仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

仏教宗派・仏教寺院の独善的・閉鎖的体質

鳥辺山實報寺(7)~實報寺住職・嘉儀吉裕氏と事前連絡を巡って實報寺受付で大激論

日蓮本宗・鳥辺山實報寺7(嘉儀吉裕氏と受付で大激論)

 

私としても、實報寺住職が庫裡から受付に出てきたのには驚きましたが、しかしこれはまさに千載一遇のチャンス。何の前触れもなく、急遽、単独会見ということになったわけですが、しかし冒頭から實報寺住職の表情は険しく、実に刺々しい雰囲気ではじまりました。

實報寺4

 

□住職「先程から、表で、いろいろと話しておったのは、あなたですか」

○「あそこにいた、半被を着た男性と話していたのは私です」

□住職「何の用で、ここに来られたのですか」

○「私はサイトを主宰している者ですが、要法寺第三祖に当たる日目上人の正墓の所在についていろいろと調査を重ねていたところ、京都・鳥辺山に埋葬されたという古文書を複数見つけました。しかしこれらの古文書は、室町時代から江戸時代のもので、今の日目上人の正墓の所在を確認できる資料をいろいろと探したのですが、見つかりません。そこで実際に京都・鳥辺山に来て実地調査をすることにしました。ちょうど、所用で京都へ来たので、こちらの鳥辺山へ来たわけです」

□住職「それならば、どうして事前にこちらに連絡をしてくれなかったのですか」

○「私が、實報寺さんをお訪ねしようと思ったのは、こちらの鳥辺山に来て登り坂の道を歩いてきたところ、入り口に『要法寺開山本廟』と書いた石碑が建っていたからです。それまで私は、實報寺さんの名前や存在すら知りませんでした。ここ鳥辺山に来て、はじめてわかったわけです」

□住職「そんなことはないでしょう。東京から来られているということでしたら、あちらには、日目上人に関する資料はたくさんあるはずです」

○「今の日目上人の正墓の所在を示す資料は、何処にも見当たりませんでした。

日目上人は、日蓮正宗大石寺の第三祖でもあるわけですが、日蓮正宗では、日目上人の正墓は大石寺にあるとか、下之坊にあるとか書いた本を出しています。しかしこれは何の根拠も証拠もなく、全く信用できないものです。なぜなら、室町時代の古文書には、日目上人の遺骨が京都・鳥辺山に葬られたことが出ていますし、上代の記録は、いずれも鳥辺山説であって、大石寺・下之坊に葬られたという記述はありません」

□住職「それなら、鳥辺山にあるウチの寺のことを書いた資料があると思うんですがね-」

 

とにかく私がいくら説明しても、住職は

「東京には鳥辺山の日目上人の正墓に関する資料があるはずだ」

「ここに来るなら来るで、どうして事前に連絡しなかったのか」

の一点張りで、これを繰り返すだけ。私は、現在の日目の正墓に関する正確な資料がないからこそ、京都・鳥辺山の実地調査に来た旨を何度も説明しました。實報寺受付で、私と實報寺住職ーの間で、この点に関して、延々と論争がつづきました。

続きを読む

京都要法寺(28)~頭ごなしに要法寺本堂の本尊参拝を拒否した要法寺若手所化僧

日蓮本宗本山・要法寺28(本堂参拝を拒否した若手所化僧)

 

要法寺塔頭住職が、本尊への供養・合掌・読経を条件に本堂の本尊を拝ませても良い、という話しを出してきたのを断ったのは失敗だったなー、と後悔したのは、東京に帰ってだいぶ経ってからのことです。

あの住職の言葉は、ひょっとしたら入信しろ、という意味ではなかったのではないか。

どこの寺でも、「本尊を見せて欲しい」と言ったら、合掌・供養せよ、くらいのことは言うであろう。つまりあの時、塔頭住職が言ったのは、入信を条件にしたのではなく、極めて一般的なことを言っただけだったのではないか。だとしたら、住職の言葉を断ってしまったのは、大失敗である。

その後、要法寺の日尊六百五十回遠忌法要に行くといいながら、結局は、仕事の都合で行けなかったわけだから、ますます断ったことが悔やまれました。

しかし「後悔先に立たず」である。後で悔やんでみても、どうにもなりません。

 

しかし諦めきれない私は、どうにかして先の塔頭住職に再会して、要法寺本堂の本尊を拝見させてもらうわけにいかないだろうかと、考えるようになりました。

要法寺1本堂1


まあ十中八九は無理でしょうが、それでも何とかやってみて、だめならだめで諦めるしかないなと考えたわけです。

そこで再び、京都・要法寺行きを決行することにしました。

しかしそうはいっても、なかなか京都に行く機会に恵まれず、実際に再び京都・要法寺に行ったのは、日尊六百五十回遠忌法要から12年経った後のことでした。

私は再び自家用車をかっ飛ばして東名高速・名神高速を走って京都・東山三条へ。

この時は、だいぶ京都の道や地理を覚えていましたので、割と簡単に要法寺・駐車場にすべり込むことができました。

しかし要法寺へ行ったのはいいのですが、法要も行事も何もない日であったようで、境内・塔頭とも全く人影がない。人の気配が全く感じられないのです。

そこで私は寺務所の中に入り、無人の受付で人を呼んでみました。

要法寺33宗務院


すると、奥の方から一人、若い所化僧らしき僧侶が出てきました。その所化僧は、受付の係は、今はいない、という、これまた、まことにつっけんどんな答え。

「ずいぶん、つっけんどんな僧侶だな」と思いつつも、せっかく京都・要法寺まで来たのだから、前回、要法寺来訪の時の事情を説明して、本堂の中に入れてもらおうと交渉したのだったが

「信者以外の人には見せられません」

という、これまた頭ごなしの、高飛車な答えが返ってきた。

この一言にカチンときた私は

「なんだその言い方は」

と怒ったが、しかし本堂の中に入ることを正面切って断られてしまっては、もはやそれまで。

どうにかして、別の方法を考えるより外にありません。

 

続きを読む

京都要法寺(1)~ここも大石寺と同じ『目くそ鼻くそ』『同じ穴の狢』の閉鎖的体質の本山か、京都・要法寺

■日蓮本宗本山・要法寺1(大石寺と同じ穴の狢か)

 

京都という街は、多くの仏教各宗派の本山・由緒寺院がたくさん存在していることで有名なところですが、この要法寺という寺院は、一般の人には、あまり馴染みがないのではないでしょうか。

この要法寺という寺院は、京都府京都市左京区東山三条(新高倉通孫橋上ル法皇寺町)にある日蓮本宗の本山寺院。

要法寺12


ここは、あの日蓮正宗総本山大石寺と同じ日興門流(富士門流)に属し、勝劣派、日蓮本仏論の、静岡県駿東地方に分布する大石寺、北山本門寺、西山本門寺などの富士五山や、保田妙本寺、伊豆実成寺とともに、富士門流の興門八本山を構成している。

今は要法寺と大石寺は、宗派が別になっていて、反目しているようであるが、室町時代や江戸時代には、大石寺と要法寺は「通用」(交流・連合)していて、要法寺出身の大石寺法主が9人もいたことは、あまりにも有名である。

大石寺と反目しているとは言うものの、大石寺とは同じ富士門流に属することから、日蓮の大漫荼羅を本尊とし、日蓮本仏論を唱え、本迹勝劣、種脱勝劣、勤行の法華経方便寿量読誦を唱えていることも全く同じ。

さらには要法寺の山号は「多宝富士山」といって、これまた大石寺の山号と同じく「多宝富士」。

僧侶が来ている僧衣も薄墨色の衣に白袈裟という僧衣で、これまた大石寺と全く同じ。

 

私からすれば、「ここにも大石寺と『目くそ鼻くそ』『同じ穴の狢』があった」という印象しかないのだが、ただし大石寺と大きく異なっている点も何点かある。

それは大石寺にある、いわゆる「本門戒壇の大御本尊」「一閻浮提総与の大御本尊」などと呼ばれている板本尊を根本としていないこと。

要法寺は要法寺で、「日蓮真筆の大漫荼羅本尊」を自称する「称徳符法の本尊」なる本尊を根本本尊としている。ただし、こちらの要法寺にある「称徳符法の本尊」のほうも、後世の偽作である可能性が非常に高い。

もうひとつ違っている点は、大石寺の歴代法主に相承されていると、大石寺が自称している「唯授一人・血脈相承」を否定していること。

要法寺のほうも、大石寺や他の富士門流本山とは、別個に「血脈相承」を唱えています。

 

しかし大石寺の血脈相承なるものは、大石寺9世日有が偽作したもの。

「日蓮正宗大石寺法主の『唯授一人の血脈相承』は日蓮の教義ではない。後世の大石寺法主・9世日有の偽作である」

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=61520053&comm_id=406970

要法寺の血脈相承も、偽作文書である「百六箇抄」「本因妙抄」等があるとのことですので、後世の偽作である可能性が非常に高いと言えます。

 

続きを読む

西山本門寺(1)~閉鎖的体質は日蓮正宗大石寺と同じ?か、それ以上にひどい西山本門寺

西山本門寺29客殿


■「富士山本門寺(西山本門寺)1(大石寺と同じ閉鎖的体質)


西山本門寺(にしやまほんもんじ)とは、1343年(康永2年)日代の開山として静岡県富士郡芝川町西山671にある法華宗興門流の本山で、日蓮正宗大石寺、重須(北山)本門寺、日蓮正宗妙蓮寺、小泉久遠寺とともに富士門流の「富士五山」を構成し、また、京都要法寺、伊豆実成寺、保田妙本寺とあわせて「興門八本山」のひとつにも数えられる。

この西山本門寺は、戦後のある時期、というか一時的に日蓮正宗に合同していた時があった。

1957(昭和32)年、西山本門寺が本山単独で日蓮宗を離れ檀家の承諾を得ないまま日蓮正宗に合流したのである。旧末寺の一部は日蓮宗に残留したが、これに檀家側が猛反発して裁判となり、檀家側が勝訴する。それによって再び西山本門寺は日蓮正宗から独立し、現在まで単立の宗教法人であるが法華宗興門流と宗名を公称している。

 

西山本門寺28客殿

この西山本門寺は、最寄り駅はJR身延線・芝川駅ということになるが、かなり駅からは遠く離れた、山の中にある。芝川駅から町営バスが出ているとはいうものの、電車・バスを乗り継いでここへ行くというのは、まことに困難である。

どちらかというと、富士宮方面から車で行ったほうが便利だと思う。

 


県道を走っていると「西山本門寺」の大きな看板が見えてくるが、ここから車では入れない。ここから大きく回り込んで、切り立った杉林の中を抜けていかなくてはならない。なんか本当に不便なところにある寺院である。

黒門をくぐり、参道の石段を上がっていくと広大な境内が広がっている。しかし参道の周りには、たくさんの木が生い茂っているのだが、かつてはもっとここには塔中坊がたくさんあったのだろうか。西山本門寺の境内を見ていると、なんとなくそんな気がした。

境内地は実に静寂で、シーンと静まり返っている。薄気味悪いくらい人っ気がほとんどない。

 西山本門寺1参道石段


境内地の一角には、織田信長の首を収めたと伝えられている首塚と称するものまであった。なんで西山本門寺に織田信長の首塚があるのか。歴史学的研究によると、本能寺の変の後、明智光秀の武将たちが信長の遺体を探したが見つからなかったといわれているが…。

 


本堂の前には、大銀杏の木が一本あった。本堂の扉は固く閉められており、ここも何かすごく閉鎖的な所という印象である。ぜんぜん中を窺い知ることができない。本堂の正面には「本門寺」と書かれた表札が掲げられていた。この本堂には、一体、なにが祀られているのだろうか。

そこで僧侶らしき? (坊主頭だが僧衣を着ていない)人を見つけて質問してみると、日蓮真筆の漫荼羅本尊であるという。日蓮がいつ書いた本尊かと聞くと、「わからない」という返事。本尊を見せてほしいと言うと、「今、他に人がいないので、手続きが出来ない」との返事。

ただ毎年418日には西山本門寺所蔵の重要文化財の虫干しが行われ、重要な品の数々が一般公開されるとのこと。

それからここ西山本門寺には、元創価学会幹部で民音職員の僧侶・松本修明氏がいると聞いていたので、会わせてほしいと言うと、「ここにはそんな僧侶はいない」との返事。

これについては、よく調べてみると、この松本修明氏という人は、九州にて、出家したが、得度して正式僧侶となる前に自主独立し、師僧より僧侶認定を受けていないので、正確に言うと、勝手に僧侶を名乗っている私度僧であるという。ただ私度僧なのに、どういうわけか富士山蓮華寺という寺の住職に収まっているとのこと。何か不可解な人である。

西山本門寺は、今は日蓮正宗大石寺から独立してはいるものの、こと「閉鎖性」に関して言えば、大石寺と実によく似ている。それともこういう体質は、富士門流の各本山に共通した体質なのかもしれない。

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ