寺11代門主・顕如の没後、12代門主は当初は顕如の長男・教如が後を継いだ。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

日蓮本宗本山・要法寺25(選挙で選出されていた貫首)

 

要法寺貫首の話しが出て、そこからちょっとした歴史の話になった。

要法寺17表門


塔頭住職の話では、「日蓮大聖人、日興上人の仏法、法脈は要法寺に受け継がれている」という主旨の話しをしていた。それ、どこかで聞いたような話ですね。この塔頭住職の話は、日蓮正宗大石寺法主の血脈相承をそっくりそのまま、要法寺貫首にすり替えたような話しだった。

では要法寺の貫首はどんな選び方をしているのだろうか。大石寺のように現法主ないし前法主が、次期法主を選定・指名するというやり方なのだろうか。そこで、住職に質問。

 

「猊下はどのようにして選んでいるのですか」

住職は一瞬、間をおいたあと

「選挙で選んでいます」

との回答。つまり選挙で選んだ要法寺貫首が、要法寺の仏法を所持しているというむ感じになるのだろうか。無宗教の私には、どうもここのところが、何ともわかりにくい。

私にとっては、日蓮正宗大石寺と全く瓜二つの宗門がここにもある、という印象しかありませんでした。

いろいろ要法寺について調べたり、塔中住職と話しをしていると、大石寺との類似性を強く感じた。そこで私は、大石寺との共通性について質問してみた。

 

「猊下やご住職が着ておられる法衣は、大石寺の僧侶が着ている法衣と同じですね」

この質問に対する塔頭住職の答えは、「大石寺とは同じ日興上人の門流、富士門流ですから」というもの。しかしこの塔頭住職は、大石寺との共通性の話題になると、あまり歯切れが良くありませんでした。

かつて大石寺法主の中に、要法寺出身の法主がいること。室町時代から江戸時代にかけて、要法寺と大石寺は通用していたことに触れても、塔頭住職の答えは

「要法寺と大石寺は、同じ日興上人の門流ですから」

というステレオタイプ的な答えしか返ってこない。

つまり塔頭住職の答えは、かつて要法寺と大石寺が通用・交流していたのは、同じ日興門流・富士門流なんだから、通用・交流というものがあって当たり前。要法寺が交流していたのは、何も大石寺だけじゃなく、他の北山本門寺、西山本門寺、小泉久遠寺等々、他の富士門流の本山とも交流があったというような回答。確かに歴史的なことを言えば、そういうことになるのでしょう。

今は、要法寺と大石寺は断絶状態だが、これは大石寺側に責任があるということを言外に含ませているようです。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

日蓮本宗本山・要法寺24(加歴等で特殊な数え方)

 

思わぬ形で要法寺塔頭住職との単独会見が実現したわけだが、私としては、塔頭住職から、単なる見学者か参拝者と思われていると、質問をしても真っ当に答えてくれないのではないかという心配がありました。あの当時は、ネットもブログもSNSmixiもない時代で、もちろん「アンチ日蓮正宗」や「仏教宗学研究会」を立ち上げる前。

しかし学生時代から、様々な宗教被害の経験を通して、反骨的に日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会・富士門流のことを研究してきており、それなりの知識はすでに持っていた。それでも、塔頭住職には、若い頃から、富士門流や要法寺に関する書籍や古文書・史料等々をいろいろ調べていて、その関係で要法寺を訪ねたことは伝えました。そして前回の訪問の時に、要法寺の朝の勤行に入ろうとしたが、寝坊で遅れてしまい、本堂の中に入れなかったこと。勤行が終わった後、貫首が渡り廊下から庫裡に帰っていく姿が見えたと言うことも話した。

要法寺19渡廊下


私が「貫首」という言葉を使ったからか、住職は

「猊下ですか」

と一言。

要法寺でも貫首のことを猊下と呼称しているようで、この住職の「猊下ですか」のひと言は、実質的に私に「猊下と呼んで下さい」と言っているようなもの。まあここは、せっかく要法寺に来て塔頭住職の話を聞こうとしているわけですから、ここは要法寺貫首を「猊下」と呼ぶことにした。

 

○「猊下のお名前は、何とおっしゃるのですか」

□住職「嘉儀日有と言います。嘉儀とは『かぎ』。日有と書いて『にちゆう』とお読みします」

 

日有と聞くと、日蓮正宗大石寺9世法主日有を連想してしまいますが、大石寺法主のほうは日有と書いて「にちう」と読むが、要法寺貫首のほうは日有と書いて「にちゆう」と読むそうである。

同じ漢字名でも、読み方が違う例は他にもある。

日蓮正宗大石寺66世細井日達の「日達」は「にったつ」と読むが、日本山妙法寺開祖・藤井日達の「日達」は、にったつではなく、「にちだつ」と読む。Wikipedia・フリー百科事典は藤井日達(ふじい にったつ)と読み仮名を書いているが、これは誤りである。

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

日蓮本宗本山・要法寺6(要法寺54世嘉儀日有貫首をはじめて実見)

 

 

さて、その日の夜は、自家用車で野宿することにしたのだが、いくらなんでも京都の街中に堂々と車を停めて、野宿するわけにはいかない。京都市は、人口約147万人の大都市であり、京都の街中で野宿しようものなら、大変なことになってしまう。

かといって、要法寺からあまり離れた所で野宿しても、野宿する意味が無くなってしまう。おまけに、京都の道路や地理には、明るいほうではないし。

そこで、いろいろ考えたあげく、国道一号線から山科のほうへ入り、東山トンネル付近の、人里離れた山の中で、車を停めて、一晩、野宿することにしたわけです。まあ、ここだったら、東山三条からは、そんなに離れては居ないし、早朝、要法寺に急行できると考えたわけです。

 

ところが、である。

東山トンネル付近の山中で野宿をしたのはよかったのだが、その夜は、東京から車を約500キロ以上走らせた疲れからか、車の中で爆睡。目が覚めたのが何と朝6時。完全な朝寝坊です。

それであわてて車を飛ばして要法寺へ急行。駐車場に滑り込んで、あわてて本堂前に行ってみましたが、あとの祭り。

すでに要法寺本堂では、僧侶たちの勤行がはじまっており、私もあとから本堂の中に入ろうとしたのでしたが、入り口の戸が固く閉められていました。

各仏教宗派の寺院は、概ねそうなのだが、勤行などの法要がはじまると、堂宇の入り口の戸を閉めてしまうのである。それはここも同じ。ただ、法要がはじまって、入り口の戸は閉めても、カギまではしめない寺院もあるし、入り口の戸を一旦閉めても、後から中に入れる寺院もある。

しかしここは、勤行がはじまってしまった後からは、入れませんでした。まことに残念です。

そうなると、黙って本堂の外で待機している他になくなってしまうわけで、本堂の中からは、僧侶の読経の声が漏れ聞こえ、さらにボクボクボクという木魚の音?らしきものまで聞こえてきた。

読経の声は聞こえましたが、どこを読んでいるのかは、わかりませんでした。

 

僧侶が多人数集まって行う法要・勤行で木魚を鳴らす化儀は、仏教各宗派でよく見かけます。

木魚とは、読経や唱題などの調子をとるために用いる仏具で、昔はマイクもスピーカーもなかったわけですから、寺院の法要では、木魚は必需品だったと思われます。

そういえば、日蓮正宗大石寺・本末寺院の勤行・法要では木魚を使っているのを見たことがありません。

大石寺では木魚を使っていなかったということは、勤行や法要に出仕する僧侶は、まことに少人数で、木魚は必要なかったということか??

 

さて本堂での勤行が終了後、本堂に向かって右側の、庫裡(大坊)に通じる渡り廊下から、要法寺貫首を筆頭に僧侶たちがぞろぞろと、本堂から庫裡に帰っていく姿が見えました。

本堂の写真の右端に渡り廊下がわずか写っていますが、まさにそこです。

要法寺22本堂3


この時、要法寺貫首をはじめて実見したのですが、この人は日蓮本宗・本山要法寺54世・嘉儀日有(かぎ・にちゆう)貫首だったわけです。

 

この時は、要法寺・朝の勤行に参詣することには、見事に失敗してしまったわけですが、その数ヶ月後、ある情報筋の方から、要法寺の勤行に関する情報をいただきました。

それによると、要法寺・朝の勤行には、けっこういろんな人が来ているようです。面白いなと思ったのは、日蓮宗や法華宗の僧侶から、はては日蓮正宗の若手僧侶まで来ているとのこと。

「あれ、日蓮正宗の僧侶が要法寺の勤行に来て、いっしょに読経しているのかな」と思いきや、そうではなく、本堂の後方に座り込んで、読経も何もせず、腕組みしながら勤行の成り行きを見ているだけなのだという。さしずめ要法寺の偵察にでも来たのでしょうか。

けったいな人たちです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■富士山久遠寺(小泉久遠寺)13(65代吉田日鋼貫首の晋山式)

 

日蓮宗宗務院からの辞令授与ののち、2005424日、小泉久遠寺にて65代吉田日綱貫首の晋山式が行われており、以下は新貫首晋山式の模様を伝える日蓮宗新聞の記事です。

 

---------------------------------------------------------

「富士宮市 本山小泉久遠寺 法灯継承晋山式」

「第六十五世吉田日綱貫首晋山『給仕第一を心に…』宗風宣揚に精進誓う」

静岡県富士宮市の本山小泉久遠寺で、424日、第65世吉田日綱貫首の法灯継承晋山式が営まれ、桜花爛漫の青空の下、僧侶檀信徒約600人が参列した。

午前11時半から晋山行列が行われ、稚児70人と共に式衆・檀信徒が撃鼓唱題しながら、久遠寺の黒門から本堂までを練り歩いた。

午後1時から富士駿河雅楽会による越天楽の調べに乗せて晋山法要が始まり、はじめに静岡県中部宗務所の武田真良所長から辞令伝達がなされた。続いて旭日重前貫首から吉田新貫首に法灯継承の証として法華経一部と久遠寺過去帳の相承が行われ、吉田新貫首発声のもと玄題三唱した。

式中、行列に参加した稚児による献香、献花、献灯が行われ、天童祭文が声高らかに読み上げられた。

吉田新貫首は奉告文の中で、久遠寺開山の宰相阿闍梨日郷上人から連綿と伝わる由来、宗門随一の大太鼓を納める太鼓堂の建立と参道整備を行った63世日隆上人の功績、64世日重上人の伝道布教等の偉業を称え、さらなる寺門興隆、宗風宣揚に精進していくことを誓った。

法要の後、武田所長、本間日諄大本山北山本門寺貫首、永倉日侃本山鎌倉本覺寺貫首、地元管区の遠藤是秀宗会議員が祝辞を述べた。

最後に吉田新貫首が、「法縁各聖ならびに総代各位の御推挙を受け、 63世日隆上人の育てた桜並木のもと、64世日重上人に導かれて65世の法統を継承するという不思議な仏縁を感じております。浅学非才の身ではありますが、給仕第一を心に刻み、この重責を全うしていく覚悟です。なにとぞご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い致します」と決意を延べ、法灯継承晋山式を終了した。

-----------------------------------------------------------------

 

この記事の内容も、なかなか興味深いものがあります。

吉田日綱氏の先代の貫首・旭日重氏は、この後、北山本門寺49代貫首に晋山しており、吉田日綱貫首の晋山式に、北山本門寺48代本間日諄貫首が祝辞を述べています。

この本間日諄貫首は、2009年(平成21年)1128日に93才で遷化(死去)していますので、この時は89才だったということになります。高齢を押しての出席だったということでしょうか。

小泉久遠寺13客殿


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■富士山久遠寺(小泉久遠寺)12(日蓮宗から本山貫首辞令)

 

2004年に、新しい小泉久遠寺65代貫首に吉田日綱(顕綱)氏が晋山しているのですが、2004517日に日蓮宗宗務院で行われた辞令授与式の模様を伝える「日蓮宗新聞」の記事がとても興味深いので、ここで紹介したいと思います。


--------------------------------------------------------------------

「本山小泉久遠寺貫首に吉田顕綱師」

『歴史と伝統を受け継いで護法護持に努めます』

静岡県富士宮市の本山小泉久遠寺の貫首に吉田顕綱師(静岡県長泉町圓蔵寺代務住職)が就任、517日、東京・大田区池上の宗務院で辞令交付式が行われた。

岩間湛正宗務総長から辞令を手渡された吉田新貫首は『歴史と伝統を受け継いで、護法護持に勤めて参ります』と抱負を語った。

久遠寺は、日蓮聖人の孫弟子にあたり六老僧日興上人の門下である宰相阿闍梨日郷上人が建武元年(1334)に開創したもので、日興上人を派祖とする富士門流の有力本山の一つとして発展した。山号に富士山と冠する通り、霊峰富士を仰ぐ景勝の地に建ち、山門と本堂と富士山が一直線に望める。山梨県の総本山身延山久遠寺と区別して富士山久遠寺とも称される。」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

小泉久遠寺13客殿


 

まず私が興味深いと思ったのは、日蓮宗本山貫首の晋山に際して、日蓮宗宗務院から辞令が交付されたということ。

日蓮宗総本山法主、大本山、本山貫首の人選は、その門流のやり方や時代性、状況等によって異なっていると聞いています。

仏教各宗派の中には、今でも総本山法主(座主・長吏)の専政体制になっていて、本山貫首や末寺住職は全て総本山法主が任命する体制になっている宗派もあります。日蓮正宗なんかはそうです。

しかし日蓮宗の場合はそうではなく、どちらかというと、各門流の連合体に近い体制になっていて、日蓮宗管長を身延山久遠寺法主が兼任する場合もあるし、兼任しない場合もある。法主専政の体制ではありません。

日蓮宗宗務院も、身延山久遠寺ではなく、大本山・池上本門寺にあります。

本山貫首も、各門流で選ぶ場合もあれば、人選が難航した場合は、宗務院で人事調整する場合もあると聞いています。

小泉久遠寺65代吉田日鋼貫首が、どういう経緯・手続きで選ばれたのかは知りませんが、こうして貫首として決まった場合は、日蓮宗宗務院が、辞令を出しているというのは、興味深く読みました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

■富士山本門寺(西山本門寺)21(51世・村田日敬貫首が遷化)

 

先日から西山本門寺・訪問記の日記を書いていましたが、ここで西山本門寺に関する大きなニュースが入りました。

複数の方から、メールにてお知らせいただきました。ありがとうございました。

西山本門寺28客殿

 

先月の末、227日に、西山本門寺51世・村田日敬貫首が行年96才にて遷化(死去)されたということです。私が西山本門寺に行ったときは、西山本門寺をすでに退去して、光栄寺に下り、老人ホームに入居しているとのことでした。

最晩年は、病院に入院して、そこで死去されたとのこと。

 

行年96才ということは、1916年か、1915年生まれということでしょうか。

先代の50世森本日正貫首が遷化したのが1995(平成7)9月ですから、村田日敬貫首が、森本日正貫首の後を承継したとき、すでに79才か、80才だったということになります。

一般的に、「僧侶は長生きする人が多い」と言われていますが、79才か、80才で貫首に晋山しても、法務執行はほとんど不可能でしょう。

日本全国各地の本山というわる寺院には、80才台、90才台まで貫首職を務めた僧侶は、たくさんいることはいます。決して、珍しいことではありません。

富士門流八本山の歴代法主、歴代貫首の顔ぶれを見ても、80才台、90才台の貫首は、見られますねえ。北山本門寺では47代・片山日幹貫首が99才。48代・本間日諄貫首が93才。小泉久遠寺でも62代・瀬戸日運貫首が90才でしたし、保田妙本寺の51代・鎌倉日桜貫首は101才の遷化まで貫首であった。

 

ただし、結果論から言うと、ここまで西山本門寺が荒廃・衰退してしまったのは、高齢貫首に原因のひとつがあったのではないでしょうか。西山本門寺の場合は、1960年代から70年代にかけての、日蓮正宗との紛争問題も大きかったとは思いますが。

 

次期貫首は、福正寺の森本日重氏が晋山する予定とのこと。この人も、かなりの高齢の人なのではないでしょうか。

そういうことを考えると、西山本門寺も、あのまんま、行くことになるのでしょうか。

 


 

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ