□太平洋戦争末期に日本の政府中枢機能移転のために松代地区に建設された松代大本営跡

 

2015年の長野善光寺・前立本尊御開帳に参詣した後、日本の戦争遺跡のひとつである長野市松代地区にある松代大本営跡(松代象山地下壕)を訪問した。松代象山地下壕とは、太平洋戦争末期、日本の政府中枢機能移転のために長野県埴科郡松代町(現長野市松代地区)などの山中に掘られた松代大本営跡の地下坑道跡のひとつ。地下坑道は、象山、舞鶴山、皆神山の3箇所あり、このうちの象山地下壕が一般公開されている。

早朝、タクシーで長野バスターミナルへ。ターミナルの窓口でチケットを購入。バスに乗って松代に行く。実は、201511日の善光寺初詣の後に松代に行くつもりでいた。かつて松代には長野電鉄河東線が通っていて、松代駅があった。しかし河東線は2002年に廃止になっていたにもかかわらず、その時に私が持っていたハンドブックの地図には、まだ河東線・松代駅が存続しているように載っていた。それで間違えて長野電鉄の電車の乗ってしまい、結局、松代にはたどり着けなかった。そこで今回は、事前に入念にいろいろ下調べを行い、計画を立てた。バスに延々とゆられて乗り続け、旧松代駅前バス停で下車。駅前で着け待ちをしていたタクシーに乗車して松代象山地下壕へ。地下壕とはいえ、つまり延々とつづくトンネルである。私が地下坑道入り口前に到着したとき、すでに多くの観光客・見学客が来ていた。松代象山地下壕は、延々とつづくトンネルであるが、そのトンネルは行き止まりになる。つまり、入り口から入っていって、トンネルの行き止まりにたどり着き、そこで折り返して、出入り口に戻る。トンネルは実に長く、トンネルの中にほとんど人がいない。トンネルの中に入ってみると、なかなか不気味なトンネルである。トンネルそのものは、佐渡金山や土肥金山の坑道とよく似ている。ただし佐渡金山の坑道も私は入って行ったとき、他の見学客としょっちゅう遭遇したが、松代象山地下壕の坑道の中では、たまに他の見学客と遭遇しただけ。あれだけたくさんの観光客がトンネルの中に入っていったのに、あの観光客はどこに言ってしまったのか、と思ってしまうくらい。松代象山地下壕の坑道は、途中からトンネルが大きくなる。ただし、トンネルの中にあった人が住む小屋などは、解体されたまま復元されていない。こういったところは佐渡金山の坑道とは違っている。トンネル入り口前にある掲示板には、地下壕の坑道建設に駆り出された、当時の朝鮮人労働者の徴用についての記述がある。

松代象山地下壕の資料館が、坑道入り口の近くにあり、中に入って見学。管理者の方から、話を聞く。約6000人が地下壕建設にたずさわり、その中の約3000人が朝鮮人の徴用だったという。

そしてそれらの人の中には、いわゆる「慰安婦」もいたとの展示があった。朝鮮人の徴用(強制)を認めるパネルの証拠があるのが印象的。さて松代象山地下壕の建設費はどれだけかかったのか。当時のカネで建設費は1億円とも2億円とも言われたとのこと。ということは、はっきりとした金額は、わからないということなのだろう。当時の2億円は、今の約2000億円ぐらいに相当するという。

それだけ膨大なカネをつぎ込んで、建設されたということである。

松代2

















 松代4














松代5
















(松代大本営跡・松代象山地下壕)

 

続きを読む