一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年11月に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮遺跡

川越・中院(1)~天台宗八箇檀林のひとつで日蓮伝法灌頂の寺と伝承する中院

■川越・中院1(天台宗八箇檀林・日蓮伝法灌頂の寺)

 

□日蓮伝法灌頂の寺院にあった天台宗談義所で日蓮宗僧が修学していた、ということか

 

恵心流中古天台宗口伝法門や天台宗談義所に日蓮宗僧が入檀していたか、という謎を追って、喜多院の次に、となりの中院を訪ねました。堂宇は、喜多院、仙波東照宮、中院というふうに並んで建っている。中院の正式名は星野山無量寿寺中院で、今も無量寿寺の寺号を残している。

中院は、星野山無量寿寺の仏地院だった所で、ここに天台宗談義所が置かれていた。

ただは中院の場所は、当初から当地にあったのではなく、今の仙波東照宮があった所にあり、仙波東照宮ができるに当たって、今の地に移転したもの。

喜多院が栄えるようになったのは、江戸時代に天海大僧正が再興して以降であり、もともとの天台宗談義所は仏地院(中院)にあった。

そういうことから中院も訪問。

中院の三門には「元関東八箇檀林」「天台宗別格本山」という看板が出ている。

この関東八箇檀林なのですが、中世の天台宗檀林は

長野県・津金寺、埼玉県川越市・中院、埼玉県児玉郡・大光普照寺、千妙寺、茨城県桜川市・月山寺、茨城県稲敷市・江戸崎不動院、栃木県芳賀郡・宗光寺、茨城県水戸市・薬王院、逢善寺、千葉県長生郡・長福寿寺、群馬県前橋市・龍蔵寺、群馬県渋川市・真光寺、滋賀県米原市・円乗寺にあったとのこと。

関東八箇檀林というからには、八箇所の檀林だったと思われるのだが、しかし、埼玉県、茨城県、千葉県、栃木県、群馬県にあった天台宗檀林は少なくとも九箇所以上ある。

ということは、1ヶ寺が関東八箇檀林に入っていないと言うことになるが、どれが入っていないのか、不明。詳しい方、教えていただけたら幸いです。

 

さて中院の三門前には、「日蓮上人伝法灌頂之寺」と書いた石塔が建っています。

中院6 





















伝法灌頂とは、僧侶の阿闍梨号を授与する儀式のこと。

「伝法灌頂」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E6%B3%95%E7%81%8C%E9%A0%82

「日本密教では、四度加行(しどけぎょう)という密教の修行を終えた人のみが受けられる。正しくは金胎両部伝法灌頂(こんたいでりょうぶ・でんぽうかんぢょう)という。ここで「金・胎」とは、中期密教の宇宙的世界観を表す金剛界(こんごうかい)と胎蔵界(たいぞうかい)を意味する。

インドに始まり、日本密教や中国密教、チベット密教においては、この灌頂によって、密教の奥義がすべて伝授され、弟子を持つこと(教師資格)が許される。また、密教においては仏典だけに捉われず、口伝や仏意などを以って弟子を指導することができることになる。更には、正式に一宗一派を開くことが出来るともいわれ、それ故、阿闍梨灌頂、または受職灌頂ともいう」

 中院1

続きを読む

小湊誕生寺(2)~誕生寺に隣接する鯛ノ浦・真鯛の群泳と日蓮は本当に関係があるのか

■小湊誕生寺2(真鯛の群泳と日蓮)

 

誕生寺は日蓮誕生の霊跡としてあまりにも有名で、日蓮宗七大本山のひとつになっている。

寺伝によれば、日蓮誕生の時、海辺には蓮華が咲き、鯛が群れ、館の庭に清泉がわき出たという。これが今の蓮華ヶ淵、妙の浦、誕生水井戸であるという。

つまり日蓮が産まれた時、庭から清水が湧きだした、海には鯛が群れ集まった、海岸には蓮の花が咲き乱れたという三奇瑞が起こったという伝説があり、鯛ノ浦の真鯛は、長い間、禁漁が守られ、手厚く地元の人たちによって保護されてきたのだという。

建治二年(1276)10月、中老僧・日家と日保が、日蓮父母の館跡地に一宇を建立し、日蓮自ら高光山日蓮誕生寺と命名した。

当時の誕生寺は、今の鯛ノ浦にあったが、明応七年(1498)8月の地震・津波で押し流され、再建堂宇も元禄十六年(1703)11月の大地震による津波で流失。日蓮の生家があったところは、大地震による津波で海中に没してしまっているということになる。

 

鯛ノ浦は、千葉県鴨川市内浦湾から入道ヶ崎にかけての沿岸部の海域で、ここに真鯛(マダイ)が群泳することて゛広く知られている。

ここの真鯛は、特別天然記念物に指定されていて、域内では釣り等が禁止されている。

本来、真鯛は水深1020mを回遊する魚であるらしいのだが、鯛ノ浦のような水深の浅い海域に根つきになることはまず有りえないという。

古来からここの真鯛は名物とされていて、手漕ぎの舟でタイ見物をさせていたが、今は鯛ノ浦遊覧船により、鯛ノ浦周辺海域を廻り、エサづけされた真鯛を見ることができる。

 

この鯛ノ浦の遊覧船はもともと、市議会議員によって運営されてきたのだったが、1954(昭和29)年、小湊鯛ノ浦遊覧船企業組合が設立され、ここが遊覧船を運営している。

遊覧船に乗ると鯛ノ浦会館を出て、鯛の群泳鑑賞と弁天島周辺の遊覧を案内してくれる。鯛ノ浦の浅瀬に、真鯛が群泳しているというのは、本当のようである。

真鯛も、日蓮の化身として信仰され、弁天島は海中に没してしまった日蓮の生家に近いせいか、弁天が祀られ、ここへも年中、参拝者が絶えないのだという。

鯛の浦1
 

続きを読む

鎌倉・安国論寺(2)~鎌倉市教育委員会から「松葉ヶ谷御小庵の霊跡」と認定されている安国論寺

鎌倉・安国論寺2(御小庵の霊跡と認定)

 

鎌倉・安国論寺は、日蓮・松葉ヶ谷草庵跡地として、有名な寺院で、まずここには、戦前、神奈川県が建てた「松葉谷日蓮上人遺跡」と書かれた石碑が建っている。

安国論寺7御小庵

 

文中、紀元と書いてあるのは、西暦のことではなく、皇紀のこと。皇紀とは、神武天皇即位紀元といい、初代天皇である神武天皇が即位したとされる年を元年(紀元)とする、日本の紀年法のこと。紀元節(現在の建国記念の日)廃止までは、単に「紀元」と言った場合には、神武天皇即位紀元(皇紀)を指していた。

この石碑の漢字も、昔の字体になっていて、いかにも戦前に建てられた石碑という感じがします。

 

さてもうひとつ。安国論寺の門前には、鎌倉市教育委員会が建てた案内板があります。それには、次のように書かれています。

 

「当山は日蓮聖人松葉ヶ谷御小庵の霊跡です。御小庵の元となった岩窟(「御法窟」または「日蓮岩屋」という)が本堂の向かいにあります。この御法窟で日本国の安泰と人々の幸せを願って文応元年(1260)七月十六日、前執権北条時頼に建白した『立正安国論』が執筆されました。

翌八月二十七日に立正安国論に反感を持つ人々に庵が襲われました。これは「松葉ヶ谷の法難」といわれています。本堂の裏山に一時避難した「南面窟」があります。

境内は四季折々の花や紅葉で彩られています。なかでも御小庵の傍らの山桜は、日蓮聖人の桜の杖が根づいたといわれ、「妙法桜」と呼ばれています。サザンカやカイドウと共に、鎌倉市の天然記念物に指定されています。」

安国論寺15

 

このように鎌倉市教育委員会が建てた案内板があるということは、学術的に安国論寺が松葉ヶ谷御小庵の霊跡であることを認定されているということです。

日蓮が「立正安国論」を執筆したという御法窟とよばれる穴蔵は、外から見ると渡り廊下のような建物に覆われていて、中までは見えない。現在は非公開になっているとのこと。

保存のために、そうしているのでしょうか。理由はわかりません。

安国論寺1御法窟

 

現在、境内の一角に遺っている御小庵は、安国論寺の案内によると、尾張徳川家の寄進で、元禄年代に建立された堂宇。総欅造りになっている。

御小庵と言われるとおり、まことに小さな堂宇である。もちろん、日蓮在世当時の堂宇は、法難等で失われているのだろうが、しかし日蓮在世当時の御小庵は、こんな感じの堂宇だったのだろうか。続きを読む

鎌倉・安国論寺(1)~日蓮の松葉ヶ谷法難・立正安国論の舞台になった安国論寺

鎌倉・安国論寺1(立正安国論・松葉ヶ谷法難の霊跡)

 

安国論寺(あんこくろんじ)とは、神奈川県鎌倉市大町(名越)にある日蓮宗の寺院で、正式名称は妙法蓮華山安国論寺という、ちょっと長い名前である。

長勝寺と並び日蓮の鎌倉での布教の中心となった松葉ヶ谷草庵跡とされ、松葉ヶ谷霊跡・安国論寺とも言う。開山は日蓮とするが、弟子の日朗が文応元年(1260)に、日蓮が前執権北条時頼に建白した「立正安国論」を執筆した岩穴(法窟)の側に安国論窟寺を建てたのが始まりとされている。ここは、日蓮が北条時頼に提出した「立正安国論」を書いたという古刹寺院であり、日蓮は、ここに草庵を結び、布教活動の拠点にしたとされている。

またここは、日蓮の「松葉ヶ谷法難」の舞台になった所とされている。

日蓮・立正安国論の霊跡ということで、本堂には「立正安国」の扁額が掲げられており、境内には、立正安国論の墨筆を模写した石碑があります。

安国論寺13本堂

 

安国論寺の説明によると、日蓮が立教開宗して鎌倉に入った後、鎌倉・名越の松葉ヶ谷の岩屋に草庵を結んだ跡地が、現在の安国論寺の本堂の向かい側にある御小庵と、その奥に連なっている御法窟(御岩屋)であるという。

安国論寺10御小庵


しかし現在の御小庵は、日蓮が住んでいた庵ではなく、江戸時代・元禄のころに、尾張・徳川家の寄進によって建立された総欅造りのものということである。

御法窟という所が、日蓮が「立正安国論」を起草したところで、南面窟という所が、文応元年(1260)の「松葉ヶ谷法難」の時に、白猿に導かれて日蓮が避難した場所であるという。

安国論寺4南面窟

 

安国論寺の見解によれば、日蓮は、立宗宣言後の32才から龍口法難の50才のころまで、伊豆流罪・小松原法難前後中を除く約17年間、ここに草庵を結んでいたという。もしこれが本当だとすれば、身延山に滞在した9年よりも長く、日蓮が立宗宣言後、最も長く滞在した所になるのではないだろうか。

そうすると日蓮関連の霊跡としては、有数の霊跡になるはずなのだが、この安国論寺は日蓮宗本山には数えられていない。元は鎌倉比企谷・妙本寺の末寺であった。

 

境内には、日蓮の杖が根付いたとされる市原虎の尾という品種のヤマザクラである「妙法桜」というのがあり、鎌倉市の天然記念物になっている。

「市原虎の尾」という品種の桜は、非常に珍しい品種の桜であるという。

そこでちょっと「市原虎の尾」について調べてみたのだが、もともとこの品種は、京都の市原にあった桜で、小枝に花が密生してつくその様子が虎の尾に似ているところから、大谷光瑞という人物が「市原虎の尾」と名前をつけたという。

続きを読む

片瀬龍口寺(1)~日蓮・龍ノ口法難の時に本当に江ノ島方向から『光り物』は飛来したのか

片瀬・龍口寺1(日蓮・龍ノ口法難・刑場跡)

 

□日蓮・龍ノ口法難の時に本当に江ノ島方向から“光り物”は飛来したのか

 

龍口寺(りゅうこうじ)とは、神奈川県藤沢市片瀬の龍口刑場跡に建つ日蓮宗の本山(霊蹟寺院)で、正式名称は寂光山龍口寺。略字体を用いて「竜口寺」と称す場合もある。

場所的には、江ノ島電鉄の江ノ島駅から徒歩で3分ぐらいのところにあり、住所的に言うと、ここは鎌倉市ではなく、藤沢市になる。

この地はかつて刑場跡で、文永8年(1271年)912日に日蓮宗の宗祖・日蓮が処刑されそうになった事件、日蓮宗や日蓮正宗では、龍ノ口法難と呼ぶ事件の舞台になったところで、いわゆる龍ノ口刑場跡である。

私がここで見たかったのは「龍口刑場跡」。

龍口寺1


日蓮は、龍口の刑場に連行されたのだが、実際には首を切られなかった。突然、日蓮の処刑は中止になり、まさに九死に一生を得たのである。

日蓮の回想録とも言うべき遺文(御書)「種々御振舞御書」に、日蓮は

「江の島の方より『光り物』が現れ、それまで人の顔も見えないほどの暗闇だったのに、『光り物』の光によって月夜のように明るくなり、人々の顔が見えるくらいに明るくなった。太刀取りの目がくらんで倒れて臥し、兵士たちは恐れおののき、馬の上でうずくまってしまう者もいた」

等と書いている。ただしこれは日蓮が)「種々御振舞御書」にそう言っているだけの話しで、幕府の公式記録・歴史書の「吾妻鏡」等に、こういう記載は全くない。

 

歴史的な事実として確実に言えることは、日蓮は、判決にない不当な処刑で殺されかかったのだが、何らかの事情で命が助かった、ということである。その何らかの事情とは、江戸時代のころから、執権・北条時宗の夫人が懐妊中だったので、祟りを避けるために、「坊主殺し」を中止したのではないか、という説が囁かれている。しかし私はこの説に、いささか懐疑的である。

 

というのは、そもそも日蓮に対して、鎌倉幕府が下した判決は「佐渡流罪」なのであり、死刑ではない。それを平頼綱が深夜に日蓮を龍口で誅殺しようとしたわけで、元々の判決は死刑ではないわけです。であるならば、もし仮に執権・北条時宗が、日蓮が誅殺されかかっている、ということを知ったならば、「日蓮は佐渡流罪にはしたが、殺せとは言っていない」として、処刑は中止させるでしょう。当然です。そうしないと執権の威信が丸つぶれになってしまいまう。1979年に製作・公開された映画「日蓮」では、執権・北条時宗が日蓮の処刑を中止せしめるという場面を入れています。こちらのほうが的を得ている感じがします。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ