一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは任意団体として2005年から活動している会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。当ブログ名を「仏教宗学研究会のブログ」から「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」に改名。 「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

Category: 大津蓮華寺住職・西山本門寺東京布教所主管・松本修明氏(松本勝弥氏)

□富士門流・西山本門寺の近年の歴史と西山本門寺僧侶・松本修明氏(2)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


□富士門流・西山本門寺の近年の歴史と西山本門寺僧侶・松本修明氏



今、日蓮正宗や創価学会の元信者筋では、ちょっと有名な松本修明氏が西山本門寺僧侶を名乗っています。

住職をしている滋賀県大津市の富士山蓮華寺、松本修明氏が主管をしている東京・世田谷区の東京布教所は、西山本門寺とは本末関係にはないという。

しかし、1992(平成4) 713日、西山本門寺・森本日正貫首から松本修明氏に「東京布教所」安置の大漫荼羅本尊が、授与されているのだが、西山本門寺との本末関係はないというのは、なんともわかりにくい話しである。しかも松本修明氏は、大日蓮宗から西山本門寺・50代森本日正貫首の弟子になり、西山本門寺の僧侶だというのにである。

松本修明氏の経歴は、概ね、以下の通りだと言われている。

 

■松本修明(まつもと・しゅうみょう・1938)

 

法華宗興門流(西山本門寺)の僧侶

 

俗名・松本勝弥

僧名・玄義阿闍梨修明・恵照坊日照

戸籍上の名前は、今も俗名のままになっているとのことである。

1957(昭和32)12月、日蓮正宗・創価学会に入信。

創価学会民音職員。創価学会青年部参謀理事をつとめる。

1971(昭和46)9月、妻が創価学会を脱会。

1972(昭和47)1111日、「正本堂御供養金返還訴訟」を東京地方裁判所に起こす。

同年1125日、夫婦で日蓮正宗から信徒除名になる。

著書「訴訟された創価学会」を俗名・松本勝弥名で執筆。

「正本堂御供養金返還訴訟」は、最高裁判所まで争われて約十年の歳月を費やし、最終的には、

「裁判に適さない訴訟である」という双方却下の判決を以て決着している。

その後、大阪・尼崎の本門流檀林で修学。

大日蓮宗管長・上行寺住職・工藤日吼氏の許にて出家・得度。

大日蓮宗が日蓮宗に転派したために、西山本門寺50世貫首・森本日正氏に師事と称している。

しかし大日蓮宗が日蓮宗に合同を決議したのは1988年(昭和63年)、実際に大日蓮宗が解散して日蓮宗に復帰したのは1989年(平成元年)のこと。

 

 

 

 

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ