一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年11月に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。
「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

仏教宗派の宗務行政・立法機関

2017年12月20日、日蓮宗新宗務総長(代表役員)に中川法政氏が就任

□宗教法人・日蓮宗の代表役員・宗務行政上のトップは日蓮宗管長ではなく宗務総長である

 

東京・大田区の池上本門寺にある日蓮宗宗務院庁舎で、20171215日、第113臨時宗会が開かれ、日蓮宗宗務院財務部長だった中川法政氏(大阪府四條畷市如在寺住職・宗会議員4期・68)が、宗務総長に選出された。

つづいて1220日、同じく東京・大田区の日蓮宗宗務院庁舎で、宗務役員認証式が行われ、中川法政宗務総長をトップとする日蓮宗宗務院(新内局)が誕生した。この日、誕生した新内局は、以下のとおり。

 

20宗務役員


































15中川法成宗務総長










 

(2018110日付け日蓮宗新聞より)



中川法政氏は1949年、大阪市生まれ、龍谷大学卒業。全国日蓮宗青年会理事長、大阪市修法師会会長等を歴任。荒行を五行成満。2006年から宗会議員を務め、今回で4期め。前の小林順光内局(小林順光宗務総長をトップとする日蓮宗宗務院)では財務部長だった。

つづいて中川法政宗務総長をはじめとする宗務役員12人は、翌1221日、日蓮宗総本山・身延山久遠寺(内野日総法主)の日蓮廟所(祖廟)にて「奉告式」を行った。さらにつづいて身延山久遠寺旧書院にて内野日総法主に「目通り」し、新しい宗務役員が紹介された。

日蓮宗のトップは管長であるが、日蓮宗の代表役員は、管長ではなく宗務総長が務める。

日蓮宗の管長は、管長推戴委員会で審議の上、推戴されて就任する。管長の職務は、日蓮宗宗制の公布、寺院への親教、宗務総長や貫首、僧階等の認証を行う。

現管長は、日蓮宗総本山(祖山)身延山久遠寺・内野日総法主であるが、日蓮宗管長と身延山久遠寺法主は必ずしも同一ではない。過去に、池上本門寺貫首など、他の大本山貫首が日蓮宗管長に就任した事例がある。

これに対して、宗務総長は日蓮宗宗会にて選出され、管長の認証で就任する。宗務総長は、地位的には、管長に次ぐナンバー2であるが、日蓮宗の宗務行政におけるトップであり、代表役員を兼任する。

日本の宗教法人では、ナンバーワンの管長、会長が代表役員を兼任する宗教法人も数多あるが、実際はナンバー2の宗務総長、理事長が代表役員を兼任する宗教法人のほうが多い。

日蓮正宗は、日蓮正宗総本山大石寺法主が日蓮正宗管長、代表役員を兼任する。京都要法寺が本山の日蓮本宗も、管長が代表役員である。これに対して、真宗大谷派(本山・東本願寺)、浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)、真宗仏光寺派(本山・仏光寺)、真宗木辺派(本山・錦織寺)、顕本法華宗、天台宗、浄土宗、曹洞宗等は、管長ではなく、宗務総長が代表役員である。創価学会、顕正会、立正佼成会も、会長ではなく、理事長が代表役員である。が、かつては創価学会も顕正会も立正佼成会も、会長が代表役員だったが、のちに会長から理事長に代表役員が交代したものである。

 

 



続きを読む

2017年11月中旬、日蓮宗で新たに45人の宗会議員が決まる

□日蓮宗宗会とは日蓮宗規定改正、新設、予算を審議、決定する日蓮宗の立法機関・議決機関

 

日蓮宗では201711月中旬、宗会議員の任期満了(4年間)を迎え、新たに全国39選挙区で宗会議員選挙が行われ、新たな宗会議員45人が誕生した。日蓮宗「宗会」とは、日本国の「国会」に相当し、日蓮宗の規定の改正、新設を審議、決定する日蓮宗の立法機関であり、さらには、日蓮宗の諸事業の予算、内容の策定、重要な宗務に関する事項などを最終決定する議決機関である。宗会議員は、全国39選挙区での選挙で選出された議員43人と、日蓮宗宗憲の「参与の推薦により宗務総長の認証した宗会議員2人」の合計45人で構成される。

(20171210日付け「日蓮宗新聞」からの引用)

 

11宗会議員1




















11宗会議員2












 

 

(20171210日付け「日蓮宗新聞」より)

 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ