僧侶の女犯は1872(明治5)年以前からあった。奈良時代の弓削道鏡と孝謙天皇(女帝)の関係。1206年、後鳥羽上皇の女官と密通した法然の門弟。奈良時代、江戸時代は僧侶の女犯を厳しく取り締まったが、平安・鎌倉・室町時代は、女犯の取り締まりが緩く、事実上の妻帯僧もたくさ ...