仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

興門(大)西山本門寺

西山本門寺(22)~西山本門寺妙円坊で新住職入寺式・日産上人本葬が営まれる

■富士山本門寺(西山本門寺)22(妙円坊入寺式・日産上人本葬)

 

531日、西山本門寺塔頭・妙円坊にて、先代住職・岡田日産上人のご本葬・ならびにご子息の新住職入寺式が、西龍華・日蓮宗本山・立本寺97世・上田日瑞貫首猊下を来賓に迎えて行われた。

西山本門寺48妙円坊


この「仏教宗学研究会」ブログは、西山本門寺の公式ウエブサイトでもなんでもなく、全くの無関係のサイトです。よってここの記事は、仏教宗学研究会の視点で書いていることを念のため記しておきます。

 

以前に西山本門寺訪問記を書いたときに、「ミスター般若の面」こと浄円坊住職・山口亮祐氏が西山本門寺「貫首代務者」と名乗ったという記事を書きましたが、その山口亮祐氏、今度は西山本門寺「執事長」の肩書きで登場して、本葬で嘆徳文を読んだとのこと。読むのは結構ですが、「求道心」を「ぐどうしん」と読むべき所を「きゅうどうしん」と、あたかも浅学丸出しの創価学会員同様の読み方をして、列席者の人たちから顰蹙を買っていた、という情報が入っています。

さらに本葬の式次第には、「執事長」と書くべきところが「筆事長」と書いてあった、ということで、完全にこの人は、人格を疑われています。

般若の面2

 

(浄円坊住職・山口亮祐氏のそっくりさん・般若の面)



続きを読む

西山本門寺(21)~西山本門寺51世・村田日敬貫首が遷化(死去)

■富士山本門寺(西山本門寺)21(51世・村田日敬貫首が遷化)

 

先日から西山本門寺・訪問記の日記を書いていましたが、ここで西山本門寺に関する大きなニュースが入りました。

複数の方から、メールにてお知らせいただきました。ありがとうございました。

西山本門寺28客殿

 

先月の末、227日に、西山本門寺51世・村田日敬貫首が行年96才にて遷化(死去)されたということです。私が西山本門寺に行ったときは、西山本門寺をすでに退去して、光栄寺に下り、老人ホームに入居しているとのことでした。

最晩年は、病院に入院して、そこで死去されたとのこと。

 

行年96才ということは、1916年か、1915年生まれということでしょうか。

先代の50世森本日正貫首が遷化したのが1995(平成7)9月ですから、村田日敬貫首が、森本日正貫首の後を承継したとき、すでに79才か、80才だったということになります。

一般的に、「僧侶は長生きする人が多い」と言われていますが、79才か、80才で貫首に晋山しても、法務執行はほとんど不可能でしょう。

日本全国各地の本山というわる寺院には、80才台、90才台まで貫首職を務めた僧侶は、たくさんいることはいます。決して、珍しいことではありません。

富士門流八本山の歴代法主、歴代貫首の顔ぶれを見ても、80才台、90才台の貫首は、見られますねえ。北山本門寺では47代・片山日幹貫首が99才。48代・本間日諄貫首が93才。小泉久遠寺でも62代・瀬戸日運貫首が90才でしたし、保田妙本寺の51代・鎌倉日桜貫首は101才の遷化まで貫首であった。

 

ただし、結果論から言うと、ここまで西山本門寺が荒廃・衰退してしまったのは、高齢貫首に原因のひとつがあったのではないでしょうか。西山本門寺の場合は、1960年代から70年代にかけての、日蓮正宗との紛争問題も大きかったとは思いますが。

 

次期貫首は、福正寺の森本日重氏が晋山する予定とのこと。この人も、かなりの高齢の人なのではないでしょうか。

そういうことを考えると、西山本門寺も、あのまんま、行くことになるのでしょうか。

 


 

 

続きを読む

西山本門寺(20)~「これでいいのか、西山本門寺」と言いたくなる西山本門寺の荒廃ぶり

■富士山本門寺(西山本門寺)20(これでいいのか西山)

 

西山本門寺訪問の最後の最後になって、「般若の面」の形相の、とんでもない貫首代務者に遭遇してしまったわけでしたが、しかし、訪問したことで、西山本門寺の実態がようやく明らかになりました。

そこで、西山本門寺の現状をまとめてみたいと思います。

 

    西山本門寺51代貫首・村田日敬氏は、かなりの高齢の僧で、西山本門寺には住んでおらず、出身寺の伊豆・光栄寺に下っていて、すでに老人ホームに入居している。

    客殿・庫裡には、普段は誰もおらず、無住状態で、全て内側からカギがかけられている。

    本山・西山本門寺は実質的に無住で、塔頭・浄円坊住職が貫首代務者として、行事を取り仕切り、電話・郵便等も全て浄円坊に転送される。

    本山・西山本門寺の修行僧は一人もおらず、檀家も一軒もない

    西山本門寺の什宝類・重要文化財等は、ここにはなく、富士宮市の博物館に収蔵されていて、お風入れ法要の時のみ、西山本門寺に帰ってくる。

    西山本門寺境内の清掃は、セコム等の警備会社が行っている。

    西山本門寺の年中行事として行っているのは、418日のお風入れ(霊宝虫払い)法要と、1123日の御会式だけ。しかし御会式も、客殿にて浄円坊住職が読経するのみ。

    1115?の織田信長・首塚の祭りのときは、近隣からたくさんの人が来て、賑わっている。

    塔頭は浄円坊、大詮坊、妙円坊の三坊あるが、住職がいるのは浄円坊、大詮坊のみで、妙円坊は、いるのかいないのか、よくわからない状態。

 

こういう状態では、実質的に、西山本門寺は死に絶えているといっても過言ではないと思います。

いずれ、今の塔頭坊住職も死に絶えるときが来ると思いますが、修行僧もいない状態では、この先、どうするのでしょうね。

 

西山本門寺は、国の重要文化財に指定されている古文書等も多数有り、こんな状態では、重要文化財の保管も心配になってしまう状態です。

「富士宮市の博物館に入っているのだから、それでいいのだ」という問題ではないと思います。

西山本門寺34遷化記録

 

私も、ネットでいろいろ調べていたら、「日蓮宗に合同するしかないのでは」という意見も見られました。

西山本門寺も旧・本門宗から日蓮宗に合同して、西山本門寺の旧末寺の中にも、今でも日蓮宗に残留している寺院が数ヶ寺あります。富士門流でも、北山本門寺、小泉久遠寺、伊豆実成寺は、今も日蓮宗です。

日蓮宗の他門流の僧が北山本門寺貫首に晋山した例がありますし、今の北山本門寺・旭日重貫首は、以前、小泉久遠寺の貫首でした。

西山本門寺も、ここまで荒廃してしまったら、日蓮宗内の人的交流で打開するしかないのかもしれませんねえ。

西山本門寺が、本当にそうするのかどうかは別としても、しかし今の状態は、「これでいいのか、西山本門寺よ」と言いたくなるような状態であることは、事実です。

 

西山本門寺15客殿裏
 

 

 

西山本門寺(19)~清掃は警備会社が行い、什宝は全て富士宮市博物館に収めている西山本門寺

■富士山本門寺(西山本門寺)19(什宝は富士宮市博物館)

 

さて「般若の面」状態の西山本門寺貫首代務者・浄円坊住職・山口亮祐氏に、私が強く抗議すると、山口亮祐氏は、斜め前に、うつむき加減になり、目がうつろ状態になって、こんなことを言い始めました。

般若の面2

 

(浄円坊住職・山口亮祐氏のそっくりさん・般若の面)


山口氏「ここは、特に参詣の人が来ても、案内もいていないけど。もっとも、だれか僧侶の紹介で来たというのなら、別だけどな。まあでも、この寺、特に見るべきものは何にもないけどな」

 

西山本門寺の貫首代務者自ら、この寺には見るべきものは何もないという、何とも投げやりな返事。しかも口先では「僧侶の紹介云々」ということを言いますが、それだったら、誰の紹介で来ても、意味ないじゃないかということになりますねえ。

 

それと非常識な態度への私の抗議がこたえたのか、こんな言い訳を言い始めました。

 

山口氏「ここはねえ。昔、創価学会の者がわんさか押しかけてきて、裁判にまでなったんだよ。だから警戒しているんだ。普通の寺とは違う、特殊な寺なんだ」

 

そんなことは百も承知してますよ。しかし、だからと言って、山口氏の非常識な態度が許されるというものではないでしょう。

だいたい「警戒しているから」と言って、こんな非常識な態度をとり、西山本門寺をここまで寂れさせ、荒廃させているんでは、日蓮正宗や創価学会の完全な術中にはまっっているということに他ならないではありませんか。西山本門寺の僧侶の責任はまことに重いと言わざるを得ないでしょう。

さて、「行事はやっていないのですか」と質問してみたら、こんな答えが返ってきました。

 

山口氏「行事は、毎年418日にお風入れをやっている。このお風入れだけは一般公開でやっているが、他にはないねえ」

 

あれれ、それでは御会式はやっていないのですか。

 

山口氏「御会式は1123日にやっているが、坊で行事をした後、あっちの客殿で、オレが読経して、それでおしまいだよ」

 

「ここは貫首さんも修行僧もいないのですか」

 

山口氏「貫首はもうかなりの高齢で、光栄寺という寺に帰っていて、今は老人ホームに入っている。ここは、本山(西山本門寺)の檀家というのは、いないんだ。だから、普段は、客殿も庫裡も全部カギをかけて閉め切っているんだ。本山(西山本門寺)あての郵便物や電話も全部、ここ(浄円坊)へ転送されるんだ。本山の行事も、オレが仕切っているんだから。

境内の清掃は、清掃婦と、あとはセコムとか、警備会社が一切をやることになっているし、什宝は全部、富士宮市の博物館に収めてある」

続きを読む

西山本門寺(18)~般若の面のような形相で出てきた西山本門寺貫首代務者・浄円坊住職・山口亮祐氏

■富士山本門寺(西山本門寺)18(般若の面のような形相)

 

さて、私が浄円坊・庫裡のインターホンを鳴らしたと同時に、玄関口に現れた西山本門寺貫首代務者・浄円坊住職の山口亮祐氏。

ところがこの山口亮祐氏の態度たるや、「誰だ、オマエは」とばかりの、ものすごい剣幕。あたかも、人殺しかドロボウを、今にも捕まえようとするような態度に、私も、一瞬、面食らってしまいました。

 

この人、僧侶だから、日々読経で喉と声を鍛えているだけあって、「誰だ、オマエは」とばかりの剣幕も、なかなか迫力がありました。腹式呼吸で声を出しているとあって、なかなかドスが効いているわけです。

「この人は、元ヤクザの人なのかなあ」と、本気で思ってしまいました。

 

しかも、私をにらみつける表情たるや、ものすごい形相で、あたかも、能役者がかぶっている「般若の面」そっくりなのです。「般若の面」とはどういうものなのか、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので、読者の方の便宜のため、「般若の面」の写真をUPしておきました。

般若の面2

般若の面1

 

この「般若の面」の形相で、声にドスを効かせ、頭ごなしの高飛車な態度で、「オマエは何者だ」との態度。しかし、寺院を訪ねてきた人に対して、会っていきなり、この態度はあまりにも、非常識すぎるものがあります。

私は、西山本門寺を訪ねてきただけのことであって、それ以外の何物でもないわけです。

私も、この住職の態度に黙っていたら、この住職の態度を容認したかのように解釈されてしまうのは心外であるため、ここは強く抗議しました。

 

「あなたのその態度は、一体、何ですかね。いかにも『何者だ』と言わんばかりですが、この寺に参詣に来た者ですよ。これが何か、いけないことですか。

さっき、客殿前にいた掃除の女性に話を聞いたところ、こちらの坊で話を聞かれたらいかがですか、と言われて、こちらに伺ったまでですよ」

 

こう言うと、般若の面のような形相だった住職は、急に玄関前の庭を、あっちに行ったり、こっちに行ったりしはじめ、急に下を向いて、うつむき加減になった。

 

「あなたは、ここの御住職さんですか」

 

山口氏「そう。私がこの坊の住職ですが」

 

それでもまだ、表情が、「般若の面」状態になっている住職。

 

「あそこの客殿前で掃除をしていた女性が、私に言うには、『何か聞きたいことがあったら、こちらの坊の住職に聞いたほうがいいです』というお話だったから、こちらに来たんじゃないですか」

 

私がこう言うと、「般若の面」状態の住職は、斜め前に、うつむき加減になり、目がうつろ状態になったわけです。

 

 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ