一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年11月に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮遺文(御書)真筆

小湊誕生寺(1)~日蓮真筆遺文『観心本尊抄』『撰時抄』等のレプリカを見学できる誕生寺

■小湊誕生寺1(観心本尊抄・撰時抄等のレプリカ)

 

「小湊誕生寺」とは、千葉県鴨川市天津小湊にある日蓮の生誕を記念して建てられた寺で、1276(建治2)10月、日蓮の弟子・日家が日蓮の生家跡に高光山日蓮誕生寺として建立されたというが、この説は今は疑わしいとされている。

誕生寺の開祖・日家も、富士妙蓮寺の開祖・寂日坊日華と同一人だの、そうでないだのという論争がつづいており、未だに結論が出ていない。日蓮宗が発刊する「日蓮宗本山めぐり」の中の記述は、誕生寺の開祖・日家を誕生寺二世としており、富士妙蓮寺の開祖・寂日坊日華とは別人説に立っているように思われる。

 

1498(明応7)年と1703(元禄16)年の二度の大地震による大津波にあい、現在の地で水戸光圀の外護で「誕生寺」が再建されたが、1758(宝暦8)年に火災で焼失。1842(天保13)年に再建された。

誕生寺の境内には、仁王門、本堂、客殿、日蓮像が祀られている祖師堂、宝物殿などが建ち並んでいる。

境内中央にそびえ立っている大きな堂宇は祖師堂。この祖師堂の裏側に本師殿宝塔がある。

本堂、客殿、寺務所、布教殿堂は歩道橋を渡って奥にある。参道には売店が建ち並んでいて、普段から参詣人が多いことを伺わせている。

祖師堂はケヤキの大柱52本を使った国内有数の大堂で、日蓮像が安置される御宮殿は明治皇室大奥の寄進によるものであるという。

祖師堂内の右側の天井には南部藩の相馬大作筆による天女の絵が描かれる。堂内の天蓋等の仏具類は明治天皇の生母である中山慶子一位局や、大正天皇の生母・柳原愛子一位局による寄進によるものだという。

 

私がこの中で注目したのは、宝物殿である。

ここには、日蓮真筆の大漫荼羅本尊、日蓮真筆遺文「富木殿女房ご返事」、日蓮真筆の「観心本尊抄」「撰時抄」「立正安国論」のレプリカなどがズラリと展示されている。

日蓮真筆のレプリカではあるが、「観心本尊抄」「撰時抄」「立正安国論」は見ものである。

寺院の虫払いとか風入れの法要に行っても、見ることはできるかもしれないが、ゆっくりと間近で見ることはできない。

千葉県鴨川市天津小湊にある日蓮宗の古刹寺院・誕生寺・宝物館の展示は、数ある日蓮関係の寺院の宝物館における展示や「霊宝虫払い法要」における拝観などの中では、実にゆっくり展示を拝観できたし、内容的にもとても充実していたものだと思う。

この誕生寺宝物館の常設展示は9室に分けられていて、ここには国宝や重要文化財などがズラリと並んでいる。

小湊誕生寺4


続きを読む

玉沢・妙法華寺(3)~日蓮真筆で重要文化財指定の「撰時抄」を格蔵する玉沢・妙法華寺

■玉沢・妙法華寺3(重要文化財指定の撰時抄を格蔵)

 

玉沢・妙法華寺に格蔵されている重要文化財の中で、もうひとつの目玉の古文書は、何といっても日蓮自筆の「撰時抄」でしょう。これは日蓮・五大部の遺文(御書)です。

妙法華寺23撰時抄

 

もちろん、この撰時抄は、日蓮真筆ということで、鑑定され、重要文化財に指定されています。

 

その撰時抄ですが、「冨士一跡門徒存知事」によれば、撰時抄の下巻が日昭のもとにありと書いてあり、立正大学日連教学研究所編纂「昭和定本日蓮聖人遺文」にも、大石寺出版「平成新編・日蓮大聖人御書全集」にも、日昭の玉沢・妙法華寺に日蓮真筆があるとなっていますが、「他5ヶ所」とも書いてあり、妙法華寺の他にも日蓮真筆がある、ということになっています。

 

ところが玉沢・妙法華寺の境内に建てられている三島市教育委員会の看板によると

「日蓮直筆の五巻がほぼ完全な形で残されている」

と書いてある。この文では、撰時抄五巻が全て妙法華寺に残されているとも読めますし、各所に散在している撰時抄を合わせて五巻が完全な形で残されているとも読めます。

 

しかし三島市教育委員会の看板には、写真が掲げられていて、この写真によると、撰時抄五巻がひとつの箱にそろっているように見えます。

三島市教育委員会が、この箱に入っている五巻のことを言っているとすれば、玉沢妙法華寺に、日蓮真筆の撰時抄五巻がそろっているということになります。

 

「冨士一跡門徒存知事」にも、日昭の元に撰時抄があると書いてあるわけですから、玉沢・妙法華寺開祖・日昭在世の時代から、撰時抄は妙法華寺に格蔵されていたということなのでしょう。

 

玉沢・妙法華寺の境内には、三島市教育委員会の看板の他に、妙法華寺が建てた撰時抄の石碑が建てられていました。

妙法華寺27撰時抄碑
 

 

 

玉沢・妙法華寺(1)~「註法華経」の他、日蓮真筆を格蔵する玉沢・妙法華寺

■玉沢・妙法華寺1(註法華経を格蔵)

 

玉沢・妙法華寺とは、静岡県三島市玉沢にある六老僧の筆頭・日昭を開祖とする日昭門流の本山で、日蓮宗の本山(由緒寺院)に格付けられている。正式名は経王山妙法華寺という。本山ではあるが、塔頭が覚林院の一院だけある。

妙法華寺は、国道1号線から一本脇に入った県道に面している。JR三島駅方面から行くと、まことにわかりやすく、一度目の訪問は三島駅から、ずいぶん前に電車・バスを乗り継いで行っています。

一回目の時はずいぶん前のことで、メモも残って折らず、記憶にもあまり残っていません。

二度目の訪問は、はっきりと寺跡調査をしようという目的で行っていまして、この時は車で神奈川・箱根方面からナビを頼りに行きました。箱根方面から車で行くと、ちょっと道が複雑で、ナビなしではおそらくたどり着けなかったのではないかと思います。

妙法華寺19本堂

 

玉沢・妙法華寺は、日蓮の本弟子・六老僧の日昭が開創した寺で、もともとは鎌倉の浜にあった法華寺が前身。

1284年(弘安7年)、日蓮の弟子日昭は風間信昭の帰依を受け、鎌倉浜土の玉沢(現鎌倉市材木座)に法華堂を建立した。1538年(天文7年)戦乱により、越後村田(現新潟県長岡市村田)の妙法寺に避難。さらに1594年(文禄3年)戦乱により、伊豆加殿(現静岡県伊豆市)の妙国寺に避難した。村田妙法寺は風間信昭開基の寺院であり、加殿妙国寺は日昭門流の寺院である。

その後、15代日産の時、1621年(元和7年)に大木沢(現在地)に移転し、日産、日達、日亮の3代に渡り再建された。大木沢は妙法華寺創建の地名をとって玉沢と改称された。

 

このように移転に移転を重ねて、鎌倉から今の玉沢の地に移ったわけですが、ここはたくさんの文化財を格蔵している寺院として有名です。

私の第一の関心も、ここにありました。

つまり玉沢・妙法華寺には、日蓮真筆の文献がいくつも残されています。

妙法華寺の境内には、三島市教育委員会が建てた文化財案内の看板が立てられていて、それによると

(1)   絹本著色日蓮上人像

(2)   絹本著色十界勧請大漫荼羅

(3)   日蓮自註 註法華経開結

(4)   日蓮筆 撰時抄

が、国の指定重要文化財になっていること、が書いてあります。

 

中でも注目されるのは、日蓮自註の註法華経。

妙法華寺24註法華経


これは西山本門寺に格蔵される「日蓮遷化記録」に出てくるものですが、日蓮正宗や創価学会の信者は

「日昭が身延山久遠寺から勝手に持ち出したまま、所在不明になっている」

ということを、ずいぶん前に聞いたことがありました。

しかし何のことはない。所在不明どころか、日昭門流の妙法華寺に格蔵されていて、しかも国の重要文化財に指定されている。

又、静岡県の池田・本覚寺に格蔵されている日位筆の「大聖人御葬送日記」の中に「御遺物配分事」という綱目があり、その中に

「註法華経一部十巻 弁阿闍梨」

となっており、註法華経が正統に弁阿闍梨日昭に配分されたことが記されている。

「勝手に持ち出した」と、あたかも日昭を盗人呼ばわりするとは、とんでもない言いがかりである。

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ