一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年11月に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

仏教宗派・寺院・僧侶関連の社会的事件

今や日本国内問題にとどまらず国際問題にまで発展しているニセ僧侶・ニセ坊主問題PART3

□フジテレビ、TBSテレビ、J-CASTも取り上げて報道したニセ僧侶・ニセ坊主問題

 

ニセ坊主問題を報道しているのはNHKニュースだけではない。その後、いろいろ調べてみると、外の民放地上波テレビ局も「ニセ坊主」問題を取り上げて報道していることがわかった。

---------------------------------------------

荒稼ぎするニセ僧侶の実態|とくダネ!フジテレビの「とくダネ!」真相チェイス!

2016/05/03

フジテレビの「とくダネ!」真相チェイス!直撃御免で荒稼ぎするナゾの僧侶の実態について放送されました。今、ニセ僧侶による被害が増えていると言います。外国人観光客に人気の原宿に現れたのは怪しい黄土色の袈裟のような服を着た男。頭は丸刈りで僧侶のようないでたちですが、足元はスニーカーで肩からバッグをさげています。さらに灰色の袈裟を着た男も。そして外国人に声をかけお金を貰い、黄金色のお札のようなものを渡しました。男が持つメモには中国語で「功徳無量」と書かれ国籍、願い事を書く欄があります。

「マネーマネーと言われて300円ならあるよって言ったら1000円だって。1000円はダメだって言ったら僧侶なのに怒り出したの」(外国人カップル)

正午を過ぎると男たちは牛丼屋へ。日本では緩和されているとはいえ、肉を食べることは戒律で厳しく禁止されているはずです。その後も男たちは外国人に声をかけるも相手にされず道路に唾は吐き捨てる始末でした。午後3時頃、今度は秋葉原でも僧侶姿の男が。男が話しかけたのは番組の通訳。突然メモを押し付けると寄付を要求。英語で話しかけるものの理解できていない様子でした。寄付を拒否するとその場から立ち去りました。

実は今、この怪しい僧侶による被害は日本だけでなく世界中で問題になっています。例えばアメリカ・サンフランシスコでは「私たちを騙そうとするニセ僧侶」とニュースで特集が組まれ、カナダ・トロントで撮られた映像には僧侶姿の男がお金を騙し取ろうとする姿が。しかし失敗しカメラに気づくと奇声を上げて走り寄ってきました。カナダでは条例違反にも関わらず執拗に路上で販売行為を続けたとしてニセ僧侶が逮捕される事態にもなっています。

番組ではニセ僧侶を追跡し、自宅を訪問。駒込の2畳ほどの部屋には2段ベッドがあるだけ。家具はなくスーツケースがおかれていました。彼らは自分たちは中国の農民だと話しました。彼らは中国・浙江省出身で、発行されていたのは短期滞在のビザ。お金を稼ぐことは許されていません。

「今、子供が大学生で学費や生活費がいるんだ」

「自分が病気を持っていて仕方なかったんだ。ビザを業者に手配してもらった」

男たちの村には日本で僧侶姿で寄付をつのり、金を稼ぐことを斡旋する業者がいると言います。2人が稼いだ金額は10日間で45万円。中国で数珠を16円、お札を3円と格安で購入し、外国人観光客に販売して荒稼ぎをしていたのです。警察に通報した番組に対しニセ僧侶は「僕らが帰国していなくなっても、またすぐに別の中国人が来ると聞いている」と言っていました。

---------------------------------------------------------------------

 

 

続きを読む

今や日本国内問題にとどまらず国際問題にまで発展しているニセ僧侶・ニセ坊主問題PART2

□朝のNHKニュースで取り上げられていた国際問題化したニセ僧侶・ニセ坊主問題PART2

 

 

ニセ坊主15カンボジア


















(カンボジアのレストランに出没して布施をねだる、僧衣を身にまとったニセ坊主・)

 


ニセ坊主23米




















(ニセ坊主に注意を喚起するアメリカのインターネット・サイト)

 

ニセ坊主25NZ


















(中国にニセ坊主を送り出している組織が存在すると報じているニュージーランド・ヘラルドのニュースサイト)

 

ニセ坊主27


















(ニセ坊主になるために約19万円を支払って指導を受け、海外に派遣されて稼いだカネの一部を組織に納めていると報じるニュージーランド・ヘラルドのニュースサイト)




今や日本国内問題にとどまらず国際問題にまで発展してしまっているニセ僧侶・ニセ坊主問題

□朝のNHKニュースで取り上げられていた国際問題にまで発展しているニセ僧侶・ニセ坊主問題

 

2016年某月某日、「アンチ日蓮正宗・仏教宗学研究会」北陸支部の管理人室で、朝のNHKニュースを見ていたら、何と「ニセ僧侶・ニセ坊主」問題を取り上げていたのが目に入った。内蔵HDDに録画しようと思ったのだったが、ニュースを途中から見たこと、録画セットとようとしている間に、どんどんニュースが進行していったため、画面を写真に撮りました。

 

ニセ坊主2布施


















ニセ坊主3

















ニセ坊主4布施被害

















 

(日本の街角で、外国人観光客に布施をねだる、僧衣を身にまとったニセ坊主・2345)


ニセ坊主6布施



















(ニセ坊主に布施を手渡している外国人観光客・678)

 

ニセ坊主9


















(東京・上野の上野公園近辺に出没している、僧衣を身にまとったニセ坊主・91011)

 

ニセ坊主12逃亡


















(マスコミの質問から逃げて逃亡しようとする、僧衣を身にまとったニセ坊主・1213)







福井・永平寺(7)~永平寺法堂でボヤ事件が発生、放火の疑いも

■福井・永平寺7(法堂ボヤ事件)

 

□火の気がない所からのボヤは不審火・放火の可能性が報道される法堂ボヤ事件

 

127日午後1240分ころ、曹洞宗大本山永平寺の法堂で木製の引き戸が焦げるボヤ事件が発生した。以下は、ボヤ事件を報道するインターネットニュースからの引用である。

-------------------------------------------------------------------

<永平寺>法堂でぼや 国宝などに被害なし

毎日新聞 127()2128分配信

27日午後0時40分ごろ、福井県永平寺町志比の曹洞宗大本山永平寺で、木製の引き戸が焦げるぼやがあった。寺には国宝や重要文化財などが複数保管されているが、被害はなかった。県警福井署は放火の疑いもあるとみて調べている。

同署によると、焦げたのは法要などが行われる法堂(はっとう)の引き戸。近くで新聞紙が燃えているのを観光客が見つけ、僧侶が付近に積もっていた雪や消火器で消した。法堂は寺の敷地の一番奥にあり、観光客の参拝ルートになっている。

(毎日新聞)

------------------------------------------------------------------------

修行僧が「雪」で消火…火の気はなく放火か?永平寺

テレビ朝日系(ANN 128()1630分配信

寺の境内で火の手が。あわやの事態に、修行僧が雪を使って火を消し止めました。

27日、福井県にある曹洞宗の大本山永平寺の法堂の引き戸の外側で、積んであった新聞紙が燃えているのを参拝客が見つけました。火は、修行僧が消火器と雪でまもなく消し止めましたが、引き戸の一部などを焼きました。警察は、何者かが新聞紙を持ち込んで火を付けたのではないかとみて、28日も実況見分をするなどして調べています。

(テレビ朝日系(ANN)

---------------------------------------------------------------------------

永平寺でぼや、雲水らが雪で消し止める 不審火の可能性

朝日新聞デジタル 127()2241分配信

27日午後0時40分ごろ、福井県永平寺町志比の曹洞宗大本山永平寺で、法堂(はっとう)正面の引き戸付近に置かれている新聞紙が燃えているのを観光客が見つけ、寺に通報した。雲水ら数人が近くの雪をかけてまもなく消し止めた。引き戸がすすけたが、建物には延焼はせず、けが人はなかった。周囲に火の気はないため、福井署が不審火とみて捜査している。

(朝日新聞)

---------------------------------------------------------------------------

 

続きを読む

日韓の二国間問題のひとつに浮上した日本対馬仏教寺院の仏像盗難・韓国持ち込み事件

□韓国が日本に仏像を返還しても返還を拒否しても日韓の二国間問題化は不可避の情勢

 

2012年(平成24年)10月、長崎県対馬市の臨済宗南禅寺派・観音寺の観世音菩薩坐像、対馬市の海神神社の国指定の重要文化財「銅造如来立像」や多久頭魂神社の長崎県指定の有形文化財「大蔵経」が盗まれる事件が発生。2013年(平成25年)1月になって容疑者の韓国人の男(69)ら韓国人盗賊団3人が韓国警察に文化財保護法違反容疑で逮捕された。一審の韓国大田地裁は盗賊団三人に有罪・実刑判決を下す。つづいて韓国大田高裁は、一審判決を支持して控訴を棄却した。被告が上告しても韓国最高裁では、数ヶ月以内に判決が出ると言われており、韓国人盗賊団の有罪が確定すれば、日韓交渉で、盗まれた仏像二体が日本に返還されるかどうかに注目が集まると思われる。(もうひとつの盗まれた「大蔵経」は所在不明)

この仏像盗難事件は、竹島、従軍慰安婦、賠償金問題、李明博大統領の天皇侮蔑発言、朴槿恵大統領の反日発言等々と並ぶ、日韓の二国間問題に発展しつつある。

「盗んだ仏像を日本に返還せよ」という日本政府の要求の根拠は、1970年にユネスコが採択した文化財不法輸出入禁止条約である。この条約では盗難文化財の原所有国への返還義務を定めており、日韓両国ともにこの条約に署名・批准している。日本政府は、この条約に基づき、盗賊団が韓国に持ち込んだ仏像の日本返還を要求している。

韓国瑞山市の浮石寺信徒会は、この仏像はもともと浮石寺にあったものを日本が不当に強奪したのだと主張し、観音寺ではなく浮石寺に返還するよう求めている。

韓国の大学教授らは銅造如来立像は神功皇后が略奪したもの、観世音菩薩坐像は倭寇が、朝鮮から日本に略奪したと主張。 韓国最大の仏教宗派・曹渓宗は、これら仏像等の文化財は日本に略奪されたという立場から「文化財の不法略奪、不法流出、盗難行為ついては、歴史的・時代的状況を遡及して適用すべきだ。」と公式声明を発した。曹渓宗の浮石寺は韓国大田地裁に「有体動産占有移転の禁止仮処分申請」を要求。20132月、窃盗団から回収した観世音菩薩坐像を保管する韓国政府に対し、韓国・大田地裁が仏像を正当に取得したことが訴訟で確定するまで、日本への移転を差し止める仮処分を決定した。

20139月、日韓文科相・文化体育観光相会談で、韓国側は「当然、日本に返還すべきだ」と語ったが、これが韓国に報道されるや韓国世論が猛反発し、「原則を確認しただけ」と後退した。

韓国最高裁で韓国人盗賊団の有罪が確定したら、日韓の政府間交渉で、韓国政府は対馬仏教寺院から盗まれた仏像を日本に返還するのか。それとも「神功皇后や倭寇が略奪したものだ」と言って返還を拒否するのか。仮に、対馬仏教寺院から盗まれた仏像が本当に神功皇后や倭寇が略奪したものだとしても、韓国政府が仏像返還を拒否すれば、文化財不法輸出入禁止条約違反は明らかである。その場合、日本政府はどうするのか。日本は国際世論に訴えて、韓国への制裁をするのか。日本が何もしなければ何もしないで、日本の世論が納得しないと思われる。日本政府を批判する日本の世論が沸騰することが予想される。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ