仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

仏教宗派・宗祖・開祖

京都・知恩院(1)~歴史上はじめて庶民に仏教を流布した浄土宗元祖・法然が開山した浄土宗総本山知恩院

■京都知恩院1(浄土宗元祖・法然が開山)

 

□歴史上はじめて庶民に仏教を流布した浄土宗元祖・法然が開山した浄土宗総本山知恩院

 

知恩院とは、正式には華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん・ちおんきょういん・おおたにでら)というが、一般では「知恩院」という通称名で呼ばれている。三門にも「総本山知恩院」と書かれている。総本山と書かれているのは、浄土宗総本山という意味である。

いかなる者も一心に阿弥陀如来の名を唱えれば極楽浄土に往生できるという「専修念仏」(せんじゅねんぶつ)の教えを説き、浄土宗を開いたのが法然である。その浄土宗開祖・法然が布教の拠点とした草庵を起源とするのが、この浄土宗総本山知恩院である。

法然は平安時代末期、1133(長承2)47日、美作国(みまさかのくに・今の岡山県)久米南条稲岡庄の押領使・漆間時国の長子として生まれた。幼名は勢至丸。勢至丸が9才の時、漆間時国の館が夜襲され、不意打ちに倒れた時国は、枕辺で勢至丸に遺言を遺す。

「恨みをはらすのに恨みをもってするならば、人の世に恨みのなくなるときはない。恨みを超えた広い心を持って、すべての人が救われる仏の道を求めよ」

ところで、この漆間時国の遺言を読んで、かつて中華民国(台湾)・蒋介石総統が戦後、「以徳報怨」(徳を以って怨みを報ず)と言い、日本兵の復員に最大限の便を図ったり、日本への戦後賠償を放棄したことを思い出しました。蒋介石総統の言葉は、漆間時国の遺言とは関係ないのだろうが、この漆間時国の遺言は、だれかに聞かせてあげたいくらいの名言ではなかろうか。恨みつらみでテロや戦争を繰り返す人たち、過去の歴史がどうのこうのとアラ探しばかりする某国の人たち。日本の琵琶湖畔にも恨みつらみから抜け出せない人もいますね。

さて勢至丸はこの父の遺言に従い、菩提寺で修学した後、15才で比叡山に登って剃髪授戒。はじめは円明房善弘と名乗るが、1150(久安6)年、18才のとき、比叡山延暦寺西塔黒谷の慈眼房叡空の弟子となり、法然房源空となる。島田裕巳氏監修の「はっきりわかる日本の仏教宗派」(成美堂出版)によれば、法然の黒谷での約二十年の修行の中で、二つの転機があったとする。

ひとつは源信の著書「往生要集」との出会い。「往生要集」には、厳しい修行に耐えられない者は念仏を唱えるべきと記されていた。ふたつめは中国浄土教の僧・善導の著書「観経疏」との出会い。「観経疏」には「一心に口で念仏を唱えれば往生が叶う」と記されていた。善導の言葉を知った法然は、衆生が救いを得るためには、誰もが出来る称名念仏のほかにないとの答えを得る。(「はっきりわかる日本の仏教宗派」p63)

法然は1175(承安5)年、比叡山を下り、西山広谷を経て吉水の禅房、現在の知恩院御影堂の近くに移り住み、浄土宗を開宗。法然43才の時である。1186(文治2)年、大原談議において旧仏教高僧の前で法然の教説が披露されると、その教えは瞬く間に人々の信仰を集め、法然の教団は急速に拡大した。1190(文治6)年、法然は東大寺にて「浄土三部経」の講説を行う。1198(建久9)年、法然は「選択本願念仏集」を著す。

 

続きを読む

福井・永平寺(1)~日本曹洞宗宗祖・道元禅師が開祖である曹洞宗大本山・永平寺

■福井・永平寺1(曹洞宗宗祖・道元禅師が開祖である永平寺)

 

永平寺とは、総持寺と並ぶ日本曹洞宗大本山として有名。日本曹洞宗の宗祖は、鎌倉時代に活躍した道元禅師(12001253)で、永平寺の開祖でもある。正式名は吉祥山永平寺。

現貫首は第79世 福山諦法猊下。

永平寺の境内は、約33haあり、かなり広大な境内が白山山麓に広がる。境内には樹齢約700年と言われる老杉が多数見られ、うっそうとした境内の中、大小70余りの堂宇があるとされる。

勅使門、山門、仏殿、法堂、大庫院、承陽殿、僧堂、傘松閣(さんしょうかく)、吉祥閣、浴室、東司、真陽閣、光明蔵、不老閣、 宝蔵等の七堂伽藍が全て回廊で結ばれている。

永平寺の開祖は、曹洞宗の宗祖・道元禅師で1244(寛元2)年の創建。1372(応安5)年に北朝の後円融天皇から「日本曹洞第一道場」との勅額を受けた。

その後、1539(天文8)年、後奈良天皇より「日本曹洞第一出世道場」の追認を受け、1591(天正19)年、後陽成天皇より「日本曹洞の本寺並びに出世道場」の綸旨を受けた。

 

最近、よく話題になるのは、鎌倉仏教ははたして朝廷公認の宗派になったのかどうか、という問題がある。飛鳥、奈良、平安時代には、朝廷公認の戒壇で授戒・度牒を受けた僧侶のみが、仏教僧侶として認められた。平安時代に官寺以外の公認戒壇として、比叡山延暦寺の戒壇が勅許されたが、天台宗vs真言宗、延暦寺vs園城寺等の紛争があり、延暦寺戒壇の分壇が朝廷から認められる。このあたりから「朝廷公認」ということに変化が見られ始める。しかしそれでも、鎌倉・室町時代でも、寺院宗派の「朝廷公認」とか僧侶の「戒壇授戒」を重要視する慣習は強かった。

道元も、中国から日本に曹洞宗を伝来せしめて、日本曹洞宗の開祖になったが、「曹洞宗を朝廷公認宗派にしたい」という考えは持っていたものと考えられる。それは、鎌倉・室町時代においても、朝廷公認か、幕府公認にならない限り、宗派としての生き残りが実質的に不可能だったからだ。

永平寺が、1372(応安5)年に北朝の後円融天皇から「日本曹洞第一道場」との勅額を受けたこと。1539(天文8)年、後奈良天皇より「日本曹洞第一出世道場」の追認を受け、1591(天正19)年、後陽成天皇より「日本曹洞の本寺並びに出世道場」の綸旨を受けたこと等は、こういった時代背景があったものと考えられる。

永平寺7 

続きを読む

鎌倉建長寺(1)~日蓮からの書状に憤激した?建長寺の開祖・蘭渓道隆

■鎌倉建長寺1(日蓮と蘭渓道隆)

 

建長寺(けんちょうじ)とは、神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山。正式名称を巨福山(こふくさん)建長興国禅寺(けんちょうこうこくぜんじ)という。

鎌倉時代の建長5年(1253年)の創建で、本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は鎌倉幕府第5代執権北条時頼、開山(初代住職)は南宋の禅僧蘭渓道隆。鎌倉五山の第一位に列せられている。

鎌倉五山(かまくらござん)とは、中国宋(そう)の官寺制に倣って定められた制度で、禅宗の寺格。京都五山に対し、鎌倉にある五つの大禅刹(ぜんさつ)をいう。

鎌倉時代末期頃より幕府が制定した京都と鎌倉の寺院で構成される五山制度が変化して、室町時代に京都の南禅寺を別格上位とする京都五山と鎌倉五山の寺格が固定された。

鎌倉五山の位は、(1)建長寺、(2)円覚寺 (3)寿福寺 (4)浄智寺 (5浄妙寺である。

官寺(かんじ)とは、 律令(りつりょう)制下で、堂塔の造営や修理、僧尼の費用が国家から給付され、国家の監督を受ける寺。個人的に建てられた私寺に対する言葉。

基本的な性格としては、天皇の発願で建てられ、皇室や国家の安泰鎮護の祈願が重んぜられた。古くはほとんどの寺院が官寺であった。国分寺、国分尼寺、勅願寺が官寺である。

中世以後は、幕府がとくに保護帰依(きえ)した禅宗寺院、臨済宗の京都・鎌倉五山、曹洞宗の永平寺・総持寺をさすようになった。これらの寺院は、天皇の勅宣により住持が定められ、「出世道場」ともよばれた。

ところでこの建長寺の開祖・蘭渓道隆に対して、1268(文永5)1011日、日蓮が書状を認めて送っている。いわゆる「十一通御書」のひとつである「建長寺道隆への御状」がそれである。

この中で、日蓮は蘭渓道隆に対して、痛烈に批判を浴びせている。

「念仏は無間地獄の業、禅宗は天魔の所為、真言は亡国の悪法、律宗は国賊の妄説と云々」

日蓮得意の「四箇の格言」でジョブを浴びせたあと、蘭渓道隆本人を含めた極楽寺良寛、寿福寺、多宝寺、浄光明寺、長楽寺、大仏殿等の長老たちを「我慢心充満、未得謂為得」の増上慢の大悪人なり」と、痛烈な言葉で、斬って捨てている。

この書状を読んだ蘭渓道隆は、おそらく憤激した事と思われる。

蘭渓道隆は南宋から渡来した禅僧で、13歳で出家し、無準師範、北礀居簡に学んだ後、松源崇岳の法嗣である無明慧性の法を嗣ぐ。1246(寛元4)33歳で、入宋した泉涌寺僧、月翁智鏡との縁により、弟子とともに来日している。

まあ、僧侶の格から言うと、蘭渓道隆と日蓮とでは、それこそ親子、主君と家臣以上の開きがあったのではないか。その日蓮から、ここまで罵られては、蘭渓道隆のプライドが許さなかった事だろう。「何を小癪(こしゃく)な」という感じだったのではないだろうか。

建長寺33山門

 

続きを読む

鎌倉極楽寺(1)~社会事業・慈善事業に力を入れて社会的評価が高い極楽寺良観(忍性)

■鎌倉極楽寺1(忍性の社会的評価)

 

極楽寺(ごくらくじ)とは、神奈川県鎌倉市極楽寺にある真言律宗の寺院で、正式名称は霊鷲山(りょうじゅさん)極楽寺という。開基(創立者)は北条重時で、開山は忍性(にんしょう)である。

中世には七堂伽藍をはじめ、子院49箇の塔中坊を有する大寺院であったが、度重なる火災や戦乱で伽藍の大半が焼失。現在は、山門や本堂などが、山影にひっそりと建っているのみである。

ここへ来てみると、「あの極楽寺って、こんなに小さい寺院なの」という感じで、ちょっとビックリしてしまうくらいである。

極楽寺の実質的な開祖である忍性が当寺に入寺したのは文永4年(1267年)のこととされている(『忍性菩薩行状略頌』)。

忍性(にんしょう・12171303)とは、鎌倉時代の律宗(真言律宗)の僧で、号は良観という。日蓮が、遺文の中で「極楽寺良観」と呼んでいる人である。

忍性(極楽寺良観)という人は、日蓮宗や日蓮正宗では、日蓮の遺文でポロクソに書かれているからか、大変イメージの悪い人なのであるが、忍性(極楽寺良観)は叡尊に惹かれて再度叡尊の下で授戒して弟子となり、1240年に常施院を設け、ハンセン氏病患者らの救済などの慈善活動、悲田院を改修して非人救済を行うなどの社会事業を行い、この間に律宗布教にも努めた。

悲田院(ひでんいん)は、仏教の慈悲の思想に基づき、貧しい人や孤児を救うために作られた施設のことで、鎌倉時代には忍性(極楽寺良観)が各地に開設した。それ以降、中世は非人の拠点の一つとなったといわれている。

忍性(極楽寺良観)の師の叡尊は民衆への布教を唱えながら、自分には不得手であることを自覚して当時の仏教において一番救われない存在と考えられていた非人救済に専念し、その役割を忍性(極楽寺良観)に託した。忍性(極楽寺良観)は非人救済のみでは、それが却って差別を助長しかねないと考えて非人を含めた全ての階層への救済に尽力した。

日蓮は、遺文の中で、忍性(極楽寺良観)のことを、

「三学に似たる矯賊の聖人なり」「僣聖増上慢にして今生は国賊、来世は那落に堕在せんこと必定せり」(「極楽寺良観への御状」・平成新編御書全集p376)

などと、口を極めてボロクソに非難しているが、他方では、このように、忍性(極楽寺良観)は、中世の時代では、全くといっていいほど見られなかった、社会事業、慈善事業に力を入れており、社会的な評価は、とても高い人なのである。

忍性1


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ