仏教宗学研究会のブログ

「仏教宗学研究会」とは会の名称。「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。「仏教宗学研究会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」は表裏一体の同体異名。日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに富士門流執着軍団…らを批判する主旨は同じ。 (背景写真は高野山真言宗総本山・高野山奥の院灯籠堂参道)

「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。
「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。
さらに正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」(アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/
□正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の記事・写真の無断転載、無断使用、無断複製は厳禁です
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/21043083.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
bukkyoshugaku_kenkyukai@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

仏教寺院に居た非常識な住職・僧侶

比叡山延暦寺(7)~サイトを主宰していると言った途端に態度が急変した延暦寺国宝殿の係員

■比叡山延暦寺7(国宝殿)

 

比叡山延暦寺・東塔の境内の中に「比叡山国宝殿」という建物がある。

比叡山延暦寺では、伝教大師最澄の直筆の書物をはじめ、仏像、仏画、書跡、美術工芸品等々、数多くの国宝やら重要文化財やらを所有しているとのことだが、そのうちの63点の国宝、重要文化財、寺宝等数百点の中から選んで展示している所ということである。

まあ、私からすると、比叡山延暦寺の中にある博物館みたいなところかな、という印象。

450円の拝観料を支払って中に入ると、それこそ仏像やら、仏画やら、さまざまな書跡やら、さらには比叡山延暦寺の年表やらまでが所狭しと展示されていた。この年表は、なかなか詳しく書かれていて、私も興味深かったので、早速、手帳にメモをとっていた。

そうすると、国宝殿の入り口にいた係の中年女性が、かなり怪訝な表情を浮かべながら、私のそばへつかつかと歩み寄ってきて

「こんなに近くでメモをとってもらっては困ります」と苦言。

「メモをとるな」とは言わなかったが、あたかもメモは困るとの態度に見えた。

 

私だって、ただ比叡山延暦寺まで来たのではない。寺跡調査・取材のために来ているので、「メモをとるな」と言われて、そのまんま変えるわけにはいかない。

ああそうですか。ならば質問させていただきましょう、と思い、入り口の係の女性に、延暦寺のことについて、いろいろと質問をした。

するとその女性は、わからないと言いだし、「私は専門家ではありませんので」と言い訳しながら、受付の奥にいた延暦寺の僧侶に聞きに行った。

そうすると今度は、奥から黒い僧衣を着た若い僧侶が出てきて

「そういうことは、○○に行って聞けばいいでしょう」

と、この返事。

また、質問者をただの「たらい回し」にしようという、不誠実な返事。こういう返事は、あっちこっちの閉鎖的寺院で、いやというほど聞かされてきた私。

今度の国宝殿にいた僧侶の返事にちょっとカチンときた私は、

「そういう言い方はないだろう。せっかく質問しているのに、比叡山の中をたらい回しにするつもりですか」

と、僧侶と係の女性に抗議をした。

そうすると、この係の中年女性は

「おたく様は、どういうお方でしょうか」と私に逆質問。

私は「実はサイトを主宰している者なのですが…」と、こう言ったとたん、係の女性の態度がガラリと急変。うってかわって急に愛想がよくなり

「あーそうですかあ。サイトを運営していらっしゃる方は、いろいろとお詳しいですからねー」

などと、急に私をヨイショしはじめたのである。

比叡山国宝殿2


続きを読む

京都要法寺(28)~頭ごなしに要法寺本堂の本尊参拝を拒否した要法寺若手所化僧

日蓮本宗本山・要法寺28(本堂参拝を拒否した若手所化僧)

 

要法寺塔頭住職が、本尊への供養・合掌・読経を条件に本堂の本尊を拝ませても良い、という話しを出してきたのを断ったのは失敗だったなー、と後悔したのは、東京に帰ってだいぶ経ってからのことです。

あの住職の言葉は、ひょっとしたら入信しろ、という意味ではなかったのではないか。

どこの寺でも、「本尊を見せて欲しい」と言ったら、合掌・供養せよ、くらいのことは言うであろう。つまりあの時、塔頭住職が言ったのは、入信を条件にしたのではなく、極めて一般的なことを言っただけだったのではないか。だとしたら、住職の言葉を断ってしまったのは、大失敗である。

その後、要法寺の日尊六百五十回遠忌法要に行くといいながら、結局は、仕事の都合で行けなかったわけだから、ますます断ったことが悔やまれました。

しかし「後悔先に立たず」である。後で悔やんでみても、どうにもなりません。

 

しかし諦めきれない私は、どうにかして先の塔頭住職に再会して、要法寺本堂の本尊を拝見させてもらうわけにいかないだろうかと、考えるようになりました。

要法寺1本堂1


まあ十中八九は無理でしょうが、それでも何とかやってみて、だめならだめで諦めるしかないなと考えたわけです。

そこで再び、京都・要法寺行きを決行することにしました。

しかしそうはいっても、なかなか京都に行く機会に恵まれず、実際に再び京都・要法寺に行ったのは、日尊六百五十回遠忌法要から12年経った後のことでした。

私は再び自家用車をかっ飛ばして東名高速・名神高速を走って京都・東山三条へ。

この時は、だいぶ京都の道や地理を覚えていましたので、割と簡単に要法寺・駐車場にすべり込むことができました。

しかし要法寺へ行ったのはいいのですが、法要も行事も何もない日であったようで、境内・塔頭とも全く人影がない。人の気配が全く感じられないのです。

そこで私は寺務所の中に入り、無人の受付で人を呼んでみました。

要法寺33宗務院


すると、奥の方から一人、若い所化僧らしき僧侶が出てきました。その所化僧は、受付の係は、今はいない、という、これまた、まことにつっけんどんな答え。

「ずいぶん、つっけんどんな僧侶だな」と思いつつも、せっかく京都・要法寺まで来たのだから、前回、要法寺来訪の時の事情を説明して、本堂の中に入れてもらおうと交渉したのだったが

「信者以外の人には見せられません」

という、これまた頭ごなしの、高飛車な答えが返ってきた。

この一言にカチンときた私は

「なんだその言い方は」

と怒ったが、しかし本堂の中に入ることを正面切って断られてしまっては、もはやそれまで。

どうにかして、別の方法を考えるより外にありません。

 

続きを読む

伊東仏現寺(5)~伊豆流罪の大曼荼羅を追求されてブチ切れた仏現寺僧侶

■日蓮宗本山・仏現寺5(ブチ切れた仏現寺僧侶)

 

僧侶が本堂の中を指さしたので、私も本堂の中を覗いてみました。

すると中央須弥壇に向かって右側の外陣が、応接間のようになっていて、そこに大漫荼羅が祀られているのが見えました。

 

「それでは、中に入って拝観させていただけませんか」

 

僧侶「今はダメです」

 

「どうしてですか」

 

僧侶「今、来客中だから…」

 

来客中?と思って、再び本堂の中を覗いてみると、先程の大漫荼羅の前でテーブルをはさんで、僧侶と信者らしき人が話しているのが見えました。

ひょっとして、今、座敷で信者の人と話している僧侶が貫首か?

 

「残念ですねえ。では何かの法要の折りに参詣させて頂くとしましょう。その時に拝観させていただけませんか」

 

僧侶「…」

 

「こちらのお寺の年中行事は、どんな日程なのでしょうか」

 

こういうやりとりがつづいたのでしたが、「伊豆流罪の大漫荼羅というのは、おかしい」という話になったところから、この僧侶の表情がだんだん険しくなってきました。そして「拝観させて欲しい」「いやだめだ」の話しのあたりから、次第にキレそうになり、そしてついにこの僧侶、ブチ切れてしまいました。その表情たるや、能役者がかぶる「しかみの面」のような表情でした。

しかみの面1

 

僧侶「ウチは年中行事はやっていません。法要もやっていません」

 

「えーっ、そんなはずはないでしょう」

 

僧侶「やっていません。ですから、大漫荼羅はお見せできません」

 

こんな感じです。さあー、帰った帰った、という感じ。そうこうしているうちに、私は本堂入り口の階段を踏み外しそうになり、危うく転げ落ちるところでした。

 

続きを読む

伊東仏現寺(4)~伊豆流罪図顕の曼荼羅が祀られていると言った仏現寺僧侶2

■日蓮宗本山・仏現寺4(伊豆流罪図顕の曼荼羅2)

 

日蓮宗本山・伊東仏現寺の僧侶が、「仏現寺の本尊は、日蓮・伊豆流罪のときに図顕した大漫荼羅である」と言ったのに驚いた私は、その僧侶に重ねて質問しました。

 

「伊豆流罪の時に図顕なされた大漫荼羅ですか?。それは初耳ですね。日蓮聖人の大漫荼羅本尊の図顕は、佐渡流罪以降ですよ。立正安国会の日蓮大聖人御本尊集に載っている大漫荼羅は、全て佐渡流罪以降ですよ。それなのに、どうしてこちらのお寺に伊豆流罪の時に図顕した大漫荼羅が存在しているのですか」

仏現寺3

 

私の言葉に、僧侶はハッとした表情を浮かべましたが、こう言い張ってきました。

 

僧侶「いや、日蓮大聖人様は、伊豆流罪の時に大漫荼羅を顕しておられるのです。その大漫荼羅がここの御本尊なのです」

 

こんな感じで、あくまでも日蓮が伊豆流罪の時に大漫荼羅を図顕したと言い張る僧侶。それはおかしい、と言う私と、本堂の玄関先で、ちょっとした問答になりました。

 

「では、その大漫荼羅の図顕年月日はいつになっているのですか」

 

僧侶「年月日はわからない」

 

「年月日がわからないというのは、おかしいですね。あなたはこの仏現寺さんの御僧侶でいらっしゃるわけでしょう。御自分のお寺にお祀りしている大漫荼羅本尊が顕された年月日をご存じないというのは、どう考えてもおかしいですよ」

 

僧侶「そう言われても、わからない」

 

「ならば、せっかくこの仏現寺さんまで来たわけですから、その大漫荼羅御本尊を拝観させて下さい。このお寺の本堂に祀られているのですよね」

 

僧侶「そうです。あそこに奉掲しております」

 

と言って、僧侶が本堂の中を指さしたので、私も本堂の中を覗いてみました。

すると中央須弥壇に向かって右側の外陣が、応接間のようになっていて、そこに大漫荼羅が祀られているのが見えました。

 

 

 

伊東仏現寺(3)~伊豆流罪図顕の曼荼羅が祀られていると言った仏現寺僧侶

■日蓮宗本山・仏現寺3(伊豆流罪図顕の曼荼羅)

 

私は、伊東仏現寺本堂入り口付近で慌ただしく作業をしていた中年僧侶に声をかけて、いろいろと質問をしてみました。その僧侶は、「何だ、作業中に」という感じで、めんどくさそうな顔つきで、作業の途中、手を休めて、私の質問に答え始めました。

仏現寺3

 

私としてはまず、この寺院の歴史、縁起について詳しく聞こうとしたのでしたが、その僧侶の答えは、日蓮宗新聞社発行の「日蓮宗本山めぐり」という本やJTBのガイドブックにも載っているような内容のものでした。

 

私は、次いでこの寺に祀られている本尊について質問。というのは、日蓮宗新聞社発行の「日蓮宗本山めぐり」という本を開いても、この寺の本堂には何が祀られているのか、はっきりとは書いてないわけです。

日蓮が、伊豆流罪の時に海中出現の釈迦立像を、生涯随身したというのは有名ですが、この仏現寺に、日蓮の生涯随身仏が什宝になっているとは書いてあるのですが、本尊かどうかについいては書いてありません。そこで、この僧侶に質問。

 

「こちらの本堂の御本尊様は、なにがお祀りされているのですか」

 

私としては、その日蓮の生涯随身仏なのか、日蓮木像なのか、あるいは大漫荼羅なのか、そこを聞きたかったわけです。

するとその僧侶の答えは

 

僧侶「大漫荼羅ですよ」

 

大漫荼羅とは初耳です。そこでつづけて私も質問。

 

「その大漫荼羅は、日蓮聖人がいつ図顕なされた大漫荼羅なのですか」

 

この質問に対して、僧侶の答えは、驚くべきものでした。

 

僧侶「伊豆流罪の時に御図顕なされた大漫荼羅です」

 

この返答には、驚きましたね。日蓮の大漫荼羅図顕は、佐渡流罪以降のはずで、それ以前には、日蓮の真筆本尊は存在していない。

立正安国会発行の「日蓮大聖人御真蹟御本尊集」に載っている、日蓮真筆本尊の最古のものは、文永八年十月九日図顕の楊子本尊である。

私も「そんなおかしな話しがあるもんか」と思ったわけです。

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ