仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日本の大衆・一般庶民に定着している仏教文化

池上本門寺(40)~多くの参拝客をあてこんで池上本門寺参道にぎっしり並んでいたテキ屋の露店(2012年初詣)

■池上本門寺40(2012年初詣)

 

□多くの参拝客をあてこんで池上本門寺参道にぎっしり並んでいたテキ屋の露店(2012年初詣)

 

2012年の初詣は、池上本門寺に参詣しています。この時も12日の午前中に、皇居の一般参賀に行き、帰りに池上本門寺に参詣しています。ですので初詣は12日ですねえ。

しかし12日とはいえ、池上本門寺にはものすごい数の参拝客が訪れていました。ここも東京都内有数の初詣のメッカのひとつ。参道は参拝客でぎっしりです。ただし此経難事坂を登り、仁王門をくぐって大堂前まで来ると、スペースが広いせいか、ぎっしりの状態ではなかったのですが、それでも大堂前には、かなりの数の参拝客がいました。

その参拝客をあてこんで、テキ屋の露店も池上本門寺参道にぎっしりと並んでいました。人が集まる所、参詣人が多い寺社の前に、テキ屋の露店が並ぶのは世の常である。池上本門寺の行事で、最も多くテキ屋の露店が並ぶのは、何といっても毎年10月に行われる御会式である。御会式の時ほど、数は多くありませんでしたが、それでも正月も池上本門寺参道は、テキ屋の露店がぎっしりと並ぶ。又、池上駅前の商店街も、池上本門寺初詣客をあてこんで、12日にもかかわらず、開店している店もかなり見られました。

池上本門寺の本殿では、大きく扉が開けられていて、ここにもたくさんの人が参詣。本殿では、古いお札・お守りの返納・お焚き上げを受け付けていました。普段の日は、本殿に参詣する人はほとんど見られないのですが、正月の初詣は、たくさんの人が本殿に参詣していました。

大堂は、普段とかわらずそれこそたくさんの人が参詣。ここは普段の日も参詣人が多い堂宇ですが、普段よりも増して大堂の賽銭箱の前は、満員になるほどの人が詰めかけている。

大堂前の広場の一角では、猿回しの猿の曲芸が行われていて、参詣人の目を引き、周囲にはたくさんの人が見物していました。これもたくさんの初詣客をあてこんで行われているのでしょう。

仁王門前では、献血の呼びかけが行われていました。さらに大堂前では、菊の花の展示があり、初詣客をなごませてくれていました。菊の花の展示は、これ以前にどこかの寺院でも、何度か見かけていますね。

池上初詣1



池上初詣2大堂


池上初詣5本殿


池上初詣6本殿


池上初詣10大堂


池上初詣11大堂


池上初詣12仁王門


池上初詣13的屋


池上初詣15的屋


池上初詣18総門


池上初詣19総門


 

続きを読む

池上本門寺(38)~地域の恒例行事として定着している池上本門寺節分会2

■池上本門寺38(2013節分会2)

 

特設ステージがある池上本門寺大堂前は、それこそ立錐の余地もないくらい満員にならんばかりの大勢の参詣人が詰めかけている。そういう中を池上警察署の他、警視庁の車が停まっていて、警察官が交通整理を行っている。警察官が

「肩車をしているお父さん、ここで肩車は危険です。事故を防止するため、ご協力をお願いします」

というアナウンスをしている。子どもを肩車していた「お父さん」は子どもを降ろした様子。すると警察官が「ご協力ありがとうございました」と、アナウンス。たしかに、こんな超満員状態の中での肩車は危険かも。バランスを崩して転倒でもしたら、それこそけが人が出るでしょうから。

節分会33 











池上本門寺・節分会の豆まきは、タレントやプロレスラー、格闘家等々が大勢やってきて、福豆をまく。これらの著名人の数は30人以上。大堂前特設ステージには、タレントやプロレスラーが豆をまく位置があらかじめ決まっていて、大きな名札がかかっている。その名前を見ると

田中健、平将明、松本伊与、松本なつ子、西島三重子、宇梶剛士、春風亭一之輔、てんちむ、すがはらやすのり、朝崎郁恵、藤崎奈々子…

プロレスラー、格闘家、ボクサーの名前は

輪島大士、佐々木健介、中島勝彦、小橋建太、山本KID徳郁、KENTA、棚橋弘志、武藤敬司、鈴木みのる、高山善広、天龍源一郎、竹原慎二…

節分会41

 











ずいぶん懐かしい名前、昔の名前で出ていますタレントも見える。

池上本門寺・節分会に大勢のプロレスラーが来るのは、1977(昭和52)年に、ジャンパ鶴田が力道山の墓参を兼ねて節分会に参詣したことから、毎年、多くのプロレスラーや格闘家が節分会に参詣しているのだという。

豆まきは15時から。約10分ぐらい前から池上本門寺第82世貫首・酒井日慈猊下を先頭に、福豆をまくタレントやプロレスラーが特設ステージに入場。酒井日慈猊下はゆっくりとした足どり。

特設ステージには、豆まきの福豆が大量に用意され、ステージにはタレントやプロレスラーがズラリ。「タレントの紹介でもあるのかな」と思っていたら、そういうのは一切なく、いきなり豆まきがスタート。特設ステージからタレントやプロレスラーが、超満員になっている参詣人のほうにむかって、次々と福豆を投げる。参詣人のほうは、先を争って福豆を取ろうとする。たくさんの福豆が投げ込まれ、全部投げ終わったところで終了。あれだけ多くの福豆が投げられたのに、福豆をもらえなかった参詣人も、かなりいた様子。もっとも福豆は、大堂前で僧侶が売っていましたけどね。

私も福豆を一袋、もらってきました。豆まきが終わって参詣人は帰途へ。

総門から仁王門への此経難事坂から大堂への参道は、帰りの参詣人でいっぱい。

節分会47 

続きを読む

池上本門寺(37)~地域の恒例行事として定着している池上本門寺節分会

■池上本門寺37(2013節分会1)

 

201323日は、池上本門寺の節分会に参詣しました。

日蓮宗大本山・池上本門寺は、法要が行われるときは、大勢の参拝人がつめかける寺院で特に有名。池上本門寺の最大の行事は、毎年1011日~13日に行われる御会式である。中でも1012日の万灯練り供養には、毎年30万人を超える参拝人があり、深夜まで練り行列が行われる巨大行事になっている。

池上本門寺の巨大行事は、何も御会式だけではない。毎年23日に行われる節分会もまたそのひとつ。日蓮宗新聞社刊行本「日蓮宗本山めぐり」の中でも紹介されていますが、池上本門寺節分会のときは、大堂前には、それこそ立錐の余地もないくらいの参詣人が詰めかけ、池上本門寺境内は超満員の状態に膨れあがる。そういう中、有名タレントやプロレスラーなどが、特設舞台の上から福豆をまく、豆まきが行われる。

23日といえば、どこの仏教寺院でも節分会が行われるが、池上本門寺の節分会は、特に多くの参詣人が集まることで有名。池上本門寺・大堂前は、節分会の数日前から豆まき用の特設ステージが設けられ、準備万端である。

節分会12 











池上本門寺節分会は、13時からの池上太鼓からはじまる。大堂前の特設ステージには、いくつもの太鼓が設定されており、20人以上の中年女性と23人の男性が出てきて、太鼓を叩く。

見ていると、かなりの練習を積み重ねてきているのが、わかります。男性も女性も、太鼓を叩く時の表情が、まことに生き生きとしている。

その後、福男福女の練り行列が仁王門から入ってきて、大堂の中へ。

節分会25 











宗教行事の中で行われるイベントというと、若い頃、イヤと言うほど見せられた創価学会の文化祭ビデオというものがあった。あれを見ていると、文化大革命時代の中国や北朝鮮のマスゲームそっくり。創価学会のビデオによれば、創価学会の文化祭には、知事、市長、県議会議長、著名人などが多数招かれ、祝辞や賛辞を送っていたというが、私なんかは、あんな創価学会の文化祭ビデオを見せられても、面白くもなんともなかった。それどころか多大な嫌悪感を感じたことを鮮明に覚えている。

 

しかし池上本門寺御会式の万灯練り供養、節分会の池上太鼓、片瀬龍口寺御難会の万灯練り行列等々の行事を見ていても、行事そのものが地域社会の中に密着していて、全く違和感を感じない。池上太鼓は、もちろん近年、はじまった行事なのだろうが、しかし地域行事としてピッタリとマッチしていて、これも全く違和感がない。

 節分会19

続きを読む

池上本門寺(24)~池上本門寺お会式のメイン行事・万灯練り供養の行列6

■池上本門寺24(2011年・池上本門寺お会式紀行17)

 

池上本門寺総門前から、住宅街の路地裏をぬけて十中通りに出たのですが、この通りは、池上本門寺から池上駅方面へ帰る参詣者で、足の踏み場もないほど、ごったがえし状態。道路が人で超満員状態になり、その状態でゆっくりと池上駅方面に人の塊が移動しているような感じです。

こちらの通りにも、道路の両サイドには、テキ屋の露店が所狭しと立ち並んでいました。

御会式48的屋・本門寺通り


本門寺の参道は、池上駅前から本門寺方向への一方通行なら、十中通りは本門寺から池上駅方向への一方通行。この一方通行というのは、車ではありません。

車は通行止めになっていいて、人の一方通行です。

人の一方通行ですが、十中通りはものすごい人だかりで大混雑していて、とても露店で何かを買うどころではありません。

やっとの思いで池上駅前にたどり着いたものの、今度は駅前ロータリーが、池上商店街から本門寺参道へ向かう万灯練り供養の行列の通り道になっていて、池上駅前にいながら、駅までたどり着けない。

そこで再び、住宅街の路地裏をぬけて、池上商店街に出ました。ここはまさに万灯練り供養の通り道になっていて、行列が笛を吹き、鼓を叩きながら歩いていました。

御会式47万灯池上駅前


池上商店街から池上駅ロータリーは、万灯練り供養の行列と、見物客・参拝客で、深夜の襲い時刻まで、人でぎっしり。

御会式45万灯池上駅前商店街


御会式43万灯池上駅前商店街


御会式41万灯池上駅前商店街


御会式42万灯池上駅前商店街

大勢の警察官も出ていましたが、参拝客と万灯練り供養の交通整理だけで手が一杯という感じに見えました。

この池上本門寺お会式の万灯練り供養の行列は、深夜23時から24時ころまでつづいているとのこと。

御会式40万灯池上駅前


御会式37万灯池上駅前


続きを読む

池上本門寺(23)~池上本門寺お会式のメイン行事・万灯練り供養の行列5

■池上本門寺23(2011年・池上本門寺お会式紀行16)

 

お会式の万灯練り供養の行列は、どんどん間断なくつづいて、此経難事坂を登って三門をくぐり、大堂前に進んでいきます。

私も約2時間くらい、大堂~三門付近で写真を取っていましたが、さて此経難事坂の下へ降りようとしたところ、いつの間にやら池上通りの参道入り口~総門~此経難事坂~三門は、池上本門寺に行く方向のみの一方通行になっていました。

御会式56総門一方通行


やはり万灯練り供養がはじまったあたりから、参詣者の数が激増。参道は、池上本門寺に参詣に行く参詣客と、万灯練り供養を見物する見物客で、まさにごったがえし状態。

御会式61万灯仁王門前


御会式58万灯仁王門前


一方通行じゃあ、どうやって総門前に降りていけばいいのか、と警察官に聞くと

「五重塔の方向から下に降りていって下さい」

とのこと。そこで大堂前の参道から、墓地をぬけ、五重塔の脇を通って、大田区民会館の屋上に出て、そのまま会館のエレベーターに乗って1階へ。

それで朗子会館、日蓮宗宗務院前を通って総門前にやっとたどり着きました。

御会式55万灯参道
 


 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ