■倶利伽羅不動寺1(倶利伽羅峠源平合戦古戦場・天田峠の近く)

 

□昭和40年代ころまで国道8号線が通っていた天田峠越えの近くにある倶利伽羅不動寺

 

倶利伽羅不動寺(くりからふどうじ)とは、石川県と富山県の県境付近にある山頂本堂(山頂堂)と、石川県津幡町の西之坊鳳凰殿がある古刹寺院。寺格は高野山真言宗の別格本山。高野山真言宗は総本山・金剛峯寺(和歌山県高野町)、次に大本山・寳壽院(和歌山県高野町)、そして遺跡本山(ゆいせきほんざん) の神護寺(京都市右京区)、観心寺(大阪府)があり、その次が別格本山で高野山内に27ヶ寺、高野山以外の全国各地に33ヶ寺あるが、倶利伽羅不動寺はその中のひとつということになる。

成田不動尊(千葉県)、大山不動尊(神奈川県)と並び、日本三不動尊の一つと称される倶利伽羅不動尊とは、通常は約1300年の歴史がある山頂本堂を指す。倶利伽羅(くりから)とは、日本にあって日本ではないような地名であるが、これは「剣に黒い龍の巻きついた不動尊像」という意味のインドのサンスクリット語に由来するという。「倶利伽羅」の名前は、倶利伽羅峠、倶利伽羅そば、JR倶利伽羅駅など、地域の名前になっている。

この山頂本堂は、倶利伽羅峠と呼ばれる石川県と富山県の県境が複雑に入り組んでいる峠越えのてっぺんに近い所にある。正式にはこの峠の名前を「天田峠」という。天田峠の峠越えの道は、今、車で走っても、車がやっとすれ違いが出来るくらいの狭い道。しかも峠の山肌を這うように、曲がりくねって蛇行している山道である。私が子どもの頃は、この曲がりくねって蛇行している天田峠越えの道が、国道8号線の幹線道路であった。こんな狭い道を昭和40年代のころまで、排気ガスを思いっきりはき出して大型トラックやバスが走っていた。富山県に私の母親の実家があるので、子どもの頃、父親が運転する車に乗って、この天田峠を通った記憶がある。

これではあまりにも不便だというので、国道8号線の倶利伽羅トンネルが開通。天田峠越えの山道は、国道から県道に格下げになった。従来からの国道を走っていた大量の自動車交通は、倶利伽羅トンネルを走るようになり、天田峠越えは一気に静かになった。そんな天田峠の峠越えの頂上付近から、さらに奥に入ったところに倶利伽羅不動寺・山頂本堂がある。

今は北陸自動車道が全通しており、さらに国道8号線・津幡バイパスも開通しているので、倶利伽羅不動寺のすぐ近くまで、自動車輸送の波がおしよせることはなくなった。しかし倶利伽羅不動寺は、有名寺院であるためか、倶利伽羅不動寺の名前にちなんで、北陸自動車道には「不動寺パーキングエリア」がある。ただし名前は「不動寺パーキングエリア」とはなっているが、北陸自動車道のわりと倶利伽羅不動寺に近い所に設けられているだけで、ここが倶利伽羅不動寺と繋がっているわけではない。

倶利伽羅不動7



(倶利伽羅不動寺・山頂本堂)

 

続きを読む